台湾 入国 制限。 【コロナ:世界の動きまとめ】日本政府、入国制限緩和第2弾は台湾、中国、韓国など10カ国。台湾はビジネス緩和対象リストから日本、外す可能性

台湾の入境規制緩和 観光以外での入国が可能に 6月29日から|一人旅おじさんの飛行機・マイル・グルメ情報

台湾 入国 制限

台湾から帰国した日本人女性が新型コロナウイルスの検査で陽性となったことについて、台湾の法律専門家が25日、フェイスブックに「日本が入国制限の緩和対象に台湾を含めなかった答えが明らかになった」と投稿した。 台湾・中時電子報が伝えた。 この投稿をしたのは葉慶元(イェ・チンユアン)氏。 葉氏は「台湾の感染者数はこんなに少ないのに、なぜ日本が入国制限緩和に台湾を含めなかったのかずっと分からなかった」とした上で、「今、答えが明らかになった」とし、「検査しなければ感染例となることはなく、それは感染者がいないことを意味するものではない」との考えを示した。 台湾メディアによると、中央流行疫情指揮中心は24日の記者会見で、20日に台湾から日本に帰国した女性の状況について、日本から23日に連絡を受けたことを説明。 陽性が判明したのは入国時に空港で行われた検査で女性に症状はなく、日本側は台湾で感染したとみているという。 女性の台湾滞在は2月末からで、現地の学校で学んでいた。 現段階では教師や学生など計140人が接触者とされている。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

コロナ影響で台湾に行けるのはいつ頃?台湾の入国制限について

台湾 入国 制限

当社が就航していない国を含むより詳細な情報は、各国の公式ホームページ、またはその国の領事公館にお問い合わせください。 日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限について:• 海外から日本への入国制限(上陸拒否)の対象について:法務省• 14日以内に中国・湖北省を訪問したすべての外国人• 湖北省発行の旅券を所持する中国人 <乗り継ぎ制限事項>• 韓国での乗り継ぎは連携航空券の確定と24時間以内のみ乗り継ぎ可能• モンゴル、ロシア、タイ以外で韓国に無査証での入国ができない国籍の国民:韓国査証無しで中国から出発して韓国で乗り継ぐ場合は乗り継ぎ不可• 韓国に入国するすべての乗客に特別入国手続きを適用 - 韓国国内で使用可能な連絡先を確認 - "自己隔離安全アプリ"をインストールできるモバイル所持が必要 - 国内線航空機の利用制限(済州居住者、隔離免除書所持者およびE-9ビザ所持者は例外的に国内線搭乗許容) - 海外から入国するすべての乗客は3日以内に新型コロナの検査が義務• 韓国行き航空機に搭乗するすべての乗客は出発地で発熱検査を実施 - 37. 5度以上の場合は航空機搭乗不可 台湾 <入国および乗り継ぎ禁止対象> すべての外国人 <隔離対象>• 台湾居留証所持者• 許可されたビジネス契約履行証明所持者• その他特別な入国許可者 No content モンゴル <入国禁止対象>• 無査証入国制度停止(入国禁止111か国)• 既存の査証無効 中国 <入国制限対象>• すべての外国人• 無査証入国制度中止• 既存の査証無効 香港 <入国許容対象> 香港旅券所持者、香港ID CARD所持者またはID関連の書類所持者 <乗り継ぎ条件>• 必ず24時間以内に乗り継がなければならない。 最初の出発地の空港で航空会社が発券した香港出発の乗継便の搭乗券を所持し、手荷物は自動連結委託が必須(分離予約・発券の場合は乗り継ぎ不可、香港空港内の乗り継ぎカウンター未運用)• 香港到着後マカオ行きフェリー乗船不可• すべての種類のミャンマー到着ビザおよびe-Visa発給中止 外交官、官用旅券所持者を含む ベトナム <入国禁止対象> すべての外国人• ベトナムに入国するすべての乗客にの作成義務• 無査証入国制度中止 スリランカ <入国禁止対象> すべての外国人 No content シンガポール <入国禁止対象> すべての外国人 [例外] シンガポール国籍者/永住権者/Long-term pass所持者入国可能および14日間隔離 <乗り継ぎ> 乗り継ぎ不可(乗り継ぎ許可に関する発表は関連当局の承認後に適用• 入国前に電子検疫申告書の作成を推奨 インド No content• 現存の査証無効 [例外] 外交、官用、国連、国際機構、就労、プロジェクト関連のビザ• 無査証入国制度中止• 到着ビザ発行中止 カンボジア <入国条件>• e-Visa発給中止および既存の発行されたe-Visaで入国不可• 到着ビザ発給中止 事前にビザ取得が必要• グアムに入国するすべての乗客• ハワイに入国するすべての乗客• 韓国出発の米国行きのすべての乗客は検疫確認証の発給が義務 - 仁川空港(ソウル)、金海空港(釜山)検疫デスクで受領 - 発熱検査、インタビュー結果によって航空機搭乗を決定 - 三成都心、光明駅都心空港ターミナル利用不可• 米国国務省が海外渡航中止を勧告 アラブ首長国連邦 No content• 無査証入国制度停止• ヨーロッパ諸国内の大韓航空の就航地: フランス、ドイツ、スイス、オランダ、イタリア、オーストリア、スペイン、チェコ - フランスから入国するすべての乗客に次のを作成、提出の義務• ヨーロッパ内の国家別の入国者に対する健康診断書所持義務、隔離措置実施などの事項の詳細は下記で確認してください。 イスラエル <入国禁止対象> すべての外国人 カナダ <入国許容対象>• クロアチア国民、EU市民•

次の

政府、入国制限緩和へ 中韓台など12ヶ国・地域対象

台湾 入国 制限

日本政府が新型コロナウイルス流行を受けて講じていた出入国制限を緩和する最初の対象に台湾が含まれていなかった。 台湾のネットユーザーから反響が寄せられている。 写真は台北松山国際空港。 日本政府が新型コロナウイルス流行を受けて講じていた出入国制限を緩和する最初の対象に「コロナ対策の模範」とされる台湾が含まれていなかった。 台湾のネットユーザーからは歓迎の声が多く寄せられている。 首相は18日、新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いているベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランドの4カ国との出入国制限を優先的に緩和する方向で調整することを発表した。 入国前にPCR検査を行い陰性であること、入国後の行動計画書を提出することなどが条件になるという。 第1弾となる緩和措置の対象に、新型コロナウイルスの抑え込みで成果を挙げている台湾は含まれなかった。 台湾メディア・自由時報は19日付の記事で、上記4カ国の出入国制限を緩和する一方で「台湾の名前は挙がらなかった」と報道。 日本のネットユーザーからは「台湾なしはおかしいだろう」「タイやオーストラリアが入っているのに台湾はなし?」「台湾にすごく行きたい。 制限を解除してほしい」といった失望の声が上がったと伝えた。 フェイスブックでは「中国に気を遣った?」「日本の政治には失望した」といった声が一部あるものの、「良いことだ。 今は海外より台湾の方が安全」「日本はまだコントロールできていない。 行くのは危険。 正しい判断だと思う」「実は日本はこのウイルスに汚染されていないきれいな台湾を守ってくれてるんだ」「たぶん、台湾側が拒否したんでしょう」「台日友好のため、日本のネットユーザーに感謝。 でも今は距離を保とう」「ありがとう。 でもホント、急いでませんので」などの声が寄せられている。

次の