てんせいき 砕く。 【ダマスカス鋼の使い道】ダマスカス鋼の使用優先度が高い武器を解説!|グラブログ

【グラブル】十天衆を最終上限解放する方法/必要素材|黄金の依代作成【グランブルーファンタジー】

てんせいき 砕く

2:古戦場ボスから稀にドロップする 古戦場イベントのボスから稀にドロップすることもある。 こちら 武器種は完全なランダムとなり、戦貨ガチャで選んだもの以外の武器がドロップすることもある。 戦貨の集め方はこちら 強化を重ねて性能UP 1:強化するに連れて奥義性能が変化 古戦場武器は特定の素材を消費することで強化を進めることが可能。 強化をするに連れて、奥義性能が変化するという特徴があり、 一部武器はこの奥義目当てで作られることもある。 この武器のあるなしで評価が変わるキャラも多い。 入手までの道のりは長いが、その価値に見合う別格の性能を持っている。 十天衆の最終上限解放にも必要 古戦場武器は十天衆キャラの最終上限解放をする際にも必要になる。 1:全属性で活躍できる四天刃 真化後の奥義に『全体の連続攻撃率UP』が付く四天刃が最もオススメ。 連続攻撃率UPは他アビリティとも共存可能、どの属性にも相性が良いキャラが多く、武器種が短剣なのでメインで使えるジョブの豊富さなど メリットが多い非常に優秀な性能。 扱い方が特殊で上級者向きの性能なので、カトルくんに一目惚れしたとかでなければ解放は急がなくてもOK。 2:楽器ジョブのための九界琴 楽器をメイン武器にすることで性能UPするジョブ 『スーパースター』や『エリュシオン』を運用する際は九界琴も選択肢。 楽器武器は数が少ないため、属性変更により楽器を持っていない属性の補完もできる。 また、奥義効果にHP回復と弱体効果の成功率UPがあるのも嬉しい。 風属性上位の支援性能を持つハーヴィン。 3:目当ての十天衆に対応した武器 加入させたい十天衆が居る場合は、それに応じた武器を選択しよう。 十天衆の性能についてはこちら 初心者が覚えておきたい点 1:最初から十天衆を見据えなくてもOK 十天衆は魅力的だが、入手までの道のりは非常に遠いことが難点。 2:ひとまず四天刃で戦力強化もアリ 四天刃はジョブ『ダークフェンサー』系列のメイン武器としても使える短剣武器。 後々複数属性やジョブで使えるので、 手持ち武器が少ない最序盤なら属性が異なっていてもサブ枠に編成することでパーティの戦力補強にも役立つ。 【武器の特徴】 奥義の追加効果が回復系のもので構成されており、非常に高い回復量を持つ優秀な武器。 また、渾身編成限定ではあるが、攻刃の杖武器が貴重な風属性が候補となる。 なお奥義で回復するため 背水をメインとする属性にはあまり推奨されない。 ジョブ『賢者』での運用であれば奥義を撃たないが、その場合五神杖の強みも失われる。 こちらを作成する予定がある場合は、水属性以外での作成がオススメです。

次の

【ダマスカス鋼の使い道】ダマスカス鋼の使用優先度が高い武器を解説!|グラブログ

てんせいき 砕く

十天衆を最終上限解放するには 十天衆1人を最終上限解放する過程で、ヒヒイロカネが最低1個必要となる。 さらに、今持っているものとは別に覚醒天星器をもう1本作るか(この場合ヒヒイロカネがもう1個必要)、 もしくは属性変更段階まで強化した天星器を10本作らなくてはならない。 それ以外にも多数の素材が要求され、また途中に発生するバトルの難易度も高い。 実装当時の十天衆獲得のように、数ヶ月〜1年規模の計画を立てて遂行するようなものとして考えるといいだろう。 今いる1人を最終上限解放させるのか、他の十天衆を新たに仲間として迎えるのか。 よく考えよう。 大まかな手順 1. 十天衆のLv80フェイトエピソードをクリアする 2. 十天衆の最終上限解放フェイトエピソードをクリアする 1:十天衆のLv80フェイトエピソードをクリアする 開始条件として、各十天衆に対応した天星器をメイン武器に装備する。 また、「装備中の武器のスキル、召喚石の加護効果、騎空団サポート」が無効化される。 バトルは、プレイヤー側は主人公のみ。 対象の十天衆との1対1となる。 バトルに勝利すると、十天衆の最終上限解放フェイトエピソードが解放される。 黒麒麟戦などと同じく、武器はスキルが関係ないので、ステータスの高さで選び編成する。 同様に召喚石も加護効果を得られないので、ステータス・召喚効果・召喚ダメージの高さで選ぶと良い。 サポ石にグリームニルを選ぶのはかなり有効。 自前石としては、HP回復ができるジ・オーダー・グランデやルシフェル、デバフ対策となるマウント石やクリア石などが有力候補。 天星器の変更後の属性によっては十天衆に対し不利となる可能性がある。 未強化の光属性版でも戦えるのでそちらで。 フェイトエピソードは後回しにして、先にエレメント化用の天星器 属性変更後or覚醒後 を有利属性で用意するのもよい。 「ディメンション・ヘイロー」を 対象の十天衆を編成 サブ枠でも可 した状態で開始すると、HP50%以下になるターンで対応武器に変身する。 それを撃破すれば対応武器種の「銀片」 確定ドロップ ・「銀の依代」 低確率でドロップ を入手できる。 「銀片」を10個集めると、ショップで同じ武器種の「銀の依代」に交換できる。 ここでの目標は「銀の依代」を4個手に入れること。 しかし「銀の依代」が直接ドロップすれば「銀片」10個分に相当するため、可能な限りトレハンをかけておきたい。 変身は、残HPをトリガーとして発生する。 チャージターンMAXや真の力解放と同じ 昏睡や麻痺といった行動不能の状態だから変身しない、などということはない。 どの武器種に変身するかは、パーティに編成した十天衆によって決定される。 サブ枠に編成している者も含まれる。 複数の十天衆を同時に編成している場合は、そのうちどれに変身するかはランダムとなる。 銃が不要ならエッセルはサブ枠にも編成しないほうがいい。 パーティに十天衆が加入していれば、変身させないまま倒しても銀片は入手できる。 依代がドロップすることも有り得る。 銀の依り代集めの過程である程度入手できると思われるが、どうしても足りなければ玉鋼の投入も考えたいところ。 エレメントの元になる天星器の武器種ごとに番号が異なる。 解放したい十天衆に対応する天星器の番号の欠片が必要。 一伐槍からは一番が手に入るが、流用はできない。 ジョブの証 銀の依代の武器種によって、要求される証の種類が変わる。 栄誉交換の在庫が無制限になったので、栄誉の輝き600で30個すぐに揃えられる。 火属性のエッセルなら、火属性のフラム・グラスのマグナアニマを用いて交換する白き魂、といった具合 最終上限解放までの手順は以上となるが、その後Lv. 100まで育成すると第4アビリティ取得のフェイトエピソードが発生する。 を参照。 入手個数が限られるもの• 最少で1個、もしくは2個必要。 黄金の依代を作るために1個 必須 、新たな覚醒天星器を作るために1個 必須ではない ・まだ十天衆が加入していない場合は、 加入させる時点でもう1個必要。 ・「四象降臨」イベントで入手できるクロム鋼からヒヒイロカネに交換出来るが交換可能数には限りがあり、上限まで交換済みの場合は在庫補充を待つことになる。 ・「決戦!星の古戦場」イベントの勲章交換で入手できる。 個人ランキング入賞報酬の勲章も欲しいところ。 ここまでできれば1回開催ごとにヒヒイロカネ入手も一応可能、それを可能とする上位団に入るには高度な装備、石、Rank、莫大な貢献ノルマ等が求められる。 ・一部高難度のマルチバトルなどからドロップが確認されているが、ドロップ率はとても低い。 取り逃した場合の救済措置として、過去のシナリオイベントでの骸晶未入手分だけ戦貨ガチャから回収可能。 ・ダマスカス磁性粒子もシナリオイベント1開催につき1個報酬として設定されているので、ドロップ無しでもイベント3回でダマスカス骸晶10個が揃う。 ・四大天司マルチバトルの赤箱からも入手可能だが、自発は1〜2日に1回が限度で入手効率は悪い。 ・シナリオイベント、討滅形式イベント 復刻・コラボ等 で磁性粒子のドロップが狙える。 ざっくり貢献度900万前後で1個ドロップなので効率は悪い。 ・アルバハHLから磁性粒子がそこそこの頻度で落ちる。 戦力さえあれば一番集めやすい。 入手までに手間がかかるもの• ショップで万象の蒼角5個(=蒼の羽根25個)と交換可能 月10個まで。 他にはグランデの報酬や、ローズクイーン、四大天司マルチバトル、黄龍、アルティメットバハムート等からの低確率ドロップで入手できる。 ただしマルチバトルからのドロップ率はかなり低め。 トリガーは重いがジ・オーダー・グランデを自発すれば2個は確定、確率でディール報酬としてもう1個取得できる。 「ディメンション・ヘイロー」はパーティのサブメンバーの十天衆にも反応して変身するので 銃が欲しくないならエッセルをサブにも入れるべきではない。 9回の徒労の末に10回目でようやく出現したり、逆に2回連続で出現したりということも十分にありえる。 時間的にも精神的にも余裕を持って臨みたい。 時間効率は、周回数が多いため火力や通信環境で大きく変わりやすい。 ヘイローは、賢者でワンパンオート周回するとそこそこ時短できる。 銀の依代はSSR武器であり、ダマスカス鋼(もしくはヒヒイロカネ)を使っての上限解放もできる。 頑張って集めるべき」という意見が大勢を占める。 十天衆最終解放に臨むほどのプレイヤーであればマグナ討伐も難なくこなせると思われるので、急ぎでなければダマスカス鋼を使うことは推奨しない。 ……と言いたいところだが、最終上限解放1人目ならともかく、何度もやっているとそうも言ってられなかったりする。 総括すると 「どの段階でも依代にダマスカス鋼を使うべきではない」という意見が多数派を占める。 覚醒段階で得られるエレメントの数が変わる。 (番号はエレメント元となる天星器の武器種ごとに異なる。 違う番号の「天星の欠片」を混ぜて使用することはできない。 ) エレメント化する天星器の覚醒段階 得られる「天星の欠片」の数 覚醒 ヒヒイロカネを使用し、十天衆が仲間になる段階。 残りの50個を入手するには、以下の手段が考えられる。 3:「真」段階の天星器を50本製作し、エレメント化する 「決戦!星の古戦場」イベントで 天星器200本を入手し、さらに真化までの素材が50回分必要 必要な天星器の数もさることながら、白竜燐・栄光の証なども2500個と膨大な数を要求される。 「40箱コース」よりも非合理的であり、この手段を選ぶ攻略上のメリットはない。 4:属性変更段階の天星器を20本製作し、エレメント化する 天星の欠片を100個入手する 「決戦!星の古戦場」イベントで 天星器80本を入手し、さらに属性変更までの素材が20回分必要 必要な天星器・朽ち果てた武器の数もさることながら、白竜燐・栄光の証なども1000個と膨大な数を要求される。 一度に大量に集めるのが困難な星晶の欠片が6500個も要求される点に注意。 「80箱コース」とでも言うべきであろうか。 「40箱コース」を遥かに越える手間と2倍近い素材アイテムを費やすことで、覚醒天星器を失なわず、ヒヒイロカネを余分に消費もしないで、最終上限解放を実行する選択肢である。 特に覚醒八命切はカツオ剣豪戦法で有効なので、オクトー解放の際にこの方法を選ぶ人がいるようだ。 第36回古戦場から戦貨ガチャの45箱目以降の中身が3倍になった為、80箱を1回で開けるのに必要な戦貨が約1. 9倍になっている。 そのため、もしやるのであれば2回 以上 の古戦場に分けて実行するのが適切だろう。 (個人ランキング3万位入賞レベルだと40箱〜50箱程度と思われるので全然足りない、1回で用意するなら折り返しは55箱辺り) 5:覚醒天星器を2本製作し、エレメント化する 天星の欠片を100個入手する ヒヒイロカネを、4箱コースよりさらに1個余計に消費する 合計3個、十天衆をまだ仲間にしていない場合は4個 いままで共に戦ってきた覚醒天星器をエレメント化するのに抵抗があり、 その個体を手元に残したい場合の選択肢であり、ゲーム攻略上のメリットはない。 ヒヒイロ在庫や自分のペースにあった方法で進めよう。 「40箱コース」という名前に惑わされて、うっかり40箱で手を止めてしまうことのないように気をつけたい。 ・参考 「40箱コース」で大量に必要な素材• 銀の依代のためにヘイローを何度も周回することになるので、必然的にその過程で幾つか手に入る。 下記の栄光の証集めと並行して、よわバハ連戦に挑むのも有効。 どうしても不足した場合、玉鋼で代用することもできるので、カジノ景品は毎月交換入手しておこう。 朽ち果てた武器は、十天衆の最終解放以外にも必要になる場面が多いので、専用の倉庫を用意してたくさんためておくことをオススメする。 あと少し足りないという場合には玉鋼より利用しやすい。 各種月8個まで。 隠された罠。 40箱コースを選択する場合意外にネックとなるのがこれ。 朽ちた武器を依代にする際に1回につき250個必要。 プレイ日数が長いプレイヤーだと十分足りていることが多いので気づきにくいが、複数人を最終上限解放していくとあっという間に在庫が0にまで減る。 様々な場所で多くドロップはするものの要求数が膨大なので、星晶の欠片のみを集中的に集めようとすると地獄を見る。 SR召喚石のエレメント化でも手に入るので、プレゼントに死蔵されているだろうSR石を足しにすると良い。 ちなみに4箱コースを選んでも 1500個要求されるのでどのみち避けて通れない重要素材である。 LB稼ぎ・Rank上げのついでに。 恒常の「極光の試練」でも一気に集められるがAP消費がかなり多い。 また、蒼光の輝石3個で交換できる。 また250回周回する時間と根気も必要。 「極光の試練」「碧蒼の試練」で集められる。 キャンペーン限定クエストでは白竜鱗と比べてドロップ率がかなり低いことに注意。 また、白の書5個で巻1つ 1日3つまで 、蒼光の輝石1個で巻2つと交換できる。 そこそこガチャを引いているなら輝石でさっさと交換してしまう方が気が楽だろうか。 あちらこちらで事あるごとに要求されるうえに必要数が多め。 古戦場で40箱を開けた際に副産物としていくつか得られる見込みもあるが、それでも必要数には全く届かない。 石マルチ、マグナIIなどを日常的に倒していればそれなりに落ちるアイテムでもあるので、「これを揃えるために苦労するか否か」は地力をはかるひとつの目安ともいえる。 とはいえ、長期間熱心にゲームを続けてきたプレイヤーなら、これでつまずくというケースはあまり聞かない。 栄光の証と同様に箱に入っているので天星器を入手するときの副産物である程度は賄える。 そのほかの注意点• 天星器をエレメント化できない場合 Lv80フェイトエピソードの開始条件は「対応した天星器を装備」である。 この条件を忘れて手持ちの天星器を全てエレメント化してしまうプレイヤーが多かったためか、 2017年9月のアップデートにて対象フェイトエピソードを終えるまではエレメント化できないように修正された。 手持ちの天星器をエレメント化したい場合は先にこのフェイトエピソードを終わらせること。 エレメント化した覚醒天星器は十天衆の最終上限解放及び第4アビリティ取得(一連のコンテンツを全てクリア)しても一切手元に戻ってこない。 「黄金の依代」についても同様で、作成後即エレメント化するため、代わりとなる品が手元に残るようなこともない。 対象の十天衆との1対1となる。 このバトルでは主人公のジョブと武器は自由。 で挑めば6ターンごとにポーションを生成して回復できるので楽。 ダメージ上限が大きく上昇。 プロフィールの「称号を変更する」から「バトル系>エクストラクエスト」を見るとヘイロー関連の称号を確認できる。 設定上「全空最強」って公式が言っちゃってる以上、 インフレに置いてかれそうになったらいずれああいった手段で更に強化してくるとは思ってたけどね。 相変わらず条件はきついけどもう最終実装から相当時間経ってるしな。 今んとこ十天以外にはそういう最終する奴は考えてないって言ってたし、やっぱり公式的にも特別な存在なんだろ。 欠片はグラブル始めてすぐに「将来的に欠片は使いまくるから毎日砕いとけよ」ってアドバイスを誰かから聞いたかどうかがでかすぎるな。 毎日上限まで砕いてれば交換のみでも1年半で欠片40000集まる計算だし、初日から砕きはじめてればそこまで地獄見なくて済みそう。 黄金依代が今、4凸なんで、5凸化にさらに天星欠片50個必要、となる? 黄金依代4凸2本だと、計200個だが、それはないか。 150ですが、早く条件知りたいですね。 -- [EVg2Cd0wZCU] 2020-06-17 水 17:10:36• 極み称号ないと解放2はできないようにしてほしい -- [I2r6MrxkLIA] 2020-06-17 水 17:17:38• え〜〜。 そうなんでつか。。 極み持ってる人は、すぐさま解放2にいけますよね。 今、私は総べしの後に1人ずつ解放していってるんですが、極みってスキンだけですよね。 あと、極み持ってても、わざとスキンしてない人もいますよね。 ジーン9999個嫌なので、解放1の後に極み飛ばして、すぐさま解放2に行けたらなあ、と考えてます。 -- [4VDx2kFYh. Q] 2020-06-20 土 23:15:15• グラブル歴4年目にしてようやく十天衆の半分が加入したんだけど、これ見る限りだと一人を最終するよりひとまず全員揃えた方がいいのかな… -- [GLO1gZMfSAc] 2020-07-04 土 21:03:37• ストイベで両面黄龍使った周回したいんなら統べ優先でいいけど、土風闇強化したいんならシエテシスオクトーの最終優先したほうがいい。 残りの十天はやりたい事自分で理解したらその時考えて最終がいいけど、現状ウーノとサラーサは最終するだけヒヒの無駄だからやめておこう。 -- [i6KgtO0xXE2] 2020-07-04 土 21:50:56 古戦場を40箱開けるまでやりこむと、SSR召喚石 犬石 がたくさん手に入る。 もっともそれらは全部同じ属性なので、全てを依代作りに使えるわけではないが。 なお、途中で戦貨ガチャボックスの天星器の切り替えができなかった頃のデータであることに注意。

次の

ひびのch 2686

てんせいき 砕く

天星器(古戦場武器)の属性変更ができる条件 属性変化ができる条件 ・天星器を「真」の段階まで強化 ・依り代武器の制作 ・天星器・真の武器レベル100 ・天星器・真のスキルレベル10 以上の条件をクリアしていると天星器の属性を変更することができます。 元々光属性ですが、光属性のままでいい人でも、古戦場武器を強化していくには属性変化で光を選択する必要があります。 真の時点から最終段階に強化するまで性能はHPと攻撃力以外は変わらないので光属性でサブ武器として運用する場合は属性変化させなくてもいいです。 属性変化させることで奥義と武器スキルの属性が変わります。 十天衆を目指さないのなら、属性変化までで十分となります。 最終段階まで強化するとHPと攻撃力だけではなく、奥義が++になり追加効果が強化されます。 「真」の段階まで強化はこちらの記事を参考にしてください。 依り代武器の制作に必要な素材 依り代武器は朽ち果てた武器シリーズが必要になります。 属性変化させたい古戦場武器に対応した武器種を3凸、Lv75にします。 朽ち果てた武器シリーズを手に入れる方法はこちらの記事を参考にしてください。 依り代武器の名前は変化させる属性によって変わります。 朽ち果てた堅琴を水属性にすると「[依代]青き依代の堅琴」となります。 素材は各250個必要になります。 依代武器 必要素材 火属性 赤き依代 炎の宝珠 ファイア・ジーン 星晶の欠片 水属性 青き依代 水の宝珠 アクア・ジーン 土属性 黄の依代 土の宝珠 アース・ジーン 風属性 緑の依代 風の宝珠 ウィンド・ジーン 光属性 白き依代 光の宝珠 ホーリー・ジーン 闇属性 黒き依代 闇の宝珠 ダーク・ジーン 星晶の欠片は全属性で必要ですが、残り2つの素材は変化させたい属性によって必要な素材が違います。 素材はエクストラクエストの各属性VERYHARD「試練」か「エンジェルヘイロー」で手にいれます。 各クエストの曜日以外に手に入れるなら 全て落ちるVERYHARD:エンジェルヘイローがオススメ 中でも星晶の欠片が最も手に入りにくい素材です。 召喚石のエレメント化 ガチャSR召喚石は20個、イベント・各ボスSR召喚石などは3個 ガチャSSR召喚石は20個、イベント・マグナSSR召喚石などは10個 いらない召喚石が多いならおすすめです。 依代武器の制作 以上の素材を集め、条件を満たしたら依代武器の制作が可能になります。 保護していたり装備している場合は全て外します。 朽ち果てた武器を選択します。 変更したい属性を選んで「制作」を押します。 最終確認になります。 武器、属性に間違いがなければ「OK」を選択します。 朽ち果てた武器を打ち直して新たな武器ができあがります。 これで依代武器が完成したので、次は天星器・真の属性を変更します。 依代武器は先ほど紹介したので、アニマの入手方法を紹介します。 真なるアニマは属性に対応したマグナ戦で手に入ります。 マグナ・フラグメント30個で真なるアニマ1個と交換 基本はマグナ討伐で手にいれます。 ドロップ率は低いですが… 急いでいるならショップで交換が手っ取り早いです。 以上の素材が集まり、天星器のLv100、スキルLv10で属性変化ができます。 属性を選択して「制作」を押します。 武器Lv,スキルLvはそのまま引き継ぎますが、依代武器は無くなります。 以上で属性変更完了です。 変更した属性によって武器の名前が変わります。 次のステップ「設備拡充」はこちらの記事を参考にしてください。

次の