血管 を 強く する お茶。 ゴースト血管対策。毎日摂るのはNG、血管を強くする食材は?

末梢血管を強くする方法は

血管 を 強く する お茶

血管年齢という言葉をよく聞くと思いますが、若くて健康な人の血管は、 柔軟性があり多少血圧が高くなっても、破れることがありません。 しかし、老化現象により動脈硬化が進むため、加齢とともに血管 は柔軟性を失いボロボロになった古いホースのようになるため 心臓や脳の血管事故を起こす引き金になるのです。 しなやかで柔軟性のある血管を維持することは、血管を丈夫に強くします。 血管の柔軟性があれば、血液の流れを良くし血圧を下げるメリットと共に 圧力がかかっても血管が破れない2つのメリットがあるというわけです。 血管を強くするために! 血管を強くする方法は、以下の3ステップが基本ですが、仕組みを理解せずに行っても期待する効果が得られません。 しっかりとメカニズムを理解した上で実践することをお勧めします。 動脈硬化の悪化を止める! 肌や髪の細胞は一定のサイクルで入れ替わっています。 これをターンオーバー(新陳代謝)と言いますが、血管の細胞も同じように一定のサイクルで新陳代謝を行っています。 傷ついた血管を強くするには、血管の新陳代謝によって古い細胞を新しい細胞に入れ替えることです。 新しい細胞に入れ替わると新しい血管に生まれ変わるのですが、この時に動脈硬化を引き起こす原因を排除しておかなければ、 細胞の入れ替えスピードよりも動脈硬化の悪化が継続した状態ですので、いつまで経っても新しい血管に生まれ変わることが出来ません。 動脈硬化の進行を止める!これが強い血管を作る第一ステップです。 血管の細胞にパワーを与える! 動脈硬化の原因を排除したら、次は新陳代謝を促すために血管の細胞へパワーを与えます。 血管の細胞を作るために欠かせない栄養素は「タンパク質」です。 そして血管の弾力性を作るのは、細胞同士を 結び付けている「コラーゲン」です。 そしてコラーゲンを作るために必要な栄養素が「珪素」です。 この3つの栄養素(タンパク質・コラーゲン・珪素)を積極的に摂ることで、新しい細胞を作るチカラが高まります。 新しい細胞に入れ替える時、古い細胞は体外へ排出しますが、 同時に動脈硬化で傷ついた細胞も排出してくれるので動脈硬化も改善されます。 新しい血管を痛めない! 新しい血管に生まれ変わったら、二度と動脈硬化を起こさないようにします。 またストレスや喫煙による血管へのダメージを防ぎ新しい血管を保護します。 この間も細胞の新陳代謝は行われ、常にフレッシュな血管を維持できるようになります。 以上が「血管を強くする」3ステップの理論です。 では早速、実践編を紹介しましょう。  スポンサーリンク 強くて丈夫な血管を作る方法の実践編 弾力性のある強い血管にするための理論編では、考え方を3ステップに分けて解説しましたが、実践においては3ステップを同時に実践する必要があります。 ここに注意して今すぐ出来る事から実践を開始してください。 ちなにみ期間については、生涯継続することが健康を維持する最も賢い考え方です。 食事の改善が必須項目ですが、私がお勧めしているのは、話題となっている珪素濃縮溶液を活用する方法です。 古来より難病治療に使われた貴重な水晶エキスです。 水晶とは必須栄養素の珪素の結晶で、特殊製法で溶解したのが珪素濃縮溶液です。 血管壁に附着したコレステロールや中性脂肪を分解排出し、体内の活性酸素を除去します。 さらに血管の細胞を強くする作用があります。 最も効果的なの方法は、珪素濃縮液を水やコーヒーお茶などに10滴ほど入れ毎日飲み続けます。 すると毛細血管を修復し、血液の循環を改善し、細胞の隅々に血液がめぐるようになります。 細胞の新陳代謝に必要な酸素、栄養、ホルモンが全身に届くようになるメリットが!すると臓器や器官が正常に働きだし、本来持っている免疫力で高自然治癒を促すというメカニズムです。 血管を作る栄養素:良質のタンパク質を摂る 次は血管の細胞を作るために必要な栄養素「タンパク質」を摂取する方法です。 タンパク質は、乳製品や大豆製品、牛・豚・鳥など食用の肉や魚介類に多く含まれています。 血管を作る細胞の材料となるので、良質のタンパク質を食事で摂るようにします。 動物性の脂肪は避ける人が多いようですが「脂肪を含まない赤身」は、良質のタンパク質です。 誤解している人が多いのですが、カロリーなど気にせず積極的に食べても太る心配は無用です。 逆に食べてはいけないのが炭水化物などの糖質です。 中性脂肪を高くする原因であると同時に体内を酸化させる原因となります。 アディポネクチンの分泌を増やす 奇跡のホルモンとか長寿ホルモンと呼ばれているのがアディポネクチンというホルモンです。 このアディポネクチンは、脂肪細胞から分泌されているホルモンで糖尿病や高血圧を予防したり、傷ついた血管を修復する作用が認められており、世界中が注目しています。 アディポネクチンの分泌には、個人差があり長寿のご老人や生活習慣病にならない人を調べると共通して分泌量が多いことが分かっています。 つまり分泌量が多い人は、血管の状態が良い為に全身に血液が巡っていると考えられています。 アディポネクチンを増やすには、テレビでおなじみの岡部先生監修のアディポネクチンサプリ【DSアディポ】が人気です。 興味のある方は、公式ページをご覧ください。

次の

血管を強くする「食事の3原則」とは? (2ページ目):Goodayクイズ:日経Gooday(グッデイ)

血管 を 強く する お茶

年齢を重ねるにつれ硬くなっていく血管。 例えば、20代の若い血管はゴムホースのようにしなやかだが、40代の血管はガス管のホース、70代になるとゴボウの硬さにまでなるとまでいわれている。 また、ゲスト博士・家光素行博士の研究によると、40代以上で体が硬い人は、血管年齢が高く、血管が硬い恐れがあると判明。 実際に街頭で体の硬さをチェックしたところ、体の硬い人は血管年齢も高いという結果に。 ほかに、食べるだけで血流促進に役立つ食材を、そのアレンジ料理とともに紹介する。 スタジオでは、家光博士がゲストにストレッチをレクチャーする。 血管を外から刺激して、若々しく保つ秘訣とは? 血管を外から刺激することで発生する物質・一酸化窒素「NO(エヌオー)」。 「NO」が増えると、血管の筋肉が拡張し血流が促進され、血管が柔らかくなることにつながるという。 1日たった3分でOK!井上正康教授による「NO」を増やす方法を届ける。 赤い色が特徴の、その野菜とは?スタジオで詳しく解説するほか、おすすめのアレンジ料理を紹介する。

次の

血管は乱れた食生活でボロボロになっていく:いくつになっても血管は強くできる:日経Gooday(グッデイ)

血管 を 強く する お茶

血管を強くする食べ物7食品を厳選! 毎日の食事で積極的に摂り入れたい、血管を強くする効果に優れた、おすすめの食べ物を厳選しました。 「青魚」で血管を若返らせる! 青魚には、 「EPA・DHA」が豊富に含まれています。 EPAとDHAには、血管を強くする優れた作用があります。 魚のEPAが血管内皮細胞を丈夫にして血管事故を予防することは、様々な研究であきらかになっています。 例えば、脳卒中のリスクを 40〜50%、心筋梗塞のリスクを約 20%低下させるという研究結果もあります。 普段の食事で新鮮な青魚を積極的に食べることで、血管をイキイキと若返らせる効果が期待できます。 青魚「EPA・DHA」の効果• 血管内皮細胞を丈夫にすることで血管事故を予防する 参考:書籍「一生切れない、詰まらない「強い血管」をつくる本」 サラサラ効果が高い「玉ねぎ」 玉ねぎは、野菜の中でも特に血液をサラサラにする薬効成分が多く含まれています。 その代表的な成分が 「ケルセチン」と 「イソアリイン」です。 「ケルセチン」はポリフェノールの一種で、腸内の脂肪を排出する働きがあります。 そのため、血中脂質を減らして血液をサラサラにする効果が高くなります。 また、抗酸化作用も高いため、血管の老化を防いで高血圧や動脈硬化を予防します。 更に、玉ねぎ特有の辛味成分であるイオウ化合物「イソアリイン」は、血液が固まるのを防いで、血栓を予防する働きがあります。 「ナットウキナーゼ」の効果• 血栓を溶かす作用がある。 血行を促進して血液をサラサラにする。 食後2時間くらいから効き始めて、8~12時間も長く持続する。 「酢」は血管をトータルにケアしてくれる 「酢」は米などの穀物や果実を原料にした発酵食品です。 そのため、発酵の過程で生まれる様々な有効成分が含まれています。 主成分はクエン酸と酢酸ですが、酢酸には、脂質や糖質の代謝を促す作用があります。 そのため、ドロドロ血液をサラサラにして、血管の負担を軽減します。 一方のクエン酸は、抗酸化作用が高く、体内の酸化ストレスを減らします。 このような働きから、酢は血管をトータルにケアしてくれる優れた食品であると言えます。 「酢」の血管をケアする効果• 脂質や糖の代謝を促進して、血液をサラサラする。 強力な抗酸化作用で、悪玉のLDLコレステロールの酸化を防ぐ。 血管の老化を防いで動脈硬化を予防する。 肉類や糖質の摂り過ぎにより、酸性に傾いた体を弱アルカリ性に戻す。 血管修復作用のある「しょうが」 薬味などに使われる「しょうが」ですが、皮の近くに含まれる成分「ジンゲロール」には、中性脂肪を減らして悪玉コレステロールを減らす作用があります。 そのため、血管への負担を軽減して老化を予防します。 また、しょうがは加熱したり蒸すことによって「ショウガオール」が発生します。 ショウガオールには、傷ついた血管を修復する作用があるため、動脈硬化の予防や改善に効果が期待できます。 「黒にんにく」で期待できる効能• 抗酸化作用が強まる• 免疫力強化作用が強まる• 抗ガン作用が強まる• コレステロールを減少• 血栓を予防する効果• 毛細血管を拡張して、血行促進効果• 高血圧の予防や改善効果• 血液をサラサラにする• 動脈硬化の改善や予防する効果 毛細血管の拡張や、血行を促進する効果が強まることで、より血管を強くする効果が期待できます。 にんにく自体にもこれらの作用がありますが、黒にんにくになると、その効果が更に高まります。 そのため、特に血管を強くする効果を期待するのであれば、黒にんにくがおすすです。 「黒にんにく」の効果については、こちらの記事で詳しく紹介していますので、参考にして下さい。 「ビーツ」で血管を若返らせる 血管を若返らせるために注目したい野菜が、「ビーツ」です。 ビーツには体内で「NO(一酸化窒素)」を増やす作用があるからです。 「一酸化窒素」は血管内皮細胞から分泌される物質で、血流を促したり、しなやかで弾力のある血管を維持する働きがあります。 「一酸化窒素」の分泌を促す食べ物は、他には青魚があります。 青魚に含まれる「EPA」は、血管内皮細胞の機能を高めるため、「一酸化窒素」の分泌を促します。 ビーツは体内で「一酸化窒素」を増やすのに効果的だとして、世界的に注目されている野菜です。 血管を強くする成分とその効果 血管を強くするための決め手となるのが、血管の内側にある「内皮細胞」です。 内皮細胞がイキイキと元気な状態だと、血管は強く丈夫になります。 そのため、血管を強くするためのポイントは、内皮細胞を若返らせる成分が豊富に含まれていることです。 「EPA・DHA」の効果 魚には良質なタンパク質とEPA・DHAが豊富に含まれる 青魚に多く含まれる「EPA(エイコサペンタエン酸)」と「DHA(ドコサヘキサエン酸)」は、良質な脂肪である 多価不飽和脂肪酸です。 脂肪酸には、「飽和脂肪酸」「一価不飽和脂肪酸」「多価不飽和脂肪酸」の3種類があります。 飽和脂肪酸はコレステロールなどの血中脂質を増やすため、摂り過ぎると体によくない脂肪です。 その反面、EPA、DHAに含まれる「多価不飽和脂肪酸」は、血圧調整や血栓予防に効く作用があります。 そして、血管の内皮細胞が生まれ変わる材料となります。 「EPA」と「DHA」には、悪玉のLDLコレステロールを減らし、中性脂肪の合成を抑える作用があります。 また、血管を拡張して血流を良くして、血栓ができるのを防ぐ働きを持っています。 「EPA」と「DHA」は、血管を強くするのにとても有効な成分です。 特に「EPA」には、血管内皮細胞の炎症をしずめ、血管の膜を作るコーティング作用があります。 これは、傷ついて弱った血管をイキイキと若返らせることにつながります。 「ビタミン」を多く含む食品• ビタミンC: トマト、小松菜、春菊、ほうれん草、枝豆、アスパラ、モロヘイヤ• ビタミンE: トマト、枝豆、ほうれん草、春菊、モロヘイヤ、玄米• ビタミンB6: まぐろ、かつお、さんま、さけ、レバー、鶏肉のささみ、青海苔、ナッツ類• ビタミンB12: 貝類、レバー、煮干し、いわし、さんま、にしん、海藻類• 葉酸: モロヘイヤ、ブロッコリー、ほうれん草、枝豆、グリーンアスパラ、大豆、いちご 参考:書籍「「血管を鍛える」と超健康になる!」、「一生切れない、詰まらない「強い血管」をつくる本」 血管を強くするために、効果的な食事の摂り方は? 食事は毎日の積み重ねです。 一食毎の食べ方に少し気をつけるだけでも、その効果は確実に現れてくるものです。 現状の食事の摂り方を見直してみて、改善する必要があるか確認してみましょう。 食べる順番を意識する 食事は食べる順番を変えるだけでも、体への影響が変わります。 血管へ負担をかけない食事の順番は、最初に野菜を食べて、最後に主食のご飯を食べるようにすることです。 低カロリーの野菜を先に食べることで、満足感が得られるため食べ過ぎを防ぐことができます。 また、野菜には食物繊維が多く含まれているので、後に食べるものの吸収がゆるやかになり、血糖値が急上昇するのを抑えることができます。 血糖値の上昇がゆるやかだと、血管への負担が軽減できます。 つまりは、血管を若く保つことにつながるのです。 血管に負担をかけない食べ方• 野菜から食べて、ご飯を最後に食べることで、血糖値の上昇をゆるやかにする。 栄養バランスの摂れた食事 食事はそれぞれの食材をバランスよく摂ることが大切です。 いくら効果があるからといって、一定の食材だけを過剰に食べていては、栄養が偏ってしまいます。 トータル的に栄養バランスのとれた食事をするためにおすすめなのが、「和食」です。 和食は、主食、主菜、副菜、汁物の「一汁三菜」が基本となるため、栄養バランスが自然に整うメニューになります。 例えば、主食に押し麦を入れて炊いたご飯、魚や肉、大豆製品の主菜、野菜やきのこ、海藻の酢の物や和え物の副菜、豆腐やわかめの汁物。 このようなメニューにすると、血管を強くする栄養素をバランスよく摂ることができます。 「和食」は栄養バランスのとれた食事• 主食、主菜、副菜、汁物の「一汁三菜」が基本となるため、栄養バランスが自然に整うメニューとなる。 信頼できるサプリメントで栄養をサポート 必要な栄養素はなるべく毎日の食事から摂るのが理想です。 しかし、仕事が忙しく帰宅時間が遅くなったりすると、どうしても食生活が不規則になってしまいます。 そんな忙しい人の食事をサポートするために作られたのが、栄養補助食品の「サプリメント」です。 サプリメントは、必要な栄養成分をいつでも手軽に摂れるというメリットがあります。 しかし、 一般的なサプリメントで気になるのが、添加分が多く含まれている点です。 健康のために活用するのであれば、なるべく余分な添加分が含まれていないものを選びたいですね。 血管を健康に保つためにおすすめできるサプリメントとして、「 」があります。 「白井田七」は完全無農薬・有機栽培の貴重な田七人参を飲みやすい錠剤タイプにしたサプリです。 田七人参は、中国で古くから生薬として活用されてきたものですが、その最大の効能は 「血液を浄化して免疫力を高めること」です。 血管の老化に伴なう体の不調の原因を、根本的に改善する効果に期待ができます。 また、「白井田七」は健康のためのサプリとして、添加物を一切使用していない点でもおすすめできる理由です。 粘着剤も使わず、わずかな有機玄米で結着しているため、成分の98%が田七人参になります。 田七人参のサプリ「白井田七」をおすすめする理由• 「血液を浄化して免疫力を高める」効能により、血管の老化を根本的に改善する効果に期待できる。 添加物は一切使用せず、成分の98%が田七人参になる。 実際に、その効能を確認するため、 管理人ホコタテも2ヶ月間程、「白井田七」を飲み続けてみました。 その間に 実感したことは、「疲労が軽減された」「筋肉疲労がなくなった」ことです。 ちょうど「白井田七」を飲み始めた時期、引っ越し作業や草刈り作業があったのですが、腰痛や筋肉痛が全くありませんでした。 いつもなら、このような作業の翌日、腰痛や筋肉痛を感じていたのですが、それが全く無かったので不思議に感じていました。 自家製の酵素ジュースも毎日飲んでいたので、必ずしも「白井田七」の効果とは言い切れないですが、「疲労の軽減」は実感できました。 そのため、長期間継続して飲み続けることで、血管の老化など加齢に伴う様々な症状の改善に、期待がもてるサプリだと思いました。

次の