ワイモバイル paypay チャージ。 PayPay「ソフトバンクまとめて支払い」チャージで還元率2.5%超に

ワイモバイル(Ymobile)とPayPayをうまく活用する方法!ペイペイの登録方法や使い方、20%・全額還元の仕組みについて

ワイモバイル paypay チャージ

ワイモバイルの データチャージ(容量の追加購入)は 1回500円で500メガ。 関連 ワイモバイルに申し込んだ際、今も継続して行われている 容量2倍のキャンペーンですが、1ギガを超過した時点で速度制限がかかり低速になってしまいました。 ワイモバイルの低速モードは 下り128kbps。 これは遅いです(笑) 私の妻は機械音痴なので、詳しい人のサポートが必要なのですが、速度制限で低速になったところで「 速度が遅くなったんだけど?」と伝えられました。 2ギガ使えるのに「なぜだ?」と思ってワイモバイルのサポートページを確認したら「 データチャージ」をしなくてはならないとの事! ワイモバイルのデータチャージは、 1回500円で500メガの チャージ(容量の追加購入)ができるのですが、容量2倍キャンペーンで2回分は無料だけど、 手動でデータチャージをしなくてはいけないようです。 月間データ使用容量を超過した際は、ワイモバイルからメールで連絡が来るので、まだ親切ではありますが、「 My Y! mobile」にアクセスをして、データチャージ手続きをするのはなかなか難しいこと。 データチャージ方法を知らずに無料分を使えてない人…チャージが必要というメールを忘れている人…いるんじゃないかなー? 当記事では、ワイモバイルと契約したら必ず覚えておきたい「 ワイモバイルのデータチャージ方法(容量の追加購入)」について紹介します。 スポンサーリンク My Y! mobileへアクセスする方法 ワイモバイルのお客さま専用ページである「 My Y! mobile」は、PCからでもスマホからでもログインができます。 しかし、使っている端末によってログイン画面へ遷移する過程に違います。 「 My Y! mobile」への新規登録方法は下記ページで解説しています。 関連 自分が使っている端末を選びましょう。 「 My Y! mobile」ページが開きます。 ワイモバイルお客さま専用サイト「 My Y! mobile」にログインできたらこのような画面が表示され、お客様基本情報や利用料金、利用状況などの確認・手続きができます。 このページから容量のデータチャージも行えます。 2017年1月の利用料金が 4,000円もしているのは何故でしょうか? ワイモバイルのデータチャージ方法(容量の追加購入) 「 My Y! mobile」にログインできたという事で、容量が0になって速度制限で低速になってしまったのを高速通信に戻すべく、 データチャージ(容量の追加購入)をします。 データチャージ方法はスマホの画面で紹介します。 スマホで「 My Y! mobile」にログインしてください。 アプリもありますがブラウザへのショートカットなのでインストールするまでも無いですw 「 My Y! mobile」トップ画面のページの中段に 通常速度に戻す申込があるのでタップします。 申込があるのでタップします。 データチャージ完了! OKをタップすると「 ご利用状況」ページへ遷移します。 実際には10メガ少ないです。 申込をすると予約完了となり、データ容量0になっても 自動で500メガがチャージされます。 状況に応じて予約をしておきましょう。 データチャージ(容量の追加購入)の予約はキャンセルもできるよ データチャージの予約はキャンセルもできます。 ワイモバイルの料金確認 2017年1月のワイモバイルの利用料金が4,000円になってしまった…どうしてか? これは1回500円のデータチャージを4回したからという事です。 データチャージを2回以上する方は、スマホプランSからM、MからLへとプラン変更をする方がコストはかからないのでプラン変更をしましょう。 って他人事じゃなく、プラン変更をしておきたいと思います。 4回データチャージすれば2,000円。 ワイモバイルのスマホプランSのひと月分の利用料金です(汗) 快適モード|自動でデータチャージをする方法 ワイモバイルのデータチャージ(容量の追加購入)は、知らず知らずのうちにデータチャージで課金されてしまわないように手動でする事がおすすめですが、手続きを不要にできる自動化もできます。 自動でデータチャージをして常に高速通信をしている状況の事を「 快適モード」といい、速度制限がかかった下り128kbpsの低速通信の状態を「 制限モード」といいます。 無制限は後が怖いのでやめておきましょうw 「 My Y! データ容量節約の為、制限モードに設定する事もできます。 以上、「 ワイモバイルのデータチャージ方法(容量の追加購入)」についてでしたが、概ね流れは理解できたでしょうか? 機械音痴、スマホ初心者の方にとったら「 My Y! mobile」にログインする事さえ困難な事だと思いますが、ワイモバイルを利用する上で、お客様基本情報や利用料金、利用状況などの確認方法はしっかり覚えておきたいとこ。

次の

【PayPay】後払い!『ソフトバンク/ワイモバイルまとめて支払い』で残高にチャージする方法

ワイモバイル paypay チャージ

Paypayに登録出来る主な金融機関 ゆうちょ銀行 みずほ銀行 りそな銀行 三井住友銀行 イオン銀行 ジャパンネット銀行 地方銀行が多い印象です。 ネット銀行はイオン銀行とジャパンネット銀行のみとなっています。 特にヤフーは昔からジャパンネット銀行を推奨しており、Paypayでもジャパンネット銀行開設で500円、Paypayに登録すると残高100円キャンペーンを展開しています。 銀行を登録したら、下の画面にある青丸部分のチャージボタンをタップします。 するとチャージ方法選択画面になります。 登録した金融機関が出ますので、それを選択します。 チャージ金額は一見、千円単位に思えますが、100円以上なら1円単位でチャージできます。 後はチャージするをタップして完了です。 当たり前ですが、当たり前の事も注意書きしないといけない時代ですので、追記しますと、登録した金融機関に入ってる金額以下でしかチャージ出来ません。 デビットカードと同じような感覚ですね。 この方法であれば、クレジットカードを登録せずに、Paypay残高払いできます。 Paypay残高払いであれば、Paypayのキャンペーンにて有利です。 銀行チャージの上限は以下の通りです。 過去24時間で50万円。 過去30日間で200万円です。 ヤフーカードでチャージする方法 チャージではなく、登録するだけならヤフーカード以外でも可能です。 VISAやmasterならば、ほとんどのクレジットカードが登録可能です。 住信SBI銀行のデビットカードだって登録出来ました。 登録しているクレジットカードでチャージするとなるとヤフーカードしか選択肢はありません。 こちらも、ヤフーIDからのヤフーウォレット経由でヤフーカードを登録します。 もっとも、ヤフーカードを所持しているなら既に登録済だとは思いますが。 後は上記に書いた銀行と同じでチャージボタンをタップして100円以上をチャージするだけです。 一番簡単手軽な方法となっています。 ヤフーカードでのチャージはヤフーカードの本人認証が必須となります。 ヤフーカードチャージの上限は以下の通りです。 本人認証設定済みヤフーカードでのチャージの場合 過去24時間で2万円。 過去30日間で5万円。 青いバッジがついている+本人認証設定済みヤフーカードの場合 過去24時間で25万円。 過去30日間で25万円。 paypayの青バッジとは? 青バッジとは、Paypayが利用者に対して信用度のバロメーターのようなものです。 信頼の青バッジが有るか無いかでチャージや支払いの上限金額が変わってきます。 青バッジとは、Paypayアカウントにある名前の横に付けられるバッジです。 これがあるか無いかで変わってきます。 青バッジが貰える条件は公式ではセキュリティー上言えないとされてますが、利用履歴や本人認証済カードを使ってるかなどの要素から判断されているものと思われます。 ヤフオクからのチャージ方法 メルカリが席巻しているとはいえ、ヤフオクを使ってる人も多いでしょう。 ヤフーはPaypay決済の強化を図っており、ヤフオクの落札代金の自動振込機能の終了し、手動での振込手数料はジャパンネット銀行は無料で、その他の振込手数料は100円かかるように変更されました。 そしてもう一つの選択肢としてPaypayにチャージが用意され、こちらは無料で即時反映です。 「マイオークション」から「売上金管理」に進み、100円以上の金額でチャージします。 Yahoo! JAPANアプリでもPaypayは利用できますが、セブン銀行ATMのQRコードは読み取れません。 セブン銀行でのチャージは単独の「PayPayアプリ」を使いましょう。 ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いでのチャージ方法 ソフトバンクかワイモバイルのユーザーなら、チャージ方法でも優遇されます。 チャージボタンを押すと、ソフトバンクかワイモバイルのユーザーなら、第三の選択肢として「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」があります。 これを選択して、100円以上なら1円単位でチャージできます。 請求はソフトバンクもしくはワイモバイルの月額料金と合わせての支払いになります。 この方法はソフトバンクの利用上限が干渉してきますので、年齢によるかユーザーが設定した上限の範囲でしかチャージできません。 また、利用を制限(ロック)する機能もあるので、これを設定していると、1円たりともチャージできないので、注意しましょう。 paypayチャージ方法まとめ 銀行もクレジットカードも登録したくない人は「セブン銀行ATM」でのチャージでしょう。 もしくはソフトバンクかワイモバイルのユーザーならまとめて払いの選択肢もあります。 ソフトバンクかワイモバイルのユーザーならまとめて払いが手軽でいいでしょう。 上記に該当しないのであれば、ヤフーカードが最も手軽な方法です。 Paypayを使うならヤフーショッピングもお得に使えますし、ヤフーショッピングを使うならヤフーカードだと更にお得というヤフーの包囲作戦に身を委ねましょうか。 ヤフオクのヘビーユーザーならヤフオクチャージも悪くない選択肢です。 特にジャパンネット銀行以外は手数料がかかるようになりましたし、Paypayチャージなら無料ですし。 クレジットカード登録は選択肢に無いしヤフオクもしないのなら銀行チャージですね。 何だかんだいっても信頼度の高いゆうちょ銀行が使えますし、不必要に使い過ぎないデビットカード感覚でいける点もお勧めポイントになっています。

次の

「ソフトバンクまとめて支払い」と「ワイモバイルまとめて支払い」で「PayPay」へのチャージが可能に

ワイモバイル paypay チャージ

PayPayの登録方法 まずPayPayを使うための、事前準備から取り掛かります。 PayPayを利用するにはYahoo! JAPAN IDが必要なため、アカウント登録をしておかなければなりません。 登録は無料で、数分程度で完了します。 スマホでもパソコンでもアカウント登録はできるため、事前に行うとスムーズにPayPayの利用開始が可能です。 Yahoo! JAPAN IDと連携させる Yahoo! JAPANのアカウント登録をしなければならない理由は、PayPayがYahoo! JAPAN IDと連携したサービスだからです。 アカウントとアプリを連携させ、決済情報を登録することで利用が可能となります。 また、必ずしもPayPay用に新規アカウントを作成しなければならないわけではありません。 すでにYahoo! JAPAN IDと持っているなら、それを登録して使うことも可能です。 新規登録でチャージキャンペーン【6月で終了】 2019年6月にはPayPayに新規登録すると、自動的に残高が500円チャージされる新規登録のキャンペーンを行っていました。 キャンペーン内容も随時変わるため、登録するならキャンペーンをチェックしましょう。 銀行口座からPayPayにチャージ• Yahoo! マネーからチャージ• Yahooクレジットカードからチャージ どの方法でチャージしても構いませんが、方法ごとに特徴やメリットが異なるため注意が必要です。 同じ金額を使うにしても、やり方次第ではお得度は変わると考えなければなりません。 便利な方法を選ぶのはもちろん、お得度も意識しながらチャージ方法を選択することが大切です。 銀行口座からチャージする方法 決済情報で銀行口座の情報を登録すると、口座から残高を引き落とし、PayPayにチャージが可能です。 銀行口座の登録には、複数日かかる場合があるため、早めに手続きをしておくことが大切です。 また、銀行ごとに登録できるかどうかは異なるため、手持ちの口座で利用できるか確認しておく必要があります。 PayPay対応銀行リスト PayPayで口座登録できる銀行は、以下の通りです。 ジャパンネット銀行• ゆうちょ銀行• みずほ銀行• 三井住友銀行• りそな銀行• イオン銀行 全国版の銀行は以上の通りですが、他にも各種地方銀行の登録が可能です。 対応している銀行数は非常に多いため、地方銀行の口座を登録したいなら、実際にアプリから確認してみるのがおすすめです。 注意!三菱UFJ銀行の口座はPayPay残高へのチャージには使えない 大手の銀行は大抵口座登録できますが、三菱UFJ銀行は対象外となっているため注意が必要です。 三菱UFJ銀行の口座を持っている場合は、他の口座を選択するか、別のチャージ方法を考えなければなりません。 ただし、チャージできないのは、あくまでPayPay残高への直接チャージです。 Yahoo! マネーにチャージし、そのお金をPayPayで使うといった、間接的な方法なら利用は可能です。 Yahoo! マネーからチャージする方法 PayPayアプリに銀行口座を直接登録せず、Yahoo! マネーを使ったチャージも可能です。 すでにYahoo! JAPANのアカウントを持っていて、サービスを利用しているなら、Yahoo! マネーと連携して使うのもおすすめです。 Yahoo! サービスで使える電子マネー そもそもYahoo! マネーとは、Yahoo! サービスが提供している電子マネーです。 PayPayは電子マネーも利用できる決済アプリで、電子マネーの本体であるYahoo! マネーとは区分が違うことは理解しておかなければなりません。 Yahoo! マネーは、Yahoo! JAPANのアカウントに銀行口座を登録して利用します。 PayPayアカウントとYahoo! JAPAN IDを連携させている場合、そのアカウントでチャージしたYahoo! マネーが、そのままPayPayでの支払いに使えます。 Yahoo! のマネーはYahoo! ウォレットの1つ Yahoo! が提供するサービスには、インターネット上での財布の役割をする、Yahoo! ウォレットというものがあります。 その名の通り電子マネーを管理する財布であり、Yahoo! マネーはYahoo! ウォレットのサービスの一部です。 PayPayも連携しているサービスのため、Yahoo! ウォレット、並びにYahoo! が提供する各種サービスとの親和性は高いです。 PayPayに登録したクレジットカードからチャージする方法 PayPayはクレジットカードを登録しての利用も可能です。 クレジットカードの場合は、どのカードを登録するかによって、使い勝手が異なります。 また、支払いの扱いもカードによって異なるため、細かな違いを知っておかなければなりません。 クレジットカードの種類は3種類 PayPayで登録できるクレジットカードは、以下の国際ブランドのみです。 VISA• Mastercard• JCB 利用可能なのは3つのブランドと、選択肢がそれほど多くありません。 また、JCBについては、登録できるのはYahoo! JAPANカードに限られます。 つまり、Yahoo! JAPANカード以外を利用する場合は、VISAとMastercardの2つしか登録はできません。 Yahoo! JAPANカード クレジットカードを登録した場合、PayPayを媒介にクレジットカード払いとなるため、実際にはチャージをしているわけではありません。 しかし、Yahoo! JAPANカードに限り、クレジットカードからチャージして、残高から支払うことも可能です。 チャージ方法は銀行口座を登録した場合と同じで、アプリの「残高」タブからら残高にチャージを選択して利用できます。 その他クレジットカードはチャージ自体ができないため、残高から支払いをしたいなら、Yahoo! JAPANカードを選ばなければなりません。 Yahoo! クレジットカードでのチャージ上限金額 Yahoo! JAPANカードからチャージする場合は、本人認証されたカードなら、24時間以内で2万円までのチャージが可能です。 30日間のチャージ上限は5万円であり、無制限に使えるわけではないため注意が必要です。 本人認証されていないカードの場合、24時間以内、30日間ともに5,000円までしかチャージできません。 クレジットカードでより便利にチャージ機能も使いたいなら、本人認証は必須です。 PayPayの新機能オートチャージとは PayPayを頻繁に利用し、その都度チャージするのが面倒なら、オートチャージ機能を使うのがおすすめです。 オートチャージは新しく追加された機能であり、残高チャージで支払いをする人、PayPayを頻繁に使う人に向けのサービスです。 自動的に残高がチャージされる オートチャージは、その名の通り自動で残高がチャージされる機能です。 PayPayでは通常自身でチャージを選択し、金額を入力してチャージを行いますが、オートチャージの場合はこの必要がありません。 オートチャージ機能をオンにし、最低残高数を決めておくと、それを下回った時点で自動的にチャージが実行されます。 定期的に使っていて買い物のたびにチャージするのが面倒な人は、一定の金額を決めてオートチャージ機能をオンにするのがおすすめです。 勝手にチャージされて使いすぎるのが怖い場合は、オフにしておくと手動のチャージのみで利用できます。 5つの金額設定が可能 オートチャージは、以下5つの金額からチャージ額を選べます。 1,000円• 3,000円• 5,000円• 1万円• 2万円 少額のチャージからまとまった金額のチャージまで可能なため、ライフスタイルに合わせて使い分けやすい点が魅力です。 ただし、高額に設定していると、チャージ上限に引っかかりやすいため注意しなければなりません。 PayPayのチャージする注意点 上手にPayPayを使いこなすには、チャージに関する注意点を知ることも大切です。 PayPayの残高が不足な場合• 支払いは併用できない• PayPay残高に制限あり• チャージした金額は出金できない 失敗しないためにも、各種注意点は詳細まで理解しておかなければなりません。 PayPayの残高が不足な場合 残高が不足している場合は、支払いができませんが、クレジットカードを登録している場合は別です。 残高不足でクレジットカード登録済みの場合は、支払い方法をしていなくても、自動でクレジットカード払いが適用されます。 クレジットカードを登録しているものの、できるだけ使いたくない場合は、残高がいくらあるかこまめにチェックし、チャージしておかなければなりません。 支払いは併用できない PayPayでの支払い方法は、大きく分けると残高からの支払いと、クレジットカード払いに分けられます。 支払い方法は複数あるものの、一度の会計で利用できる方法はどちらかひとつです。 一部残高払い、一部クレジットカード払いといった併用はできないため、注意が必要です。 PayPay残高に制限あり 本人認証をしているかどうかで残高にチャージできる金額は大きく異なります。 本人認証ありなら24時間で2万円、30日間で5万円まで可能です。 認証なしだと24時間、30日間ともに5,000円のため注意が必要です。 今後利用上限が拡大する可能性はありますが、2019年6月時点においては、厳しい制限がかけられています。 チャージした金額は出金できない 2019年6月時点では、PayPayにチャージした残高は口座出金できません。 出金ボタンはありますが、現在は利用できないため、注意が必要です。 今後機能拡充の可能性は示されているものの、詳細な日程は公開されていません。 現時点ではチャージした残高は使い切りのため、それほど頻繁に使わないなら、少額ずつチャージすることが大切です。 PayPayで一番お得なチャージ方法は? 複数あるチャージ方法の中で、もっともおすすめなのは Yahoo! JAPANカードからのチャージです。 銀行口座やYahoo! マネーからチャージした残高で支払う場合、3%還元が受けられます。 クレジットカードの場合も同様で、3%の還元が受けられ、かつカードボーナスの1%が追加されます。 Yahoo! JAPANカードなら、最大4%の還元となり、他の方法よりお得度は高いです。 注意が必要なのは、還元率が上がるのは、Yahoo! JAPANカードに限られる点です。 その他のクレジットカードだと、残高へのチャージができず、かつ還元率も0. 5%と減少します。 PayPayはYahoo! のサービスと相性のよいアプリのため、Yahoo! 系列のカード、ネットサービスとの連携が、もっともお得に利用できます。

次の