インラインとは。 「インライン」の意味とは?メイクやスニーカーとの使い方も解説

ラスト・イン・ライン、ディオ黄金期のパッションを再び

インラインとは

インラインの意味、きちんと理解していますか? ビジネスシーンでのメールで時々見かける「インラインで失礼します」という言葉。 一度は見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。 しかし、その言葉の意味することや目的を正確に把握できている人は決して多くはありません。 そこで今回は、インラインの意味と正しい使い方について解説していきます。 インラインとは? インラインとは、元々IT用語のひとつであり、「直列の、一列に並んだ」などを意味する英語が語源です。 IT分野では、ここから「その場に埋め込む」という意味で使うようになりました。 メールにおけるインラインは、返信する際に、相手の文章を引用し、それに対する回答文を引用文のあいだに挟む形で書くことを指します。 インラインでの回答のメリット インラインで返信する場合、相手の質問を引用し、その都度答えを書いていくので、どの質問に対する回答かが見やすく、わかりやすいというメリットがあります。 ビジネスシーンでは、できる限りメールをやりとりする回数は減らしていきたいので、1通のメールで、多くの質問を投げかけられてしまうこともあるでしょう。 しかし、インラインの返信であれば、読む側は、ひと目でどの質問に対する回答かわかるので、理解度が高まります。 返信する側も、一つひとつの質問を項目立てして、回答することができます。 メールの中に回答すべき質問が多ければ多いほど、効果を発揮する方法といえます。 質問が2つ以上あれば、積極的に使っていきましょう。 逆にインラインを使わずに返信すると、先方からの質問の一部を見落としてしまい、回答漏れが起きる確率が高くなり、再度質問した側から連絡をもらわなければならない事態も起こりえます。 また、読む側がどの質問に対する回答なのか、理解するのに時間もかかってしまいます。 インラインでの回答のデメリット インライン返信も万能というわけではありません。 メールの書き方を手紙と同じようにとらえ、相手の文章をそのまま引用することが不快と感じる人は少なからず存在します。 特に、経営者層など、長くビジネスシーンで活躍してきた人ほどその傾向は強いといえます。 そうした不快感を多少なりとも緩和する意味でも、冒頭で紹介した「インラインで失礼します」という言葉が使われているのです。 また、引用するということは、どうしてもメールの文章そのものが長くなってしまいます。 また、引用部分をさらに引用して... ということになると、インラインを使ったほうがわかりにくくなってしまう場合もあります。 そうした際には、あえてインラインをやめ、通常の方法で返信するなどの使い分けをしましょう。 インラインを使ってメールを返信する 実際にインラインを使った返信メールの文例をご紹介します。 どの質問への回答なのかが、理解しやすくなっているのがわかるでしょう。 インラインによる回答で失礼します。 こちらの日程で問題ございません。 こちらの内容で問題ございません。 今後とも何卒よろしくお願いいたします。 」という風に前置きを書く必要がありますし、その際に、時間や曜日を誤って書き写してしまう場合もあります。 そうなると、相手はもう一度正しく伝わっているかを確認しなければならないため、大きな手間をかけさせてしまいます。 質問に対する回答をわかりやすく、もれなく伝えるために、インライン返信を活用してはいかがでしょうか。 インラインでの回答は読みやすさのために活用! ビジネスメールにおいて、文章の丁寧さや正しい言葉遣いと同様に重要視されるのが、読みやすいかどうかという点です。 丁寧さを重視して、あまりにも回りくどい表現を使うよりも、逆に読みやすさを重視したシンプルな文章が評価されることも往々にしてあります。 読みやすさにおいて、インライン返信は非常に効果的で、回答漏れや伝達ミスといったメールでの失敗を減らすことができます。 だからこそ、引用する際には必要な部分だけを引用し、不必要な情報が含まれていない短文にすることが重要ですし、それに対する回答もシンプルにまとめなければなりません。 また、相手によってはインラインを不快と感じる人もいるので、適切な返信をしっかりと見極めるようにしましょう。

次の

TWIN

インラインとは

「インライン」の正しい使い方 まずは、インラインを使った例を見てみましょう。 上司に対して、以下のようなメールを送りました。 --------------- 先日の面談ではご指導ありがとうございました。 次の面談ですが、都合が良い日時を教えていただければ幸いです。 --------------- そして上司は、このメールに対して返信します。 >次の面談ですが、都合が良い日時を教えていただければ幸いです。 それでは5月10日の午後1時はいかがでしょうか? --------------- このように、メールの文章中に相手からのメールを引用し、それに対して返信することを「インラインで返信する」といいます。 このインラインの返信は、部分引用や一部引用といわれることもあるので覚えておきましょう。 それでは、このようなインラインで文面を引用して返信する方がよい場合は、どんなときかを見ていきます。 インラインで返信したほうがよい場合 <相手のメールの内容に質問がある場合> 相手のメールの中に質問がある場合は、その質問を引用することで相手にわかりやすくピンポイントに回答できます。 そのため、効率的に要件が伝えられるでしょう。 (使い方) -------------------- >(相手の)質問 回答 -------------------- 質問と回答が連続して書くことで、わかりやすく伝えられます。 質問が2つ以上ある場合も、インラインを利用することで間違いなく伝えることが可能です。 ただしインラインを使用する場合は、「インラインで失礼します」と初めに断っておくとよいでしょう。 それでは反対に、インラインで文面を引用して返信しないほうがよい場合はどんなときでしょうか。 インラインで返信しないほうがよい場合 <相手のメールが長文の場合> 相手のメールが長文のときは、長い文章を引用することになります。 そのため、わかりづらい文章になってしまうかもしれません。 どうしても使用したい場合は、特定の部分に対して使うようにしましょう。 <インラインで会話が続く場合> インラインを使用する人同士のメールでは、インラインに対してインラインで返信するというメールが連続することがあります。 このようなときは、メールの文面が煩雑になってしまうので一旦インラインをやめるといいでしょう。 インラインを使用したほうがよい、あるいは逆に使用を避けるべきときについて見てきました。 相手からのメールに質問がある場合は、引用したほうが的確に相手の質問に回答することができ、わかりやすく漏れもなくなります。 このような引用に対しては、失礼に当たらないだろうと考える人が多いようです。 いくつかの質問があるような場合は、質問と回答を対で返すことで、必要な回答が漏れているなどのトラブルが起きるリスクを減らすことができます。 また、後日に確認したいとき、あるいは上司や第三者に経緯を説明するときにも、インラインを使用している場合のほうが内容を振り返りやすく便利です。 インラインを使用したメールでやり取りしていた場合は、そのメールを転送することで状況を共有することができます。 また、このような場合に転送を行うときは、そのままメールを転送するのではなく、一言添えて転送するのがマナーです。 ビジネスメールで気を配るべきマナー ビジネスメールで気を配りたいことは、「相手にとって読みやすいかどうか」です。 インライン形式は相手にわかりやすく、ピンポイントで伝えることができる相手に配慮したメールですが、不必要な箇所まで引用してしまうと読みづらくなってしまいます。 また、必要な箇所に固執してしまい、挨拶なども忘れて相手への配慮を欠いたメールになってしまうのも問題です。 大切なことは、こちらの伝えたいことを失礼なく、いかにわかりやすく伝えられるかということ。 相手の立場や人柄も考慮して、書き方を工夫する必要があります。 その1つの手段に、インラインの手法があると考えましょう。 執筆:melz. K 美容、就職・転職、その他さまざまな記事を執筆しているライター。 金融関係の仕事をしながら兼業ライターとして活動している。 音楽など芸術を好んで、コンサートや展覧会に行くのが楽しみ。

次の

インライン要素

インラインとは

インラインとは、直列の、一列に並んだ、などの意味の英単語。 ITの分野では「その場に埋め込む(埋め込まれた)」という意味で用いられることが多い。 電子メールのインライン メールの返信を作成する際、もとのメールの本文を全文引用して、応答文を数行おきに挟んでいくようなを「インラインコメント」「インラインで返信する」などという。 相手と会話するように返答を記述していくため、文脈が分かりやすく、情報の欠落やすれ違いが起きにくいという利点があるが、ゼロから本文を書き起こさずに相手の文章に依存した書き方をすることを雑な対応、あるいは失礼だと感じる人もいるようである。 このため、取引先とのビジネス上のやり取りなどでは「インラインで失礼します」などと冒頭に断り書きを挿入する場合もある。 プログラミングのインライン プログラミングで、などを定義したコードを、それを呼び出した箇所に展開して直接埋め込んでしまう手法を「インライン展開」「インライン関数」などという。 に関数の呼び出しが必要なくなるため速度は向上するが、同じコードを何ヶ所にもコピーするため全体のコードサイズは増加する。 また、のコードをのソースコード中に特殊な記法を用いて埋め込むことをという。 そのようなコードを解釈できる機能や、言語処理系(・)のことを指す場合もある。 HTMLのインライン要素 などので、見出しや段落など文書の構造を規定する機能を持った要素を「ブロックレベル要素」、内で文字の修飾やなどを埋め込む機能を持った要素を「インライン要素」と呼んで区別する。 インライン要素は文章などの一部に情報を追加するために用いられるもので、ブロックレベル要素のように(箱型の)自身の領域を持たない。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の