競馬 購入。 JRAダイレクト馬券の買い方&購入方法(パソコン)

【簡単即日】競馬でネット購入をしよう!メリットは5つ

競馬 購入

皆さんはどれくらいの金額を馬券につぎ込みますか? 馬券は100%的中するものではありませんので、負けた場合のことを考えながら、馬券の掛け金をコントロールしている、という方も多いのではないでしょうか。 ここでは、 掛け金の上限や最低金額、一般の競馬ファンの平均掛け金がどれくらいなのかをご紹介します。 競馬の掛け金の最高額と最低額は? 掛け金の最高額は? 馬券のインターネット投票が普及するまでは、競馬場やウインズで投票用のマークカードを記入する形で馬券を購入することが一般的でした。 マークカードで一点の馬券を購入する場合、掛け金の 最高額は75万円。 マークカードでの掛け金の最高額は、馬券の点数が最も多くなる三連単の18頭ボックスを一点75万円で購入した時の 36億7,200万円になります。 一方、指定された銀行口座に入金されている金額から馬券を購入することになるインターネット投票の場合は、入金済みの金額をすべて馬券に投入することができます。 よって、マークカードで馬券を購入する場合の掛け金の最高額36億7,200万円となりますが、インターネット投票の場合は掛け金の上限は 無限になっています。 掛け金の最低額は? マークカードでの馬券購入、インターネット投票での馬券購入、ともに掛け金の 最低額は100円。 三連複や三連単といった馬券の点数が多くなるものは、 一点100円で馬券を購入する競馬ファンがほとんどです。 ただし、ウインズでは掛け金の最低額が100円ではないフロアが存在しています。 ウインズの自動券売機には掛け金の最低金額が提示されていますので、必ずチェックするようにしましょう。 競馬の平均掛け金はどれくらい? 2015年の宝塚記念では、 ゴールドシップの単勝や複勝に100万円オーバーの金額が投入されたことが話題になったように、1つのレースで 100万円近い馬券を購入する競馬ファンも実在しています。 しかし、ギャンブルに100万円もの大金をつぎ込むのは超大金持ちしかできない芸当で、一般の競馬ファンには縁遠い話ですよね。 それでは、一般の競馬ファンはどれくらいの平均掛け金で馬券ライフを楽しんでいるのでしょうか。 インターネット上で調べてみたところ、 1つのレースにあたり、上限で1,000円、平均では500円程度の掛け金で馬券を購入しているようです。 週単位の平均掛け金を見てみると、1万円から2万円が相場となっています。 まとめ マークカードでは36億7,200万円が掛け金の最高額である一方、インターネット投票では 無限に馬券を購入することができます。 無限に馬券が買えるからといって、競馬ばかりにお金をつぎ込んでいると、自身の生活にも響いてしまいますから、馬券を買う時は計画的に掛け金を調整することをおすすめします。

次の

馬券購入|JRA

競馬 購入

競馬でネット購入する方法&種類を紹介 A-PAT A-PATとは、2002年4月1日から開始されたサービスで、下記の「即PAT」が開始されるまでは主流だったサービスです。 プッシュホン投票といって、電話で馬券を購入できる唯一のサービスです。 しかし、A-PATを使えるようになるのは、申し込みから最短で約2~4ヶ月かかります… ぶっちゃけ、今から申し込みをするメリットは一切ないので、説明は省きます。 即PAT 即PATは、2005年6月18日から開始されたサービスで、今現在の主流になっているサービスです。 即PATとは「ジャパンネット銀行」「楽天銀行」「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「住信SBIネット銀行」「ゆうちょ銀行」「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」「じぶん銀行」のいずれかの口座をお持ちであれば即日登録が可能なJRAインターネット投票サービスです。 JRA公式サイトより 上記の銀行口座を持っていれば、即日でサービスを受けることが出来ます。 受付時間に注意! 即PATの新規申込には受付時間が決まっています。 受付時間は、競馬開催日の発売時間帯、または地方競馬ネット投票の発売時間帯となります。 つまり、競馬開催日の金曜日18時30分~土、日曜日のみということです! すぐにでも即PATの申込をしたいのであれば、競馬開催日の金曜日18時30分に申し込みをすれば、最短で土曜日曜には即PATで馬券のネット購入が出来ます!! 申込も非常に簡単で、スマホやPCの入力に慣れている人であれば、5分もかからず登録が出来ちゃいますね。 即PATを申し込みしたいけど、対応している口座を持っていない…• 購入締め切りは各レース発走時刻1分前まで。 100円から購入できる。 購入上限なし(自分の口座に入っているお金)• 家にいながら、片手間でも買うことができる。 自分の得意なレースがわかる。 オッズ投票の予算ボタンが激熱。 上記がメリットです。 マークシートやスマッピー投票の場合は発送時刻2分前まで。 わざわざ競馬場やウインズ(場外馬券場)へ行く必要がなくなるので、ギリギリまで馬券購入の予想に集中できますね。 ちなみに、私が競馬場へ行く場合は指定席を購入して一日ほぼ動かず即PATで馬券を購入しています。 動くのは、たまーにおつまみを買いに行く程度。 指定席のお金がかかるのは痛いですが、馬券を買いに行く手間暇がかからないので、馬券購入の予想に全神経を使うことが出来るので、純粋に競馬を楽しむことが出来ています。 勝率や回収率などもパーセンテージ(%)で見ることが出来るので、自分で競馬の記録をする必要がないので、収支記録を付けている人はめっちゃ便利です。 その記録から、よく勝つレース・よく勝つ馬券の種類が分かるので、自分の得意な傾向分析が簡単にできちゃうので、非常にメリットが大きいですね。 例えば:マークシートで自分で選んで購入する場合 購入予算は2000円 単勝8倍は700円=5600 単勝4倍は1300円=5200 と決められた予算2000円の中で計算し、平均的な払い戻しになるように、算出してくれます。 オッズ投票で馬券購入した場合は、的中さえすれば損をすることなく、当たってもマイナスだ。 なんてことが無くなります。 初心者がよくやりがちな、的中したけど、投資分のお金を回収できなかった馬券(通称トリガミ)になることがなくなります。 競馬玄人の中では常識ですが、トリガミ馬券は買った時点で負け。 しかし、 マークシートでの購入だと、トリガミ馬券を買わない様に最低倍率の計算をして、投票する金額・点数を決めて…なんて自分ひとりでやらなくてはなりません。 ぶっちゃけ、そんな時間があるなら次のレースの予想をしたほうが思う存分に楽しめます。 即PATで、オッズ投票をすれば無駄な時間を過ごすことなく、より競馬を楽しむことが出来るでしょう。 メリットたくさんの即PAT。 思い立ったが吉日。 今すぐ申し込みしちゃいましょう。 いつでも、馬券を購入することができるので、気付いた時には馬券購入をついついしてしまいます。 今週は競馬をやらないぞ!と思っていてもいつのまにか購入ページに行ってしまうということが度々… 現金購入であれば、現金がなくなったらATMに行く必要があります。 そこで、ATMに行くのは面倒だから今日はもう帰ろう。 (1、2回目までは無料) 今日はいっぱいやるぞ!という日は少しづつ即PATに入金するのではなく、一気に入金するようにしましょう。 大したデメリットはないですが、競馬に熱くなりすぎると危険ですね。 とはいえ、メリットが多いので、ガンガン即PATを使いましょう!!! 続いては、口座を持っていない場合の対処法をシェアします。 対応口座を持っていない場合の対処法 JRAダイレクトを利用する JRAダイレクトはクレジットカードを持っている方向けのサービスです。 JCBカード、三井住友カード、UCカード、MUFGカード、DCカード、NICOSカードおよび楽天カードで、各カード会社のインターネットサービスに登録可能なクレジットカードとなります。 上記のクレカを持っていれば、申し込みから即日でサービスを受けることが出来ます。 しかし、• 1回あたりの最低購入金額が1000円~• 1ヶ月の利用限度が5万円まで• 購入締め切りは各レース発走時刻の5分前• 申し込み&購入はパソコンからのみ 即PATと違い上記のようなデメリットがあるので、正直あまりおすすめは出来ません。 それであれば、即PATに対応している口座を作ったほうがメリットが大きいですね。 対応している口座を作る 即PATとは「ジャパンネット銀行」「楽天銀行」「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「住信SBIネット銀行」「ゆうちょ銀行」「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」「じぶん銀行」のいずれかの口座をお持ちであれば即日登録が可能なJRAインターネット投票サービスです。 JRA公式サイトより 現金購入ではなく、即PATを利用したほうがメリットがでかいです。 対応している口座を持っていないのであれば、作ってしまいましょう。 対応している銀行口座は上記。 銀行によっては、店頭に行かないと口座を作れない銀行もありますので、注意。 店頭へ行く場合は平日9~15時までの間に銀行に向かいましょう。 銀行の混雑状況にもよりますが、2時間くらいの時間を見ておけば手続きは出来ると思います。 まあ、ぶっちゃけ、わざわざ平日に銀行に出向くのは面倒ですね… ということで私のおすすめは断然、楽天銀行です。 楽天銀行ならネットで申し込みが出来るので、わざわざ平日に銀行まで行く手間がかかりません。 私は競馬にパチンコ、スロット大好きなギャンブル狂なので、コンビニATMをめっちゃ使います。 お金を下すときに、高い手数料を払いたくないので、楽天銀行を使ってます。 三菱UFJ銀行を使っていましたが、毎回、高い手数料を取られるので、楽天銀行に移りました。 他の銀行口座のサービスは似たり寄ったりなので、楽天銀行一択ですね。 しかも、楽天銀行は地方競馬も簡単に買えるので、おすすめです。 \\たったの5分で簡単登録//.

次の

ご利用ガイド:ポイント・有料コンテンツ

競馬 購入

皆さんはどれくらいの金額を馬券につぎ込みますか? 馬券は100%的中するものではありませんので、負けた場合のことを考えながら、馬券の掛け金をコントロールしている、という方も多いのではないでしょうか。 ここでは、 掛け金の上限や最低金額、一般の競馬ファンの平均掛け金がどれくらいなのかをご紹介します。 競馬の掛け金の最高額と最低額は? 掛け金の最高額は? 馬券のインターネット投票が普及するまでは、競馬場やウインズで投票用のマークカードを記入する形で馬券を購入することが一般的でした。 マークカードで一点の馬券を購入する場合、掛け金の 最高額は75万円。 マークカードでの掛け金の最高額は、馬券の点数が最も多くなる三連単の18頭ボックスを一点75万円で購入した時の 36億7,200万円になります。 一方、指定された銀行口座に入金されている金額から馬券を購入することになるインターネット投票の場合は、入金済みの金額をすべて馬券に投入することができます。 よって、マークカードで馬券を購入する場合の掛け金の最高額36億7,200万円となりますが、インターネット投票の場合は掛け金の上限は 無限になっています。 掛け金の最低額は? マークカードでの馬券購入、インターネット投票での馬券購入、ともに掛け金の 最低額は100円。 三連複や三連単といった馬券の点数が多くなるものは、 一点100円で馬券を購入する競馬ファンがほとんどです。 ただし、ウインズでは掛け金の最低額が100円ではないフロアが存在しています。 ウインズの自動券売機には掛け金の最低金額が提示されていますので、必ずチェックするようにしましょう。 競馬の平均掛け金はどれくらい? 2015年の宝塚記念では、 ゴールドシップの単勝や複勝に100万円オーバーの金額が投入されたことが話題になったように、1つのレースで 100万円近い馬券を購入する競馬ファンも実在しています。 しかし、ギャンブルに100万円もの大金をつぎ込むのは超大金持ちしかできない芸当で、一般の競馬ファンには縁遠い話ですよね。 それでは、一般の競馬ファンはどれくらいの平均掛け金で馬券ライフを楽しんでいるのでしょうか。 インターネット上で調べてみたところ、 1つのレースにあたり、上限で1,000円、平均では500円程度の掛け金で馬券を購入しているようです。 週単位の平均掛け金を見てみると、1万円から2万円が相場となっています。 まとめ マークカードでは36億7,200万円が掛け金の最高額である一方、インターネット投票では 無限に馬券を購入することができます。 無限に馬券が買えるからといって、競馬ばかりにお金をつぎ込んでいると、自身の生活にも響いてしまいますから、馬券を買う時は計画的に掛け金を調整することをおすすめします。

次の