友井 バッティング センター。 梅田バッティングドーム|TOTAL AMUSEMENT COMPANY 大東洋グループ

ショップ概要|ベースボールランド友井

友井 バッティング センター

バッティングセンターは数がかなり減ってしまったものの、まだまだ利用する人が多く、密かに人気を維持しています。 ある程度の稼働率があれば収益を得やすいので、土地がある場合は開業を検討するのに非常に条件の良いサービスです。 そんなバッティングセンターの開業にはどれくらいの資金が必要で、経営のコツはどこにあるのでしょうか? バッティングセンターを開業する場合に必要な初期費用はどれくらいになるのでしょうか?また、経営を続けていく上でどうすれば収益を得やすいのか、安定した経営に繋がる物件はどういったものなのでしょうか? ここではバッティングセンターの開業を考えている人に向けて、開業資金と黒字経営に繋げるためのコツを解説していきます。 もくじ• バッティングセンターに必要な開業資金 バッティングセンターの開業に必要な資金は、自己保有の土地に開業するとしても6,000万円~6,500万円くらいになります。 大規模な工事やバッティングマシーンの準備が必要であるため、開業資金は高額になります。 他にも細かく費用がかかってきますので、まずは初期費用の内訳をみていきましょう。 1-1. 初期費用と内訳 自己保有の土地に10打席ほどの規模のバッティングセンターを開業すると仮定します。 必要な初期費用は以下の通りとなります。 マシン関連費用 バッティングマシーン:950万円 ボール送球機 :300万円 制御装置 :150万円 工事費用 土木工事 :1,600万円 ネット設営 :500万円 打席準備費 :1,200万円 電気工事 :650万円 空調工事 :400万円 備品準備費 :260万円 市場調査費 :300万円 合 計 :6,310万円 おおよそ6,300万円の費用が必要になります。 規模や備品の充実さによって変化しますが、最低でも6,000万円ほどの初期費用が掛かると考えておきましょう。 1-2. ランニングコスト 無事にバッティングセンターを開業出来ても、その後も様々なランニングコストがかかります。 施設を安全かつ快適に利用してもらう為に、最低でも以下の費用が毎月かかります。 ・人件費 ・水道光熱費 ・通信費 ・消耗品費 ・修繕費 ・販売促進費 ・雑費 バッティングセンターは接客がほとんど不要なので、人件費はあまりかかりません。 しかし、土地が広く常に電気を使っている状態であるため、電気代が高くなりがちなのでその点に注意する必要があります。 また、マシンの定期メンテナンスや故障時の修繕費などもかかってくることに留意しましょう。 バッティングセンターの開業資金の調達方法 バッティングセンターを開業するには6,000万円以上のまとまった資金が必要になります。 この資金を調達するにはどのような方法があるのかを解説します。 ・銀行や信用金庫 融資可能額:50万円~5,000万円 振込にかかる期間:1ヶ月ほど ・日本政策金融公庫 融資可能額:100万円~3,000万円 振込にかかる期間:1ヶ月~2ヶ月 ・信用保証協会融資(制度融資) 融資可能額:100万円~1,000万円 振込にかかる期間:1ヶ月ほど ・ベンチャーキャピタル 融資可能額:500万円~ 振込にかかる期間:2ヶ月ほど 自己保有の土地でバッティングセンターを開業する場合は、土地を担保にして資金調達をすることが可能です。 担保があると銀行や信用金庫などの民間の金融機関の審査に有利なので、金利を考慮して選ぶようにしてください。 バッティングセンターに最適な物件の選び方 バッティングセンターの開業を検討する人の多くは、自己保有の土地や建物を遊ばせないことが目的です。 しかし、どんな物件や土地でもバッティングセンターにすればよいというわけではありません。 収益につながりやすい、バッティングセンターに適した物件や周辺環境はどのようなものなのでしょうか? 3-1. 3つのポイント バッティングセンターは小型の市街地タイプと大型の郊外タイプがあります。 それぞれに合った物件の選び方と、共通して気を付けたいポイントを3つ解説します・ ・市街地のバッティングセンターの場合 市街地の場合は学校帰りや休日の近場の遊びとして利用されることが目的なので、ビルの中や駅の近くにある物件がオススメです。 完全屋内の3打席ほどの小さなバッティングセンターも思わぬ人気になります。 ・郊外のバッティングセンターの場合 郊外型は車利用が多いことを考えて、広い道路が近くにあることや、ゲームセンター・ボーリング場などほかの娯楽施設が併設されているような物件が良いでしょう。 また、駐車場が十分に確保できる広さも重要になります。 ・騒音が出ても問題になりにくい立地が重要 バッティングセンターは若者が集まることが多く、ほかの娯楽施設も併設する場合は更に賑やかになります。 近くに住居や学校、病院などがあると騒音によるトラブルが発生しやすいので、物件選びの際には周辺の建物を確認しましょう。 郊外の場合はあまり問題になりませんが、市街地にバッティングセンターを開業する場合は特に注意です。 3-2. 契約時の注意点 バッティングセンターを開業する際に、土地を借りる場合は契約時に注意する点がいくつかあります。 特に意識して確認したいポイントを3つにまとめました。 ・トラブル発生時の対処について ・解約や更新時の条件など ・契約期間 特にトラブル発生時の対処は騒音や若者による騒ぎが起きやすいバッティングセンターでは重要です。 建物を壊した場合や汚した場合の修繕費についてや、解約時の条件などを入念に確認してください。 バッティングセンターで黒字経営するコツ バッティングセンターは利用者さえいれば自動的に利益を得られるという大きな利点があります。 しかし、利用者がいなければランニングコストばかりがかかってあっという間に経営難に繋がります。 バッティングセンターで黒字経営をするには、何よりも利用者を獲得することが重要というわけですね。 その為にはバッティングという単純な遊びをいかに飽きさせずに「また利用したい」と思ってもらえるかが重要です。 ホームラン賞やポイント制度を設けたり、年間ランキングで上位者には賞品を出すという工夫をしてみてください。 また、野球選手を呼んでのサイン会や子供向けのバッティング練習会などのイベントを開催して宣伝し、新しい利用者を確保し続けることも黒字経営には欠かせません。 バッティングセンターの開業に成功した事例と年収 打席数10席ほどの一般的なバッティングセンターを経営した際の成功事例をご紹介します。 自己保有の郊外の土地に開業した初年度の経営状態は以下の通りでした。 1回のゲーム料金:300円(4分) 日商:15万円 売上高:4,800万円 営業利益:980万円 バッティングセンターが出来たということが広まるまでは利用者が少なめでしたが、知られるとともに徐々に増えていきました。 営業日は月に30日前後で1日のゲーム数は約430回で安定するようになり、野球のシーズンは人気が高まります。 一度利用者が付くと安定することもあり、3年目以降は利益の上昇はありませんでしたが、一定の売り上げを保ち続けることが出来ています。 失敗しないバッティングセンターの開業・経営方法の種類 バッティングセンターの経営にはフランチャイズと個人経営の2種類があります。 それぞれにどのような特徴があるのか解説していきます。 6-1. フランチャイズ経営 フランチャイズは加盟することで商号・商標の許可をもらい、本部のブランド力を借りながら経営を行う方法です。 名前が知られているので利用者は安心感があり、プロモーションや集客の立案なども行ってもらえるので、知識に不安がある場合は個人経営よりも安定した収益を得やすいです。 しかし、ロイヤリティを支払う必要があるので、個人経営よりも利益が低くなるというデメリットがあります。 6-2. 個人経営 全ての準備を自分で行い、バッティングセンターの名前やデザインも好きに決めることが出来ます。 収益はすべて自分のものになるという大きなメリットがありますが、後ろ盾がないので知名度を得るまでに時間がかかります。 経営や宣伝に自信があり、資金力もある場合にお勧めの経営方法です。 バッティングセンターの開業に必要な資格や許可 バッティングセンターの開業に特別な認可や資格は必要ありません。 個人経営なら税務署に開業手続きを行うだけで開業出来ますし、法人でも必要に応じて各種保険の手続きを行うだけです。 フランチャイズの場合は各企業が求める契約などを行う必要が別途あります。 まとめ バッティングセンターの開業は資金があれば比較的簡単で、特別な知識や資格は必要ありません。 また、バッティングという遊びだけでは個性が出にくいので、開業する場所が明暗を分けることが多々あります。 他のバッティングセンターが近くにないことと、若者が多い土地であるかが非常に重要です。 加えて、飽きさせない為の工夫を行って継続利用を狙い、同時にイベント等で新規利用も増やしていくことがバッティングセンターの経営には欠かせません。 上手くいけば年商5,000万円以上を狙える業種なので、遊休地がある場合は検討してみてはいかがでしょうか?.

次の

梅田バッティングドーム|TOTAL AMUSEMENT COMPANY 大東洋グループ

友井 バッティング センター

文と写真 バッティングセンター研究家 吉岡雅史 評論家という柄でもないし、コメンテーターには違和感がある。 だから、当たり障りなく研究家を名乗ることにした。 単なるマニアにしか過ぎないのだが、 『バッティングセンター研究家 吉岡雅史』の名刺は、結構喜んでもらえる。 1996年から地元・大阪以外でも打ち歩くようになり、 2年2ヶ月で47都道府県を巡礼。 次は国内全店舗制覇を目指し、2016年末までに937軒でバットを振った。 肝心の打撃技術には「?」が付くが、苦労した分だけウンチクは貯まっていった。 日本列島にはどんな個性的なバッティングセンターがあるのか、そもそもバッティングセンターに違いなどあるのか、10店舗を取り上げてじっくり紹介する。 では、 高校野球の開会式に倣って、取りあえず南から入場! BREAKの外観。 立派な屋内型だ すぐに行きたいのはやまやまだが、いかんせん、行かねばならないバッティングセンターが各地にある身。 長年、国内には1,000軒から1,200軒あると推測されてきたが、 近年は少子化やほかの競技の台頭を受け、ジリ貧である。 未踏破は50軒あるかないか。 訪問済みの937軒のうち、つぶれてしまった場所も100以上あるだろう。 現在は900軒を割っているかなというのが、僕の実感だ。 そんな中、新規オープンは心の底からありがたい。 ようやく訪問できたのは2016年10月だった。 都市部でも通用しそうな屋内型の立派な建物。 バッティング4打席、ほかにはシミュレーションゴルフ4部屋、卓球台も2台あった。 屋内のため飛距離は求められないが、狭ければ狭いで、ミート重視の打撃をすればいい。 プロ球団が使用している高性能ピッチングマシンを採用していることは、事前に知っていた。 コントロールがバッセンの生命線。 どんなに設備が豪華でも、ストライクが入らなければ失格なのだ。 かといって、 同じコースにばかり連続で投げてこられても、練習にならない。 日々のメンテナンスと、店側の野球の理解度が問われるポイントでもある。 打席を前方から撮影。 オープンしたばかりとあって、さすがにきれい 駐車場で社長さんを見つけた。 「私はゴルフしかやらないんだけど、この周辺に娯楽施設が全然なくて。 だったら、子供たちも遊べるバッティングセンターも作ってしまおうって思ったんです。 3年ほど前から計画していたかな。 地震で物資が入ってこなくなってオープンが遅れたけど。 もっと奥の天草市のほうがにぎやかなんですが、そっちにも作ってくれって、毎日のように催促されますね」 復興の優先順位からすれば、バッティングセンターなど一番最後かもしれない。 しかし、 被災地だからこそ、体を動かす空間、ストレスを発散できるスペースが必要なのも事実である。 娯楽なしに、潤いのある充実した生活は成り立たない。 大人も子供も一緒に楽しめるバッティングセンターの面目躍如である。 三萩野バッティングセンターの外観。 意外と奥のマンションから騒音の苦情はないらしい 日本ハム・大谷翔平投手の165キロや、2017年シーズンからヤンキースに復帰するチャップマン投手の170キロでさえ、かすんでしまう超剛速球に、素人が挑戦できるのだ。 非現実的というなかれ。 ナンセンスも度を過ぎると、むしろ夢となり、各地から挑戦者が後を絶たない現実が、すべてを物語っている。 とにかく怖い! 軟球といえども、当たれば死んでしまうのが本能的に分かるから、打席に立つのに一大決心が必要だ。 僕の240キロ初挑戦は2016年12月。 最初の5〜6球は、恐ろしくてバットを振ることすらできなかった。 1ゲーム15球。 途中から変な汗が出てきた。 2ゲーム目になんとか2球かすった。 前回訪問した2013年、平日は最速230キロだった。 筋のようなものが向かってくるのに驚きつつも、見逃すことはなかった。 勿論ほとんどが空振りで、たまにチップすると、 焦げたにおいが打席に漂う。 2ゲームやって1本だけ前に飛んだことを覚えている。 240キロの衝撃を物語る防球ネットとゴムマット。 どちらもボロボロ わずか10キロの差でも、難易度は数段違う。 それを告げると社長の末松一英さんは、ニヤリとしながら口を開く。 「だって吉岡さん、100メートル走で15秒かかる人が14秒にするのは簡単だけど、9秒台の人がコンマ1縮めるのは至難の業でしょ。 それと同じことですよ」 僕が三萩野を初めて訪れたのは1996年だった。 2006年に当時横浜のマーク・クルーン投手が日本球界で初めて160キロの大台に到達すると、三萩野にも160キロが登場した。 社長の遊び心も手伝って、180キロ、200キロと、プロ野球の常識を超越したスピードアップが実現していく。 末松社長と240キロ打席の前で 三萩野に触発されるように、時速200キロオーバーは何軒か現れるようになった。 奈良県田原本町の「田原本バッティングセンター」、期間限定だが大阪府茨木市の「コスモエース」。 九州以外のバッセン愛好家が、三萩野への登竜門として通うケースも目立つ。 シーズンオフにプロ選手がフラッとやってきても、当然240キロは打てない。 打つ必要もないけど……。 それを通いなれた素人が打ち返す。 打ち返すどころか、25メートル先のホームランボードにぶち当てるつわものもチラホラ誕生している。 人間は何キロまで打つことができるのか。 人類の進化を目撃できるのも、バッティングセンターの魅力のひとつだと思っている。 高陽バッティングセンターの外観 経営者の佐久間英憲さんは、初めての客が入店するや「1ゲーム210円で25球です。 ここでコインを販売しています。 スピードはソフトボールの65キロから、軟式で130キロまでありますが、100キロでも一般人には速いですよ」との説明を欠かさない。 佐久間さんの言動から、ゲームへの期待は高まった。 ところが、2ゲーム3ゲームとこなせど、打ち損ねが通常よりも多く、満足のいく内容とはいかなかった。 マシンのコントロールが悪いのか、自分が下手なのか。 スイング数が100を超えたころ、マシンの傾向に気がついた。 明らかなボール球は1ゲームに1~2球しかない、と。 水分補給の間に、佐久間さんに感想を話した。 すると、してやったりの表情だ。 「ストライクゾーン内で広く散らばるように調整してますから。 結構難しい技術なんですよ」 話し込んでいた事務所からは、すべての打席が見渡せるようになっている。 ピッチングマシンは消耗品。 突如として機械の状態が狂っても不思議ではない。 だから、こうして店の人間が1球1球、目を光らせているところは、「打ちやすいバッティングセンター」とお墨付きを与えてもいいだろう。 中学生のキャッチボール相手を務める浦さん(写真手前) そもそも、店舗のリサーチを僕はどうやってきたか。 全国行脚を始めた1996年当初は電話帳と口コミしか頼れる情報はなかった。 毎年、図書館で職業別電話帳、いわゆるタウンページと3日ほど格闘して、新規開店の有無を確認するのも、活動の一環となっている。 ネットが日常生活に浸透するようになってからは、インターネット版タウンページでの検索も可能になったが、電子版と印刷物とでは、微妙に掲載内容が違うことがある。 そうこうするうち、専門サイトや各店舗がホームページを開設するようになり、調べるのも容易かつ効率的になった。 HARD SPIRITの存在を知ったのもネット出現以降のことである。 調査手段は進化しても、僕の活動は旧態依然としている。 実際に足を運ばないことには何も始まらない。 普段通りの感覚で飛び込んだものだから、浦さんはちょっと慌てたようだった。 平日ながら、予約が詰まっていたからだ。 1打席しかないのだから無理もない。 「3分ならなんとかなります」と言ってくれて、27球打つことができた。 「せっかく来てもらったのに、満足に打ってもらえず、すみませんでした。 できたら次回からは、電話してもらえると助かります」 奥のスロープが車いす対応を示す。 これだけの配慮で障害者もバッティングが楽しめる 体に障害があっても野球を楽しむ人たちを、僕は何人も見てきた。 有名どころでは、先天的に右手首から先がないにもかかわらずソウル五輪でアメリカに金メダルをもたらし、ドラフト1巡目指名で大リーガーになり、ノーヒットノーランまで達成したジム・アボット投手。 無名ではたくさんいるが、とりわけ兵庫県内の養護学校チームの車いすバッテリーには、驚かされた。 2004年のオープン時から、軟式兼ソフトボールの1番打席には、スロープが設けられている。 ちなみに車いす対応バッセンは、ほかには宮城県気仙沼市の「気仙沼フェニックスバッティングセンター」ただ1軒。 「どうせ商売を始めるのなら、社会貢献もできないか、ということになって……。 当初は何人か定期的に来てくださいました。 その方たちが、どうなったのか、ここ数年は、利用はないですね」 不意な質問にも店長の平松陽介さんは丁寧に答えてくれたが、表情は少し寂しそうだった。 大学、社会人、独立リーグとプレーし、プロ野球選手を目指したが、けがもあって断念。 家業を継ぎつつ、野球少年に打撃指導の毎日を送っている。 バッティングセンターMVP有沢店の店内。 いたってオーソドックス 掃除中のスタッフを呼び止めて質問すると「何人か該当者がいらっしゃいますよ。 腰の回転運動にいいからって、毎日のように来られますね」という答えが返ってきた。 息抜きに来るサラリーマン、ストレス発散が目的の中年族、プロを夢見て練習を積む少年、客には十人十色の動機があるが、健康増進も大きな理由のひとつだと、ここで思い知らされた。 川合大輔店長は「いろいろやらないと、野球人口が減る中、お客さんを呼べないし」と、様々なアイデアで地元客を楽しませている。 前回訪問時の無料企画は、握力70キロ以上で1ゲーム無料。 さらに、 78キロ以上で卓球30分サービスは、TBS系『マツコの知らない世界』で紹介したところ、 マツコ・デラックス氏が「そこはバッティング30分でしょ!」と絶叫しながら突っ込んだ。 駅南バッティングセンターの店内。 ホームランボードは大きめだが、結構高い位置にある。 マシン室上には的が多数。 どれに当るかは運次第 一方、当たらない場合はとことん当たらない。 僕は5回目の訪問で、通算1,000スイングを超え、初めて当たった。 21球300円の料金設定だから、1万5000円を投資して、やっとこさ1,000円取り返した計算だ。 ただ、収支など問題ではない。 生まれて初めて野球でお金を稼いだ。 その快感に酔いしれることができたのである。 1,000円稼げたから、東日本ナンバー1と持ち上げているのではない。 何度も繰り返し強調してきた「打ちやすさ」が前提にある。 加えてホームラン賞。 さらに、三塁打、二塁打、ヒットの的まであるのは、実にレアケース。 さらにさらに付け加えれば、「アウト」まである。 初めて訪れた際、よりによってアウトに打球を当ててしまった。 トイレ掃除か罰ゲームで腕立て伏せか、ドキドキしながら申告したところ「冷蔵庫からジュース1本取って下さい」と言われ、胸をなでおろしたものである。 「みなさん、そう言って警戒しますね。 スポーツマンらしく正直に堂々と名乗り出てください」と、先代社長の酒井志郎さんは笑う。 初ホームランで賞金をゲットし、2代目社長・酒井功さんと記念撮影 茨城県の1軒目として訪問したのは1997年。 選んだ理由は水戸駅から徒歩圏内だという、ただそれだけ。 たまたま行った店と、20年来の付き合いになろうとは。 * そもそも バッティングセンターによる全国制覇なる企画そのものが、偶然の産物だったことを、もっと早い段階で説明しておかないといけなかった。 野球部ではないことはすでに述べた。 社会人になってもその習慣は変わらず、かつて所属した会社の近くには「名神豊中バッティングセンター」という、打ちやすさにおいては全国レベルの店があった。 そんな中、中学時代の友人の結婚式で、「今年度わが社は全国制覇を達成しました」という上司のスピーチが耳に残った。 営業部が1年かけて47都道府県で契約を結んできたという。 「おもろいやん」。 僕の頭の中では、瞬時に 全国制覇という魅力的な四文字熟語とバッティングセンターが、まさにジャストミートしていた。 1995年、阪神淡路大震災を経験した年の秋のこと。 年が開け、正月早々に本拠地としていた名神豊中で打ち込み、正式に全国制覇への第一歩を記したのである。 * 話を水戸に戻そう。 安打ひと通りの的があるということは、サイクルヒットだって可能だ。 達成者の名前が壁に貼ってあり、中には「巨人軍 広澤克実」のプレートまであった。 プロで4番を任されたほどの打者が、本気を出したらこうなるということか。 特定のジャンルではプロを凌駕し、その半面でプロのすごさをあらためて知る。 これまた実に、面白い。 【その10】一関ナルトバッティングセンター(岩手県一関市) 東日本大震災による津波で、海沿いの陸前高田市にあった「高田バッティングセンター」も壊滅的な被害を受けた。 しかし、老店主は懸命に設備を修理して、ゴールデンウイークには店を再建させた。 震災のショックとオーバーワークがたたったのか、店主は営業再開からほどなく急死。 会社員だった息子が父の遺志を引き継ぐ。 直線2キロほどの海岸には、奇跡の一本松がそびえ立つ。 その後、宅地再開発のため立ち退きを余儀なくされ、2代目経営者の小山功さんが2年近くかけ、内陸部の崖の上にあったバッティングセンターの跡地を、父親同様、独力で復活させた。 2016年、これまたゴールデンウイークだった。 今度の店舗はガケの上に。 小山さんいわく「心臓破りの階段」を上らないと打てない 立ち退きを知った徳島県鳴門市のバッティングセンターから「廃業するから、よかったら使って」と申し出があり、四国から東北にピッチングマシンが運び出された。 ヘンテコな屋号はこのためである。 31段の急階段を上らないと、打たせてもらえない。 口が裂けても「きれい」とはいえないが、メンテナンスにぬかりはない。 「うちのマシンはおんぼろだけど、コントロールはいいよ。 使い始めは分からないところもあるけど、その都度調整するから大丈夫」と、小山さんは自信満々に話す。 粘り強く飾らない東北人の真骨頂を見た気がした。 「 親父が命をかけて守ったバッティングセンターだから、絶対閉めたくなかった。 途中、資金がショートしたけど、なんとか再開できたよ。 結構遠くからお客さん、来てくれるし、大丈夫だ。 ここでやっていける。 毎日やってっから、いつでも来てよ。 電話してくれたら駅まで迎えに行くから」 著者: 吉岡雅史(よしおか・まさし) 1963年10月24日、大阪生まれ。 スポーツ紙記者を経て、フリーライター。 ただし、収入の大部分は放送局での契約業務による。 1996年1月からバッティングセンター全国行脚を始め、1998年2月20日、長嶋茂雄氏の誕生日に、長嶋氏の実家に最も近い千葉県佐倉市の「臼井バッティングスタジアム」で47都道府県制覇を達成する。 おそらく史上初の快挙。 2016年末時点で国内訪問軒数は937に。 日本以外にもアメリカ42州、カナダ3州の「バッティング・ケージ」で打っており、全米50州制覇が現実味を帯びてきた。 バッティングセンター以外では、地元・大阪府摂津市ソフトボール連盟1部リーグ「BLAST」に所属し、投手兼外野手として一応現役続行中。 試合出場はたまに。 写真は、ケンタッキー州にある「ルイビルスラッガー・ミュージアム」。 世界最長36メートルのバットの前で。

次の

ショップ概要|ベースボールランド友井

友井 バッティング センター

バッティングセンターは数がかなり減ってしまったものの、まだまだ利用する人が多く、密かに人気を維持しています。 ある程度の稼働率があれば収益を得やすいので、土地がある場合は開業を検討するのに非常に条件の良いサービスです。 そんなバッティングセンターの開業にはどれくらいの資金が必要で、経営のコツはどこにあるのでしょうか? バッティングセンターを開業する場合に必要な初期費用はどれくらいになるのでしょうか?また、経営を続けていく上でどうすれば収益を得やすいのか、安定した経営に繋がる物件はどういったものなのでしょうか? ここではバッティングセンターの開業を考えている人に向けて、開業資金と黒字経営に繋げるためのコツを解説していきます。 もくじ• バッティングセンターに必要な開業資金 バッティングセンターの開業に必要な資金は、自己保有の土地に開業するとしても6,000万円~6,500万円くらいになります。 大規模な工事やバッティングマシーンの準備が必要であるため、開業資金は高額になります。 他にも細かく費用がかかってきますので、まずは初期費用の内訳をみていきましょう。 1-1. 初期費用と内訳 自己保有の土地に10打席ほどの規模のバッティングセンターを開業すると仮定します。 必要な初期費用は以下の通りとなります。 マシン関連費用 バッティングマシーン:950万円 ボール送球機 :300万円 制御装置 :150万円 工事費用 土木工事 :1,600万円 ネット設営 :500万円 打席準備費 :1,200万円 電気工事 :650万円 空調工事 :400万円 備品準備費 :260万円 市場調査費 :300万円 合 計 :6,310万円 おおよそ6,300万円の費用が必要になります。 規模や備品の充実さによって変化しますが、最低でも6,000万円ほどの初期費用が掛かると考えておきましょう。 1-2. ランニングコスト 無事にバッティングセンターを開業出来ても、その後も様々なランニングコストがかかります。 施設を安全かつ快適に利用してもらう為に、最低でも以下の費用が毎月かかります。 ・人件費 ・水道光熱費 ・通信費 ・消耗品費 ・修繕費 ・販売促進費 ・雑費 バッティングセンターは接客がほとんど不要なので、人件費はあまりかかりません。 しかし、土地が広く常に電気を使っている状態であるため、電気代が高くなりがちなのでその点に注意する必要があります。 また、マシンの定期メンテナンスや故障時の修繕費などもかかってくることに留意しましょう。 バッティングセンターの開業資金の調達方法 バッティングセンターを開業するには6,000万円以上のまとまった資金が必要になります。 この資金を調達するにはどのような方法があるのかを解説します。 ・銀行や信用金庫 融資可能額:50万円~5,000万円 振込にかかる期間:1ヶ月ほど ・日本政策金融公庫 融資可能額:100万円~3,000万円 振込にかかる期間:1ヶ月~2ヶ月 ・信用保証協会融資(制度融資) 融資可能額:100万円~1,000万円 振込にかかる期間:1ヶ月ほど ・ベンチャーキャピタル 融資可能額:500万円~ 振込にかかる期間:2ヶ月ほど 自己保有の土地でバッティングセンターを開業する場合は、土地を担保にして資金調達をすることが可能です。 担保があると銀行や信用金庫などの民間の金融機関の審査に有利なので、金利を考慮して選ぶようにしてください。 バッティングセンターに最適な物件の選び方 バッティングセンターの開業を検討する人の多くは、自己保有の土地や建物を遊ばせないことが目的です。 しかし、どんな物件や土地でもバッティングセンターにすればよいというわけではありません。 収益につながりやすい、バッティングセンターに適した物件や周辺環境はどのようなものなのでしょうか? 3-1. 3つのポイント バッティングセンターは小型の市街地タイプと大型の郊外タイプがあります。 それぞれに合った物件の選び方と、共通して気を付けたいポイントを3つ解説します・ ・市街地のバッティングセンターの場合 市街地の場合は学校帰りや休日の近場の遊びとして利用されることが目的なので、ビルの中や駅の近くにある物件がオススメです。 完全屋内の3打席ほどの小さなバッティングセンターも思わぬ人気になります。 ・郊外のバッティングセンターの場合 郊外型は車利用が多いことを考えて、広い道路が近くにあることや、ゲームセンター・ボーリング場などほかの娯楽施設が併設されているような物件が良いでしょう。 また、駐車場が十分に確保できる広さも重要になります。 ・騒音が出ても問題になりにくい立地が重要 バッティングセンターは若者が集まることが多く、ほかの娯楽施設も併設する場合は更に賑やかになります。 近くに住居や学校、病院などがあると騒音によるトラブルが発生しやすいので、物件選びの際には周辺の建物を確認しましょう。 郊外の場合はあまり問題になりませんが、市街地にバッティングセンターを開業する場合は特に注意です。 3-2. 契約時の注意点 バッティングセンターを開業する際に、土地を借りる場合は契約時に注意する点がいくつかあります。 特に意識して確認したいポイントを3つにまとめました。 ・トラブル発生時の対処について ・解約や更新時の条件など ・契約期間 特にトラブル発生時の対処は騒音や若者による騒ぎが起きやすいバッティングセンターでは重要です。 建物を壊した場合や汚した場合の修繕費についてや、解約時の条件などを入念に確認してください。 バッティングセンターで黒字経営するコツ バッティングセンターは利用者さえいれば自動的に利益を得られるという大きな利点があります。 しかし、利用者がいなければランニングコストばかりがかかってあっという間に経営難に繋がります。 バッティングセンターで黒字経営をするには、何よりも利用者を獲得することが重要というわけですね。 その為にはバッティングという単純な遊びをいかに飽きさせずに「また利用したい」と思ってもらえるかが重要です。 ホームラン賞やポイント制度を設けたり、年間ランキングで上位者には賞品を出すという工夫をしてみてください。 また、野球選手を呼んでのサイン会や子供向けのバッティング練習会などのイベントを開催して宣伝し、新しい利用者を確保し続けることも黒字経営には欠かせません。 バッティングセンターの開業に成功した事例と年収 打席数10席ほどの一般的なバッティングセンターを経営した際の成功事例をご紹介します。 自己保有の郊外の土地に開業した初年度の経営状態は以下の通りでした。 1回のゲーム料金:300円(4分) 日商:15万円 売上高:4,800万円 営業利益:980万円 バッティングセンターが出来たということが広まるまでは利用者が少なめでしたが、知られるとともに徐々に増えていきました。 営業日は月に30日前後で1日のゲーム数は約430回で安定するようになり、野球のシーズンは人気が高まります。 一度利用者が付くと安定することもあり、3年目以降は利益の上昇はありませんでしたが、一定の売り上げを保ち続けることが出来ています。 失敗しないバッティングセンターの開業・経営方法の種類 バッティングセンターの経営にはフランチャイズと個人経営の2種類があります。 それぞれにどのような特徴があるのか解説していきます。 6-1. フランチャイズ経営 フランチャイズは加盟することで商号・商標の許可をもらい、本部のブランド力を借りながら経営を行う方法です。 名前が知られているので利用者は安心感があり、プロモーションや集客の立案なども行ってもらえるので、知識に不安がある場合は個人経営よりも安定した収益を得やすいです。 しかし、ロイヤリティを支払う必要があるので、個人経営よりも利益が低くなるというデメリットがあります。 6-2. 個人経営 全ての準備を自分で行い、バッティングセンターの名前やデザインも好きに決めることが出来ます。 収益はすべて自分のものになるという大きなメリットがありますが、後ろ盾がないので知名度を得るまでに時間がかかります。 経営や宣伝に自信があり、資金力もある場合にお勧めの経営方法です。 バッティングセンターの開業に必要な資格や許可 バッティングセンターの開業に特別な認可や資格は必要ありません。 個人経営なら税務署に開業手続きを行うだけで開業出来ますし、法人でも必要に応じて各種保険の手続きを行うだけです。 フランチャイズの場合は各企業が求める契約などを行う必要が別途あります。 まとめ バッティングセンターの開業は資金があれば比較的簡単で、特別な知識や資格は必要ありません。 また、バッティングという遊びだけでは個性が出にくいので、開業する場所が明暗を分けることが多々あります。 他のバッティングセンターが近くにないことと、若者が多い土地であるかが非常に重要です。 加えて、飽きさせない為の工夫を行って継続利用を狙い、同時にイベント等で新規利用も増やしていくことがバッティングセンターの経営には欠かせません。 上手くいけば年商5,000万円以上を狙える業種なので、遊休地がある場合は検討してみてはいかがでしょうか?.

次の