引越し 料金。 引越し料金を安く済ませるコツ・断捨離でかなり安くなります

引越し料金【無知は大損!?1万円以上安くなる業者選びのコツ】

引越し 料金

引越しは通常期と繁忙期により金額が大きく異なります。 ここでは距離毎の人数別、間取り別の料金相場をご紹介します。 口コミデータから料金相場を算出していますので、それぞれご自身に合った条件の相場を参考にして、見積もり・予約をしてください。 2人~の家族になると通常期でも平均10万円~になり、特に200km~の距離がある引越しでは平均15万円を超えます。 一方で、200km未満の場合は人数に関わらず10万円を切る傾向があります。 距離は15km未満の同市区町村間の引越しは、200km~遠距離の料金に比べ約半分の料金になります。 間取り別では、1R~1LDKの引越し料金相場の平均は約5万7千円。 3R~の平均10万8千円の約半分の料金になります。 2R~の間取りで200km~の遠距離の場合は10万円を超えていきます。 距離は15km未満の同市区町村間の引越しに比べ、500km~遠距離の約半分の料金になります。 引越しをする人数が増えたり、間取りが広くなると荷物量が増え、料金が必然高くなります。 また、距離が遠くなるほど金額が高くなるのは、引越し料金の内訳にある『運賃』が高くなるためです。 通常期は総じて繁忙期に比べ料金は安くなります。 その理由は、引越しをする人が少ない分、予約が取りやすく、引越し業者のトラックや人員の調整がつきやすいためです。 2人家族~で別の都道府県へ引越しをする場合は最低でも13万円~必要となるようです。 繁忙期の場合、通常期と比べ料金相場の平均は単身で+約1万円、2人家族で+約3万円、3人家族で+約5万円、4人家族で+約7万円になります。 間取り別では、1R~1LDKの引越し料金相場の平均は約6万5千円。 2R~で平均11万3千円~の金額となります。 距離では、単身であれば距離に関わらず10万円以内、2人家族~の場合は同都道府県内でも10万円~になる場合が多いです。 500km~の遠距離になると、最大で30万円~必要となる場合も。 繁忙期は通常期と逆で引越しをする人が増えます。 その分トラックや人員の調整がつきにくくなり、料金が高くなります。 繁忙期の2月・3月・4月は就職・転勤や学校などの入学時期に当たるため転居する人が増えますが、もし時期を調整できれば繁忙期は避けたいものです。 見積もりを取った社数や訪問見積もりの有無により、実際の引越し料金がどれぐらい変わる傾向があるのか見ていきましょう。 見積もり比較社数別の引越し料金 社数 1社のみ 2社 3社 4社 5社~ 単身 - - 48,426円 - 32,518円 家族 162,980円 73,262円 66,774円 63,132円 49,979円 見積もり社数別では、3社と5社~の比較データがあります。 3社に比べ5社~から見積もりを取る方が単身の場合は約1万6千円安くなっています。 家族の場合はその傾向が顕著で、1社のみなら約16万円、5社~だと約5万円と3倍程度の開きがあります。 この傾向から、複数の引越し業者に見積もりを取れば取るほど引越し料金を安く抑えることができそうです。 見積もり社数を増やすとその分、やり取りの時間が必要で、過剰に電話がかかってくるケースもあるため、ご自身の都合に合わせて社数を調整する必要があります。 訪問見積もり有無の引越し料金 有無 訪問あり 訪問なし 単身 55,035円 32,354円 家族 78,583円 38,037円 引越しの見積もり依頼をすると、特に家族の引越しの場合、荷物量の正確な把握のため家まで営業担当が来て訪問見積もりを受けるケースが一般的です。 訪問見積もりを受けた場合、単身で約5万5千円。 訪問なしに比べ約2万3千円も高くなっています。 家族の場合、訪問見積もりがあると約7万8千円、訪問なしだと約3万8千円で約4万円も高くなっています。 通常訪問なしの場合はメールや電話での荷物量のヒアリングにより金額が決定します。 実際の荷物を見ていない分、余裕をもった料金設定がされ高額になるイメージがありますが、訪問を受けない方が安くなる傾向がありました。 ただ、家族の引越しの場合は、訪問見積もりがほとんどの引越し業者から求められます。 引越し料金は、現在のお住まいから引越し先までの移動距離や、荷物の量、時期によって大きく変わってきます。 まず、相場を知る前にどんな要素で料金が決まるのかを押さえましょう。 引越料金は、大きく分けて、次の4つの要素で構成されます。 言葉だけでもなんとなくわかるかもしれませんが、ここはきちんと理解をしておきましょう。 運賃 移動距離が短い場合は時間、長い場合は距離で計算され、休日や早朝・深夜の場合割増料金がかかります。 法律により上限金額が定められいるので、一定の金額以上が請求されることはありません。 実費 ダンボールやガムテープ等の梱包資材料金に加え、一番大きな金額となるのが引越しスタッフの人件費です。 荷物が多ければそれだけ運ぶ人数が必要になり、料金が高くなるというわけです。 車両留置料 事前に依頼者側で駐車場の手配等ができなかった場合で運送トラックを長時間駐車した際に請求されます。 オプション 通常では行わない特別な作業に対して発生する料金のことです。 どんなものがあるのか、以下が参考になります。 引っ越し料金の相場は、個々の条件によってさまざまです。 以下の料金はあくまで参考程度としておき、まずは引越し会社にお見積もりの依頼をするのがお薦めです。 同じ条件でも会社によっては、料金が安い場合があるので、複数の会社にお問合せすると良いでしょう。 運賃 移動距離または時間、積載量で費用が変わります。 移動距離が100km以下であれば時間、それを超える場合は移動距離となります。 4時間以内で1トン:10,000円〜20,000円程 4時間以内で2トン:15,000円〜25,000円程• 8時間以内で1トン:20,000円〜30,000円程 8時間以内で2トン:25,000円〜35,000円程• 150km迄で1トン:25,000円〜40,000円程 150km迄で2トン:30,000円〜45,000円程• 200km迄で1トン:30,000円〜45,000円程 200km迄で2トン:35,000円〜50,000円程 実費 人件費は人数(作業量に応じて増減)と時間で変わります。 一般的に一人当たり8時間以内ですと10,000円〜15,000円程かかります。 作業量の目安として間取り毎の作業人員をご紹介します。 1DK:運転手1名、作業者1名の計2名• 2DK:運転手1名、作業者2名の計3名• 3DK:運転手1名、作業者3名の計4名• 4DK:運転手1名、作業者4名の計5名•

次の

単身(一人暮らし)の引越料金相場と費用を安くするコツ

引越し 料金

繁忙期は新生活などに向けた引越しが多く発生し、引越し業者の予定が埋まりやすく引越し費用の高い時期です。 トラックや作業員が不足するため予約がとりにくく、引越し料金は高くなります。 comでの集計結果も通常期と比べ、引っ越し費用が10,000円〜100,000円ほど割高です。 単身 単身 荷物小 単身 荷物大 〜15km未満 (市区町村内) 平均 36,338 円 平均 48,494 円 〜50km未満 (都道府県内) 平均 40,638 円 平均 50,288 円 〜200km未満 (同一地方内) 平均 52,125 円 平均 60,348 円 〜500km未満 (近隣地方) 平均 51,077 円 平均 75,382 円 500km〜 (長距離) 平均 59,906 円 平均 81,741 円 家族 家族 2人 家族 3人 家族 4人 家族 5人以上 〜15km未満 (市区町村内) 平均 82,447 円 平均 97,137 円 平均 116,429 円 平均 135,491 円 〜50km未満 (都道府県内) 平均 84,599 円 平均 103,406 円 平均 115,868 円 平均 143,105 円 〜200km未満 (同一地方内) 平均 108,043 円 平均 139,689 円 平均 155,150 円 平均 120,111 円 〜500km未満 (近隣地方) 平均 121,930 円 平均 181,169 円 平均 193,652 円 平均 290,000 円 500km〜 (長距離) 平均 167,607 円 平均 189,641 円 平均 209,874 円 平均 264,268 円 単身 単身 荷物小 単身 荷物大 〜15km未満 (市区町村内) 平均 29,872 円 平均 38,746 円 〜50km未満 (都道府県内) 平均 35,146 円 平均 41,701 円 〜200km未満 (同一地方内) 平均 46,299 円 平均 52,602 円 〜500km未満 (近隣地方) 平均 53,549 円 平均 65,756 円 500km〜 (長距離) 平均 57,022 円 平均 69,572 円 家族 家族 2人 家族 3人 家族 4人 家族 5人以上 〜15km未満 (市区町村内) 平均 64,767 円 平均 78,459 円 平均 97,236 円 平均 115,485 円 〜50km未満 (都道府県内) 平均 68,529 円 平均 78,692 円 平均 97,328 円 平均 106,092 円 〜200km未満 (同一地方内) 平均 74,364 円 平均 96,937 円 平均 129,207 円 平均 143,973 円 〜500km未満 (近隣地方) 平均 106,956 円 平均 124,458 円 平均 114,502 円 平均 154,850 円 500km〜 (長距離) 平均 114,483 円 平均 132,847 円 平均 150,067 円 平均 149,549 円 基本運賃 国土交通省が定めている金額に準拠した金額で設定されます。 荷物量x距離で増減額が定義されているため引越し業者ごとにこの項目が大幅に変わることはありません。 割増料金 「繁忙期」「土・日・祝日」「対応時間」などで割増が引っ越し料金に加算されます。 実費 「引っ越し作業員の人件費」「トラック代」「交通費」「梱包費用」「搬出・搬入」「対応時間」などが引越し費用の計算に影響します。 オプション 「エアコンの移設」「ピアノ運搬」「不要品の処分」「車・バイクの輸送」などで発生します。 引越し業者ごとに料金設定が大きく違い、引っ越し料金を安く抑えるうえでは重要な項目となるので、必ず 項目別でいくらになっているのか確認するようにしましょう。 引越し業者を利用せず、自力で引越しした場合にかかる主な費用は「車両のレンタル料」と「協力者へのお礼」で、だいたいの目安ではありますが30km圏内の引越しを自力で行う場合、 単身者は約25,000円、家族は約60,000円の費用が必要です。 同じ条件で引越し業者を利用する場合の料金は、単身者 一人暮らし の引越しで30,000〜40,000円、家族の引越しで60,000〜100,000円程度が総額の費用相場ですが、引越し業者の繁忙期にはさらに高くなります。 自力で引っ越しの費用がどれくらい安くなるかは「協力者へのお礼」の金額による影響が大きいです。 自力で引越しをする場合、荷物の量をきちんと把握して 手配する車両の大きさと協力者の人数を過不足なく見積もることで引っ越し費用の総額を抑えることができます。 自力での引越しをする人へアドバイスを行っているレンタカー会社もあるので、引越しに慣れていない人は車両の大きさや運搬方法など積極的に質問してみましょう。 節約したい人は、ドラッグストアやスーパーで廃棄予定のダンボールを分けてもらいましょう。 ただし、 本や食器などの重い荷物については底が抜けてしまう危険もあるので、耐久性に優れた新品のダンボールを用意したほうが無難です。 また、建物や建具を保護するために覆う養生材を用意するとよいでしょう。 マンションなど集合住宅に引っ越しする場合、荷物の搬出・搬入の際にキズがつかないよう管理人や管理会社から養生すべき部分を指示されることもあります。 たとえ養生の指示がなくても、共用部分を汚したり壊したりしてしまった場合は修繕費を請求される可能性も。 引っ越しの際、 荷物が当たりそうな部分にはあらかじめ養生を施しておき、余分な出費を防ぎましょう。 専用の養生シートなどをレンタルするか、ダンボールや古毛布、養生テープで代用することも可能です。 ダンボールを養生テープで壁や床に貼り付けたり、古毛布で大型家具などを包んだりしておけば家や家財にキズがつきにくくなります。 とはいえ、養生シートほどの効果を得るのは難しいため慎重に運びましょう。

次の

単身(一人暮らし)の引越料金相場と費用を安くするコツ

引越し 料金

「引越しは日通」の値段・料金相場の目安 ここでは「引越しは日通」の値段・料金相場の目安を紹介します。 初めに「そもそもなぜ引越しの日通の料金がわからないのか?」を説明します。 「引越しの日通」の料金表が見つからない 「どこを探しても料金表がない!」そう困っている人も多いでしょう。 驚く人もいると思いますが、引越業界には料金表はありません。 理由としては、引越しの場合一人一人の状況が異なるため、固定の料金が決められないからです。 ではどのように「引越しの日通」の値段・料金相場の目安を知ればいいのでしょうか? 80,000件以上ある実際の料金を参考とする ここで2020年03月時点で「」「」のようなサービスが、実際に引越しをした人の口コミを紹介しています。 参照: 計80,000件以上と多くの口コミが紹介されており、利用した引越し業者や実際の料金も記載されています。 この記事では「引越しは日通」に関わる口コミを参考に、値段・料金相場の目安を計算しました。 ただ仮に「引越しの日通」の値段・料金が高いとおもっていたとしても安心してください。 大幅に割引方法があります。 日通、最初の見積もり6万だったからそれを考えるとかなり安くなったな — ちゃちゃ nisittibar むしろそのまま申し込んでしまうと高い料金のままになりますので気をつけましょう。 高い「引越しは日通」の値段・料金を割引く方法 絶対「引越しは日通」に直接依頼してはいけない 理由はとてもシンプルで 引越し料金・費用が高くなってしまいます。 これは他の全ての引越し業社にも言えます。 ではなぜ上記のようなことが言えるのでしょうか。 驚く人も多いと思いますが、 引越しの料金は全て引越し業者の言い値で決まってしまいます。 理由としては冒頭で説明した、価格表みたいな固定された金額が存在せず、これを良いことに引越業者は最初の見積もりで費用を高めに提示してきます。 実際にも消費者庁が運営している国民生活センターも正式にオススメしています。 参照: 複数の見積もりを依頼することで、 訪問見積もり時に引越し業者がライバルにあなたを取られないようにするため値下げをしてくれるからです。 アリさんやめて、日通にした。 31,500円も安くなった!! — おゆき oxYSxo では複数の見積もりを手に入れるためにはどうすればいいのでしょうか。 複数の見積もりを手に入れるためには「一括見積もりサイト」がおすすめ 「一括見積もりサイト」とはあなたの要望を記載するだけで、全国の引越し業社から見積もりをもらえるサービスです。

次の