山形 焼酎。 山形焼酎・リキュール

【楽天市場】焼酎 > 金龍:まるごと山形

山形 焼酎

注目の人気焼酎ランキング• 芋焼酎の人気ランキング第1位【赤霧島】 焼酎のなかで最も人気の高い芋焼酎は非常に白熱した人気ランキングとなりました、今や芋焼酎のスタンダードとも言えるを筆頭に霧島酒造の生み出す芋焼酎は特に人気が高く、中でもちょっと珍しい 赤霧島が今年の芋焼酎人気ランキング1位を獲得! 幻の紫芋と言われる「 ムラサキマサリ」を原料に作られる芋焼酎であり、インターネット通販が一般的になる前は九州に行かなければ手に入らない地元の名物といった芋焼酎でした、しかし昨今ではネット通販が普及しているため九州から離れた地域でも購入することが可能となり人気が爆発、 後を引く甘みと上品で気高い香りを纏った人気の芋焼酎です。 芋焼酎好きな人はこちらもおすすめ!• スポンサーリンク 麦焼酎の人気ランキング第1位【二階堂 吉四六】 軽やかな香ばしさで人気を獲得する麦焼酎といえば、芋焼酎と並んで 人気焼酎の代表格、人気焼酎ランキングの中でもかなりの激戦区であり、麦焼酎の人気ランキングで1位を獲得するというのは並大抵のことではありません。 スタンダード商品であるも麦焼酎の人気ランキングではかなり高い順位をつけましたが、その麦焼酎を 蒸留生成後にじっくりと長期熟成させることで、より一層香り高い麦焼酎に仕上げた逸品であり、まろやかな舌触りとソフトでスッキリとした味わいが人気を獲得し、今年の麦焼酎人気ランキングでは1位に輝きました。 麦焼酎好きな人はこちらもおすすめ!• 黒糖焼酎の人気ランキング第1位【れんと】 癖のないスッキリとした味わい、まるで熟成酒のような香りを纏っている黒糖焼酎は、 香りの強い焼酎が苦手という人たちから人気を獲得しており、奄美群島内でしか作られないこともあって各焼酎蔵が威信をかけた逸品黒糖焼酎同士の熱い戦いに焼酎好き達からも注目があつまっています。 黒糖焼酎好きな人はこちらもおすすめ!• 米焼酎の人気ランキング第1位【白岳】 甘みと旨みを持った味わいと、フルーティーで爽やかな香りを纏った米焼酎は食事とのマッチングも幅広いとあって 食中酒としての人気が高く、毎年スタンダード商品とプレミアム焼酎が入り乱れた人気ランキングになるため非常に見ものです。 どこでも買えて気軽に飲める、そういった面が評価されて米焼酎人気ランキング1位に輝きました。 米焼酎好きな人はこちらもおすすめ!• そば焼酎の人気ランキング第1位【雲海】 芋焼酎に近い香りのインパクトを持ちながらも、 爽やかでスッキリとした香りが人気のそば焼酎は、近年人気が急上昇している焼酎であり、昔からの焼酎好き達の間でも注目度の高いジャンル。 そば焼酎好きな人はこちらもおすすめ!• 産地呼称焼酎ランキング 産地呼称銘柄というのは WTO(世界貿易機関)によって定められた地理的表示の事です、例えば「ボルドーワイン」や「スコッチウイスキー」のように特定の産地を呼称することのできる焼酎の事を産地呼称焼酎と呼んでおり、地酒的な扱いとして人気を獲得しています。 芋焼酎といえば「 薩摩焼酎」、麦焼酎といえば「 壱岐焼酎」、米焼酎といえば「 球磨焼酎」、沖縄の焼酎といえば「 琉球泡盛」といった具合に、伝統的な技術と厳選された原料によって生み出される、その土地ならでわの焼酎なのです。 球磨焼酎の人気ランキング第1位【鳥飼 吟香】 米焼酎の聖地である熊本県の人吉市と球磨郡部に渡る球磨地方、そんな球磨の米焼酎を味わうならコレだ!と人気ランキングで1位に輝いたのは、まるで高級日本酒のようにフルーティーな吟醸香を持ち、米の甘みや旨みを濃厚に感じることができる逸品「 吟香 鳥飼」でした。 スッキリとした辛口の飲み味は米焼酎らしい味わい、しかし風味に関して言えばそんじょそこらの米焼酎ではたどり着けない極上の香りであり、何も知らない人が飲めば 日本酒かと思うほどの上品な味わい、古くから真摯に米焼酎と向き合った球磨焼酎だからこそ完成させることのできた逸品として球磨焼酎の人気ランキングではダントツの1位を獲得しました。 球磨焼酎好きな人はこちらもおすすめ!• 壱岐焼酎の人気ランキング第1位【ちんぐ】 麦焼酎の本場として知られる壱岐の島では大分系の麦焼酎とは違い、米麹1/3に対して大麦2/3を使用するという伝統的な製法をとった麦焼酎が作られており、香ばしい麦の香りと米麹による天然の甘みが特徴となっており、多くの麦焼酎好きの間で壱岐焼酎は高く評価されています。 なかでも今年人気ランキングで1位を獲得した「 ちんぐ」は別格! 常圧蒸留することで甘みと香りを強く引き出した焼酎を長期熟成させ、減圧蒸留によってスッキリとしたクリアな味わいを実現した焼酎とブレンド、それによってインパクトのある 壱岐焼酎らしい味わいと飲みやすさを両立している逸品であり、壱岐焼酎をより高い地位へと引き上げた銘酒として支持され人気ランキングで堂々の1位に輝いた逸品です。 壱岐焼酎好きな人はこちらもおすすめ!• 薩摩焼酎の人気ランキング第1位【天狗櫻】 焼酎の中でも特に人気の高い芋焼酎、そんな 芋焼酎のトップブランドである薩摩焼酎は焼酎の人気ランキングでも花形的なポジションであり、個性豊かな薩摩焼酎たちがひしめき合う接戦の部門です。 そこで圧倒的な「芋焼酎らしさ」を実現した 天狗櫻は名だたる薩摩焼酎を押しのけて、これぞ薩摩焼酎!と人気を獲得し今年のランキングで堂々の1位を獲得。 芋焼酎の特徴といえば旨味成分や香り成分を纏った フーゼル油、この天狗櫻はグラスにそそけばグラスが濁って見えるほどのフーゼル油がビッシリと張り付き、注いだ瞬間に「 この芋焼酎がまずい訳がない!」と感じさせてくれる逸品。 薩摩焼酎の中でも随一のフルボディ芋焼酎であり、芋焼酎好きから圧倒的な指示を獲得して1位に輝いた名作です。 薩摩焼酎好きな人はこちらもおすすめ!• カリーというのは祝い事に使われる言葉、社長を含めて4人の従業員から作られる希少な泡盛であり、まるでバニラのような甘い香りと泡盛随一の旨みをもったこの焼酎は「 からくもあまい酒」として多くの焼酎好き達を虜にしました。 そんな独特かつ複雑な味わいが支持されランキング1位を獲得した人気の泡盛、是非とも一度飲んでみてほしい逸品です。 琉球泡盛好きな人はこちらもおすすめ!•

次の

焼酎

山形 焼酎

十四代について 約25年程前の平成6年頃に、淡麗辛口が主流であった日本酒に、フルーティーで甘みのある大吟醸酒「 十四代」が登場しました。 それ以降十四代は、今までとは違った日本酒、山形のプレミアム地酒として揺るぎない地位を築き、その生みの親で高木酒造の専務兼杜氏である「高木 顕統(たかぎ あきつな)」氏は、天才杜氏として知られています。。 「十四代」の生みの親でもあり、東京大手百貨店での勤務経験がある彼は、経営者としてのセンスもある若き天才杜氏と呼ばれています。 山形県村山市に蔵を構える「高木酒造」は創業は1615年(元和元年)。 元々「朝日鷹」と呼ばれる銘柄で地元には知られており、今でも、高木酒造の地元である村山市にいけば、酒販店に「朝日鷹」が並んでいます。 人気の度合いと生産供給量のバランスから、通販などではとても高価になっているのも、「伝説の地酒、幻の地酒」というイメージをより拡大しています。 出羽桜について 出羽桜は山形の地酒の中でも、辛口のお酒として長年、その人気と支持を得ています。 その出羽桜をより飲みやすく、そして深い味わいにしたのがこの吟醸酒で、口コミを見ましても「甘くないから好き」「雑味の無いスッキリとした味」などの評価がこちらで紹介しました「桜花 吟醸酒」です。 酒蔵は全国新酒鑑評会、6年連続金賞受賞。 地酒、日本酒のよく使われる用語について 原料米 お酒の原料米は「酒造好適米」と呼ばれ食用の一般米とは区別されます。 地酒、日本酒を選ぶときはどんな原料米を使っているのか?で選ぶ方も多いです。 有名な原料米(酒造好適米)は山田錦(兵庫県)、五百万石(新潟県)、雄町(おまち、岡山県)、美山錦(長野県)他 精米歩合 白米のその玄米に対する重量の割合です。 米を磨いて造るお酒においては、価格的にこの数値が低い方が高級酒(吟醸酒、大吟醸酒)とされています。 日本酒度 辛口をみる目安。 糖分が多ければマイナス表示で甘く感じ(甘口気味) 糖分が少なければプラス表示で辛く感じ(辛口気味)、となります。 酸度 酸味をみる目安。 酸度が高いほど、より芳醇で濃いな味わい(辛く感じる) 低ければ淡麗な味わい(甘く感じる)、になります。 清酒 & 原酒 「こす」工程(ろ過)があるかないか?で清酒(アルコール度数22度未満)と原酒(搾ったまま、水を入れないお酒、無濾過)に分かれます。 生酒 生詰め酒 生貯蔵酒 火入れをしない(生酒)、搾った後貯蔵前に1回する(生詰め種)、容器詰めの際に1回する(生貯蔵酒)に分かれます。 米だけを原材料にしているお酒が純米大吟醸、米と醸造アルコールが原料のものが大吟醸です。 普通酒 精米歩合の規定なし(約73から75)。 山廃(やまはい) 山卸(やまおろし)という、蒸した米、麹、水を混ぜ粥状になるまですりつぶすじかんをかける工程をせずに(廃止する)造られるお酒。 「山卸廃止」を略して「山廃」として販売されています。 にごり酒 「澱(おり)」いう醪の中の白濁した部分を多く含ませた日本酒の事で、多くては甘くて濃醇、火入れ処理を行わないものも多く、酵母が生きたままの状態で瓶詰めされるため、発泡性のあるものが多いです。 沈殿した白いも澱をゆっくりかき混ぜて飲みます。 ひやおろし 江戸の昔、冬にしぼられた新酒が劣化しないよう春先に火入れ(加熱殺菌)した上で大桶に貯蔵し、ひと夏を超して外気と貯蔵庫の中の温度が同じくらいになった頃、2度目の加熱殺菌をしない「冷や」のまま、大桶から樽に「卸(おろ)して」出荷したことからこう呼ばれて、今も秋の酒として販売されています。 検索: 記事アクセス• 「多満自慢 純米無濾過」は当方のルーティン日本酒で、昨日も注文しました... 69件のビュー• 地酒、北海道、日本酒について地酒で口コミランキングから人気&おすすめの... 35件のビュー• 地酒、新潟、日本酒について地酒口コミランキングなどからランクイン常連、... 26件のビュー• 秋田の地酒、日本酒について、地酒口コミランキングから上位常連、誰もが認... 26件のビュー• 松本酒造のお酒はやはり「澤屋まつもと」が有名で、京都の飲み屋では結構置... 23件のビュー• 地酒、京都の日本酒の地酒で口コミランキングから人気&おすすめのものを集... 20件のビュー• 山形の地酒、日本酒について、地酒口コミランキングから上位常連、誰もが認... 17件のビュー• 宮城の地酒、日本酒について、地酒口コミランキングから上位常連、誰もが認... 15件のビュー• 「乾坤一超辛口純米吟醸原酒」を呑んでみた個人的な評価、感想です。 13件のビュー• 地酒、東京、日本酒について地酒口コミランキングなどからランクイン常連、... 10件のビュー 最近の投稿• カテゴリー カテゴリー タグ.

次の

焼酎

山形 焼酎

2,750円 税250円• 2,420円 税220円• 2,750円 税250円• 1,980円 税180円• 4,950円 税450円• 2,420円 税220円• 2,420円 税220円• 3,740円 税340円• 3,000円 税273円• 3,000円 税273円• 2,970円 税270円• 3,080円 税280円• 3,960円 税360円• SOLD OUT• 3,960円 税360円• SOLD OUT• 2,640円 税240円• 2,640円 税240円• SOLD OUT• 2,970円 税270円• SOLD OUT• 3,850円 税350円• 3,300円 税300円• 3,850円 税350円• 3,300円 税300円• 1,980円 税180円• 2,200円 税200円• 2,200円 税200円• 2,970円 税270円• 990円 税90円• 4,180円 税380円• 5,093円 税463円• 3,056円 税278円• 1,712円 税156円• 3,300円 税300円• 1,833円 税167円• 4,180円 税380円• 2,090円 税190円• 2,750円 税250円• 1,540円 税140円• 3,740円 税340円• 1,870円 税170円• 1,815円 税165円• 1,870円 税170円• 1,485円 税135円• 3,300円 税300円• 1,760円 税160円• 3,190円 税290円• 1,540円 税140円• 2,640円 税240円• 1,320円 税120円• 2,310円 税210円• 2,035円 税185円• 1,540円 税140円• 1,540円 税140円• 1,980円 税180円• 9,900円 税900円• SOLD OUT• 1,980円 税180円• 2,530円 税230円• 1,265円 税115円• 2,860円 税260円• 1,430円 税130円• 2,090円 税190円• 2,750円 税250円• 1,430円 税130円• 1,353円 税123円• 2,530円 税230円• 1,430円 税130円• 1,485円 税135円• 3,080円 税280円• 1,375円 税125円• 1,650円 税150円 配送・送料について ヤマト通常便 エリア 送料 北海道 1,347円 北東北、南東北、関東、信越 1,023円 北陸、中部 1,131円 関西 1,239円 中国 1,455円 四国 1,455円 九州 1,671円 沖縄 1,995円 山形県内 1,023円 沖縄以外の離島の場合はクール便ができません。 普通便を選択ください。 ご了承くださいませ。 ヤマトクール便 エリア 送料 北海道 1,563円 北東北、南東北、関東、信越 1,239円 北陸、中部 1,347円 関西 1,455円 中国 1,671円 四国 1,671円 九州 1,887円 沖縄 2,211円 山形県内 1,239円 沖縄以外の離島の場合はクール便ができません。 普通便を選択ください。 ご了承くださいませ。

次の