ゼローグcore。 【パズドラ】ゼローグCORE(コア)の評価とアシストおすすめ|超覚醒対応|ゲームエイト

【パズドラ】究極ゼローグCOREの評価!おすすめの超覚醒と潜在覚醒

ゼローグcore

以下の写真は私が考えてみたCOREパーティです。 見ての通り、ネルギガンテが2体必要です。 ネルギガンテ2体持ってる人なんてそうそういないので、まあ無理がありますよね。 正直、COREは高HP、軽減、クロユリループでかなり耐久性能は高いです。 なのでネルギガンテ2体使って闇ドロップ供給しなくても、耐久しつつ攻撃が良い立ち回り方だと思いました。 候補の中で選ぶなら LゼローグCORE Hコットン メリオダス クロユリ クロユリ 以上です。 できればクロユリ1体をHマイネに継承させた方がいいです。 Hマイネに継承させても1ターンのズレなら支障ありません。 継続して回復し続けられます。 クロユリループをサブに入れた編成になりましたが、回復ドロップ強化を複数持ちのキャラで復帰を担えるなら、クロユリループじゃなく復帰役1体とスキブを増やしても良いです。

次の

パズドラのゼローグCOREのパーティーをどう作るか迷っています。

ゼローグcore

超覚醒: 覚醒スキルは50以下強化2個に7C強化2個もあるので 単体火力は鬼。 超覚醒で無効貫通を振れるので、無効持ちにも強く出ることができます。 他にも超覚醒でスキブ+にすることで、 スキル1T持ちとしては破格のスキブ3個持ちとなり、アシスト元として超優秀になります。 スキルも超強力で、1T自傷+指3秒延長と、 キャラでは初の1T自傷持ちです。 LSは、普通に強いという印象です。 軽減条件がやや特殊ですが、盤面欠損による軽減が貼れない事態には陥らないのは利点。 ただ、耐久は気を使いますね。 クロユリループとの相性は良好なので、裏異形を問題無くクリアできるスペックではあると思います。 サブとしてめちゃくちゃ強いので、今はリーダーというよりサブ用のキャラではないでしょうか。 究極進化後 超覚醒: 一番初めに目についたのが 攻撃力の高さ。 ただし、残念な部分が目立ちます。 スキブは最大5個にできるので、スキチャを利用すれば上杉謙信以上の速度でダメージ吸収無効スキルが使用できますが、平常火力は2wayでしか火力が出せず、無効貫通でようやく高火力が出せる程度。 覚醒スキルがLS、スキルとマッチしていません。 多色のダメージ吸収無効要員なら指も伸ばせるウルカの方が優秀だと思います。 スキブを稼ぎたいならこちらになりますけどね。 LSは普通に強いという印象。 ドラゴン縛りなのは残念ですが、バレネイ、ハロコットン、ソニア系あたり入れておけばとりあえず強そうです。 リーダーとしてなら究極進化後の方は使いやすく、進化前は伸びしろがあるという感じで、どちらが強いかというと、どっこいどっこいな印象です。 クロユリループを使うならHPが高くなる進化前の方が良いですね。

次の

【パズドラ】感謝祭メダル2019はどっちを交換すべき? ゼローグとファガンの魅力を考察!

ゼローグcore

超覚醒: 覚醒スキルは50以下強化2個に7C強化2個もあるので 単体火力は鬼。 超覚醒で無効貫通を振れるので、無効持ちにも強く出ることができます。 他にも超覚醒でスキブ+にすることで、 スキル1T持ちとしては破格のスキブ3個持ちとなり、アシスト元として超優秀になります。 スキルも超強力で、1T自傷+指3秒延長と、 キャラでは初の1T自傷持ちです。 LSは、普通に強いという印象です。 軽減条件がやや特殊ですが、盤面欠損による軽減が貼れない事態には陥らないのは利点。 ただ、耐久は気を使いますね。 クロユリループとの相性は良好なので、裏異形を問題無くクリアできるスペックではあると思います。 サブとしてめちゃくちゃ強いので、今はリーダーというよりサブ用のキャラではないでしょうか。 究極進化後 超覚醒: 一番初めに目についたのが 攻撃力の高さ。 ただし、残念な部分が目立ちます。 スキブは最大5個にできるので、スキチャを利用すれば上杉謙信以上の速度でダメージ吸収無効スキルが使用できますが、平常火力は2wayでしか火力が出せず、無効貫通でようやく高火力が出せる程度。 覚醒スキルがLS、スキルとマッチしていません。 多色のダメージ吸収無効要員なら指も伸ばせるウルカの方が優秀だと思います。 スキブを稼ぎたいならこちらになりますけどね。 LSは普通に強いという印象。 ドラゴン縛りなのは残念ですが、バレネイ、ハロコットン、ソニア系あたり入れておけばとりあえず強そうです。 リーダーとしてなら究極進化後の方は使いやすく、進化前は伸びしろがあるという感じで、どちらが強いかというと、どっこいどっこいな印象です。 クロユリループを使うならHPが高くなる進化前の方が良いですね。

次の