ハムラアキラ ロケ 地。 【2020年冬ドラマ】本日24日(金)は奥多摩の駐在さんが帰って来る! 寺島進主演「駐在刑事Season2」、シシド・カフカがドラマ初主演「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」がスタート

ハムラアキラのロケ地・撮影場所まとめ!スタイリッシュに描く新時代の探偵物語の舞台はどこ?

ハムラアキラ ロケ 地

『コタキ兄弟と四苦八苦』ドラマ概要 「アンナチュラル」や「獣になれない私たち」の脚本を手掛けた、 野木亜紀子のオリジナル作品。 古舘一路と滝藤賢一が「自分たちがW主演のドラマをやろう!」と、意気投合したところからスタートし、3年を要したプロジェクト。 人間である限り、避けられない8つの苦しみをお釈迦様が教えた言葉。 『』や『』 といったヒット作を手がけてきた脚本家の さん。 予備校の英語講師だったが、現在は無職で独身。 つつましい暮らしをしている。 唯一の楽しみは喫茶シャバダバに通う事。 看板娘・さっちゃんが気になる様子。 弟・古滝二路(じろう : 滝藤賢一 真面目な兄を見て育ったせいか、ちゃらんぽらんにしか生きられなくなった弟。 あることが原因で8年前に兄から勘当されるも、ひょんなことからまた古滝家に転がり込んできた。 さっちゃん: 芳根京子 兄が足繁く通う喫茶シャバダバの看板娘。 天真爛漫で、何をしでかすか分からない一面も。 ムラタ: 宮藤官九郎 「レンタルおやじ」代表。

次の

ドラマ【ハムアキラ】のロケ地や撮影場所はどこ?エキストラの募集は?

ハムラアキラ ロケ 地

「ハムラアキラ」1話は、これらの動画配信サイトで視聴できるよ! 「ハムラアキラ」が視聴できる動画配信サイトは、こちらです。 「ハムラアキラ」はNHKオンデマンドで見逃し配信されていますが、もっとお得に視聴する方法があります。 それは、動画配信サービスで視聴する方法です。 では、無料登録で600円分のポイントがもらえるので、この600円分のポイントを使えば、 お得に視聴することができます。 「ハムラアキラ」1話の動画を視聴することができました。 U-NEXTではさまざまな作品を視聴することができます。 また、視聴できたとしても、画質が悪くて、見づらかったり、動画が止まってしまったりして、まともに見ることができません。 これらのサイトがオススメできない理由は、見れないというだけでなく、 ウィルスに感染することもあります。 ウイルスに感染すると、最悪の場合、個人情報が抜かれたりする可能性があるので、危険です。 海外の無料動画サイトではなく、 安全に動画を視聴したい方は、動画配信サービスを視聴する方法をおすすめします。 ハムラアキラの作品紹介 「ハムラアキラ」は、ミステリー作家・若竹七海氏が20年以上に渡って描いてきた「女探偵・葉村晶シリーズ」 初のテレビドラマ 出演者 ・葉村晶(古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」のアルバイト、「白熊探偵社」の調査員):シシド・カフカ ・岡田正太郎(警視庁の管理官、警視):間宮祥太朗 ・村木義弘(元・警官の探偵):池田成志 ・速見治松(影山東署の刑事):津田寛治 ・柴田要(影山東署の刑事):板橋駿谷 ・野々村(古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」の常連客、リサイクル店店主):松尾貴史 ・柿崎(古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」の常連客、サラリーマン):中村靖日 ・アケミ(古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」の常連客、キャバクラ勤務):大後寿々花 ・浅川(古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」のアルバイト、大学生):浦上晟周 ・富山泰之(古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」の店長):中村梅雀 主人公・葉村晶(はむらあきら 、34歳独身。 ミステリー好き。 生活は質素。 訳ありの転職、転居十数回…。 今はミステリー専門書店MURDER BEAR BOOKSHOPのバイト兼、書店のオーナーが冗談で始めた〈白熊探偵社〉の調査員として働いている。 葉村は何かと災難に巻き込まれ、周りから『世界で最も不運な探偵』と面白がられるが、事件と対じする中で、彼女自身の人生とも対じし、タフに、そして優しく生きていく。 ロケ地については、こちらを見てみてください。 「8年前に自殺した親友の幽霊が毎晩のように枕元に立っている夢を見る。 眠れない。 」 そう切り出した中山慧美(えみ)と名乗る女性の話はのっけからオカルトめいていて、胡散臭い雰囲気です。 まさか探偵社に除霊を依頼に来たのでしょうか? 慧美の依頼は除霊ではなく、あくまでも調査で、親友であった香織の死の真相を探って欲しいということでした。 香織は自殺ではなくて誰かに殺されたからそれを誰かに伝えたくて枕元に現れるのではないか、と考えているようです。 そんな妄想には付き合ってられない、とハムラは一旦は依頼を断りました。 が、メンバーからは避難ごうごうです。 結局、気乗りしないままハムラは依頼を引き受けることにしました。 ハムラはまず手始めに、慧美の自宅に向かい慧美から話を聞きます。 慧美の話の中で、香織が自宅マンションの自分の部屋から転落したことが分かりました。 二人は小さいころから長い付き合いがあるようです。 また、香織が自殺する少し前に慧美には二人の子供が生まれ、子育てが二人は疎遠になっていたようです。 「私の調査はいったん引き受けたら手加減は一切しませんがそれでもいいですか?」 そう啖呵を切るハムラに慧美はなぜかおびえている様子。 何か後ろめたいことがあるのかも知れません。 続いては転落死したビルの管理人に話を聞くことに。 転落死した当日、にこやかに笑顔であいさつを交わしたことを管理人は覚えており、とても自殺するようには見えなかった、とのこと。 引き続き、香織の元旦那、戸田が勤める会社向かいます。 本人共に喫茶店へ移動し話を聞きます。 香織は自殺の1年ほど前に戸田と離婚しておりその理由について戸田に問いただします。 戸田は、直接の原因が自分の浮気であることを認めつつ、それ以前から香織がおかしくなっていたと話します。 大学で児童文学を専攻するほど子供好きだった彼女でしたが、結婚した直後、子供を妊娠しにくい身体であることが分かりました。 不妊治療を続けるものの、うまくいかなかったのです。 それで精神的に参っていたようです。 ただ、別れを切り出したのも香織のほうからだったし、その頃は不妊の悩みからは立ち直っているような印象を受けた、と戸田は語ります。 戸田との会話中、浅川から電話が入ります。 白熊探偵社では香織が最後に残したSNSに添付された写真の解析を行っており、ようやく香織が持っていたグラスに映っていた女性の顔が分析できたというのです。 その写真を戸田に見せたところ香織の児童文学つながりの友人、野口 環(たまき)であることが分かりました。 ハムラは環が在籍する大学へ向かい、環に話を聞きます。 SNSの写真は、香織の死の前日の大晦日に行われた独女会(ドクジョカイ)と呼ばれるパーティで撮影されたものでした。 独女会とは学生時代に児童文学ゼミに所属していた仲良し4人組が定期的に行っていた女子会で、一時期自然消滅しましたが、香織が精神的に参っていることを知った環が復活させたのです。 また、香織の自殺は独女会の直後だったようです。 環は香織が墜落死した際の第一発見者で、独女会が終わって皆が自宅に帰った後、香織から環に電話があり「やっぱり無理みたい」と語り電話が切れたそうです。 不安になった環は香織のマンションに向かいましたが、すでに墜落した後でした。 ハムラは影山東署の柴田の力を借り、香織の自殺に関する警察の調書も入手しました。 その中には香織が慧美からの届いた「子供の写真が載った年賀状」を握りしめていたこと、状況証拠から自殺で間違いないと考えられていることが分かりました。 ここまでの情報から、ハムラは全貌をつかみかけているような気がしていました。 白熊探偵社に慧美がやってきます。 調査結果を聞きたがっている様子です。 ハムラは慧美が香織を精神的に追い詰めるために子供の写真入り年賀状を送ったのではないか、つまりは自殺に追いやったのは慧美ではないのか、と持論を展開します。 ハムラは畳みかけます。 香織が枕もとに立つ夢を見るのは、慧美自身がそのことに対する罪の意識があるからではないか、と。 慧美は激怒します。 「そんなに言うんならはっきりした証拠を掲示しなさいよ!!年賀状一枚で殺人犯呼ばわりされたらたまらないわ!!」 そういって探偵社を出て行ってしまいました。 事実を隠すためわざと逆切れしたのか、それとも本当にそうではないのか、ハムラには判断できませんでした。 確かに年賀状だけでは弱い、これからどうするか途方に暮れるハムラでしたが、探偵社に訪れた岡田管理官の一言で真相を把握したようです。 ハムラは、真相を確かめるべく動き出しました。 「もし香織が年賀状を握っていなかったら事件はどんなふうに動いたのかな。 」 真相はこうでした。 環は香織を一人の女性として愛していた。 だからこそ香織を慰めるために独女会を企画したし、香織をねたみ、蹴落とそうとする慧美を近づけさせなかった。 独女会が終わったあと、香織の部屋には環と香織は二人だけが残っていました。 「独女会ありがとう、私はもう大丈夫」 そういって環の肩を抱く香織は冗談のつもりでしたが、環は、 「そんな事されたら私、冗談で済ませられない」 と目を潤ませます。 この行動で香織への恋愛感情があることを悟られてしまいました。 「そんな目であたしを見てたんだ・・・。 いままで助けてくれたのも下心だったんだ!」 弁解する環デイタが、怒りに震える香織は、聞こえません。 環をベランダから外へ追い出そうとします。 ベランダでもみ合っているうちに香織がバランスを崩し転落してしまいました。 香織の死は自殺ではなかったのです。 地面に叩きつけられ動かない香織のほほを嗚咽を漏らしながらなでる環でしたが、ふと香織の上着のポケットを見ると、慧美から贈られた年賀状が見えます。 とっさに自殺のシナリオを思いついた環は年賀状を香織の手の中に潜り込ませたのでした。 真相を語るハムラ、環はその場に崩れ落ちる、かと思いきや声をあげて笑っています。 「証拠がないじゃない」 「誰にも私の気持ちはわからない!!」 ヒステリックに叫ぶ環にハムラは、 「でも香織さんは知っています。 たしかに環さんの気持ちは私にはわからない、私はこれから慧美さんに間違っていたことをあやまりにいきます、それじゃ」 そういってハムラアキラはその場を立ち去るのでした。 第3話の感想 今回の「わたしの調査に手加減はない」、実は原作を読んだことがあるんです。 結末が原作からさらにひとひねりあっていい意味で裏切られました。 ちょっとネタバレしますが、終盤まで、原作通りに絶対慧美が自殺に追いやった、という結末だろうなと思ってました。 ゲストとして慧美役を演じた三倉佳奈さんって妬み系の役どころがすごいうまいんですよね、マジで。 私自身が環役の松本まりかさんが好きだから、っていうのも結末を見誤った理由だったかもしれません。 (笑) まとめ.

次の

ハムラアキラ 動画 最終回/第7話/最終話/3月6日再放送NHK//見逃した配信フル無料視聴ドラマ|VOD劇場

ハムラアキラ ロケ 地

ハムラが突き止める、その違和感の真相とは、いったい? 番組内容 暑い夏の日。 葉村晶(シシド・カフカ)のもとに久しぶりの依頼が舞い込む。 早速調査を開始するが、その調査対象が何者かに襲われあっさり終了。 調査費をあてにしていた葉村はガッカリするが、そこにまた別の依頼が…。 そんなことが二度三度と続き、葉村は違和感を抱く。 回ごとのゲストもいたりして。 松本まりかさん、野間口徹さんといった役者さんも存在感がありましたね。 加えて映像、謎めいたストーリーや怪しい雰囲気などに心ひかれます。 姉の死の真相は結局のところどうなんでしょう? あの謎の男はなんだったのか。 観たあとにも頭をグルグルめぐるこの感じ。 後味? すっかりひきこまれてます。 でも特に見どころっていったらやっぱり主人公そのものなのかも。 シシドカフカさんはドラマ初主演なんですね。 色々出てるなって思ってたけど、主演はまだだったんですね。 マルチな才能、すごいですね。 女性にモテる女性ってこういう人でしょうね。 この先も主演作品とかどんどん増えていきそうですよね。 5話は女子高生失踪事件。 うーん、怪しい。 今度はどんな目に遭ってしまうのか…。 家出した女子高生の捜索の依頼だったはずが、謎の女子高生の存在や、犠牲者が出たりと単なる家出ではないことを怪しむことに。 失踪事件に隠されているのは一体なんでしょう。 とりあえず探偵はやっぱりやめられないんでしょうね。 世にもおぞましい結末とは?例えば話が一段落しても事件はスッキリ解決!と片付かなかったりするのも面白さだと思うので、やっぱり次も期待してます。 出だしのシチュエーションがいきなりの変死体発見で主人公のネームプレートを着用しているところから始まり、主人公の回想から姉(珠洲)との係わりの中で起こった事件だとわかります。 しかし、変死体がハムラアキラではなく他人で有るということがわかってきましたが、徐々に登場人物も増え、今の生活環境からどうやってトラブルに巻き込まれていったかと言う経緯が示されていきました。 なぜ事件では無くトラブルなのか、事件では無くトラブルと言うワードを使うことで不運さを強調しているのか、と思いましたがさてこれは不運なのかなと、前半登場の警察が熱く登場することでハードボイルドがドラマの本筋に流れている事を強調している様ですが家庭環境の劣悪な中の事件では、とハテナマークが浮かんだ所で警視の岡田が登場します。 この辺りから事件が見えてきます。 ここまでのキャラクターの配役と演技としては問題ないと思いましたが演出としてバックに流れるBGMが正直うるさかったです。 正直、これからもBGMでハードボイルド・サスペンス・トラブルメーカーを強調していくなら選曲と使いどころをもう少し考えないと、適役のシシド・カフカのキャラクターが単なる陰キャになってしまうと思いました。 後、書店オーナーと客のはしゃぎ様が浮いてしまい、ドラマの中で異質感が出て行ってしまっていると思います。 違和感がドラマが進んでいくにつれて慣れていく、もしくは馴染んでいくのかなと考えて次作を見ていきたいと思います。 家庭が不運の種になっていることで、今後、母親の登場時どう展開して行くか楽しみにしていけます。 同時に、アキラの薄幸な環境が印象に残りました。 トラブルメーカーの姉には、圧倒されてしまいます。 姉から逃れて職を変わり家を引っ越してもまたやって来る珠洲は恐ろしい女です。 とうとうアキラの命までもが狙われたしまうという信じがたい内容には、ただ驚くばかりでした。 並の神経ではない姉が、初回で退場してくれたことには、正直ほっとしています。 大きな存在感を出していたのが、警視庁の岡田正太郎でした。 さすがエリートといった雰囲気で、キレものだと思われます。 今の時点では、アキラにとって味方なのか敵なのかは掴みきれませんでした。 これからの話が進む中で、アキラとの絡み方が気になる人物となって行きそうです。 古書店が背景となっていて、そのスタッフや店長、常連客などが目に入りました。 まだまだその他大勢という感じかたでしかなかったので、これからの個々の情報発信が楽しみになります。 孤独なアキラが少しでも人との触れ合いの中でほっとできる部分が見つけられればいいと思います。 多彩な職業を経験してきたアキラならではの探偵業が展開されることに、注目していきたいです。 だから、葉村晶が、「だからって、あなたが悪に染まる必要はないでしょう」と言ったんです。 そして、「ハムラアキラも私の精神を救ってくれなかった」と言い、飛び降り自殺。 じゃあ、何と言って、ギャフンと言わせたらいいと言うんでしょう!?。 探偵が頼りにならないのなら警察呼びましょうか!?。 警察権力はマズい。 そもそも日本国憲法は…。 戦前の強大な権力の抑制を狙ったものであるから。 とすると、探偵も権力的で抑制されていた筈だった。 日本はどうなるんでしょうねぇ。 ただ、探偵をそっと紹介してくれる要素ありとして期待できる点も。 シシド・カフカはカッコいいしね。 全体的にダークな感じにまとまっていて、ユニークで面白い内容だったと思いました。 探偵モノのドラマや映画はかなり大量にあるのですが、今回の主人公のキャラ設定はまあまあ異質で、シシドカフカさんの個性にもぴったりだと思いました。 最初、いきなり主人公死すと思いきや、実はそれが伏線になっていて、なかなかその正体がわからないことで、じれったさを感じつつ先が気になって仕方ありませんでした。 登場人物も複数人出てきたので、ちょっとした犯人探しもできました。 主人公がたいぶ不運という設定でしたが、最初はまあまあこういう人はいると思いましたが、結果的にここまで不運な人はいないとも思えました。 基本的に映っている場面が暗く、そういったところでも不運さがしっかりと滲み出ていました。 また、主人公以外のキャラクターも不運ばかり持ってきたり、嫌味な人間が結構いたので、ドラマとしての完成度は高かったとは思いました。 ただ、ラストシーンはなんで唐突にCGを入れてきたのかは、意味不明でした。 今まで丁寧に実写で撮ってきたのに、姉が自殺するところだけだいぶ違う演出になってしまっていたと思いました。 普通に自殺するシーンをある程度隠しながら撮ればよかったのではないでしょうか。 まあ、それでもダークさの滲み出たドラマということで、新感覚な気持ちで最後まで見られました。 まとめ どんなドラマが始まるのだろうというワクワクした気持ちを持ちながらの鑑賞の始まりとなりましたし、これまでで最も内容がわかりやすく且つ予想外の展開、結末になった面白さや楽しさがあったからです。 あまり予備知識もなく見始めたので一話完結で毎回違うゲストが出演するとわかった時は毎話毎話変化に富んでいて面白いですし、万が一どこかで見逃しても訳が分からなくなる事がなくてありがたいと思いました。 結局全話見てはいますが。 一話目に関していきなりと言ってもいいほど始まって間もなく事件が起きた事も衝撃的でしたし、その被害者も加害者も予想もしなかった人物だった事で1話目から面白いサスペンスとして楽しむ事ができました。 制作が名古屋放送局で馴染みの非常に深い東海地方のロケも期待出来る事から屋外のシーンでは特に目を皿のようにして知っている所や行った事がある場所はないだろうかと注目していたのですがなかなかなく少し残念がっていたところ、遂に前回でまさに、あ、この場所はあそこだ、と何度も行った事がある場所が出てきたので大喜びしてしまいました。 東京に住んでいらっしゃる方だと全国放送のドラマで東京がロケ地になる事が多いのでこういう感想はあまり持たないかもしれませんが、地方に住んでいると全国放送のドラマともなると、まず第一に地元の放送局で制作する事すら希ですので、このように自分の地元が映るのは結構嬉しい事でもあります。 シシドカフカさん シシドカフカさんの魅力。 それは、とても美しい美貌にまずは気をとられてしまいそう。 しかし、ドラマーとしての演奏家として、一流であることは折り紙付きだろう。 10代から先輩ミュージシャン達にもまれ、セッションを繰り返して経験したたことによって得られた経験が、なによりも彼女の音楽的なベースとなっている。 また、ビジュアル面にかんしてよ、ほぼブラック一色で身を固めたクールなイメージがある。 しかし、バライティー番組などに出演した際に見せるチャーミングな姿は、そのギャップにおどろくことだろう。 なかなか付け入る隙がなさそうにも感じるが、実際に話してみるととても愛想のよく話しやすいと、業界関係者からの評判もよい。 しかしその一方で、繊細さから生まれる葛藤も見え隠れする。 自らを「器用貧乏」と言い、葛藤しながらも一歩ずつ自分の世界観を広げていくうちに、彼女の言う短所はマルチな才能という魅力に変わりつつあるようだ。 その魅力を紐解いていけばいくほど、予想もしなかったような表情を見せてくれるシシド・カフカ。 これから、どんな音楽やビジュアルで我々を楽しませてくれるのだろうか。 これは目が離せなくなりそうだ。 ワクワクが止まらない。 ルックス&ツンデレです。 黒髪でクールな瞳を持つ彼女はまさにアジアンビューティーを象徴している存在です。 ツンとした印象がありますが、バラエティなどに出ると、そのギャップが垣間見えるエピソードが多くあり、素はもっと女子なのかもしれないと思うと、それもまた魅力的であるなぁと思います。 ツンデレ女子を体現できるルックスと素の性格の良さは彼女の良いところだと思います。 もともとシシドカフカさんは、ドラマー兼ボーカルということで世に出てきました。 ドラムテクニックも凄いですが、叩きながら歌うというのは初めてみたときに衝撃を受けました。 TVでは役者業がメインになってきていますが、ぜひソロとして、またはバンドのプレーヤーとしての彼女の姿も見てみたいです。 優としての顔です。 特に昨年演じていた「わたし定時で帰ります」でのマネージャー補佐の役は、チーム全体を陰で支え、時に厳しい言動が目立つこともあるが、冷静にチームに必要であると判断した言葉を使っていて、こういう人が自分の職場にも欲しい&都会のどこかでリアルにがんばっている人を体現されているなぁと感心させられました。 彼女は、まず歌っていながらドラマーをやってます。 ドラムは、激しい動きや細かいビートを刻みながら行います。 その際に歌うのは、激しい動きに加えながらまた歌を披露出来るのはすごいです。 ダイヤモンドユカイさんも所属したバンドで4年もドラマーしていたぐらいの実力も折り紙つきです。 売れない中である日アドバイスで「歌いながらドラムを叩いてみたら」されてからやるとしっくりきて今のスタイルが確率されました。 歌声もまた、特徴があるため聞いたら忘れられない歌声です。 彼女はドラマーとしての魅力だけでなく美貌も素晴らしいです。 まず、175センチとモデル体型であり、顔もエキゾチック美人です。 黒髪パッツンも彼女の特徴的な髪型になります。 さらに女優としても輝いてます。 彼女は強気なキャラクターや意地悪なお姉さん役は、違和感がありませんでした。 菜々緒さんとの姉妹役は、違和感もなくスタイルや意地悪でありながらも英語もネイティブでかっこ良かったです。 またヘアスタイルも綺麗な黒髪であるためすぐにcm間違いないです。 まだまだ魅力的でありますが彼女の裸足で歌いながらドラムをたたく事を出来る方は、いないために唯一無二の存在になります。 以前の冷たい印象から、真の心の温かさが滲みでる演技には益々期待してしまいます。

次の