無敵 の 番犬 に 噛みつか れ まして。 無敵の番犬に噛みつかれまして11話/3巻ネタバレ! 最新話は龍舞のいない生活

無敵の番犬に噛みつかれまして 2

無敵 の 番犬 に 噛みつか れ まして

無敵の番犬に噛みつかれまして・第9話のネタバレ 結局勇虎が戻らないまま夜が明けてしまいました。 寝言で勇虎の名前を呼びながら龍舞の肩もたれかかるひより。 赤くなりながらも「兄貴と間違えんな」と怒る龍舞ですが、眠ったままのひよりはなぜか 涙を流し、龍舞の名前を呼びます。 その涙をぬぐった龍舞は、ひよりの額の傷を見て「 ごめん・・・」と一人呟くのでした。 一方勇虎は仲間たちを無事助け出していました。 ひよりとのデートを邪魔してしまったと謝る仲間たち。 気にするなという勇虎ですが、「 女のほうから寄ってこられることは多くても自分からあまり近づいて行ったことがない勇虎が唯一構っているひより」は仲間たちにとっても特別な存在とのこと。 大事にしすぎてなかなかくっつかない二人を見てやきもきしていたのに、そんな二人のデートを邪魔することはしたくなかったと言います。 早く戻ってやれと言う仲間たちに押され、ひよりのもとへ帰って行く勇虎。 勇虎はひよりのもとへ向かいながら、初めてひよりと会った日のことを思い出していました。 マンションの玄関前で、なにやら物を探している様子の小学生・ひより。 勇虎は声をかけますが、ひよりは キッと睨むと無言で走り去ってしまいました。 どうやらひよりは鍵を無くしてしまったようで、またその姿を見つけた勇虎は一緒に探してあげることにします。 「知らない人と喋ってはいけない」という母親の言いつけを守り頑なに話そうとしないひよりでしたが、部屋番と名前を名乗った勇虎は半ば強引にひよりの心をこじ開けます。 しばらく鍵を探していた二人が部屋の前へ戻ってみると、 誰かが見つけてくれた鍵がドアノブにぶら下がっていました。 このことがきっかけで友達になったひよりと勇虎。 人に懐かない猫が自分に懐いたような嬉しさを感じていた勇虎ですが、ひよりが大けがを負ったときに「 自分ができることを何でもしてあげたい」「 そばでずっと笑顔を見ていたい」という感情に気が付いたのです。 過去のことを思い出しつつ、ひよりの待つホテルへと到着した勇虎。 エントランスでは 勇虎を探しに行くというひよりと、それを必死で止める龍舞の姿がありました。 好きな人に危機が迫ってるかもしれないのにじっとしていられない、というひよりに、勇虎が駆け寄ります。 それに気が付いたひよりは勇虎と抱きしめ合うと、涙を流しながらもキスを交わします。 そんな二人に背をむけながら、龍舞は一人ホテルを後にするのでした。

次の

無敵の番犬に噛みつかれまして 2

無敵 の 番犬 に 噛みつか れ まして

〈 書籍の内容 〉 大好きな彼氏の弟が、私の番犬に!? ひよりと勇虎は恋人同士。 ただ勇虎は、自分のために過去にひよりが負った傷を気にしている。 不安定に揺れるひよりのキモチ。 そんな時、必ず側にいてくれるのは勇虎の弟の狂犬男子・龍舞で…? 「兄貴はひよりのこと守ってろよ。 彼氏だろ?」 3人の関係を揺るがす大事件が勃発。 読み応え抜群の2巻です。 前作「ワケあって昨日うばわれました」の未収録番外編も読める! 〈 電子版情報 〉 無敵の番犬に噛みつかれまして 2 Jp-e : 098707250000d0000000 大好きな彼氏の弟が、私の番犬に!? ひよりと勇虎は恋人同士。 ただ勇虎は、自分のために過去にひよりが負った傷を気にしている。 そんな勇虎に誘われ、2人は1泊2日のクリスマスデートに行くことに! 不安定に揺れるひよりのキモチ。 そんな時、必ず側にいてくれるのは勇虎の弟の狂犬男子・龍舞で…? 「兄貴はひよりのこと守ってろよ。 彼氏だろ? 」 3人の関係を揺るがす大事件が勃発。 衝撃展開の第2巻! ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。 2015 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。 2015 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

次の

無敵の番犬に噛みつかれまして11話/3巻ネタバレ! 最新話は龍舞のいない生活

無敵 の 番犬 に 噛みつか れ まして

無敵の番犬に噛みつかれまして・第9話のネタバレ 結局勇虎が戻らないまま夜が明けてしまいました。 寝言で勇虎の名前を呼びながら龍舞の肩もたれかかるひより。 赤くなりながらも「兄貴と間違えんな」と怒る龍舞ですが、眠ったままのひよりはなぜか 涙を流し、龍舞の名前を呼びます。 その涙をぬぐった龍舞は、ひよりの額の傷を見て「 ごめん・・・」と一人呟くのでした。 一方勇虎は仲間たちを無事助け出していました。 ひよりとのデートを邪魔してしまったと謝る仲間たち。 気にするなという勇虎ですが、「 女のほうから寄ってこられることは多くても自分からあまり近づいて行ったことがない勇虎が唯一構っているひより」は仲間たちにとっても特別な存在とのこと。 大事にしすぎてなかなかくっつかない二人を見てやきもきしていたのに、そんな二人のデートを邪魔することはしたくなかったと言います。 早く戻ってやれと言う仲間たちに押され、ひよりのもとへ帰って行く勇虎。 勇虎はひよりのもとへ向かいながら、初めてひよりと会った日のことを思い出していました。 マンションの玄関前で、なにやら物を探している様子の小学生・ひより。 勇虎は声をかけますが、ひよりは キッと睨むと無言で走り去ってしまいました。 どうやらひよりは鍵を無くしてしまったようで、またその姿を見つけた勇虎は一緒に探してあげることにします。 「知らない人と喋ってはいけない」という母親の言いつけを守り頑なに話そうとしないひよりでしたが、部屋番と名前を名乗った勇虎は半ば強引にひよりの心をこじ開けます。 しばらく鍵を探していた二人が部屋の前へ戻ってみると、 誰かが見つけてくれた鍵がドアノブにぶら下がっていました。 このことがきっかけで友達になったひよりと勇虎。 人に懐かない猫が自分に懐いたような嬉しさを感じていた勇虎ですが、ひよりが大けがを負ったときに「 自分ができることを何でもしてあげたい」「 そばでずっと笑顔を見ていたい」という感情に気が付いたのです。 過去のことを思い出しつつ、ひよりの待つホテルへと到着した勇虎。 エントランスでは 勇虎を探しに行くというひよりと、それを必死で止める龍舞の姿がありました。 好きな人に危機が迫ってるかもしれないのにじっとしていられない、というひよりに、勇虎が駆け寄ります。 それに気が付いたひよりは勇虎と抱きしめ合うと、涙を流しながらもキスを交わします。 そんな二人に背をむけながら、龍舞は一人ホテルを後にするのでした。

次の