スキャンピー。 おすすめ自炊代行の比較【紙の本を電子書籍化】BOOKSCAN・スキャンピー

【楽天市場】【送料無料】ニュージーランド産スキャンピーG2(手長海老/ラングスティーヌ)【2kg箱】【冷凍のみ】【D+0】【父の日 ギフト プレゼント お返し お中元 お歳暮 パーティ】:ハイ食材室

スキャンピー

紙の本を電子書籍化したいけど、 「ネットで検索すると代行業者はたくさんあるけど、どこにお願いすればいいかなぁ」 と思われる方がいらっしゃると思います。 私がいくつかの業者を比較し、料金・サービス内容ともに良さそうだと感じたスキャンピーで54冊の書籍を電子化をしてもらいましたので、レビューさせていただきます。 目次 1. 総合評価 全体としては満足しています。 スキャナ、作業者のばらつきによると思われる品質のばらつきはあるものの、 個人的には次回以降も使用したいと思っています。 スキャン依頼経緯 私とスキャンピー のやりとりは下記の通りでした。 料金 料金は下記の通りでした。 実際は43冊だが、twitterキャンペーンで3冊分無料 4. 納品データ 共通事項 ・全ての書籍に「パーフェクトスキャン」というオプションを付けました。 パーフェクトスキャンの詳細は ・スキャンにはADF Auto Document Feeder というスキャナを使用しており、その構造上、硬いものはスキャンできないため、ハードカバーはスキャン対象外となります。 ・表紙、裏表紙は裁断後に実施されます。 ・帯や、葉書等はスキャン対象外のため、発送前に取り除きました。 4-1. スキャン範囲 スキャン範囲は本の装丁により異なるため、種類別にご説明します。 また、本の途中にあるA3以下の折込ページはスキャンして頂けました。 今回依頼した本の装丁は以下3種類です。 ・4-1-1. カバー無ソフトカバー ・4-1-2. カバー有ソフトカバー ・4-1-3. カバー有ハードカバー ・4-1-1. カバー無ソフトカバー 1. 表紙 2. の裏面 3. 本文 4. 裏表紙 表紙の反対側 5. の裏面 ・4-1-2. カバー有ソフトカバー 1. の裏面 3. カバー表紙側袖 4. の裏面 5. 表紙 6. の裏面 7. 本文 8. 裏表紙 表紙の反対側 9. の裏面 10. カバー裏表紙 11. の裏面 12. カバー裏表紙側袖 13. の裏面 ・4-1-3. カバー有ハードカバー 1. の裏面 3. カバー表紙側袖 4. の裏面 5. 本文 6. カバー裏表紙 7. の裏面 8. カバー裏表紙側袖 9. の裏面 4-2. スキャン画質 スキャンピー では一律300dpiでスキャンをしています。 スキャンデータの切り取り画像を下記に貼ります。 クリックまたはタップしていただくとオリジナル画像が表示されます。 縦線、横線 ADFの特性上、センサ上にゴミがつくと、スキャン画像上に縦線や横線が発生してしまいます。 また、線はモノクロページよりカラーページの方が目立ちます。 この線はADFの大きな弱点の一つだと思います。 「Bzウルトラクロニクル」より 今回の納品データでも上の画像のような縦線、横線は発生していました。 正確にカウントはしていませんが、カラーページでおよそ3〜5ページに1本程度の頻度。 ただし、数十ページに渡り、線が入っていない書籍もあるため、紙質や、使用したスキャナーの種類、メンテナンス状況等により、発生確率が変わるのだと思います。 参考:スキャンピー の使用スキャナは CANON DR-X10C FUJITSU fi-7180 FUJITSU ix500等 との表記があります。 4-4. カラー設定 基本的には、 ・カラースキャン対象 カラーページ 3色刷りページ 青インクや茶インク一色のページ ・白黒スキャン対象 白黒ページ に設定されているようです。 ただし、数冊ではありましたが、 ・数十ページに1ページ、カラーの挿絵がある小説 ・茶色っぽい紙質 週刊誌のような の本 ・日焼けで茶色っぽくなった本 が全ページカラースキャンされていました。 HP上、パーフェクトスキャンは、「1ページずつ目視し、白黒ページは白黒スキャン、カラーページはカラースキャン」と記述がありますが、実際は上記のような物もありました。 これはスキャナ機種やスキャン設定、作業者のばらつきによるものと推測します。 レビューは以上となります。 分かりにく記述や、他に欲しい情報等あれば、や等からご連絡いただけると幸いです。 また、スキャンピー のHPは下記となりますので、ご興味のある方は見られてはいかがでしょうか。

次の

紙の本を電子書籍化するために「スキャンピー」へ100冊送ってOCR加工依頼だ!│tetumemo

スキャンピー

アメリカのシーフードレストランで必ずといっていいほどあるのが、シュリンプスキャンピー(Shrimp Scampi)。 海老をレモンと白ワイン風味のガーリックバターで調理する人気の一品です。 そのまま前菜やメインの一品として出してもよし、パスタと一緒にからめてもよし。 ガーリック風味たっぷりで、白ワインとレモンで少し酸味をつけたバターソース、そしてもちろんプリプリの新鮮な海老。 パスタと合わないはずがないですよね〜。 パスタと言えばトマトベースのマリナラソースを好み、そしてシーフードにはあまり見向きもしないうちの子供達でさえ、シュリンプスキャンピーは大好き。 でも、海老はのけて食べてますが。。。 海老の旨味の出たこのバターたっぷりなソースに絡まったパスタが好きなんですね。 「スキャンピー大好き!」と言いながら、海老は減らない娘のプレート。 まあでも、アサリやムール貝などの貝類を同じようにバターと白ワインで調理したものも、みんなのお目当てはたっぷり出てくる旨味たっぷりのソースなんですよね〜。 パンをディップして食べるのが超美味しい!パンと言えば、このシュリンプスキャンピーもパスタなしでソースたっぷりの一品として出して、バゲットなどのパリッとしたパンをソースにディップするのもいいですよ。 アメリカでは、シーフードにガーリックバターに白ワインのソースというのはとても人気のお味です。 今日の海老は、コストコ(Costco)で週末になると海老や蟹なんかを量り売りしてくれるブースで購入。 かなりジャンボなこの海老は、新鮮で食べ応えたっぷり。 このサイズなら天ぷらか海老フライがいいな〜と思いながらも、スキャンピーにすることに。 思った通り旨味たっぷりソースに仕上がりました。 シュリンプスキャンピーもパスタにするならもう少し小ぶりの海老でもいいんですけどね。 このジャンボシュリンプ、殻はついたままでも、背わたは綺麗にナイフを入れて掃除済みでとても便利。 値段も1パウンド(450gほど)10ドルちょっとで悪くないですよ。 今日のパスタはスキャンピーとよく合わせられるリングイネ(linguini、こっちではリングィーニと発音)にしましたが、ソースが絡まりやすいロングパスタならスパゲッティーでもなんでも良く合うと思います。 旨味たっぷりのソースですが、パスタに吸い込みすぎてパスタがのびのびにならない前に、出来立ての熱々をすぐに召し上がれ〜。 作り方• 海老は尾を残して殻をはずし背わたを取り除いておく。 鍋にたっぷりの湯をわかし塩を入れ(分量外)パスタを茹でる。 (パスタと海老が同時に仕上がるようにタイミングを合わせて茹でる。 )パスタの茹で汁を1カップほど残しておく。 大きめのフライパンにオリーブ油、バター、にんにくを入れ中火にかけ、にんにくを焦がさないように炒める。 海老を入れて色が変わって火が通るまで両面を焼き、いったん皿に取り出す。 同じフライパンにレモン汁と白ワインを加え、2ー3分煮詰め、塩こしょうをする。 3の海老をフライパンに戻し、茹で上がったパスタとパセリを加え、全体を混ぜ合わす。 パスタがすぐにソースを吸収するので、必要であれば茹で汁を加えて水分を足す。 味をみて必要であれば塩こしょうを足し、皿に盛る。

次の

紙の本を電子書籍化するために「スキャンピー」へ100冊送ってOCR加工依頼だ!│tetumemo

スキャンピー

自炊サービスを選ぶポイントは? 毎日15分、強制的に時間をとって断捨離をしています。 もともと、「自分はモノは少ないほうだ」と思っていたので、だんだん捨てるモノがなくなってきています。 私の持ちものでもっともスペースをとり、もっとも大切なものは、、、本です。 そこで、今まで気にしたり、調査しつつも、試していなかった「本の自炊」代行サービスを利用することにしてみました。 サービスを選ぶために、ネットで検索。 いくつか目を通しましたが、それほど価格差はなく、サービスにも大きな違いがあるようにも思えませんでした。 ここにあまり時間をかけてもしかたがないので、直感で私が選んだのは、「スキャンピー」という自炊サービス。 決め手になったのは、 ・ネット上での評価が比較的高い ・オプションが多い(ように見える) ・東京都内に会社がある(送料を考えて近いほうがコストがかからない) ・比較的歴史が長い といったことくらい。 正直、あまり深く考えていません。 (それにしても、今回はじめて知ったのですが、自炊サービスの会社は、乱立したあとに、たくさん廃業しているのですね。。。 ) 今回は、試しに20冊で申し込みました。 「ちょっと少ないかな?」とも考えたのですが、はじめて申し込むので、テストの意味もあります。 いきなりたくさんやりすぎると、失敗したときのダメージが大きいですから、ここでもベビーステップの考えかたをとりました。 スキャンピーへの申し込み・手続き方法 手続きはネット上で完結します。 まずはこちらのサイトにアクセス。 画面の「ご注文はこちらから」をクリック。 ページが切り替わるので、まずは名前などの基本情報を入力していきます。 次に、それぞれのオプションを選択していきます。 端末による最適化やOCR処理の有無なども選択可能です。 最後に、同意にチェックをして、「送信」をクリック。 受付が完了すると、登録したメールアドレスに受付完了のメールが届きます。 まずはじめに1通、送信完了のメールがとどきます。 その後、先方が内容を確認したあとに、「作業登録が完了したので、こちらに本を送ってください」という2通目のメールが届きます。 最後に、電子化したい本をダンボール箱等に詰めて、スキャンピーさんに発送。 (本を詰めるダンボールがわが家にはなかったので、自宅最寄りのセブンイレブンで、顔なじみのオーナーさんに一箱いただきました・笑) 自宅近くのコンビニから発送して、送料は1,010円でした。 あとは、電子化されたファイルが届くのを待つこととなります。 自炊サービスをはじめて利用して得られた気づき 今回、はじめて自炊サービスを利用して、気づいたことがあります。 不思議なものですが、本を発送した時点で、「すでに、その本を手放した気持になった」ということです。 先日の記事で書いたように、「本のカバーだけ捨てると、本体も捨てられる」感覚ですね。 もちろん、データ化されれば、本の内容は手元に残ります。 「この本は、今後もとっておこう。 」と考える本だからこそ、お金をかけて電子化するのです。 ネットでは、「スキャンの品質が悪くて自炊はダメ」というネガティブな意見もありました。 そのため、大切な本が、読めなくなる可能性もあります。 しかし、そうなれば、もう一度買えば大丈夫なのですよね。 一方で、「いったん手放す」という行為をすると、なんとなく「もう戻ってこなくても仕方がないかな。 」という気持にもなります。 人間の心理って面白いです。 そのようなことを考えつつ、どのようなデータが上がってくるのか、楽しみにしています。 ただ、「電子化したら安心してしまって、ふたたび読むことはなかった、ということになるかもしれない。。。 」、そのような不安も感じる今日この頃ですが。 (笑) ということで、本棚を整理するための電子化、ご検討されてみてはいかがでしょうか。 参考にすればよかった!」と思いました。 検索したら、私のブログ師匠の井ノ上さんが、すでに2012年に記事にされていました。。。 井ノ上さんは、記事の中で、 ・Kindle Paper White ・Kindle Fire HD ・iPad など、それぞれの端末での見え方までレポートした記事になっていて、さすが読者目線のブログになっています。 それに比べて、私の本日の記事は、ただやりかたを文字にしただけだという感じですね。。。 ブロガー道は、精進が必要です。 1975年生まれ。 茨城県出身、東京都在住。 良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。 これまでサポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。 さらに詳しいプロフィールは 【当ブログの管理人】 ・良習慣プロフェッショナルコーチ ・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC) ・ビジネス書作家 ・早起きコンサルタント ・ブログ管理人 ・メルマガ発行者 ・セミナー講師 ・認定「習慣化の達人」 ・行動習慣ナビゲーター ・「習慣化の学校」サポートコンサルタント ・サポートコンサルタント ・トライアスリート ・100kmウルトラマラソンランナー ・会社員 など、複数の活動をしている複業家。 1975年生まれ。 茨城県出身、東京都在住。 良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。 サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

次の