み つぼ し フライト 2020 02。 ファンド詳細│投資信託│りそなアセットマネジメント

りそなアセットの投信「みつぼしフライト」、コロナ余波で初の繰り上げ償還へ

み つぼ し フライト 2020 02

2020年2月17日に設定・運用開始を予定しています。 同シリーズはこれまでの5本で、1,270億円超の資産残高となっています。 このみつぼしフライトシリーズのファンドは、以下3つのことを約束しているところが特長です。 大きな揺れを抑えながら安定したリターンを追求します 2. 「確保ライン」を設定し元本95%を確保します 3. 申込・換金手数料0円!信託報酬も応じ見直します 同社の年金運用で培った独自の運用手法を用いて、安定したリターンを目指し、コストもお客様本位の料金体系を目指すとのことです。 また、元本の95%を確保するという保証付きの投資信託としては、国内銀行初の商品です。 独自の運用手法とは、投資環境を定量的に分析し、「強気」と判断される場合には成長性重視資産の配分比率を上昇させ、「弱気」と判断される場合には安定性重視資産の配分比率を上昇させることにより、運用リスクをコントロールするというものです。 こうした投資環境の的確な把握は、同社がグローバル指標を用いて開発した、定量的な手法とのこと。 この定量的手法を用いた「リスクコントロール戦略」は、主に機関投資家向けに提供されており、その運用残高は2019年6月末時点で4,400億円以上にのぼるそうです。 みつぼしフライトシリーズは、単位型投信で購入・申込期間が限定されています。 このため、現在運用されているシリーズの購入はできません。 同シリーズでの運用を検討されている方は、新たなシリーズを購入する必要があります。 募集申込期間は2019年12月17日~2020年2月14日となっていますので、この期間内に購入する必要があります。 取扱販売会社は、ととなっています。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

投資信託

み つぼ し フライト 2020 02

最近の投稿• 最近のコメント• に haraguchi-n より• に KTB より• に 加藤耕一 より• に haraguchi-n より• に 加藤耕一 より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報• 人気記事ランキング• 7,508件のビュー• 6,090件のビュー• 3,624件のビュー• 2,324件のビュー• 1,894件のビュー• 1,878件のビュー• 1,680件のビュー• 1,634件のビュー• 1,609件のビュー• 1,251件のビュー スポンサーリンク.

次の

【投資信託】みつぼしフライトのメリット/デメリットを評価する ~たぬき先生とうさぴょんの楽々投資教室~

み つぼ し フライト 2020 02

最大下落率 期間 下落率 対象期間 1ヶ月 -- -- 3ヶ月 -- -- 6ヶ月 -- -- 1年 -- --  データ閲覧にあたっての留意点• 当資料は、りそなアセットマネジメント株式会社が設定・運用する投資信託に関連する情報および運用状況等についてお伝えすることを目的として、モーニングスター株式会社のサービスを利用して提供しているものであり、法令に基づく開示資料ではありません。 また、特定の有価証券等の勧誘を目的とするものではありません。 投資家のみなさまにご確認いただきたい事項• 投資信託は、国内外の株式・公社債などを投資対象にしますので、組入有価証券の価格の下落や、組入有価証券の発行体の財務状況の悪化等の影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。 また、為替レートの変動の影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。 したがって投資家のみなさまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割込むことがあります。 投資信託は、ご購入時等に各種手数料がかかります。 【例:申込手数料(申込代金の最大3. 300%)+信託報酬(総資産に対し最大年率1. 980%)+信託財産留保額(換金時の基準価額に最大0. 550%)+その他費用】• 上記手数料等の合計額についても、保有金額または保有期間等により異なるため、あらかじめ表示することはできません。 投資信託は、金融機関の預金等ではありません。 投資信託は、預金保険の対象ではありません。 投資信託は、クーリングオフ(金融商品取引法第37条の6の規定)の適用がありません。 投資信託の運用による損益は、投資信託を購入されたお客さまに帰属します。

次の