今 しばらく お待ち ください メール。 「今しばらく」の意味と使い方・例文・「もうしばらく」の違い

「今しばらく」と「少々」の違い 意味と使い方、英語表現について

今 しばらく お待ち ください メール

「今しばらくお待ちください」の「今しばらく」とはどのくらい待つのでしょうか。 似たような意味の言葉には「少々」「しばし」といった言葉もあり、それぞれの言葉によって待つ時間や期間が変わってきます。 「今しばらく」は「少しの間」を指すのですが、「少しの間」とはどれくらいの期間なのでしょうか。 「今しばらくお待ちください」と言われた時に「すごく長い時間待たされる」のか、それとも「ほんの少しの時間だけ待たされるのか」、イメージは人により、また状況により変わってくるかと思います。 そもそも待つ時間が5分と分かっていれば「5分程お待ちください」という言い方になるかと思います。 「今しばらくお待ちください」と言われている場合の「今しばらく」は、少なくとも具体的な時間や期間を示せないからこそ使われる期間と言えるかと思います。 相手に対しての気遣いの気持ちがあるなら、なるべく待たせないということ、また相手の予定もあるので分かる限り正確な待ち時間を伝えようと努力をするでしょう。 「今しばらくお待ちください」の期間はどのくらい?状況によります 「今しばらく」の期間は状況により変わってきます。 具体的に約何分、約何日という定義はありません。 「今しばらく」という言葉には相手への気遣いが示されています。 前提としては「今しばらくお待ちください」という言葉には「お待たせして申し訳ありませんができるだけ早く対応します」という意味合いも込められています。 そういった意味では「今しばらく」という言葉を使うにあたっては相手への気遣いがある前提になるので、相手方もその言葉に対して悪い印象は持たない言葉で、これはビジネスを円滑に進める言葉であると言えるでしょう。 とはいえ相手方と想像する意味や期間のイメージがずれてしまうと、ビジネスを円滑に進めるツールとしての「今しばらくお待ちください」という表現の活用が難しくなってしまいますので、それぞれのワードについてどのくらい待ってもらうのか、その期間とワードの使い方を見ていきましょう。 「今しばらく」と「少々」「しばし」「もうしばらく」の違い 「今しばらく」と意味はほぼ同じ 「今しばらく」「少々」「しばし」「もうしばらく」はどのくらいの期間を指す言葉なのでしょうか。 結論から言ってしまうとどの言葉もほどんど指す期間については変わらないということになります。 意味は同じ言葉になります。 ただし、状況によってどの言葉を使うかで、相手に与える期間の印象は変わってくる言葉になります。 もう少し詳しく説明をすると「今しばらく」「少々」「しばし」「もうしばらく」はそれぞれ使うシチュエーションによって5分程度を指す場合もありますし10分程度を指す場合もあります。 また長ければ数日、あるいは数ヶ月を指すこともあります。 どのくらいの期間になるのかは本当にケースバイケースなのです。 ただし「今しばらく」「少々」「しばし」「もうしばらく」にはそれぞれに含まれるニュアンスによって使い分けることで、具体的にどのくらいの時間を要するのかをはぐらかしつつ、相手の機嫌を損ねないようなコミュニケーションの取り方が可能になりますので、ひとつひとつのワードを見ていきましょう。 「少々」の意味と期間 「少々」待っていただき「しばし」待っていただいた、それでもまだ待っていただかなければならない場合、「今しばらく」お待ちいただくことになります。 しかしながらもっと待っていただかなければならない場合はこの「もうしばらく」を使うことになります。 もうここまで説明すれば、期間のイメージは湧きましたよね? つまり、「少々」<「しばし(しばらく)」<「今しばらく」<「もうしばらく」という順番で期間がどんどん長くなっていきます。 また、ここで言及すべきは最初に使う言葉は「少々」か「しばし(しばらく)」であり、その次に使う言葉が「今しばらく」もしくは「もうしばらく」になります。 「もうしばらく」という言葉を使う段階になると、ただどの言葉を使うかを考えるだけでなく、相手方に対しての気遣いもして、しっかりとアフターケアをしなければなりません。 敬語全般に言えることですが、敬語にはそれに相応する気遣いの言葉や行動が必要になるのです。 「今しばらくお待ちください」は正しい敬語? 「今しばらくお待ちください」は正しい敬語です 期間や使い方の注意点は上述していますので、ここからは例文を見ながら使い方をマスターしていきましょう。 敬語を使いこなすポイントは前後の文脈にも誠意を込めることになります。 そういった使い方を文例にしていきます。 ・ご提出が遅くなりまして申し訳ございません。 今しばらくお待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・〇〇のご訪問が遅れており大変申し訳ございません。 ただ今赤坂を通過したと連絡を受けております。 今しばらくお待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・回答が遅れており申し訳ございません。 明日までに回答致しますので、今しばらくお待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・〇〇はただ今席に戻るかと思われます。 申し訳ありませんが、今しばらくお待ちいただけますでしょうか。 ・〇〇からのメールがまだ届いていなのですね。 大変申し訳ありませんが〇〇へ催促いたしますので、今しばらくお待ちいただけますでしょうか。 ・書類が届いていないとのことですね。 お待たせして申し訳ありません。 確認致しますので、今しばらくお待ちいただけますでしょうか。 折り返し担当からご連絡をさせていただきます。 「今しばらく」を使うシチュエーションとしては、指定した期限を過ぎている場合になります。 そのため、謝罪と今後の対応や再度期限の設定をした上で「今しばらく」という言葉を添える必要があります。 次のアクションに移せる目途が立っている場合は少々を使います。 ・担当よりすでに送信をさせていただいているのですがファイルが重いため、メールの到着が遅れているものと存じます。 少々お待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・すでに青山には到着していると連絡を受けておりますので、そろそろ到着するものと思われます。 少々お待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・確認しましたところ、レターパックは本日到着予定になっております。 配送中かと思われますので少々お待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・資料は概ね完成しているのですが、修正にお時間をいただいているところでございます。 しばしお待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・〇〇は今週中海外出張になりますので、来週月曜に戻り次第対応をさせていただきますので、しばしお待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・郵送物は本日お送りいたしますので、来週の頭には届くかと思われます。 しばしお待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・〇〇は今、訪問先から帰社しているとことでございます。 しばしこちらの方でお待ちいただけますでしょうか。 15分から20分程度で戻るかと思われます。 ・大変失礼致しました。 ただ今オーダーのお品は調理中でございますので、しばしお待ちいただけますでしょうか。 あと10分程度でお出しできるかと思います。 ・お荷物が今、別の支店に届いてしまっているようです。 こちらの支店に届きましたらご連絡いたしますので、しばしお待ちいただけますでしょうか。 遅くても明後日にはお受け取りいただけるかと思います。 ・先週一杯お時間をいただいたにもかかわらず、まだ部品が届かずに修理に着手できていない状況です。 もうしばらくお待ちいただけますでしょうか。 修理が完了しましたら、こちらからご連絡をさせていただきます。 「今しばらく」の類語を使い分けてビジネスを有利に進めよう 「今しばらく」「少々」「しばし」「もうしばらく」の使い分けについてはもうマスターされたと思います。 文例の使い方も踏まえて、ワンランク上のステージで活躍できるように、こういった微妙なニュアンスの敬語をしっかり使いこなしていきましょう。

次の

少々お待ちくださいの英語|ビジネスメール・接客・電話での丁寧な9例文

今 しばらく お待ち ください メール

「今しばらく」の使い方・例文 どれくらいかかるか不明瞭でも、相手に待ってもらいたいときに「今しばらく」を使用するケースは多々あります。 予測できないことに対して本当に使ってもいいのか迷っている人のために 「今しばらく」の使い方を例文でご紹介します。 ビジネスシーンで使う「今しばらく」の期間は? 「今しばらく」は時間・期間を断定していない曖昧な表現です。 とはいえ、ビジネスシーンに限らずとも相手を待たせることは失礼な行為にあたります。 ビジネスシーンで「今しばらく」を使うのは、対面、電話、メールの主に3つ。 順番になりましたらお呼びしますので、 今しばらくこちらでお待ちください。 相手を待たせていることを踏まえたうえで、短期間だと予測できる場合に使うのが適切です。 定型文のように「今しばらく」ばかりを使ってしまうと、待たせてしまったときの相手に与える不快感が大きくなるので気をつけましょう。 時間がかかりそうなときは「少々お時間がかかります」と、ある程度の時間がかかる旨を伝えます。 商品が届き次第お伝えいたしますので、 今しばらくお待ちください。 相手によっては不快感を感じることも起こり得るので、言葉の前後に「大変申し訳ありません」や「お待たせして申し訳ありません」といったワンクッションをいれておくと、相手に与える印象も和らぎます。 「今しばらく」の類語との違い ビジネスシーンでは「今しばらく」のように断定はしない曖昧な表現がよく使われています。 これらの 類語と「今しばらく」との違いをチェックしましょう。 現在確認を急いでおります。 恐れ入りますが、もうしばらくの間だけお待ちください。 「今しばらく」と「もうしばらく」を使ったケースで比較します。 例文1と2ではどちらのほうが待たせる表現に見えるでしょうか?例文2は待たせている切迫した状況に感じられますね。 「今しばらく」より相手を待たせてしまう場合に「もうしばらく」を使用します。 「今しばらく」と「少々」の違い 今度は「今しばらく」と「少々」の違いについてです。 実際に日常会話でもよく使われ、料理のときの分量の目安でも「〇〇少々」と使用されている表現です。 ・When is your turn, we will call you so please wait for a while. ・I will change to the person who knows so I apologize for the inconvenience but please wait for a while. 「今しばらく」を正しく使いこなそう 準備や確認に時間をかける場合、重要なのはいかに相手を待たせないか。 仮に待たせてしまう場合は言葉を選び、取引先や上司に対して失礼のないようにすることが大切です。 応対機会が多いビジネスシーンでこそ「今しばらく」を正しく使いこなしましょう。

次の

英語で「ちょっとお待ちください」や「少々お時間いただきます」はメールでどう書く?

今 しばらく お待ち ください メール

おはようございます。 生徒のみなさん、ご家族の皆様、お元気にお過ごしでしょうか。 不要不急の外出を自粛する、GWが終わりました。 ご存知の通り、6日に期限を迎えた 緊急事態宣言について、政府は5月4日、対象地域を全国としたまま、今月末の5月31日まで延長することを決定しました。 そして、その 延長を受け、小池百合子都知事が5日、東京都庁にて対策本部会議を開き、都の対応について発言し、 都立学校に関しても5月31日まで引き続き、臨時休校を継続することを表明しました。 足立区もその対応に準じていくことになります。 現時点で、はっきりしていることは、5月11日以降に予定していた「分散登校による授業スタート」は今しばらく見合わせとなるということです。 いつまで、それが継続されるか期間は、区の方で検討中で、今のところ未定です。 しかし、 分散型による、「個別登校」を実施する方向です。 (5月11、12日を予定) 今しばらく、詳細の情報発信につきましてはお待ちください。 また、学年によっては、 11、12日で課題の提出を要請しますので、課題が進んでいない人は、もうひと踏ん張り、がんばりましょう。 111• 105•

次の