虫除け スプレー 使用 期限。 オーガニック虫よけスプレー(期限切れ)はまだ使える?

デング熱で虫除けスプレーが売り切れ。効果時間、使用期限、deet?

虫除け スプレー 使用 期限

実験!期限切れ熊よけスプレーは使えるのか? ほとんどの熊よけスプレーの有効期限は3~5年程度です。 有効期限が切れた熊よけスプレーについては、中身の成分に問題がなくても、ガス圧が下がってしまうことで噴射距離が短くなり、実質使用不可能になると言われています。 では、何年経過したらどのくらい噴射距離が短くなるのでしょうか? 今回は製造から約8年(期限が切れてから約4年)経過した「カウンターアソールトストロンガーCA290」の噴射テストを行い、噴射距離と人体への影響について検証します。 驚愕の実験経過~涙と咳と鼻水と・・ 使用した熊よけスプレー 使用したのは、カウンターアソールトストロンガーCA290です。 主要スペックは以下のとおりです。 内容量 290g• 噴射距離 10.5m• 噴射時間 9.2秒• スコビル値(刺激度) 約32万SHU• 有効期限 4年• 価格 13000円程度 底に有効期限が表示されていて、「2014年12月まで」であることがわかります。 製造年月については、表示がありません。 このスプレーを購入したのは2011年7月ですが、有効期限が4年であることを考えると、製造年月は「2010年12月ころ」と思われます。 実験を行ったのは2018年8月なので、このスプレーは製造から「7年8カ月」、期限が切れてから「3年8カ月」経過していることがわかります。 熊よけスプレーは保管状況の良し悪しが経年劣化に影響すると言われています。 このスプレーの保管状況ですが、普段は常温の部屋に保管しており、購入から7年間で70回ほど登山に携帯し、噴射は一度もしていません。 事前準備と注意事項 熊よけスプレーを人間が浴びた場合、一時的ですが、激しい目の痛み、咳き込み、鼻水などで歩行が困難になり、思考も低下します。 大量に浴びた場合や、粘膜の弱い人は、治療や入院が必要になることがあります。 熊よけスプレーはトウガラシを主成分としていて、対人用催涙スプレーにも同じ成分が使用されます。 しかし、対人用催涙スプレーはスコビル値(刺激度)が多くても18万SHU程度で、カウンターアソールトにあっては32万SHUもあり、グリズリー、北極熊、象、バッファローなどにも効果があるほど強烈なスプレーです。 実験場所は屋内などの閉所で行うと、スプレーの成分がいつまでも残留し、効果が過剰になりますので、必ず屋外で行い、 郊外や山林など、一般の通行人が来ない場所を選びます。 通行人がいた場合、風向きによっては通行人に被害が出る可能性がありますし、実験者が悶絶しているところを目撃されると事件や事故と間違われる可能性もあります。 今回は、郊外にある山林の空き地を利用し、万一、人が来ないよう、雨が降りそうな日の早朝に行うことにしました。 また、噴射距離が確認しやすいよう、風が無風の日を選びました。 実験前にバケツにたっぷりの水を用意し、目が見えずらくなっても実験者がバケツまでたどり着けるよう、実験者のすぐ近くにバケツを置きます。 撮影後に画像から噴射距離がわかるよう、あらかじめ背景の支柱の間隔の長さを測っておきます。 支柱と距離 支柱の幅を測ったところ、1.5mの等間隔であることがわかりましたので、この支柱を噴射距離の測定に利用することにしました。 噴射前に本体の重量を計測したところ、「380g」でした。 噴射後に再度本体の重量を計り、何グラム消費したのかを確認することとします。 噴射実験の段取りですが、無風であることと、通行人がいないことを確認した後、実験者(筆者)が約1秒間スプレーを噴射します。 噴射後、スプレーの飛沫が消失してしまう前に、実験者が飛沫の中に突入し、人体に対する影響を確認します。 実験時の天気は、くもり、無風、気温24度でした。 周到な準備と知識がないまま、このような実験を行うのは極めて危険ですので、くれぐれも安易に行わないようにして下さい。 実射試験の結果 撮影は毎秒7コマの連射で撮影しましたので、連続画像を掲載します。 画像後半は、実験者がスプレーの飛沫の中に突入した場面です。 1秒以上噴射した場合、若干距離が伸びるのではないかと思われますが、スペックにある10.5mには到底及ばないと考えられます。 新品のスプレーを同じ条件で噴射して比較しなければ正確なことは言えませんが、4.5m付近までしか到達しなかった原因については、経年劣化でガス圧が低下したためと思われます。 噴射後、スプレーの重量を計ったところ、「318g」でしたので、約1秒間の噴射で「62g」消費したことになります。 スプレーの内容量は「290g」です。 仮に毎秒62gで全量消費したとすると、噴射時間は「4.7秒」程度ということになります。 実際には噴射しながらガス圧も下がっていきますので、噴射時間はこれより伸びるはずです。 (スペックでは「9.2秒」です) 人体への影響~スプレーを浴びた人はどうなるのか 突入後の人体への影響については以下のとおりです。 突入~5分後• 冷水で何度も顔を洗う。 目および顔面の激しい痛みと焼けるような熱さ、涙、鼻水、喉の痛み、咳き込みで歩行困難。 突入15分後• 喉の痛みと咳き込み止まる。 目および顔面の激しい痛みと焼けるような熱さはやや消退、歩行可能。 突入25分後• 浴室でシャワーを浴びる。 目の痛みと熱さはほぼなくなるが、顔面の痛みと熱さは継続。 鼻水は止まらない。 突入40分後• 顔面の痛みと熱さはほぼなくなる。 くしゃみと鼻水はまだ残るが日常生活に支障がないレベル。 突入50分後• 鼻うがいを行う。 くしゃみと鼻水が止まる。 この実験で1番つらかった症状は、目の痛みです。 始めの5分は、その場に座り込むしか出来なくなります。 熊よけスプレーは目の粘膜への影響が甚大であることがわかります。 本番で使用する場合は、絶対に自分や仲間にスプレーの飛沫がかからないよう風向きに十分注意しなければなりません。 スプレーを目に浴びてしまった場合、熊から逃げることはできなくなります。 充血した目の粘膜(突入25分後) まとめ~カウンターアソールトストロンガーは期限切れ後も使用できる 今回の実験で、製造から約8年経過したカウンターアソールトストロンガーの噴射距離は約4.5mでした。 熊よけスプレーの使用法については、熊が約5mに接近した時に熊の顔面に向けて全量噴射するのが基本的な使い方です。 約4.5m噴射できましたので使用できなくもありませんが、横風がある場合、更に噴射距離は落ちますし、これ以上ガス圧が下がってしまうと実戦での使用は困難と思われます。 刺激成分の劣化の有無については、実際に熊にスプレーしてみなければ、何とも言えないところです。 スプレー本体にある説明書によれば、「45分経過しても痛みがとれない場合は専門医に相談して下さい」とあります。 言いかえれば、45分以内で回復できるのかが、ひとつの見極めということになります。 今回の実験では、スプレーを浴びてから40分後には目の痛みがなくなっていますので、ほぼ説明書の想定どおりであることがわかります。 このことについては、刺激成分が極端に劣化していないと判断する材料のひとつになると思います。 以上の実験結果から、製造から約8年経過したカウンターアソールトストロンガーは、ぎりぎり実用レベルだと筆者は判断しました。 筆者は以前、購入から10年経過した「ガードアラスカ」(有効期限3年)の噴射実験をしましたが、目測で約4~5mは飛びました。 これらのことと、今回の実験結果から判断すると、熊よけスプレーは有効期限が切れても使用できる場合が多いと考えられます。 熊よけスプレーの有効期限は各社で異なりますが、概ね3年~5年です。 自己判断になりますが、実際には5年~最大で10年程度は使用できるのではないかと思われます。 経年劣化でガス圧が下がってしまうことを考えると、なるべく噴射距離の長い商品の方が有効期限が切れても必要な噴射距離が確保できている可能性は高くなるでしょう。 そういう意味では、噴射距離が最長と言われている、カウンターアソールトストロンガーは値段は割高ですが、5年~10年使用できればランニングコスト的には安く上がると言えそうです。 なお、古くなった熊よけスプレーは、パッキンの劣化や缶の腐食などで液漏れなどが発生する場合もありますので注意が必要です。 熊よけスプレーは実戦でほとんど使われることはありませんが、いざという時には確実に噴射できなければなりません。 価格が高いということもあり、3~5年の買い替えはもったいないと考えている登山者も多いと思います。 買い替え時期などについては、この実験結果を参考に判断していただければと思います。 ヒグマ・動物・虫に関連する記事•

次の

実験!期限切れ熊よけスプレーは使えるのか?

虫除け スプレー 使用 期限

失敗しないクマよけスプレーの選び方 秋と雪解けシーズンは毎年のようにクマの目撃ニュースが多く報じられます。 登山や山菜取りで山に入る場合は、クマとの接触に備えることが必要です。 今回は、クマに襲われそうになった場合、現在一番有効な対処法とされている「クマよけスプレー」の選び方と使用方法について説明します。 熊に遭わないようにする。 出会ったら背を向けて逃げない 北海道にはヒグマ、本州にはツキノワグマが生息しています。 成獣の体格はヒグマの方がツキノワグマの2倍程度大きいですが、習性や食性、走る早さなどはほぼ同じと考えられています。 従って、ヒグマやツキノワグマに遭遇した場合の対処はどちらも同じ方法をとることになります。 まずは、クマに遭わないようにしなければいけません。 まったく警戒心を持たないで山に入る人と、クマの存在に気をつけている人では大きな差があります。 過度に警戒する必要はありませんが、誰にでもわかるような真新しいクマの痕跡を見つけたら、登山や山菜取りを中止するなどして、クマとの接触を避けるようにします。 山菜取りなどに夢中になっていると、クマが残した、糞、足跡、木の幹の爪痕、獣の臭いなどに気づけないことがあります。 子熊の存在にも気をつけます。 子熊の近くには必ず母熊がいるからです。 いくらクマの痕跡に気をつけていても、出会い頭に遭遇することもあります。 万一、クマに出会ってしまったら、絶対に背を向けて逃げてはいけません。 クマは背を向けて逃げるものを襲う習性があります。 クマの目を見てじっと動かずにいれば、クマの方から立ち去ってくれるケースが比較的多いと言います。 クマが立ち去らずに接近してきたら、持っている帽子や釣り竿など、何でも良いから物を投げるとクマはその物に興味を示すので、その隙に距離を取る、これを繰り返しながら逃げ切る方法もあります。 それでも、接近してきて襲われそうになったら、最終的にはナタなどの武器で格闘する(比較的生還率はあります)覚悟を決めなければなりませんが、現在では「クマよけスプレー」を噴射して撃退する方法が有効ですので、ナタは最後の最後ということになります。 クマよけスプレーの効果 販売されているクマよけスプレーのほとんどは、北米のグリズリーに対して効果のあるものなので、当初はヒグマやツキノワグマへの効果については懐疑的な部分もありましたが、登別クマ牧場での実験や、ヒグマ研究家やツキノワグマの研究家による野生のヒグマ、ツキノワグマへの使用例では忌避効果が報告されております。 現在のところ、クマに接触して襲われそうになった場合の一番有効な手段だと言えます。 ナタで鼻付近を集中的に叩いたり、切りつける方法で生還した例も複数ありますが、死亡例もあります。 今のところ、クマよけスプレーの使用例は少ないですが、使用したけど襲われたという報告例もありません。 ナタで格闘するのは最後の手段として、その前にクマよけスプレーで撃退するのが現実的です。 このほかに、効果がやや弱く、ツキノワグマにしか効かないとされている「ポリスマグナム」というクマよけスプレーもあります。 いずれもトウガラシを成分とするスプレーで、噴射距離、噴射時間がそれぞれ違います。 また、有効期限は3年程度ですので購入時はよく確認して、間違って古いものを買わされないよう気をつけます。 クマの顔面めがけて引き金を押す スプレーは大きく広がらず、直進性があります。 クマの顔面に正確にヒットさせる必要がありますので、約5mくらいまでクマを引きつけてからよく狙って一気に全量をスプレーします。 クマが風上にいる時には、スプレーが自分に返ってきて自分の目がやられてしまいますので要注意です。 また、横風が強い時やヤブの中では、噴射距離の短いスプレーでは5mも届かないことが考えられます。 使用に際しては、これらのことを十分考慮し、普段からイメージトレーニングしておく必要があります。 カウンターアソールト カウンターアソールトは現在市販されているクマよけスプレーの中では噴射距離、噴射時間、刺激度ともに最高クラスと言われているスプレーです。 カウンターアソールトには「カウンターアソールト」と「カウンターアソールト ストロンガー」があります。 (筆者は現在、ストロンガーを使用しています。 ) ストロンガーの方が噴射距離、噴射時間が長くなっています。 専用ホルダーは、ふたがバックル式になっているものと、マジックテープ式のものがあります。 バックル式のホルダーは 非常にしっかり作られており、藪こぎをしてもホルダーのふたが外れて誤射するようなことはなく、登山向きと言えます。 カウンターアソールトストロンガーとバックル式ホルダー• 内容量 230g(ストロンガー290g)• 噴射距離 9m(ストロンガー10.5m)• 噴射時間 7.2秒(ストロンガー9.2秒)• スコビル値(刺激度) 約32万SHU• 有効期限 4年• 価格 10000円程度(ストロンガー13000円程度)• 内容量 255g• 噴射距離 5~8m• 噴射時間 5~7秒• スコビル値(刺激度) 約20万SHU• 有効期限 3年• 価格 10000円程度• スコビル値(刺激度)は公表されていませんので、他社のスプレーと性能を比較できないのが残念ですが 、値段はお手ごろです。 内容量 220g• 噴射距離 5~8m• 噴射時間 5~7秒• スコビル値(刺激度) -• 有効期限 3~4年• 専用ホルダーは引き金部が覆われていませんので、藪こぎなどを する場合には、誤射に気をつける必要があるでしょう。 内容量 260g• 噴射距離 9m• 噴射時間 -• スコビル値(刺激度) 約30万SHU• 有効期限 5年• 名前は強そうですが、他社のクマよけスプレーより刺激度が弱いため、ツキノワグマ用として販売されています。 ヒグマに対しては、効果が弱いとされていますので注意が必要です。 水性なので効果の持続時間は油性より劣ります。 内容量 250g• 噴射距離 5~9m• 噴射時間 8秒• スコビル値(刺激度) 約18万1千SHU• 有効期限 3年以上• これは、中身の成分はほどんど変質しませんが、ガス圧が下がり噴射距離が落ちるなどが考えられるために、有効期限を短めに表示していると言われています。 保存状態がよければ、10年経っても使用可能とも言われています。 筆者は購入から10年(その間、月1回以上は登山に携行)を経過した「ガードアラスカ」の自宅の前でテストしてみました。 テストの結果、噴射距離は目測で4~5m程度で、スプレーには直進性があり、赤い帯状の成分がまっすぐに噴射されました。 10年経ってもガスはほどんど抜けていないということです。 そして、噴射した赤い帯状の成分が散ってしまう前に、目を開けてその中に顔を突っ込んでみましたが、途端に目の痛み、涙、鼻水で視界が奪われ、家の玄関までやっとの思いでたどりつくほどでした。 10年経っても、見てわかるほどの成分の劣化はないようです。 おそらくクマに対しても使用可能ではないかと推測します。 個人的には3~5年で買い替えは少々もったいないと考えます。 5年程度で買い替えるのが安全圏だと思いますが、筆者は5年を超えたらテストをして噴射距離を確認し、大丈夫なら10年目で買い替えを行っています。 (期限切れカウンターアソールトの噴射実験をしました。 詳しくは「 」を読んでみて下さい。 ) ヒグマ用のクマよけスプレーをツキノワグマに使用してはいけないのか? ヒグマに効果のあるクマよけスプレーはツキノワグマにも十分な効果があります。 一部に、ヒグマ用のクマよけスプレーはヒグマ(成獣の体長200~230cm、体重150~250kg)より体格の小さいツキノワグマ(成獣の体長110~150cm、体重80~120kg)に使用した場合、効果が強すぎるので、動物愛護や環境保護の観点から使用してはいけないとする意見があります。 北海道で実際に発生したヒグマによる死亡事故について言えば、加害グマは、2,3歳のいわゆる「若グマ」の割合が多く、登山や釣り山菜取りなど、狩猟中以外に発生した死亡事故の約7割は「若グマ」によるものです。 2、3歳の若グマの平均体格についてですが、体長158~165cm、体重90~120kgですので、大きめのツキノワグマとほぼ同じということになります。 ヒグマ用のスプレーが、ツキノワグマには効果が強すぎて動物虐待になるのなら、2,3歳のヒグマにも効果が強すぎると考えるのが妥当です。 成獣のヒグマとツキノワグマの体格の差を理由に、スプレーを使い分けなければならないとすれば、ヒグマに対しては、ヒグマ用(カウンターアソールトなど)とツキノワグマ用(ポリスマグナム)の2本を携帯し、成獣にはカウンターアソールト、若グマにはポリスマグナムと、咄嗟に使い分けなければならないということになり、あまり現実的とは言えません。 クマによる死亡事故については、1980年~2006年の27年間で、ツキノワグマによるものが22名、ヒグマによるものが6名となっています。 生息域の面積を考えると、ヒグマもツキノワグマも事故の発生頻度は大きく変わらないと言えますが、発生件数だけで見るとツキノワグマの事故の方がはるかに多いことがわかります。 対象がヒグマであれ、ツキノワグマであれ、仲間や自分が殺されそうになった場合、より確実性の高い方法をとることになります。 確実性ということでいうと、カウンターアソールトについては、国内で研究者により実際に使用され、ヒグマやツキノワグマに忌避効果があったことが確認されていますが、その他のスプレーについては、効果があるのだろうということまでしか言えません。 動物愛護は大切ですが、死亡事故を防ぐことはもっと大切です。 環境省自然環境局が出している、「クマ類出没対応マニュアル」にはクマよけスプレーはクマ類(ヒグマ、ツキノワグマ)に対して実績と効果が認められているとしたうえで、クマよけスプレーの例として「カウンターアソールト」を紹介していますが、クマよけスプレーの使用が、動物愛護や環境保護に悪影響があるなどの記載は一切ありません。 ヒグマやツキノワグマに対する、各スプレーの使用が動物虐待に当たるのかどうかについては、十分な研究とデータが示された後に検討すべき問題なのだと思います。 切羽詰まった状況で、身を守るために適切にクマよけスプレーを使用する分においては、現在のところ、どのスプレーを使用しても理解されると言ったところでしょう。 まとめ ヒグマやツキノワグマは時速40~50kmで走ることができると言われています。 クマの運動能力を考えると、約5mでスプレーを噴射するというのはかなりの恐怖がありますが、失敗は許されず、確実性が必要です。 確実にスプレーをヒットさせるには、練習はもちろんのこと、噴射距離、噴射時間の長いものがより有利だと言えます。 横風が吹いている場合やヤブの中では、カタログスペックにある噴射距離より短くなることを考えればなりません。 クマよけスプレーはザックにしまっておいても役に立ちませんので、専用ホルダーの使いやすさも選ぶポイントになります。 (専用ホルダーについて詳しくは「」を読んでみて下さい) 予算、噴射距離、噴射時間、専用ホルダーの形状などを見て、自分が出かけるフィールドに見合ったものを選びましょう。 ヒグマ・動物・虫に関連する記事•

次の

オーガニック100%虫除けスプレー 、子供も安心タレジュ・アウトドア

虫除け スプレー 使用 期限

リンク これ以外にあった方が良いもの 材料を計量するための容器(例えば、ビーカーやスポイト、シリンジなど)などがあると便利です。 私の場合は20mlのシリンダを使ってます! 虫除けスプレーの作り方 1 無水エタノール10ml に ハッカ油を20滴~40滴をたらして良く混ぜる。 ・無水エタノールはハッカ油を水に溶けやすくするためのものです。 ハッカ油と無水エタノールとを必ず先に混ぜ合わせてください。 ( なお、下の写真の容器は、「ポタポタポタポタッ…」っとハッカ油が勢いよく垂れるので、何滴たらしたか分からなくなる場合があります! ハッカ油を垂らす際には注意してください) ・また、私は無水エタノールの代わりに 消毒用エタノールを代用しましたが、 問題なくハッカ油と混ざりました! (無水エタノールと消毒用エタノールとの違いは、エタノールの濃度らしいです。 ・なお、 作った直後は白く濁っていますが、しばらくすると下の写真のように透明になります。 容器の材質について ハッカ油はポリスチレン PS を溶かしてしまいますので、これ以外の材質の容器を選びましょう。 具体的には、以下の材質の容器であれば問題ありません。 ・ゴキブリ ・蚊 ・ブユ(ハエ目ブユ科) ・コバエ ・ダニ ・アリ 虫除けスプレーの使い方・効果・持続時間 ・顔以外の全身に使えました! 確かに低刺激でした! 私は腕だけ直接肌に吹きかけ、他の部分は服の上から吹きかけましたが、肌荒れはありませんでした!(顔には吹きかけていません) ・使用感としては、肌に吹きかけたところは スーっと涼しく感じて気持ち良いです! 使うと爽やかなハッカの匂いがするのもGoodです。 ・虫除けスプレーを使った直後は、目に見えて虫が寄ってきません! ハイキングに行ったときに使用しましたが、虫除け効果を実感できました! 山であれほどしつこく追って来てた ブユや アブなどが、寄ってこなくなりました! 但し、1時間もすると匂いがしなくなってきて、効果も薄くなってきます。 おそらく、ハッカ油が時間とともに揮発していって、虫除け効果が減ってきたのだと考えられます。 なお、 汗をかいて虫除けスプレーが流れしまう場合は、虫除けスプレーの持続時間がさらに短くなると考えられます。 使用する際は、ハッカの匂いがなくなる前に、こまめに虫除けスプレーを吹きかけるのが良いと思われます。 ・ハッカ油スプレーを数日置いておくと、ハッカ油が分離してきます! ハッカ油が分離している場合は、使用する前に良く振ってから使用しましょう! 屋外以外(屋内)での虫除けスプレーの使い方 1 カーペットや畳 カーペットや畳に、ハッカ油スプレーをシュっと吹きかけておくことで、 ダニが増えるのを防いでくれます! 2 キッチン周りやゴミ袋の中 キッチン周りやゴミ袋の中に、ハッカ油スプレーをシュっと吹きかけておくことで、 ゴキブリやコバエが寄ってくるのを抑えてくれます! 3 窓周辺やカーテン、網戸 窓周辺や網戸にスプレーしておけば、 蚊やコバエが部屋の中に侵入してくるのを防いでくれます! 網戸の材質がポリスチレン PS の場合、ハッカ油スプレーによって網戸が溶けるおそれがあるため、網戸の材質は要確認してください! 4 靴の中や靴下 靴の中や靴下にスプレーすることで、 抗菌効果や 消臭効果も期待できます! なお、ハッカ油の匂いがカーテンなどに染み付くことを心配されるかもしれませんが、ハッカ油は時間の経過とともに揮発していき、匂いもしなくなります。 屋内で使用する際の注意点 とても有用なハッカ油ですが、ペットを飼っている場合は注意してください! 特に、 猫や フェレット、小鳥などを飼っている場合は、ハッカ油を使用しない方が良いと思われます。 完全な肉食動物である猫(ネコ科の動物)等は、植物性のエッセンシャルオイル(精油)を遺伝的に上手く代謝・分解できません。 そのため、中毒症状を起こすことがあります。 これ以外のペットを飼っている方も、ハッカ油のようなエッセンシャルオイル(精油)を使用する際には、自分のペットにとって危険性がないかどうかを確認してから使用ください! ハッカ油 虫除けスプレーの保存期限(使用期限) 保存期間(使用期限)は、作ってから約1週間から10日くらいだと思います。 それ以上になると、 ハッカ油の匂いが薄くなってきますし、少し臭ってきます(菌が繁殖していたのでしょうか…)。 上述したようにハッカ油の匂いが薄くなると、虫除け効果が無くなってくるので作って1週間くらいまでに使い切ってしまうのが良いと思われます。 最後に 簡単に作れるハッカ油の虫除けスプレーですが、屋外での虫除け以外にも、かなり万能に使えます! 今は、ハイキングとかに外出する前に作ったり、網戸とかに毎日かけたりしてます。

次の