的確 な アドバイス。 的確と適確の違いとは?適格の意味や使い分けも解説

的確なアドバイスをするコツはこの3パターン

的確 な アドバイス

はじめまして。 色々な経験を乗り越えてきたからだと思いますよ? 特に、人間関係で学んだ人は、その人の心理を会話しているときに感じることが早いです。 基本は共感力が無ければ、いくら的確なアドバイスだとしても、素直に聞き入れられないこともありますので、あなたの自分のことのように感じる心は大事なことですよ。 相談相手の心理状態や状況によっても、解決策なのか共感なのか優しさなのかと求めている度合いも察知して、違った方向性も示し、乗り越えるのは本人しかできないと相手が感じてくれればなによりですよね。 そのためにも、ブレない軸が自分にないと、力になれないかもしれませんね。 あなたが感じる共感力をベースに色々な悩みを聞くことで、あなた自身も成長していけると思いますよ。 内容によっては、聞いてあげることしかできないこともありますが、吐き出すことで前向きになれることもありますから、あなたの共感力で救われた人もいたと思います。 最後は本人しか解決できないことを念頭に、あなたらしさで対応すればいいのではないでしょうか。 とてもいい心がけだと思います。 (健全な)人間は本能的に「人の役に立ちたい」と感じながら生きています。 その個としてのささやかな思いが社会を運転する原動力になっているのです。 (エラそうですみません。 ) その感情の発露の場を提供しているのがこのサイトの由来だとも思います。 「どうしたらいいアドバイスが出来るか?」 自分が得意な分野があると思います。 言ってみればこのサイトのカテゴリーでどのカテゴリーなら自分が他の人より得意かを考えてみればいいし、何か公的な資格を持っているならそのカテゴリーで回答するようにすればよいと思います。 それと恋愛などを含め似た体験をしていたら、自分の体験談を披露してあげたらいいと思います。 個人的には伝聞や憶測を語られるより、どんな些細なことでも体験談は貴重な情報と感じます。 逆に自分の不得手の分野は、謙虚にアドバイスを求めるようにします。 アドバイスを的確に出来る人は人生経験からプラスに変える方法を知っています。 ご自分でも悩んだり、本からドラマから、映画から多くの作品からでも前向きになる方法を読み取っています。 だから、自分が経験していないことでも同じような状況を思い出して伝えて居るのだと思います。 基本的に前向きに行こうと考える事なんです。 過去の事をひっくり返しても何も無いですから。 むしろ、状況を理解して、そこからプラスになる方法を考えます。 物が壊れた。 ここで終わり。 でも、壊れた。 壊れた部品を戻してみよう。 パズルみたいだね。 別物に変えて見ようか。 使い方を変えてみようか。 と考えて行きます。 モザイク作品にしてしまえば、それはそれで完成品です。 それと、人の悩みも他人から見れば大したことが無い事も多いです。 そうなると冷静に考えてアドバイスも出来る事もあります。 私も相談されると自分の事のようになることもありますが、もう一人の自分を持っています。 その自分が冷静に観察しアドバイスするという感じも多いです。 悩み解消は人それぞれだと思います。 自分が困ったとき助かったことがあれば、同じ悩みで相談されたら、同じように返してあげて下さい。 それでも助ける力になりますから。 知識を増やすこと、国語力を伸ばすこと 人間関係の距離感を縮めず他人距離を意識できることでは? 当人が欲しがっているであろう言葉と 問題解決のために必要なことは全然別。 あなたはどっちを指して「的確なアドバイス」と言ってる? 文脈からして前者のようですが。 前者は比較的簡単。 など、悩みは千差万別のようでいて実はパターンはそれほど無い。 これにも向き不向きがあるけど、 このサイトで片っ端から相談読めば 質問者の傾向と答えのパターンつかめるんじゃないかな? そう思う数と質問者が選ぶベストアンサーの差も分析してみると良いよ。 結構面白い結果になってる質問も多いから。 まあ、そう思う数に関しては今はあまり信憑性無いけど。 それに、ここは質問者も回答者になれる場所。 あなたも回答者側に回ってみては? どういう人にどういう答えを返すとどうなるかを 自分自身で確かめるといいと思います。 後者は専門知識など蓄えれば簡単。

次の

的確なアドバイスをもらうための質問の心得3つ

的確 な アドバイス

- 概要 - 的確とは弓矢で的を射たように、全く他の考えは視界に入らないほど確実な事を指す。 適切とはある物事に対して最適な対応をする事を指す。 - 詳しい解説 - 的確と適切の違いはある物事においてこれ以上ないほど正確性を持つ事か、ある物事においてその時に合った行動を行う事かである。 的確とは弓矢で的を射たように全く他の考えは視界に入らないほど確実な事を指す。 例えば的確なアドバイスによって、傾いた企業が立て直す事が出来る。 的確は世間一般のニーズに応える事でもある。 的確な受け答えならば、質問の意図を汲み取っている事である。 対して的外れな言葉や動きは全く視界に入らないほど取るに足らない事である。 適切とはある物事に対して最適な対応をする事を指す。 適や切という漢字はともにぴったりと合う事を表す。 例として怪我に対する適切な処置や公式の場における適切な服装などとし、その場その場に合った行動を行う事である。

次の

的確と適確の違いとは?適格の意味や使い分けも解説

的確 な アドバイス

「的確」の読み方を問われた時に、多くの方は「てきかく」と答えることでしょう。 確かに「てきかく」という読みは、正しい読み方になります。 しかしながら、「的確」にはもう1つの読み方が存在しています。 その読み肩凝りというのは、「てっかく」です。 「的」を「てき」と読まず、「てっ」と読んでいます。 「的」を「てき」と読むのは「音読み」で、通常では「的」を「てっ」と読むことはありません。 「てっかく」のように、通常は「っ」入れて読むことはないのに、そう読まれる言葉はいくつか存在していますが、正しい読みであるのは「てきかく」です。 なぜなら、「的」の読みとして存在するのは「てき」であり、「てっ」という読み方はされない漢字だからです。 「的確」な指示の出し方! 「指示」は「指図・命令」のことで、「どうすれば良いのかを伝えること」を言います。 常に指示は要りませんが、指示を要する状況では「的確な指示(肝要な点を確実に捉えた指示)」を出すことが求められます。 指示がミスだと、それに従った人もミスをします。 指示を出す側・指示を受ける側がいるということはチームワークですので、指示を出す側は「的確な指示」を出せるようにしておく必要があります。 「的確な指示」の出し方に関して、一概には言えませんが、「その状況を把握すること」と言えます。 その状況以外のことを考えれば、肝要な点を見逃し、的確な指示など出せなくなるでしょう。 また、大雑把にならないことです。 細かなところまで把握すること、それを面倒に思い後回しにしないことも、的確さにとって必要な心持ちになります。 「的確」なアドバイスの方法! 「的確なアドバイス」の言葉的な意味は、「肝要な点を確実に捉えたアドバイス」です。 「アドバイス」は「助言・忠告」と和訳される英語であり、「相手のためを思って」または「その状況を良くするため・楽にするため」の「危機から救う言葉(助言)」あるいは「心を込めて過ちや欠点を直すように言う言葉(忠告)」のことを言います。 アドバイスというものは、的確にする必要があります。 なぜなら、肝要な点を捉えていない言葉は、アドバイスではなく、単なる一個人の意見および言葉になってしまうからです。 つまり、相手に届きません。 方法 では、「的確なアドバイス」をする方法をご紹介します。 方法としては、「相手のことをよく観察すること」そして「どのようなタイプなのかを把握する」ことです。 そうしないと、その人に合った的確なアドバイスはできません。 要点は、「物事だけを考えてはいけない」ということです。 同じ物事でも、人それぞれ思うことは違います。 「欠点・過ち・ミス・危機」となる流れは同じであっても、それぞれの考え方・理由があります。 そのため、「現に良くない状況があること」や「どうしてそうなったのか」は同じでも「どうやったら解決できるのか」は個人で違います。 万人に響く、的確なアドバイスなどありません。 「その状況とその人に合ったアドバイス」が、「的確なアドバイス」になります。 「的確」と「適格」の違いは? 「適格(てきかく)」の意味は、「必要な資格を満たしていること」です。 「的確」と同音語ですが、意味は異なります。 「資格」とは「あることや一定のことを行う際に必要な立場・地位・条件・能力」のことで、それを満たしていることを「適格」と言います。 「的確」の意味は「肝要な点を確実に捉えている」ですので、表していることに共通点は無いと言えます。 違い 「適格」と「的確」の違いをまとめます。 「適格」は「必要な資格を満たしていること」、「的確」は「肝要な点を確実に捉えていること」です。 意味の説明文からしても違いが分かりますが、「必要な条件を満たしている」と「肝要な点を確実に捉える」で、表していることが合っていません。 つまり、同音語でも意味は異なるということです。 使い分け方 「必要な資格を満たしていること」を意味する「適格」は、「適格な者だけが試験を受けられる」などの使い方をします。 「そのことに適した立場・地位・条件・能力」を表すので、それらが必要な条件を表現する時に「適格」を使うことができます。 「的確」は「肝要な点を確実に捉えている」の意味として、「的確な判断」などの使い方をします。 「適切(てきせつ)」の意味は、「ピッタリと当てはまる」および「相応しい」です。 「切」は「きる」のイメージが強い漢字ですが、「よく合う」という意味もあります。 「適切」の「切」には、その「よく合う」の意味が用いられているため、「適してよく合う」を表した漢字の組み合わせになります。 違い 「的確」の意味は、「肝要な点を確実に捉えている」でした。 「確実に捉える」の部分は「ピッタリと当てはまる」に似た表現だと言えますが、「適切」が表す「ピッタリと当てはまる」は「相応しい」の意味です。 「相応しい」は「似合っている・釣り合っている」意味での「ピッタリ」を表す言葉で、「確実に捉える」とは表す内容が異なります。 「相応しい・似合っている」というのは「それとそれが合う」を表すため、対象が2つ存在します。 「的確」は「肝要な点(非常に大切な点)を確実に捉えている」であり、対象は1つです。 そして、「似合っている」ことは表していません。 使い分け方 「適切な判断」と言うならば、その意味は「その人やその物事に合った判断」になります。 「的確な判断」と言った場合には、「大切な点を確実に捉えた判断」の意味になります。 つまり、「肝要な点を確実に捉えて」のことなのか、「間違いなく合っている」ことなのかの違いです。 「的確」と「正確」の違いは? 違い 「的確」と「正確」の違いは、「的確」の意味「肝要な点を確実に捉えている」にあります。 「正確」は「正しく確かなこと」であり「間違いや曖昧さの無いこと」を表しますが、「的確」は「肝要な点(非常に大切な点)を確実に捉えている」こその「正しく確かなこと」を表す表現です。 「的確」の中に「正確」の意味が含まれていると言えますが、「的確」には「肝要な点」が存在する状況であり、それを捉えているからこその「正しく確か」を表現する言葉です。 使い分け方 使い分けの例ですが、「判断」についての文で考えてみましょう。 「判断」は「物事を理解し考えた上で決めること」を意味しますので、「肝要な点」を捉える必要があります。 そのため、「判断」には「正確な判断」ではなく「的確な判断」と表現した方が良いと言えます。 「きっぱりと心を決める」ことを意味する「決断」の場合は、「肝要な点を捉える」というよりは「曖昧さの無いこと」が意味の主体になります。 そのため、「的確な決断」と言うより「正確な決断」と言った方が良いと言えます。 「正確」と「的確」の使い分け方については、細かいことを除けば、大きな違いはありません。 強いて違いを挙げるとすれば「肝要な点を捉えることの有無」というだけであり、使用する状況からしても明白な違いは無いため、使い分けに関しては厳しくならなくても良いと言えます。 「的確」の類語は? 「妥当(だとう)」の意味は、「物事の事情などによく当てはまっていること(考え方や処理の仕方に無理なところが無く適切)」です。 「無理なく当てはまる」という点が、特徴になります。 明確 「明確(めいかく)」の意味は、「ハッキリして間違いのないこと」です。 「明らかで確か」と書くように、「ハッキリしている」ことが意味の主体と言えます。 「的確」にある「肝要な点を捉える」と「ハッキリしている」ことは別のことですので、使い分け方は明白です。 確実 「確実(かくじつ)」の意味は、「確かで間違いないこと」です。 「的確」のように「肝要な点」などの他要素を含まず、単に「確か・確かで間違いない」ことを表す時に使います。 「的確」を正しい意味で使おう! 「的確」の意味は、「肝要な点(非常に大切な点)を確実に(間違いなく)捉えている(把握している)こと」です。 「適格・適切・正確」とは表していることに多少の違いがあり、それらと比較して分かる「的確」の特徴は「肝要な点を捉えること」が含まれることです。 「非常に大切な点を間違いなく把握すること」を表す時には、「的確」の表現を用います。 「正確」との使い分け方は紛らわしい点があり、厳しく分ける必要もないと言えますが、主体となる意味が「正しく確か」なことだけではなく、「肝要な点を捉える」ことも含まれる場合は「的確」が適します。 何を表すのか、意味の主体となることは何なのか、といったことを考えて使うと良いでしょう。

次の