渡辺真由 勤務先。 [B!] 鳴沢村コロナ・渡辺真由の彼氏の書き込み特定?卒アル写真流出でマリアージュのパティシエ説はデマ?-爆速NEWS速報

【爆サイ】山梨コロナ女性の名前や顔画像を特定か?

渡辺真由 勤務先

東京都に住む20代の女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された。 女性は5月1日にPCR検査を受け、結果が出るまで自宅待機を求められていたが、結果を待たずに高速バスで帰京。 コロナをばら撒いたテロリストということで、ネットでは女性を特定する動きが出ている。 2日の時点で名前、年齢、実家、父親の職業などが特定されたが、3日には顔画像、出身高校、勤務先なども特定された。 また、女性とみられるツイッターも発掘。 このツイッターには誹謗中傷が殺到し、これに対するレスポンスなのか「かかってこい」と挑発した。 スポンサードリンク 山梨コロナの帰省の女性のツイッターか 「かかってこい」と挑発 帰省の女性とみられるツイッター 掲示板やSNSで女性のツイッターが特定されると、このアカウントに誹謗中傷が殺到した。 これに対する宣戦布告なのか「かかってこい」と挑発。 続けて 「味覚ないからなに食べても同じだけど」 とコロナの症状を告白した。 女性は当初、自分の顔画像をヘッダーやアイコンに設定し、アカウント名も本名だった。 誹謗中傷が殺到するとヘッダーを削除し、飼い犬のアイコンに変更した。 また、飼い犬に誹謗中傷が殺到すると 「犬に罪はねえだろうが!謝れ!私しか悪くないしそもそも中国が悪いんじゃ」 と唐突な中国批判。 さらに 「ねー!やめてよ!移すよ?」 とコロナを移すなどと発言した。 その後、女性はIDを変更し、ツイ消しをしながら逃亡。 計2回変更したが、ついにアカウントを削除した。 また顔画像も出ているが、こちらも本人とは確認できないので非公開とする。 未成年飲酒の疑い 女性は2015年9月に「居酒屋な~う」というメッセージとともに、友人とみられる女性との飲酒画像を投稿した。 ネットの特定情報が正しければ、この時19歳なので未成年飲酒が成立する。 また、2017年1月に成人式に行ったと報告しており、未成年飲酒は確実だろう。 Iさんの関与はデマ!本人自ら否定 帰省の女性だけでなく、バーベキューに参加していた友人たちも特定されている。 その中にIさんという女性が上がった。 Iさんは5月2日に山の中でバーベキューをしたとツイートしたことから、女性とバーベキューをした友人ではないかという憶測が広がった。 スポンサードリンク 帰省の女性、コロナ感染知ってて帰京していた!虚偽供述で言い逃れ図る 東京都に住む20代会社員女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された問題で、県は3日、帰京に使った高速バスは1日夜ではなく、陽性判明直後の2日朝の便だったと訂正した。 女性が保健所に虚偽の説明をしていたという。 県の新型コロナ対策特別チームによると、女性は1日にPCR検査を受け、結果が出るまで実家待機を求められていた。 女性は当初、結果判明前の同日午後8時25分ごろ、 富士急ハイランドバス停(富士吉田市)から京王バスのバスタ新宿行き高速バスに乗って帰京したと説明していた。 ところが、2日の報道を受けて知人から保健所に「けさ帰った」と情報提供があり、特別チームが本人や家族に事情を聴いたところ、2日午前10時20分ごろ、富士急ハイランドバス停から京王バスの高速バスに乗ったと認めた。 PCR検査陽性の結果は同日午前9時ごろ、保健所から本人に伝えられており、女性は陽性を知りながらバスに乗ったことになる。 特別チームは「陽性であることを知りながら公共交通機関を利用したことや、事実と異なる説明をしたことは非常に残念だ」としている。 県は改めて、同じバスの乗客で健康に不安がある人は保健所に相談してほしいと呼び掛けている。 山梨県の特別チームは、感染者がコンビニエンスストアでのアルバイトを伏せていた事例があったことから、県警からの出向者も参加して組織された。 より 知人男性にコロナ移す 東京都に住む20代会社員女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された問題で、県は3日夜、女性が1日に会った県内の20代男性の感染が確認されたと発表した。 女性はこの日、PCR検査を受けていた。 女性は4月30日に友人宅で4人とバーベキューをしたが、この男性は別の知人という。 県の新型コロナ対策特別チームは他の濃厚接触者や女性の行動履歴についてさらに調べている。 より 自宅待機を無視してコロナをばら撒いただけでも相当なのに、虚偽の供述をして捜査を混乱させた挙句、誰かに移すという悪行を重ねる女性。 ネットで私刑に合うのも当然だろう。

次の

山梨20代帰省の女性「友達に売られてかわいそう」55号

渡辺真由 勤務先

山梨帰省女性の特定情報が掲示板に溢れる 一部の大型インターネット掲示板やTwitterでは、今回の20代女性の個人情報の特定について「顔画像」「自宅」「勤務先」などに関して「特定した」とする情報が多数投稿される事態となっています。 中でも女性のフルネーム、顔写真、勤務先名といった噂が複数出回っており、これに「もっと拡散を」「晒されるべき」と、そのままリツートされるものも。 一方でSNSでは 噂と共通点のあるユーザーに無差別に誹謗中傷のDMを送るなどの行為もあるため、安易な特定・拡散行為で巻き込まれる人がいるとして、注意を促す声も上がります。 色々特定されてますね。 ネットで晒し者になるのはあまり良いことではないと思うけど、今回に限っては自業自得と言うか仕方ないと思う… でも山梨県の他の渡辺さんにどうか被害が及ばないことを切に願います。 — ゆきんこ yukinko0443 出典:本人の顔画像だとして画像が複数の場所で拡散されている また、「特定」したと言われている女性のものと見られるTwitter 現在は削除 について、掲示板では「twitterを消したから本人確定」「消してもスクショが拡散されるから無意味」といった憶測が一人歩きするコメントも。 中には「 女性と一緒にBBQをした 友人の職業が保育士で、保育所が消毒された、家の窓ガラスが割られたらしい」「父親は大工」といった、 未報道の不明確な情報も複数投稿されています。 女性をめぐり意見を交わすチャットのスレッドは開設から1時間あまりで上限の1000件に達成し、「これはやりすぎ」といった声も一部では上がるものの、そのほとんどが女性の行動を非難・中傷する言葉で埋まる状態となりました。 出典: 「ごめんなさい」本人名乗る人物がTwitterで謝罪するデマも さらに、20代女性との関連性をほのめかすtwitterアカウントが作られ「渦中の〇〇です。 日本中のみなさん、私の身勝手な行動でご迷惑かけてごめんなさい。 前のアカウントでの誹謗中傷に耐えられず逃げてきました。 」などと投稿する人も。 その氏名が噂となっている人物の名前を指していることから、女性が指しているのは山梨の感染女性の一件であると予想されますが、のちに無関係であることが判明しています。 同アカウントでは「とりあえず前のアカウント消した。 」「職場は1ヶ月謹慎、実家には不審物が届いた」といった本人を装う記載がされていました。 出典: ネットの反応 山梨の女性、案の定特定されてるし本人も煽って燃料投下してた。

次の

山梨帰省女性の特定情報が掲示板に溢れる・本人名乗る人物がTwitterで謝罪するデマも

渡辺真由 勤務先

山梨県コロナ陽性の女性のニュース概要 女性は1日にPCR検査を受け、結果が出るまで実家待機を求められていた。 女性は当初、結果判明前の同日午後8時25分ごろ、富士急ハイランドバス停(富士吉田市)から京王バスのバスタ新宿行き高速バスに乗って帰京したと説明していた。 ところが、2日の報道を受けて知人から保健所に「けさ帰った」と情報提供があり、特別チームが本人や家族に事情を聴いたところ、2日午前10時20分ごろ、富士急ハイランドバス停から京王バスの高速バスに乗ったと認めた。 PCR検査陽性の結果は同日午前9時ごろ、保健所から本人に伝えられており、女性は陽性を知りながらバスに乗ったことになる。 特別チームは「陽性であることを知りながら公共交通機関を利用したことや、事実と異なる説明をしたことは非常に残念だ」としている。 県は改めて、同じバスの乗客で健康に不安がある人は保健所に相談してほしいと呼び掛けている。 引用元: 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 名前:不明 年齢:20代 性別:女性 職業:会社員 住所:東京都(実家は山梨県) 家族構成:4人家族 一般人ということもあり、報道ではこれ以上の正確なプロフィールが明らかになっておりせん。 東京から帰省した山梨県コロナ陽性の女性のような、外部から来る人さえいなければ、感染のリスクが低い地域のように思えます。 山梨県コロナ陽性の女性の勤務先の会社がどこなのかも調べようと思ったのですが、いくらスイーツ職人の可能性があるとは言え、東京都にあるスイーツジャンルの会社はあまりにも多く存在するため、特定は不可能と判断し、今回は調べるのは断念しました。 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 山梨県コロナ陽性の女性の顔画像・facebookは? 山梨県コロナ陽性の女性は一体どんな人だったのでしょうか? 今回の報道が上がった際に、ネットやツイッターで山梨県コロナ陽性の女性本人らしき顔画像が多く上がっておりました。 しかし、あまりにも数多くの情報が上がってしまっており、山梨県コロナ陽性の女性の顔画像を正確に特定することが出来ないと判断しました。 報道でも一般人ということもあるため、今後も上がってくる可能性はないと思われます。 またfacebookに関しても、同じような理由により、今回は特定は出来ないと判断しました。 正確に特定できるという情報などが入手できた場合のみ、こちらまた更新していこうと思います! 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 4月26日 味覚・嗅覚に異常を感じるようになる。 4月28日 東京の勤務先に通常通り出勤する。 4月29日 午後3時15分の高速バス(バスタ新宿~山中湖旭日丘行、京王バス)で山梨の実家へ帰省する。 4月30日 山梨県の友人宅で友人4人とバーベキューをする。 同日に、勤務先の同僚がコロナ陽性であることが判明する。 5月1日 PCR検査を受ける。 実家で検査結果が出るまで待機する。 5月2日 午前9時ごろ、コロナ陽性の検査結果が出る。 午前9時25分の高速バス(富士急ハイランドバス停で乗車、新宿で下車、徒歩で帰宅)で東京の自宅へ戻る。 山梨県コロナ陽性の女性は、 山梨県富士吉田市、山梨県鳴沢村、山梨県富士河口湖町を中心に滞在していたようです。 5月4日追記: 山梨県コロナ陽性の女性は、PCR検査当日の5月1日に、 山梨県内で20代の男性と会っていたことが新たに判明しました! この20代の男性は、4月30日にバーベキューをした友人4人とは別のようです。 山梨県コロナ陽性の女性と濃厚接触してしまった20代の男性は、5月3日の夜に、陽性反応だったことが明らかになっています。 4月30日にバーベキューをした友人4人の検査結果は明らかになっていませんが、時間も経過している中で陽性反応の報道などが上がっていないため、恐らく陰性だったのではと推測します。 5月4日追記: 4月30日に友人宅で行ったバーベキューの場所がネットで上がっていました。 バーベキューが行われた友人宅は 山梨県南都留郡富士河口湖町船津にあるようです。 ネット上では、山梨県コロナ陽性の女性がどこにバーベキューの買い出しに行ったのかで下記候補が上がっていました。 パワーマーケットTAC• 5月4日追記: 山梨県コロナ陽性の女性が検査結果が出る前に、新たに行っていた場所が判明しました! 山梨県コロナ陽性の女性は、PCR検査を受けた日である5月1日に、友人らと一緒に ゴルフ練習場や整骨院にも行っていました。 引用元: これまでに山梨県コロナ陽性の女性の周りの家族や友人でPCR検査を受けているのが11人と報道があったため、推測ではありますが、ゴルフ練習場や整骨院に一緒に行った友人らは、4月30日に一緒にバーベキューをした友人らとは違う友人と思われます。 保健所にリークした情報提供者は誰で名前は? 2日の報道を受けて知人から保健所に「けさ帰った」と情報提供があり 引用元: 保健所に情報を提供したのは、一体誰だったのでしょうか? 報道などでは明らかになっていませんが、ネットなどでは 4月30日に一緒にバーベキューをした山梨県内の友人が情報提供者ではないかと声があがっています。 おそらく、会社の同僚がコロナ陽性で自分も感染者かもしれないといった情報を全く聞かされていなかったのでしょう。 そのうえで濃厚接触されたものだから、激高からのリークだったと思われます。 こちらは詳細がまた分かり次第、更新していきます! 5月5日追記: 山梨県コロナ陽性の女性が、バーベキューを一緒にした友人ら以外の友人とも複数人あっていたことから、保健所に情報提供を行った人物の候補が増えました。 バーベキューを一緒にしていた友人ら以外で可能性がある一人として、山梨県コロナ陽性の女性と濃厚接触をして自身も陽性反応が出てしまった 20代の男性。 20代の男性は、山梨県コロナ陽性の女性が帰省してから何日間も継続して会っているところから、山梨県コロナ陽性の女性の彼氏ではないかと推測できます。 20代の同士のカップル、それも遠距離恋愛でたまにしか会えないのであれば、それなりに大人な関係の時間もあったと思われます。 そんな20代の男性からしてみれば、山梨県コロナ陽性の女性がとった行動は自身に対しての裏切り行為と取られても仕方がないことだと思います。 自分は裏切られた、と思った20代の男性が次に思ったことは「自分も裏切り返してやる」ということではなかったのでしょうか。 「やられたらやり返す、倍返しだ!」一時期、某ドラマで有名になったフレーズを今回まさに実践したというわけです。 現在、山梨県コロナ陽性の女性に対するネットでのバッシングや誹謗中傷を考えると、倍返しどころではない気もしますが・・・。 ただし、20代の男性にも非がないとは言い切れません。 山梨県コロナ陽性の女性が帰省したのは緊急事態宣言後、つまり外出自粛となってからです。 そのため、山梨県コロナ陽性の女性が帰省している時点で、しかもコロナ感染が多い東京都から帰省してきている点を踏まえると、山梨県コロナ陽性の女性と会うこと自体を避けるべきだったでしょう。 おそらく遠距離恋愛だったため、会いたくて会いたくてしょうがなかったと思いますが、それでも自分の命、ましてやコロナだから家族やその他の周りの命まで考えると、そこは我慢すべきだったと思います。 同じような理由で会いたくても我慢している人が多くいる中で、山梨県コロナ陽性の女性と会ってしまった点は事実のため、20代の男性を擁護することは出来かねます。 本当に山梨県コロナ陽性の女性の彼氏であれば、東京都の自宅から出ないようにしっかりと説得することが、彼女への愛情表現なのではないでしょうか。 山梨県コロナ陽性の女性だけでなく、この20代の男性にもしっかりと反省してもらいですね。 山梨県コロナ陽性の女性だけでなく、この20代の男性と濃厚接触した人がいないことを願うばかりです。 5月5日追記: 山梨県コロナ陽性の女性が、バーベキューを一緒にした友人ら以外の友人とも複数人あっていたことから、保健所に情報提供を行った人物の候補が増えました。 バーベキューを一緒にしていた友人ら以外で可能性がある一人として、 ゴルフ練習場や整骨院に一緒に行った友人らです。 山梨県コロナ陽性の女性の周りでPCR検査を受けた人数の計算上、山梨県コロナ陽性の女性が、ゴルフ場や整骨院に一緒にいった友人らは、バーベキューを一緒に行った友人らとは別になります。 このゴルフ場や整骨院に一緒にいった友人らの情報はネット上でも上がっておらず、特定はできておりません。 ただ、山梨県コロナ陽性の女性を含め、20代の女性が複数人でゴルフ練習場に行くのでしょうか。 整骨院はまだ行くかもしれないかなと思うのですが、ゴルフ練習場に20代の女性が複数人いるのはちょっと想像しにくいです。 そのことから、ゴルフ練習場に一緒に行ったのは、女性の友人ではなく、男性だったのではないかと推測します。 それも濃厚接触による陽性反応があった20代の男性とは別の男性です。 ゴルフ練習場ということからも、その男性は山梨県コロナ陽性の女性よりも年上だったのではないでしょうか。 そこから考えられる一つとして、このゴルフ練習場に一緒に行った男性こそが、山梨県コロナ陽性の女性の本命の彼氏ということです。 年上彼氏の趣味であるゴルフを一緒に楽しむゴルフデートを山梨県コロナ陽性の女性はしていたのではないでしょうか。 そんな年上彼氏にも、山梨県コロナ陽性の女性は同僚がコロナ陽性だったことを話していなかったのでしょう。 知った時には既に濃厚接触後、山梨県コロナ陽性の女性の同僚が陽性反応の報道を知った時、年上彼氏は相当なほど激高したのではないでしょうか。 愛すべき人が自分を裏切った、という感情だったのか。 年下の女に騙された、という感情だったのか。 いずれにしろ、年上彼氏のプライドに傷をつけたことには変わりなく、保健所へ情報提供を行ったのではないかと推測します。 外出自粛の中ではありますが、ゴルフ練習場は屋外であれば営業しても大丈夫で、整骨院も営業しても大丈夫となっているため、行った場所に関しては問題はありません。 ただ、山梨県コロナ陽性の女性の同僚が陽性反応だと事前に知っていれば、この年上彼氏も山梨県コロナ陽性の女性と会うことはしなかったと思います。 そうなると、濃厚接触による陽性反応があった20代の男性とは、一体どんな関係だったのか。 おそらくこの男性は、山梨県コロナ陽性の女性にとっての幼馴染や男友達といった関係、あるいは、セフレといった関係になると思います。 前者であれば、まだ救いようがありますが、後者であればネットなどでのバッシングは相当なものになると思われます。 ただでさえ、ひどいバッシングを浴びている中、行動経緯の中身が性的欲求を満たすためのものだとしたら・・・ 考えただけでも、バッシングの量にゾッとします。 山梨県コロナ陽性の女性の今後のためにも、後者でないことを願っております。 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 5月4日追記:山梨県コロナ陽性の女性の虚偽申告は家族もグルだった? 山梨県コロナ陽性の女性の虚偽申告は、家族ぐるみでのものだったようです。 今回の虚偽報告については「実家で暮らす親族も女性と同じ虚偽申告だったので話の中で矛盾点は見つけられなかった」と話している。 引用元: 山梨県は感染者からの正確な情報収集を目的とした特別チームを発足させているようですが、感染者本人だけでなく、その家族までが虚偽申告をしていたのであれば、なかなか見破れなかったと思います。 山梨県コロナ陽性の女性経由で感染が発生した場合、情報提供者からの連絡がなかったら感染源が不明のままだったため、多くの感染被害が生まれていた可能性があります。 情報提供者からの連絡がなかったと思うと、怖いですね。 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 5月4日追記:山梨県コロナ陽性の女性の濃厚接触者が陽性反応 山梨県は、山梨県コロナ陽性の女性が帰省していた際に濃厚接触した、山梨県在住の20代男性が新たに陽性反応だったと発表しました! 県は3日、女性の濃厚接触者としてPCR検査をした県内在住の20代男性が新たに陽性だったと発表した。 県内56例目。 女性とバーベキューをしていた友人4人とは別という。 引用元: 4月30日に一緒にバーベキューをした友人らとは別のため、おそらく彼氏ではないかと考えられます。 東京と山梨での遠距離恋愛をしていて、彼氏に会いたいという想いもあって梨県コロナ陽性の女性は帰省したのかもしれませんね。 整備士としてよく使われるのは、車の整備士のため、恐らくここでも車の整備士のことを指しているのだと思います。 きっと、高校を卒業して専門学校に通って資格を取得して、今の職に就いたのでしょう。 整備士は車好きや、エンジン構造が好きな人が就く職業ですが、おそらくこの20代の男性も昔から車やバイクといった類のエンジン車が好きだったのではないでしょうか。 20代ということもあり、今が一番体力的にも頑張れる時期に陽性反応。 少し可哀想な気もしますが、外出自粛中に濃厚接触してしまった20代の男性にも非があるため、擁護は出来かねます。 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 5月4日追記:山梨県コロナ陽性の女性と一緒にバーベキューをした友人4人は誰で名前は? ネットや爆サイでは、山梨県コロナ陽性の女性と一緒にバーベキューをした友人の名前が上がっていましたが、未確定な情報だったため、ここでは記載を控えようと思います。 もしこの情報が本当だとすれば、集団感染の恐れがあったことになるでしょう。 看護士ということは、つまり勤務先はどこかの病院ということ。 病院には一般の患者さん、場合によってはコロナの患者さんがいます。 病院の規模にもよりますが、入院されている患者さんも多くいる可能性があります。 もし、この看護士の友人から陽性反応が出てしまっていたら、病院内での集団感染が起こる可能性がありました。 そう考えるだけでも、ゾッとします。 命を守るべきものが命を失くすものへと変わってしまうことも十分も考えられたのです。 本当に山梨県コロナ陽性の女性と一緒にバーベキューをした友人の一人が看護士だったのならば、考えが甘すぎる行動だったと言えるでしょう。 世間体を考えても、今の時期にバーベキューを看護士がやったらどう映るか。 そんな看護士がいる病院に行きたいと誰が思うか。 SNSに敏感な20代の若者であれば、すぐに分かると思うのですが。 また、保育士に関しても同じことが言えます。 保育士は多くの子どもを預かる責任感が必要な仕事です。 預ける親御さんからしたら、信頼しているからこそ預けていると言っても過言はないでしょう。 今回のバーベキューは、そんな親御さんたちの信頼を裏切る行為に等しかったと思います。 先程と同様、万が一、この保育士の友人から陽性反応が出てしまっていたら、どうなったのでしょうか。 ゴールデンウィーク中だったため、保育士の仕事は休みで集団感染にはならなかったかもしれませんが、それでも親御さんたちの信頼はガタ落ちするでしょう。 理由が友人とバーベキューに行って友人から感染したというものであれば、尚更です。 親御さんはきっと、こんな時期に外出自粛も出来ずに友人とバーベキューするような人に大切な子どもを預けたくない、そう思うはずです。 そうなると、保育士の友人の問題だけでなく、勤め先の保育園にまで影響が出てしまいます。 親御さんの信頼、勤め先の保育園の信頼、そういったことをもっと真剣に考えられていれば、バーベキューに行くことなどもなかったでしょう。 いずれにしろ、バーベキューに行った友人らは全員審査結果が陰性ということなので、その点に関しては不幸中の幸いだっと言えます。 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事.

次の