肋間神経痛 何科。 肋間神経痛とは(症状・原因・治療など)|ドクターズ・ファイル

肋間神経痛について

肋間神経痛 何科

肋間神経痛とは? 肋間神経痛とは症状の名前です。 背中や脇腹、肋骨、脇の下などに痛みを生じます。 左右両方ともというより、左右のどちらかが痛い事の方多いです。 症状としては、様々な事が挙げられるのですが深呼吸での痛みは肋間神経痛の人に共通して起こる事が多い傾向にあります。 肋間神経痛の原因は様々ですが、最近では自律神経の乱れ(ストレスなどの影響)によって症状を引き起こしているケースが非常に多いと言われています。 このストレス社会とも言われている現在、これからも増えていく症状の一つかもしれません。 肋間神経痛の種類 肋間神経痛には大きく「原発性肋間神経痛」と「続発性肋間神経痛」の2種類に分けられます。 原発性肋間神経痛 原発性肋間神経痛とは、原因が明確でないものを指します。 原因がはっきりしない中で、特に影響が大きいと言われているのが、ストレスとの関係です。 他にも、仕事の影響や妊娠の影響など、様々な要因がございます。 続発性肋間神経痛 続発性肋間神経痛とは、外的な影響でおこる肋間神経痛のことを言います。 特に多いのが帯状疱疹での肋間神経痛です。 ウイルスの炎症で痛みを生じます。 他には、骨折や事故の影響で肋間神経痛が生じる可能性があります。 肋間神経痛が内科的疾患によるものだったり、肋間神経痛と疑っていたら、心臓の問題であったりする可能性もあります。 まずは病院で検査をしてもらい、それでも原因がはっきりしない時に整骨院や治療院でみてもらう事もご検討ください。 肋間神経痛のメカニズム 人間の身体には、背中から胸にかけて肋骨という骨がついています。 これは身体の中にある臓器(心臓など)を守るためにできたものと言われたりします。 この肋骨に沿った形で神経が通っています。 この神経が何らかの障害をうけることで、肋間神経痛を生じています。 肋間神経痛になりやすい人 些細な事でも気にされる方、ストレスを溜めやすい、感じやすい方 身体はストレスを感じると、無意識に力が入った状態になります。 その状態が長期間、続くことで姿勢に影響をおこし、肋間神経痛につながる方もおられます。 デスクワークなどの長時間座った状態でお仕事をされている方 姿勢については、どんな症状にも言えることかもしれません。 長時間の同じ姿勢は、身体に様々な影響を及ぼします。 くわしくは下記の参照をご覧ください。 【参照】 産前・産後の方 お腹がおおきくなることで、内臓も肥大し神経を圧迫するケースもあります。 また産後の影響で骨盤が広がり、肋間神経痛につながるケースもあります。 肋間神経痛の症状 肋間神経痛で特徴的なものは、深呼吸時に痛みがあることです。 また内臓の病気なのかと錯覚するくらいの激しい痛みがありますので、他の病気や骨折などとの鑑別も大事です。 背中や胸の痛み• くしゃみや咳での痛み• 歩いたときの振動で痛む• 呼吸が出来ないほどの痛み• 脇腹にズキンとする痛み• 症状が程い場合は何もしていなくても激痛 肋間神経痛の原因 自律神経による影響 最近では、肋間神経痛はストレスの影響が一番多いのではないか!?と言われています。 なぜストレスが悪さをするのかというと、自律神経が関わってきます。 自律神経には交感神経と副交感神経の2種類存在します。 交感神経は身体を活発な状態に、副交感神経は身体をリラックスした状態にする働きがあります。 ストレスの影響で自律神経の乱れが生じ、交感神経が優位になり、身体の興奮状態が続き、肋骨まわりの筋肉も緊張します。 副交感神経が働かなくなり、身体が休まらないことで症状を出しています。 肋骨まわりの神経の影響 上記にも記載しましたが、神経は肋骨に沿った形で通っています(肋間神経)。 その神経が骨や筋肉が悪さをし、症状につながるケースがあります。 骨折やヒビなどの外傷の影響 肋骨骨折の合併症として、肋間神経痛がでることもあります。 そして、肋骨骨折と肋間神経痛はにている症状が多々あります。 この2つをしっかり鑑別しないと、治療法も変わってきますので注意が必要です。 その他にも、胸椎の骨折や打撲によるものなどもあります。 帯状疱疹による影響 ヘルペスウイルスによる帯状疱疹によっても症状を生じます。 このような場合だと病院で血液検査等しないと、くわしくは分かりません。 よく好発するのは妊娠後期の方です。 顔面神経麻痺の方も、同じ時期に多く同じウイルスが関連しています。 まずは、病院での精査をお勧めいたします。 がんによる影響 肋骨や背骨にがんが転移することにより、肋骨神経痛を引き起こすこともあります。 がんの影響で肋間神経痛を引き起こしている場合、横向きで寝ることが出来ないほどの痛みを生じる場合があります。 一般的な治療(医療機関での治療) 安静 「とりあえず、安静にして様子をみましょうか」とよく耳にする言葉だと思います。 安静にしなければ、いけない事も当然ありますが、の場合ですと「安静にしすぎは治りを遅くする」とも言われますので、見極めが大事ですね。 薬物療法 鎮痛薬、非ステロイド抗炎症薬、ビタミン剤などの薬が処方されるかと思います。 薬を使用する事が悪い事では、ありません。 ただ、薬を飲み続けても変化がない場合なんかは、一度薬に疑問を持つことも大切です。 わからない事は、一度薬を処方してくれたお医者さんに相談してみましょう。 ブロック注射も様々あるので、注射をされる際は、お医者さんにどういった注射なのか、どういったいみでやるのかなど、納得してされた方が良いかと思います。 【参考】 当院での治療 当院では、肋間神経痛に対して、主に以下の考え方や方法で治療させていただいております。 【姿勢・骨盤調整】 当院では解剖学的肢位に近づけていく事で、痛みの出にくい身体になると考えております。 そのために身体の検査、評価で見つけた問題点をこちらで修正していきます。 人によって上半身が悪さをしているのか、はたまた骨盤なのかは違ってきます。 まずはその人の状態をこちらも把握すること。 そのためには検査・評価がとても大切になってきます。 今現在の症状も大事ですが、我々は目の前の患者さんの身体をしっかり診る事で、解剖学的肢位に近づけ、今だけでなく何年たっても痛み無く生活できるようにと考えております。 【自律神経の調整】 肋間神経痛と自律神経は切っても切り離せない関係です。 上記でもお伝えしていますが、交感神経が活発に働くことで筋肉も休む事ができません。 この自律神経の乱れを調整することにより、症状の緩和をはかります。 こういったケースには、頭蓋調整も効果的です。 患者さんによってこちらも最適な治療を選択していきます。 【特殊治療器】 関東では当院しか扱っていない特殊治療器を使って、痛みを取り除いていきます。 押して痛い部分(圧痛部分)には特に効果は絶大です! 【参考】 さいごに 肋間神経痛では症状によっては、病院に行った方が良いのか、整骨院に行った方良いのかわからない場合もあると思いますので、ご相談ください。 肋間神経痛に限らず、様々な症状は日頃の疲労からくるケースも多いです。 日頃からの入浴やストレッチなどのセルフケアやメンテナンスがとても大切になります。 痛みを生じる前に、ご自身のお身体を見直してみましょう!どこに行っても改善しないとお悩みの方はにご相談下さい。

次の

肋間神経痛の原因って何?対策はどの様にしたらいいの?

肋間神経痛 何科

埼玉医科大学 卒業 医師国家試験予備校講師、麻酔科フリーランスなどを経て、 現在は総合診療をおこなっている。 正しい情報を的確に発信していく。 肋間神経痛は、胸を刺し、締め付けるような痛みが特徴です。 似たような症状が出る別の病気も存在するため、注意して症状をみる必要があります。 そこで、この記事では肋間神経痛の症状と別の病気の可能性、何科を受診すれば良いかを解説します。 肋間神経痛とは? 肋間神経痛とは 肋骨に沿って生じる痛みの総称で、病名ではなく症状をあらわすものです。 原因がはっきりしない「原発性」と、何かしら原因がある「続発性」に分けられますが、多くみられるのは後者の続発性肋間神経痛です。 肋間神経痛の症状をチェック 肋間神経痛では次のような症状がみられます。 当てはまるものがないかチェックしてみましょう。 肋間神経痛の原因 続発性の肋間神経痛の原因としては、交通事故・帯状疱疹・精神的ストレス・肉体的ストレスなどさまざまな要因が挙げられます。 肋間神経痛が生じやすい人 次のような方に多くみられるとされています。 一般的にはレントゲン・MRI・CTといった検査の結果、異常がみつからなかった場合に肋間神経痛と診断されます。 似たような症状が出る別の病気については、次の通りです。 気胸 気胸とは何らかの病気が原因で肺に穴が開き、胸腔内に空気が漏れることで肺が小さくなった状態のことです。 10代後半~30代のやせ形の男性に多く、病気などの原因がない「自然気胸」が最も多いとされています。 症状としては胸の痛みと呼吸困難があり、息をすると肋骨付近がズキっと痛む点が肋間神経痛と似ています。 狭心症 狭心症は、心臓に栄養分を送る「冠動脈」が何らかの原因で狭まり十分な血液と栄養を心臓に運べなくなった状態です。 軽度であれば肋間神経痛の原因にもなり得る病気で、胸が締め付けられるような痛みが似ています。 狭心症の場合は痛みの持続時間が長いことが多いです。 痛みが長く続くようであれば、病院を受診して心電図などの検査を受けましょう。 胸膜炎 肺や胸膜が、炎症を起こしている状態です。 咳や深呼吸をするときに痛みが増す傾向があり、肋間神経痛と症状がよく似ています。 レントゲンをみれば判別がつくので、痛みが長引くようなら病院を受診しましょう。 内臓疾患 心臓・肺・胃・膵臓・腎臓といった臓器は、肋骨に守られています。 そのためこれらの内臓に異常が生じると、神経を伝って背中や胸にも痛みが表れます。 肋間神経痛との見分けは難しく、検査を受けないと詳しい状態がわからないため、痛みが長引く場合は病院を受診しましょう。 自分でできる肋間神経痛の治し方 1. 安静にする 痛みが表れるのは長くても5分程度なので、その間はなるべく動かずじっとしていると痛みが和らぎます。 痛みが引いたら軽いストレッチを 痛みが引いた後は無理のない範囲で、背伸びや胸を広げるといったストレッチをして筋肉をほぐしましょう。 姿勢を正す 姿勢が悪いと筋肉に負担がかかり、固まってしまいます。 座っているときや歩いているときは、正しい姿勢を保つことで予防にもなります。 食事に気を遣う 冷たいものよりも温かいものを口にし、体を冷やさないようにします。 また血行改善のために、ビタミンB12を多く含む次のような食材を取ると良いでしょう。 4.温度調節 エアコンの冷気は神経痛の大敵です。 夏場でも体が冷えないよう、温度調節には注意しましょう。 また入浴時もシャワーで済ますのではなく、できるだけ湯船に浸かって体を温めることが大切です。 ストレスをためない ストレスは肋間神経痛を引き起こす原因のひとつと考えられています。 自分に合ったストレス発散方法を見つけ、ストレスをためないようにしましょう。 肋間神経痛状態の治療について 1. こんな症状があれば病院へ 痛みが長引いたり日常生活に支障をきたすほどの痛みが出たりしたら、すぐに病院を受診しましょう。 何科に行けば良い? 肋間神経痛は 整形外科もしくは内科を受診します。 レントゲン検査のできる整形外科を最初に受診し骨に異常がないことがわかったら、他の病気をしらべるために内科を受診しましょう。 発疹がある場合は皮膚科へ 痛みがある部分の皮膚に発疹などの変化がみられる場合は、帯状疱疹の可能性があるので皮膚科を受診してください。 治療方法 肋間神経痛の治療では炎症を抑え痛みを和らげるために 鎮痛剤や湿布の処方、ブロック注射などが主に行われます。 ストレスが原因の場合は、精神安定剤が処方されることもあります。 まとめ 肋間神経痛は肋骨に沿って生じる痛みの総称です。 特に左側に痛みが表れる場合は、肋間神経痛の可能性が高いと言えます。 また、似たような症状の出る別の病気もあるため、痛みが長引く場合は早めに病院を受診しましょう。

次の

肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)

肋間神経痛 何科

原因 [ ] 考えられる原因として一番多いのが、不自然な姿勢をとった時、また運動不足・疲労によって神経が骨や筋肉にはさまれて(絞めつけられて)突然起きる原発性。 また、が原因で痛みを生じることがある続発性。 通常であればウイルスに感染すると疱疹が現れるが、稀に現れない場合がある。 発作的症状の度合とは著しく異なり、痛みが非常に激しくなる。 特徴 [ ] 姿勢を変えた時や呼吸するとき、物を持ち上げる時に痛みが現れるのが特徴で、発症している時に咳やくしゃみ等の生理現象から、ちょっとした外部からの力を加えられることで肋骨を骨折する危険性がある。 特にの症状が表面化しやすい中年女性に多く認められる。 また、胸椎(きょうつい)のや、の転移によっても起こる。 ただし脊柱部分に変化が現れるため、診断において発見されやすい。 またがんの転移における発症となると、痛みの影響で横になって眠ることが出来ない。 そのため、夜間でも座って眠るしかない。 漢方医学での症状の定義 [ ] 熱鬱少陽 胸部やあばらの部分が痛む、呼吸すると痛みが増す、寒くなったり熱くなったりする、胸の辺りが苦しくなる、口が苦い、喉が焼けるように渇く、あるいは落ち着かない、気持ち悪いなど。 痰飲停積 あばら部分に痛み、咳や深呼吸や寝返りを打つことで痛みが激しくなる。 あばら部分が膨れて支える。 肝気鬱結 あばら部分が膨れて痛む。 痛みが感情の変化によってひどくなったり軽くなったりする。 体の内側で起こる摩擦で、あまり他人に説明しようのない煩わしさが伴う。 これを胸中煩悶感といい、「イライラ感・動悸・不眠・のぼせ・体が急にカーッと熱くなって発汗する」などの症状が伴う。 血瘀停着 あばら部分に刺すような痛みがある。 痛む場所がいつも同じ。 夜になると痛みが激しくなる、時に局部が赤く腫れ上がったりすることがある。 また腋の下のくぼみ辺りに位置するリンパ節が膨れ上がることがある。 肝陰不足 いつもあばら部分に鈍痛があり、目のかすみ、耳鳴り、手足のしびれ、皮膚につやがない。 気血両虚 痛みはひどくないが、なかなか治らない。 疲れると痛みがひどくなり、休むと軽減する。 顔色が悪い、疲労倦怠食欲不振など。 治療 [ ] 一般的には鎮痛薬を服用したり、患部に湿布を塗布して様子を見る。 外傷による発症の場合はろっ骨を固定するための器具を使用する。 長引くようであれば局所麻酔薬を使用して神経をブロックさせる。 また東洋医学に代表される鍼治療、低周波治療が有効とされる場合もある。 ただし注意すべきは肋間神経痛と似た痛みがの可能性がある。 肋間神経痛の治療法を続けていても快方に向かわず、痛みが周期的に継続する場合は狭心症もしくは他の臓器系の疾患を疑って早期診断を受けるべきである。 病院での相談窓口 [ ] 症状によって科が異なるが、脊髄の病変、捻挫等による関節の異常、運動痛によるものは整形外科。 運動痛によるものではなく、神経痛や関節の違和感、しびれなどによるものは内科とされる。 ただし、症状は原因はさまざまのため、医療機関で適切な指示を受ける必要がある。 関連項目 [ ]•

次の