ショパン練習曲10。 ショパンエチュード(練習曲)難易度【10段階評価】

ショパン『エチュード』の難易度について。ピアノ練習方法も紹介

ショパン練習曲10

上級者用ですね。 練習曲と言えば、 簡単な曲からだんだん難しい曲へとステップアップするのが普通ですよね。 ショパンのエチュードは違います。 いきなり超難易度の高い曲から始まります。 ショパンはエチュードを 27曲残しています。 作品10と、作品25が、 それぞれ12曲と、番号のない3曲です。 ショパン自身は番号を付けただけで、後に、番号だけでなく、 曲にあった愛称で呼ばれ、有名になっている曲も多いです。 作品10、最初の2曲 Op. 10-1 ハ長調 (「滝」「階段」と呼ばれています。 ) Op. 10-2 イ短調 (「半音階」と呼ばれています。 ) の 難易度は最高で、10段階の10あります。 ショパンの曲が弾きたかったらショパンの曲を練習すると良い。 と言います。 というのも、 ショパンは他の作曲家とは少し違うので、 他の曲を練習するよりもショパンの他の曲を練習して、 ショパン独特の演奏に慣れるのがおすすめなのです。 そして、 いきなり超難易度の曲から練習するのはお勧めできません。 先ほど挙げた、 比較的難易度の低い曲から練習してください。 あるいは、エチュードではない曲を練習してから 難易度の高い曲に挑戦してください。 練習曲とはいえ、 ショパンの曲はただ練習するためのものではありませんから、 技術だけでなく、芸術的、音楽的な表現もできるように 弾くことができるようになりたいですね。 しかも、この曲を弾きこなせるか! と、まるで挑戦しているかのように 最高に難しい曲から始まります。 この練習曲を練習する前にします。 ショパン独特の超難易度の練習曲を技術的にも芸術的にも身に付ければ ショパンも認めるピアニストと言えるのではないでしょうか。

次の

エチュード集(練習曲集) Op.10 CT14

ショパン練習曲10

上級者用ですね。 練習曲と言えば、 簡単な曲からだんだん難しい曲へとステップアップするのが普通ですよね。 ショパンのエチュードは違います。 いきなり超難易度の高い曲から始まります。 ショパンはエチュードを 27曲残しています。 作品10と、作品25が、 それぞれ12曲と、番号のない3曲です。 ショパン自身は番号を付けただけで、後に、番号だけでなく、 曲にあった愛称で呼ばれ、有名になっている曲も多いです。 作品10、最初の2曲 Op. 10-1 ハ長調 (「滝」「階段」と呼ばれています。 ) Op. 10-2 イ短調 (「半音階」と呼ばれています。 ) の 難易度は最高で、10段階の10あります。 ショパンの曲が弾きたかったらショパンの曲を練習すると良い。 と言います。 というのも、 ショパンは他の作曲家とは少し違うので、 他の曲を練習するよりもショパンの他の曲を練習して、 ショパン独特の演奏に慣れるのがおすすめなのです。 そして、 いきなり超難易度の曲から練習するのはお勧めできません。 先ほど挙げた、 比較的難易度の低い曲から練習してください。 あるいは、エチュードではない曲を練習してから 難易度の高い曲に挑戦してください。 練習曲とはいえ、 ショパンの曲はただ練習するためのものではありませんから、 技術だけでなく、芸術的、音楽的な表現もできるように 弾くことができるようになりたいですね。 しかも、この曲を弾きこなせるか! と、まるで挑戦しているかのように 最高に難しい曲から始まります。 この練習曲を練習する前にします。 ショパン独特の超難易度の練習曲を技術的にも芸術的にも身に付ければ ショパンも認めるピアニストと言えるのではないでしょうか。

次の

ショパンの名曲10選!ショパンの有名曲・代表曲のおすすめをご紹介

ショパン練習曲10

ショパンの作品中、もっとも有名な曲のうちの一つです。 主題の旋律は大変美しい旋律であり、リストはこの曲に対して【これほど美しい旋律を今まで書いたことがない】と言ったと言ったそうです。 この箇所については、演奏技術面ではさほど難しくありません。 一方、中間部の両手の6度のパッセ-ジが連続して出現する箇所が 異様に難しいというのが特徴です。 この曲が弾きたくてピアノを始めたという方もいらっしゃると思いますが、 まずは主題の部分だけ演奏できるようにすると良いでしょう。 中間部は確実に壁にぶち当たりますので、ある程度練習を積んでから、 再び中間部にチャレンジしてみて下さい。 ちなみに101回目のプロポーズというドラマが昔大流行していたことがありましたが、 そのときに武田鉄也さんが一生懸命練習していた曲がこの曲です。 このドラマがきっかけで、別れの曲の楽譜が飛ぶように売れまくったそうです。 ショパンエチュード第4番 OP. 10-4 ショパンエチュード臭の中でも非常に有名な曲です。 この曲にはエピソードがあり、ショパンが祖国ポーランドからパリに来る途中、故郷のワルシャワで革命が起こり、ロシア軍によってワルシャワが鎮圧されたという通報を受けたショパンが 憤慨の念を込めて作曲したと言われています。 左手の徹底的な練習曲なのですが、革命という名に相応しく、左手の連続はまるで 【怒りの溶岩】のようです。 革命の録音をしている演奏者は星の数ほど存在しますが、いままで聴いてきた演奏の中で もっとも凄みを感じたのは、ショパンコンクールでのブーニンの演奏です。 上記動画は貴重なコンクール当時の映像ですので必聴です。 ショパンエチュード第13番 OP. 25-1【エオリアンハープ】 右手の3度のパッセージの徹底的な練習曲です。 3度というのは人間の手の構造上、非常に動かしにくい動作であり、 楽譜の種類によっては指使いの指示が随分異なっているようです。 エチュードの中でも屈指の難曲といわれている曲ですが、 指使いの指示によっては、難易度が随分変化しますので、 今の指使いでうまく演奏できないのであれば、別の指使いで 試してみるというのも良いかと思います。 ちなみにショパンコンクール第5回ではアシュケナージが この曲を物凄いスピードであっさりと弾ききったということで 審査員をアッと驚かせたそうです。 ちなみに上記動画はショパンコンクール第10回でのポゴレリッチの演奏です。 かなり早いテンポでアッサリと演奏しているのには驚かされます。 ショパンエチュード第19番 OP. 25-7 木枯らしとして知られているショパンのエチュードの中でも 有名な曲です。 冒頭の4小節のパッセージが主題となっていて、これに装飾音を大量に付した状態で、 高速なパッセージをひたすら繰り返していくという形式になっています。 右手はあまり力を入れすぎると途中でバテてしまって最後まで持ちこたえることが できなくなりますので要注意です。 中間部では左手で高速なパッセージを演奏する箇所に切り替わりますが、 ここで右手を十分に休養させるようにしましょう。 この曲はショパンエチュードの中でも難易度が高く、かつ聴き手に大きなインパクトをもたらす曲です。 特にコンクールの場になると、自分をいかにアピールするかが 競われる場であるので、できるだけインパクトの強い曲を 多くの演奏者が選択するようです。 ちなみにショパンコンクールでは、エチュードの曲を選択する必要があるのですが、 最も演奏される機会の多い曲が、この木枯らしだそうです。 ショパンエチュード第24番 OP. 25-12【大洋】.

次の