いとこの子。 いとこの子供のご祝儀の相場は?欠席する場合の結婚祝いの金額は?

続柄

いとこの子

いとこ 両親の兄弟姉妹(おじ、おば)の子供 はとこ・またいとこ 両親のいとこ(いとこ違い)の子供 であることが分かると思います。 自分と親族の間柄を示す等級のことを 親等と言いますが、自分から見ると 「いとこ」は4親等、「はとこ・またいとこ」は6親等ということになります。 親等で考えると、「いとこ」と「はとこ・またいとこ」は等級に違いがあることが分かりますよね。 実生活で「いとこ」と関わることが思いますが、親等で考えれば「祖父母の兄弟(大おじ・大おば)」と同じ4親等です。 近いようで遠い関係のように感じますよね。 「はとこ・またいとこ」に関しては6親等で、ひいおじいちゃん(曽祖父)・ひいおばあちゃん(曽祖母)よりも遠い存在ということになります。 と言っても両親が「いとこ」の関係なので、それほど遠い関係というわけではないかもしれませんね。 サザエさん一家の場合 「いとこ・はとこ・またいとこ」との関係が家系図を見て分かったと思います。 ここからは、国民的アニメ「サザエさん」を例に見ていきましょう。 サザエさんの家系図を簡単にまとめてみました。  誰を基準に考えるかによって、誰と誰が「いとこ」「はとこ・またいとこ」になるのかが変わります。 「いとこ」の関係 「いとこ・はとこ・またいとこ」とは結婚できる? さて、ここで気になるのが「いとこ」同士、「はとこ・またいとこ」同士で結婚できるかということ。 その答えは 「できる」です。 日本では、民法という法律の中で結婚に関してルールが定められています。 民法第734条に、親族間の結婚についての記載があります。 (近親者間の婚姻の禁止) 第七百三十四条 直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない。 ただし、養子と養方の傍系血族との間では、この限りでない。 2 第八百十七条の九の規定により親族関係が終了した後も、前項と同様とする。 出典元: 法律を見る限り、 日本では4親等以上離れていれば結婚できるということになります。 「いとこ」は4親等、「はとこ・またいとこ」は6親等になるので、「いとこ・はとこ・またいとこ」とは結婚できるというわけです。 聖徳太子の時代から「いとこ」同士の結婚はあったようですが、現在の日本では「いとこ」同士の結婚はかなり少なくなったみたいです。 ただ、 海外では事情が異なります。 例えば、アメリカでは「いとこ」同士の結婚を禁止している州がありますし、サウジアラビアでは「いとこ」同士のお見合いが多いそうです。 親族間の結婚は、それぞれの地域の文化が影響しているということですね。 まとめ 「いとこ・はとこ・またいとこ」の違いについて、理解できたでしょうか? もう一度振り返ってみましょう。

次の

「いとこの子供」って何て呼ぶの?行政書士が家系図で解説!

いとこの子

配偶者は常に相続人になりますが、他の方は上の順位(先順位)の相続人がいる場合は相続人になることが出来ません。 例えば、夫と妻、長男の3人家族で夫が亡くなった場合、配偶者と長男が相続人となります。 仮に、夫に親や兄弟がいたとしても、先順位の長男(子)がいるので相続人となることは出来ないのです。 ここで、被相続人(=亡くなった人)の兄弟姉妹の子である甥・姪について考えてみましょう。 被相続人の兄弟姉妹が相続人になるケースというのは、被相続人に子や親がいないもしくは既に他界していて、兄弟姉妹だけ(もしくは配偶者も)いる場合です。 最近は結婚しても子供のいない夫婦や、生涯独身で過ごす方も増えてきているので、兄弟姉妹が相続人となるケースも増えてきていますよね。 参考:兄弟姉妹が法定相続人となる相続で、遺産分割前に兄弟姉妹が亡くなった場合も甥・姪が実質的に相続したことになりますね。 いわゆるのケースです。 なお、甥や姪が代襲相続によって取得する財産の割合は、兄弟姉妹が取得する予定だった割合を引き継ぎます。 従兄弟(いとこ)は法定相続人にはならない! 上で、兄弟姉妹の代襲相続によって甥や姪が相続人となる可能性がある、と書きました。 では、親の兄弟の子供、つまり従兄弟(いとこ)が自分の財産を取得する可能性はあるのでしょうか?もしくは、身寄りの無い従兄弟の財産を取得することは出来るのでしょうか? 同様の理由から、自分が亡くなったときに叔父や叔母が法定相続人となることもありません。 では、いとこに身寄りがない場合、相続財産はどうなってしまうのでしょうか? この点、被相続人に相続人がいない場合、 相続財産は最終的に国庫に帰属する(国のものになる)ことになります ()。 せっかく生前のうちにいとこが築き上げた財産も、相続人がいないと国に没収されてしまうのです。 それは、なんだか残念ですよね・・・。 では、身寄りのない従兄弟(いとこ)の相続財産は為す術もなく国に没収されるしかないのでしょうか?いえ、そんなことはありません。 いとこの財産を取得する方法はありますよ!以下で見ていきましょう。 従兄弟(いとこ)が特別縁故者として認められれば財産を取得できる! 相続では「 特別縁故者」という制度が用意されており、法定相続人がいない場合に、被相続人と特別な縁故があった人は、特別縁故者として財産を貰うように家庭裁判所に申し立てをすることが出来ることになっています。 相続人がいない場合、家庭裁判所に相続財産管理人の選任申し立てをして、相続財産管理人が本当に相続人がいないかや特別縁故者がいないかなどを調査し、財産の処理をしていくのです。 なお、単にいとこというだけでは特別縁故者には該当しません。 特別縁故者として認めてもらうには以下のいずれかに当てはまる必要があります (民法958条の3第1項)。 対価をもらって療養看護をしていた看護師や家政婦等も、看護の度合いによっては特別縁故者として認められるケースもありますよ。 判例があるので紹介しておきます (大阪高決昭和46年5月18日判タ278号404頁)。 生計同一者、療養看護者に準ずる程度に被相続人との間に具体的かつ現実的な交渉があり、相続財産の全部又はその一部をその者に分与することが被相続人の意思に合致するであろうとみられる程度に被相続人と密接な関係にあった者 つまり、 「生前の被相続人との関係上、財産を特別縁故者として受け取ることを被相続人も望んでいただろうと考えられる人は特別縁故者にしましょう」ということです。 判断が難しいですね・・・。 参考までに、上記判例の事例では、従兄弟である申立者は5年間の間に故人宅を5~6回訪問しただけでしたが、特別縁故者として認められ財産の1%程度を取得するに至った様です。 家庭裁判所の考え方としては、 特別縁故者として広く認めるけど、両者の関係の大小によって受け取れる金額を変えてバランスを取っているようですね。 なお、特別縁故者の制度は自ら申立をしなければ使うことは出来ません。 最終的に認められるかどうかは別として、親戚なのであれば申し立てをしたほうがいいかもしれないですね。 特別縁故者として認められるには、通常の付き合いを越えた関係性だったことを証明する証拠が必要となります。 仲が良かったや精神的な支えになっていたといった客観的証拠がないものだと、裁判所は認めてくれないと思っておいた方がいいでしょう。 遺言で従兄弟(いとこ)に財産を渡す! 上述したように、いとこは法定相続人ではないので、放っておくと財産を取得することは出来ません。 家庭裁判所が特別縁故者として認めてくれれば、財産を取得することは出来るでしょうが、特別縁故者として認められるとは限らないですし、いくら貰えるかは裁判所の裁量によるので、たくさん貰える保証はどこにもないです。 そこで、 役に立つのが遺言ですね。 被相続人が生前に遺言を作って、いとこに財産を渡す旨書いていれば、いとこは問題なく全ての財産を取得することが出来ます。 配偶者や子、親以外の方が相続によって財産を取得する場合、となります。 なお、身寄りがいない場合は、遺言書を作っても遺言に書いていることを実行する人がいなくて問題になるケースがあります。 遺言を書く際は、遺言執行者を指定しておくようにしましょう。 遺言執行者は財産を取得するいとこでも構わないですし、弁護士や司法書士等の専門家でも構いません。 また、遺言を作る際には、無効になったり紛失したりする心配のない、公正証書遺言にした方が良いですよ。 甥・姪の相続はトラブルに発展する可能性がある!? 自分が亡くなったときに、「国に財産を持っていかれるよりは甥や姪でもいいから、身内に財産を受け取って欲しい」と思う方もいるでしょう。 確かに、遺言によって予め甥や姪などに財産の行き先を指定しているのであれば、特段問題は無いと言えます。 しかし、甥や姪が相続で登場する場合、思わぬ揉め事へ発展するケースもあるので注意が必要です。 例えば、以下のようなケース。 父親が亡くなり、子供3人が相続人となるけど次男が既に亡くなっている為、その子(甥)が代襲相続をする場合ですね。 相続財産は、本人が父親と同居して介護をしていた自宅不動産(1,500万円相当)と預金1,500万円だったとしましょう。 甥からすると今回の被相続人はおじいさんになるので、1,000万円は棚からぼたもち状態ですよね。 しかし、相続財産は不動産(1,500万円相当)と預金1,500万円のみです。 自宅は本人が相続してこのまま住み続けるとして、預金は1,500万円しかないので、法定相続分を満たすように分ける事はできません。 もし弟が生きていれば、「自宅は介護をしてくれた兄がこのまま住み続け、1,500万円は姉と2人で分けよう」と言ってくれたかもしれません(もちろん、兄弟でも揉める可能性はありますけどね・・・)。 しかし、それは兄弟間の場合です。 甥は兄弟ではないので、自分の権利分をしっかりと主張することが考えられます。 法律で与えられた正当な権利ですからね。 しかも、 権利は主張するのに手続きには非協力的、という厄介なケースになることもあります。 相続で揉めるのはお金持ちだけだ!と考えている人もいるでしょうが、実際には自宅+預金少々程度の家庭の方が揉める可能性は高いと言われていますよ。 この様に、相続財産のうち大部分を占める不動産があり、甥や姪が相続人として登場する場合は、生前のうちに生前贈与をしておいたり、遺言で揉めないように財産の配分方法を決めておいた方がいいでしょう。 【参考】法定相続人のいない親戚が亡くなった場合の葬式費用はどうする? 被相続人に法定相続人がいない場合、相続人でない親戚が葬儀をして、葬式費用や永代供養の費用を負担することがあります。 死亡した方に財産が無かったのであれば仕方ないですが、財産があった場合はかかった費用を返してほしいところですよね。 しかし、だからといって被相続人の通帳等を勝手に触るわけにもいきません。 このような場合、どうすればいいのでしょう? この点、被相続人に法定相続人がいない場合(もしくは不明な場合)、上でも書きましたが、相続財産管理人が遺産を管理することになります。 そして、相続財産管理人は親戚が払った葬式費用等について、被相続人との関係や財産の額、社会通念等を勘案して、必要な金額を相続財産から払い出して精算するのです。 相続財産管理人は、裁判所に権限外行為の許可審判申立して許可を得てから精算をします。 精算は相続財産を減らす行為なので、相続財産管理人の一存で行うことは出来ないのです。 従って、 法定相続人でないのに葬式費用等を支出した人は、まず利害関係人として家庭裁判所に相続財産管理人の選任の申立てをするようにしましょうね。 まとめ 被相続人の甥や姪、従兄弟(いとこ)が財産を相続できるのかについて見てきました。 甥や姪は代襲相続の結果、相続人となることはありますが、従兄弟については相続人となることはありません。 ただし、特別縁故者や遺言があれば、従兄弟でも財産を取得することは可能なので、身寄りが無くて放って置くと財産が国に持っていかれるような場合は、従兄弟に財産が渡せるように対策をしておいた方が良いでしょう。 また、甥や姪が相続人になる場合は、トラブルに発展するケースも多いので、注意が必要ですよ!•

次の

「いとこ」から見た「いとこの子ども」の呼称、その逆の呼称

いとこの子

配偶者は常に相続人になりますが、他の方は上の順位(先順位)の相続人がいる場合は相続人になることが出来ません。 例えば、夫と妻、長男の3人家族で夫が亡くなった場合、配偶者と長男が相続人となります。 仮に、夫に親や兄弟がいたとしても、先順位の長男(子)がいるので相続人となることは出来ないのです。 ここで、被相続人(=亡くなった人)の兄弟姉妹の子である甥・姪について考えてみましょう。 被相続人の兄弟姉妹が相続人になるケースというのは、被相続人に子や親がいないもしくは既に他界していて、兄弟姉妹だけ(もしくは配偶者も)いる場合です。 最近は結婚しても子供のいない夫婦や、生涯独身で過ごす方も増えてきているので、兄弟姉妹が相続人となるケースも増えてきていますよね。 参考:兄弟姉妹が法定相続人となる相続で、遺産分割前に兄弟姉妹が亡くなった場合も甥・姪が実質的に相続したことになりますね。 いわゆるのケースです。 なお、甥や姪が代襲相続によって取得する財産の割合は、兄弟姉妹が取得する予定だった割合を引き継ぎます。 従兄弟(いとこ)は法定相続人にはならない! 上で、兄弟姉妹の代襲相続によって甥や姪が相続人となる可能性がある、と書きました。 では、親の兄弟の子供、つまり従兄弟(いとこ)が自分の財産を取得する可能性はあるのでしょうか?もしくは、身寄りの無い従兄弟の財産を取得することは出来るのでしょうか? 同様の理由から、自分が亡くなったときに叔父や叔母が法定相続人となることもありません。 では、いとこに身寄りがない場合、相続財産はどうなってしまうのでしょうか? この点、被相続人に相続人がいない場合、 相続財産は最終的に国庫に帰属する(国のものになる)ことになります ()。 せっかく生前のうちにいとこが築き上げた財産も、相続人がいないと国に没収されてしまうのです。 それは、なんだか残念ですよね・・・。 では、身寄りのない従兄弟(いとこ)の相続財産は為す術もなく国に没収されるしかないのでしょうか?いえ、そんなことはありません。 いとこの財産を取得する方法はありますよ!以下で見ていきましょう。 従兄弟(いとこ)が特別縁故者として認められれば財産を取得できる! 相続では「 特別縁故者」という制度が用意されており、法定相続人がいない場合に、被相続人と特別な縁故があった人は、特別縁故者として財産を貰うように家庭裁判所に申し立てをすることが出来ることになっています。 相続人がいない場合、家庭裁判所に相続財産管理人の選任申し立てをして、相続財産管理人が本当に相続人がいないかや特別縁故者がいないかなどを調査し、財産の処理をしていくのです。 なお、単にいとこというだけでは特別縁故者には該当しません。 特別縁故者として認めてもらうには以下のいずれかに当てはまる必要があります (民法958条の3第1項)。 対価をもらって療養看護をしていた看護師や家政婦等も、看護の度合いによっては特別縁故者として認められるケースもありますよ。 判例があるので紹介しておきます (大阪高決昭和46年5月18日判タ278号404頁)。 生計同一者、療養看護者に準ずる程度に被相続人との間に具体的かつ現実的な交渉があり、相続財産の全部又はその一部をその者に分与することが被相続人の意思に合致するであろうとみられる程度に被相続人と密接な関係にあった者 つまり、 「生前の被相続人との関係上、財産を特別縁故者として受け取ることを被相続人も望んでいただろうと考えられる人は特別縁故者にしましょう」ということです。 判断が難しいですね・・・。 参考までに、上記判例の事例では、従兄弟である申立者は5年間の間に故人宅を5~6回訪問しただけでしたが、特別縁故者として認められ財産の1%程度を取得するに至った様です。 家庭裁判所の考え方としては、 特別縁故者として広く認めるけど、両者の関係の大小によって受け取れる金額を変えてバランスを取っているようですね。 なお、特別縁故者の制度は自ら申立をしなければ使うことは出来ません。 最終的に認められるかどうかは別として、親戚なのであれば申し立てをしたほうがいいかもしれないですね。 特別縁故者として認められるには、通常の付き合いを越えた関係性だったことを証明する証拠が必要となります。 仲が良かったや精神的な支えになっていたといった客観的証拠がないものだと、裁判所は認めてくれないと思っておいた方がいいでしょう。 遺言で従兄弟(いとこ)に財産を渡す! 上述したように、いとこは法定相続人ではないので、放っておくと財産を取得することは出来ません。 家庭裁判所が特別縁故者として認めてくれれば、財産を取得することは出来るでしょうが、特別縁故者として認められるとは限らないですし、いくら貰えるかは裁判所の裁量によるので、たくさん貰える保証はどこにもないです。 そこで、 役に立つのが遺言ですね。 被相続人が生前に遺言を作って、いとこに財産を渡す旨書いていれば、いとこは問題なく全ての財産を取得することが出来ます。 配偶者や子、親以外の方が相続によって財産を取得する場合、となります。 なお、身寄りがいない場合は、遺言書を作っても遺言に書いていることを実行する人がいなくて問題になるケースがあります。 遺言を書く際は、遺言執行者を指定しておくようにしましょう。 遺言執行者は財産を取得するいとこでも構わないですし、弁護士や司法書士等の専門家でも構いません。 また、遺言を作る際には、無効になったり紛失したりする心配のない、公正証書遺言にした方が良いですよ。 甥・姪の相続はトラブルに発展する可能性がある!? 自分が亡くなったときに、「国に財産を持っていかれるよりは甥や姪でもいいから、身内に財産を受け取って欲しい」と思う方もいるでしょう。 確かに、遺言によって予め甥や姪などに財産の行き先を指定しているのであれば、特段問題は無いと言えます。 しかし、甥や姪が相続で登場する場合、思わぬ揉め事へ発展するケースもあるので注意が必要です。 例えば、以下のようなケース。 父親が亡くなり、子供3人が相続人となるけど次男が既に亡くなっている為、その子(甥)が代襲相続をする場合ですね。 相続財産は、本人が父親と同居して介護をしていた自宅不動産(1,500万円相当)と預金1,500万円だったとしましょう。 甥からすると今回の被相続人はおじいさんになるので、1,000万円は棚からぼたもち状態ですよね。 しかし、相続財産は不動産(1,500万円相当)と預金1,500万円のみです。 自宅は本人が相続してこのまま住み続けるとして、預金は1,500万円しかないので、法定相続分を満たすように分ける事はできません。 もし弟が生きていれば、「自宅は介護をしてくれた兄がこのまま住み続け、1,500万円は姉と2人で分けよう」と言ってくれたかもしれません(もちろん、兄弟でも揉める可能性はありますけどね・・・)。 しかし、それは兄弟間の場合です。 甥は兄弟ではないので、自分の権利分をしっかりと主張することが考えられます。 法律で与えられた正当な権利ですからね。 しかも、 権利は主張するのに手続きには非協力的、という厄介なケースになることもあります。 相続で揉めるのはお金持ちだけだ!と考えている人もいるでしょうが、実際には自宅+預金少々程度の家庭の方が揉める可能性は高いと言われていますよ。 この様に、相続財産のうち大部分を占める不動産があり、甥や姪が相続人として登場する場合は、生前のうちに生前贈与をしておいたり、遺言で揉めないように財産の配分方法を決めておいた方がいいでしょう。 【参考】法定相続人のいない親戚が亡くなった場合の葬式費用はどうする? 被相続人に法定相続人がいない場合、相続人でない親戚が葬儀をして、葬式費用や永代供養の費用を負担することがあります。 死亡した方に財産が無かったのであれば仕方ないですが、財産があった場合はかかった費用を返してほしいところですよね。 しかし、だからといって被相続人の通帳等を勝手に触るわけにもいきません。 このような場合、どうすればいいのでしょう? この点、被相続人に法定相続人がいない場合(もしくは不明な場合)、上でも書きましたが、相続財産管理人が遺産を管理することになります。 そして、相続財産管理人は親戚が払った葬式費用等について、被相続人との関係や財産の額、社会通念等を勘案して、必要な金額を相続財産から払い出して精算するのです。 相続財産管理人は、裁判所に権限外行為の許可審判申立して許可を得てから精算をします。 精算は相続財産を減らす行為なので、相続財産管理人の一存で行うことは出来ないのです。 従って、 法定相続人でないのに葬式費用等を支出した人は、まず利害関係人として家庭裁判所に相続財産管理人の選任の申立てをするようにしましょうね。 まとめ 被相続人の甥や姪、従兄弟(いとこ)が財産を相続できるのかについて見てきました。 甥や姪は代襲相続の結果、相続人となることはありますが、従兄弟については相続人となることはありません。 ただし、特別縁故者や遺言があれば、従兄弟でも財産を取得することは可能なので、身寄りが無くて放って置くと財産が国に持っていかれるような場合は、従兄弟に財産が渡せるように対策をしておいた方が良いでしょう。 また、甥や姪が相続人になる場合は、トラブルに発展するケースも多いので、注意が必要ですよ!•

次の