2700 八十島。 2700 (お笑いコンビ)とは

吉本興業の闇営業騒動はこうして広がった。フライデー報道から社長会見まで

2700 八十島

ザ ツネハッチャンへの改名 2700は2017年8月14日に「 ザ ツネハッチャン」というコンビ名に改名した。 「ツネ」と「八十島」それぞれの名前を組み合わせた名前である。 これはTBSで放送されていたバラエティ番組「 ピラミッドダービー」の企画で、占い師に「 2700って何の意味かわからない。 誰がいて、何をする名前なのかハッキリしないと!こんな名前じゃ売れるのは50年後ですね!」と言われたことを受けての改名。 改名の候補は他にもあったが、その占い師が「ザ ツネハッチャン」が 一番字画が良いと言うのでこれに決まった。 参考: コンビ名の改名に合わせて個人名もそれぞれ、ツネから「 常道裕史(本名は常道啓史)」に、八十島は「 八十島宏之(本名は八十島弘行)」へと改名。 また、衣装や芸風も変え得意のリズムネタも封印していた。 本日からコンビ名が 2700から 『ザ ツネハッチャン』に変わります! これからツネとハッチャンを宜しくお願いします! — 2700 ツネ 2700TSUNE はい、ただ今よりコンビ名が 「2700」 から 「ザ ツネハッチャン」 になりました。 改名です。 今後は、ザ ツネハッチャン として活動していくので、 なにとぞよろしくお願いします。 — 2700八十島(アイムヤソシマ) 2700yaso しかし約1年後の 2018年8月5日、コンビ名を 「ザ ツネハッチャン」から「2700」へ戻すことを発表。 それぞれの個人名も「ツネ」と「八十島」に戻すと発表した。 改名直後こそ仕事は入ったものの、その後、芸人としての仕事がなかなか上向きにならなかったようで、 ツネは不動産会社に就職、八十島はパチプロで収入を得るなどしていた。 Twitterでは「 また踊りたい」とリズムネタへの気持ちを吐露していた。 コンビ名が変わり9ヶ月が経ちました。 運気が良くなってるのかどうかはわかりませんが、僕は不動産屋さんで、相方はパチプロ屋さんです。 また踊りたいです。 — 2700 ツネ 2700TSUNE 2018年5月頃から八十島が病気療養で活動を休止しており、八十島が復帰したタイミングでコンビ名を戻すことになった。 「ザ ツネハッチャンという名前が大きすぎて、自分の力ではどうすることもできず、元のコンビ名に戻したい」「よくよく考えてみると、 おじいちゃんみたいな名前だった」と再改名の理由を話している。 参考: 【拡散お願いします】 ファンの皆さまお待たせ致しました! 遂に八十島さんが復活します! そして、このタイミングでコンビ名を 「2700」に戻します!! 改めまして、これから2700の応援を宜しくお願い致します! さぁ久々に踊ろうかぁー!! — 2700 ツネ 2700TSUNE.

次の

2700、処分を無期限謹慎に変更 スリムクラブと同じ反社勢力の会合出席

2700 八十島

宮迫さんと田村亮さんの会見で明かした内容や各社の報道、吉本興業の発表を基に、その日から今までの経緯を、時系列で振り返る。 FRIDAY報道から、吉本興業の記者会見までの2週間 :吉本興業がカラテカ入江慎也との契約解消 6日:入江の契約解消を各社が報道 :発売の写真週刊誌「FRIDAY」が、詐欺グループの忘年会に吉本興業所属芸人が出席したことを報じる。 カラテカ入江がこの会合に、他の芸人を仲介したと報じられる。 入江はこの件が理由で契約解消された :宮迫や田村がTwitterで忘年会に出席したことを認めた上で、「ギャラはもらっていない」と説明 :宮迫、田村、HG、福島が吉本興業社員2人、吉本興業の弁護士2人と話し合う。 宮迫らは金を受け取っていたことを告白。 吉本側は「ずっと静観で行きましょう」と宮迫さんらに説明(7月20日の会見より) 6月24日:関係芸人が会社に呼ばれ「謹慎」を告げられる。 田村が「記者会見をやらせて下さい」と訴えるが、させるつもりはないと断言される。 田村が「辞めてでも、僕一人でも会見をさせてくれ」と声を上げると、岡本社長は、弁護士と社員を外に出し、芸人側に「テープを回してないか」確認した上で、「やってもええけど全員連帯責任でクビ」などと発言(7月20日の会見より) :吉本興業は、この忘年会に出席していたとされる芸人11人の謹慎を発表/雨上がり決死隊・宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号・田村亮、レイザーラモン・HG 住谷正樹 、ガリットチュウ・福島善成、くまだまさし、ザ・パ ンチ・パンチ浜崎、天津・木村卓寛、 ムーディ勝山、2700・八十島宏行、2700・常道裕史、ストロベビー・ディエゴ :吉本興業は、スリムクラブの真栄田賢と内間政成、2700の八十島宏行と常道裕史を無期限謹慎処分にすると発表。 反社会的勢力のパーティーに出席し、金銭を受け取っていたという。 7月7日:「引退してでも記者会見をやらせて」と訴えていた宮迫のマンションに吉本社員が訪れ、「引退するなんて言わないで。 話しましょう」。 (7月20日の会見より) 7月8日:宮迫と田村が岡本社長に会う。 岡本社長は「引退はさせない。 会見はさせてやる。 期間はこちらで決定」と説明。 その後、期間が明言されず不安に思った宮迫・田村側が弁護士を立てる(7月20日の会見より) 7月18日〜19日:宮迫・田村側の弁護士に吉本興業から「2人の引退会見、もしくは契約解除」を選ぶよう求める書面が届く。 宮迫・田村が吉本本社へ行くが社長には会わせてもらえず、吉本側の弁護士2人から「決定は揺らがない」と告げられる。 会社側の用意した質疑応答案を練習するよう求められ、宮迫・田村は会社主導の会見を拒否すると決める(7月20日の会見より) :吉本興業が宮迫博之との契約解消を発表。 理由は「諸般の事情を考慮し、今後の宮迫博之とのマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断」とした。 :宮迫博之と田村亮が会見を開く。 会見直前に、吉本興業が田村との契約解消する。 7月21日:吉本興業と岡本昭彦社長が、22日に記者会見を開くと発表。 7月22日:吉本興業と岡本昭彦社長が、騒動後初めて、記者会見を開く。

次の

2700のコンビ名の由来・意味

2700 八十島

アシスタント:あきげん秋山、ゲスト:2700八十島 大崎:(ゲストが)八十島さんということで(配信を見に)来てくれてる方だと色々気になってることがあると思うんですよ、大丈夫なの?みたいな(笑) 八十島:(笑)大丈夫です。 色々あったんですよ、ニュースにもなりましたけど。 大崎:失踪か?みたいな。 八十島:休養みたいな。 大崎:ジャグラーやってたんですか?もしかしてその間(笑) 八十島:その時は完全に休養してたんですけど、まあそれに至る経緯がやっぱりジャグラーでしたね。 大崎:え?何それ。 八十島:去年の12月にだんだん芸人の仕事も無くなっていって、どうしよっかなと思いまして、自分に何の特技があるかな、何のセンスに秀でてるかなってずーっと考えてた時期があったんですよ。 で、出た答えがやっぱ俺ジャグラー上手ぇな、ここにいきついたんです。 大崎:(笑)自分の方向性や将来を考えに考え。 八十島:しっかり立ち止まって考えて考えて。 考えましためっちゃ。 秋山:普通は一発ギャグ得意だとかモノマネ得意だとか俺はネタだとかなるんですけど。 ジャグラーが入ってくる? 八十島:色々ありますけども、一番はジャグラーめっちゃ上手いんじゃないかって。 大崎:(笑)そこから腹を括ってジャグラー打ちになった? 八十島:それまで遊びでジャグラー打ってたんですけども、マジでストイックに仕事以外の空いてる時間は全部ジャグラー打ってみようって決めたんですよ。 大崎:またいきなり極端やろそれは。 八十島:なんかこう人生賭けてやってみようかなって思って。 秋山:お笑いに人生賭けてやってりゃ良かったよ(笑) 大崎:(笑)そうだよ、芸人やないかい。 八十島:そうなんですよ、芸人なんすけど、今の時代ネタ番組も少ないし、なんだろうなー?でとりあえず飯食わないかんし。 これもうジャグラーでいけるんじゃないかって。 これでジャグラーでもし飯も食えてジャグラーだけ打ってるんだったら話題にもなるんじゃないかなーって思って。 大崎:まあその通りやわ。 八十島:で、やりだしたんすよね。 それが去年の12月っす。 大崎:今年はずーっと頭からジャグラー。 八十島:ほぼ一番はジャグラー。 何考えるにもまずジャグラー。 ジャグラーだったら何て言うだろう?とか(笑) 秋山:どういうこと?それ(笑) 八十島:滑ってる人見たら空回しって言うなこれはとか。 ジャグラー用語だったら何て言うだろうとか。 秋山:家族と過ごすよりジャグラーと過ごした方が長い? 八十島:そうです。 だから奥さんが「明日は家族で子供たちと遊びに行こうよ」って。 「いや待ってくれ、昨日仕事でジャグラーに行けなかったから、二日連続ジャグラー休むはジャグラーをしっかり打つって決めた俺にとって嘘をつくことになる」「頼む嫁。 明日はジャグラーに行かせてくれ」 大崎:それ奥さん大丈夫ですか。 八十島:最初は「そんなんしなくていいって」ってなってたんですけど「いやこれは俺の覚悟だ」と。 秋山:「俺は1年間毎日ネタ作るから遊びには行けない」って言ったら芸人だから格好良いですけどジャグラー打ちに行くはもう・・・。 八十島:納得なんとかしてもらって。 秋山:流石芸人の嫁。 八十島:で、twitterでジャグラーを毎日打ってそれを報告するっていうことをやりだしたんですよ。 そしたら芸人仲間から「ジャグラー毎日打ってるの面白いよ」と。 大崎:いねーもんだってそんな奴。 八十島:(笑)で、色々言われてこれやっぱ面白いって言われてる、と。 芸人やっぱ面白いに敏感なんで、あ、今俺すごい良いことしてるって。 秋山:馬鹿にされてるから。 面白いの方向性が違うんだよ(笑) 八十島:はき違えまして。 面白いと笑いになってるならオッケーつって。 でずーっとやっていってたら、途中だんだんしんどくなってくるんですよ。 大崎:そらそうだわ。 八十島:でもこれ面白いって言われてるし、「絶対仕事増えますよ」と。 パチスロ関係の仕事が。 大崎:そりゃあると思いますよ。 八十島:これで光も、飯の食い扶持とか基盤もできるかもしれないと思ってずーーっと打っていくんですよ。 で、競馬の営業行った時に競馬で8万勝ったんですよ。 で、もう満足じゃないですか。 でも毎日ジャグラー打つって決めたしっていって泣きながらジャグラー打ったり。 「俺なんでジャグラー打ってるんだろう」っていう。 大崎:一周してるやないかそれ。 八十島:一周してるんですよ。 大崎:行きたくて行ってるのに辛くなっちゃって。 八十島:辛くなっちゃってもジャグラーをうたなくちゃみたいになっちゃって。 でもこれで仕事増えると思って4か月目にそろそろ限界だなと思って。 大崎:ばっかじゃねえの(笑) 八十島:マネージャーに「パチスロの仕事1件でも増えた?」って聞いたら「いや一個もきてないです」って言われて「うーわ」つって死んだんすよ。 秋山:それで休んだんだ。 八十島:休ませてくれ!!もう何もしたくないわ、っていう。 大崎:本当にジャグラーのせいやないかそれ!(笑) 八十島:(笑)それでの休養期間だったんですよ。 大崎:その間はジャグラーにも触らずに? 八十島:触らずに。 大崎:本当に休んだんだ。 八十島:はい、とにかくペカりも見たくないという時期があったんです。 大崎:(笑)どんだけ自分で追い込んどんねん。 凄いなー。 八十島:やっぱり適度に楽しむ遊びなんだなと。 パチスロって。 大崎:その時はやっぱりジャグラーもう大嫌いってなりかけてたってこと? 八十島:嫌いにはならないんですけど、訳わからないです、ペカるって何だろうみたいな。 大崎:本当おかしいなってたやん。 八十島:はい。 でも一応勝ってたんで、何とか良かったみたいなかんじでしたけど。 秋山:確かに負けてたらただのよくある依存症の。 大崎:一番典型例でマスコミがまた掻き立てますよね、「スロットで人生おかしくなった八十島」みたいなね。 八十島:それで休養して一回自分見つめ直して、まず「俺芸人じゃないか」と。 秋山:気づいた!そこで! 八十島:「何俺ずーっとジャグラー打ってるんだ」と。 ネタ作らな!ってなったんですよ。 で、単独ライブを10月くらいにやりまして、でようやく芸人に戻ったなってなったんすけど。 それが終わった後に別に仕事も増えてないし。 単独ライブもやったけどだからといって仕事が増える訳でもないし、俺どうしようかなって。 大崎:真面目な性格ですか?昔から。 突き詰めちゃう感じの人なの? 八十島:いや、初めての突き詰めでしたね。 ネタも別に勉強せずにこういうの面白いんじゃないかなって思ったので何とかやってきたみたいな奴なんですよ。 で、マジで一回真摯に向き合ってみよう、マジで本気になってみようって始まったのがジャグラーっす。 初めての真面目。 大崎:ちょっとあの・・人生にあんまり良い影響を及ぼしてないんじゃないですか?ジャグラー。 秋山:ジャグラーが悪いみたいな(笑) 八十島:いやいやいや、(単独が)終わった後にどうしようってなった時にやっぱ俺ジャグラーが好きだなってなって今もまたジャグラー打ってるんですよ。 大崎:でもそれ繰り返しがあるんじゃないですか?また嫌みたいな。 八十島:心配しないでください。 今はちゃんと土日は家族サービス、仕事がある日は行かないとか、休みの日も取りますし。 大崎:適度に遊ぶものやからね、パチスロは。 八十島:9500ゲームを5日間ずーっと回すとめちゃくちゃ肩と腰痛くなって。 大崎:当り前じゃ(笑) --------------------------------------------------------------- 大崎:ジャグラーもうええわ、芸の方はどうなってるんですか。 八十島:芸はこの一年、ちょっとジャグラーしまくったんで、来年から二足の草鞋。 秋山:いやずっと二足だったでしょ(笑)何だったらジャグラーの方はときどきでよかったよね? 大崎:ジャグラーが主になってますけど。 おかしい話になってるけどね。 秋山:一個一個しかできなかったんですね。 八十島:一個一個しかできなかったんです。 これをちゃんとこう使い分けるような大人になりたいなと。 そろそろ子供卒業したいなと思いまして。 大崎:ジャグラー打ってる時ってネタがピーンって降りてくるみたいなことってあったりすんの? 八十島:ありますあります。 僕の一番有名なのはまあ右ひじですけども、キングオブコントで一回かけたキリンスマッシュっていうネタがあるんですよ。 キリンが出てきてスマッシュするかレシーブするかっていう二択なんですけど。 あれが浮かんだのは緑ドンっていう台のビリータッチ、あの時に二分一どっちにしようかなーって悩むときにくーってなるこの気持ちをネタで体現したい。 秋山:頭おかしい本当に。 八十島:だから打ってる時に浮かぶこともあります。

次の