趣味 婚活。 【婚活】習い事・趣味で出会いが生まれるおすすめ恋活・婚活サービス

婚活でモテる趣味ベスト5|婚活プロフィールに書くならこれ!

趣味 婚活

婚活時に「すてきな趣味ですね」と、言ってもらえる趣味を書いてみたいですよね。 婚活パーティーなどで書くプロフィールシートの趣味の欄は、結婚後の二人の生活を想像させる重要なポイントです。 どんな趣味を書くかで相手にどんな印象を持ってもらいたいかを操作することもできます。 趣味の欄で、気になる男性との距離がぐっと近づけることも可能です。 「もっと一緒にお話ししたい」と思われる女性は、趣味の欄にさり気ないアピールポイントを忍ばせています。 今回は、「婚活で男ウケがいい趣味7選とは?」をご紹介いたします。 婚活で男ウケがいい趣味7選とは? 料理 独身男性は、コンビニやインスタントで食事を済ませてしまう人がほとんどです。 男性のイメージでは、結婚=手料理と言っても過言ではありません。 おいしい手料理は、男性の永遠の憧れです。 料理が趣味の女性は、結婚への必須アイテムです。 趣味を料理と書くと、男性が気になるのは「得意料理」や「普段どんな料理を作っているか」です。 その際、「ハンバーグ」「カレー」などと答えるのも良いですが、さらに他の女性と差をつける答え方があります。 節約家、家庭的なイメージをつけ加えて答えることです。 例えば、「普段は、冷蔵庫の中にあるものでパパっと作る事が多いです。 この前は、ハンバーグを作りましたよ」と言うようにしましょう。 冷蔵庫の中のもので、おいしい料理を作ってくれる女性はまさに理想のお嫁さんです。 読書 読書好きな女性は、知的なイメージを持たれやすいです。 好きな本とジャンルくらいは答えられるようにしておくと良いでしょう。 1人の時間を有意義に過ごすことができる女性は好感度が高くなります。 ある結婚アドバイザーの話によると趣味が読書の婚活女性の成婚率は、8割と言われているそうです。 これは、男性の仕事や趣味を理解する知識があり読書を通して、理解を深め合える方が多いからです。 そして、女性は「自分磨き」というとどうしても外見のみを磨きがちです。 確かに、華やかな女性を連れて歩くことを夢見る男性もいます。 しかし、結婚となると華やかさだけではなく、お互い一緒にいて心地よい関係かどうかが、ポイントになります。 お互いを理解するだけの器量や知識は、本を介して得ることができます。 読書によって得られた知識は、時に男性の仕事を応援したり良いアドバイスに繋がります。 もし、本を読むことが好きなのであれば迷わず趣味の欄に読書と書くことをおすすめします。 温泉旅行 男性に、癒し系のイメージを持ってもらうのであれば温泉を趣味の欄に書くと良いでしょう。 バリバリで仕事をこなしている男性なら、「たまには温泉で一息つきたいな」と思う人も多いはずです。 趣味が温泉旅行の女性は、デートにも誘いやすく一緒に温泉に行ってくれるベストパートナーです。 のんびりとお湯につかることが好きな女性は多いはずですので、書きやすい項目です。 旅行でも、控えたほうが良いのは海外旅行です。 海外旅行は、お金がかかるイメージが強く相手に「付き合ったら、出費がかさむ女性だな」と思われがちです。 出来るのであれば、国内の温泉旅行あたりでとどめておくと好印象です。 映画鑑賞 映画は、デートの定番コースです。 趣味が映画鑑賞なら、デートコースにも取り入れやすいので男性も会話しやすいジャンルと言えるでしょう。 会話の際、好きな映画のジャンルを男性に尋ねられたときのことも考えておきましょう。 最新作などは、チェックしておけば安心です。 話題の作品などがあれば、男性との会話のネタにもなります。 最近みた映画や好きなジャンルを書き足すのも良いでしょう。 映画鑑賞は、定番の趣味です。 映画鑑賞だけでは押しが弱いので具体的に書くことで、男性があなたの趣味を想像させやすい状態を作ってあげましょう。 想像しやすい趣味のほうが、男性もあなたに安心感を抱きやすくなります。 身体を動かすこと スポーツをする女性は、健康的で明るい女性のイメージがあります。 身体を動かすことが好きなら、どんなスポーツにも一緒に挑戦できます。 「運動が苦手な男性にはウケはいまいちなんじゃない?」そんな心配がよぎりますよね。 いいえ、そんなことはありません。 身体を動かすことは、「登山」「ヨガ」などの本格的なものではなくてよいのです。 「いつもより一駅歩く」や「週に1回ジムに行く」などの日常生活にちょっとひと手間かける程度でも良いのです。 婚活女性の中には、スニーカーすら持っていない方もいます。 運動が苦手な女性が多いので、身体を動かすことが好きな女性は大勢の中でも男性に印象付けることができます。 あまりストイックな印象を持たれないように男性が参加しやすい範囲の「身体を動かす趣味」を用意しておくと良いでしょう。 マッサージ デスクワーク男性に人気の趣味にマッサージがあります。 「足裏マッサージの勉強をしました」や「首・肩のアロママッサージをお休み前にしています」など付け加えればポイントが高くなります。 マッサージが趣味の女性には、「癒し系」「仕事で疲れて帰ってきても支えてくれそう」というイメージがあります。 特に結婚に安心感や癒しを求めている男性にはウケが良い趣味です。 気を付けたいのは、あまり凝り過ぎないことです。 「マッサージが趣味だなんて、めずらしいですね」と男性に褒められることが多いでしょう。 褒められると、嬉しくなってついマッサージについて説明してしまいがちです。 マッサージについての知識を披露するよりもあなたの魅力をもっとアピールしましょう。 「マッサージで人を癒したい」「ゆったりとした時間を過ごしたい」など癒し系のイメージをアピールすると良いでしょう。 男性もそんな優しい雰囲気を持つあなたに好印象をもつでしょう。 アウトドア 清楚なファッションで趣味に「アウトドア」と書くと、男性に「お!」と思わせることができます。 「こんなに清楚な子がアウトドア趣味だなんて意外だな」と意外性で会話を盛り上げることもできます。 アウトドアときいて女性には難易度が高い趣味に思いがちです。 しかし、アウトドアは釣りや山でのキャンプなどだけではありません。 最近では、アウトドア初心者でも挑戦できる日帰りキャンプもあります。 婚活世代は、自然の中で楽しめる趣味をもつ女性が少数派のため、好感をもたれやすいのです。 しかも、アウトドアはどちらかというと男性が趣味の場合が多いジャンルです。 アウトドアが好きな男性は、デートにも誘いやすくなります。 共通の趣味は結婚後の生活も円満にする 今回ご紹介した「婚活で男ウケがいい趣味7選」はいかがでしたか?結婚すると、長い時間一緒にいるのでお互いの良いところ、悪いところが見えてきます。 嫌なところが見えてしまったら愛が覚めてしまうのでは?と心配になってしまいがちです。 じつは気持ちのすれ違いを予防するにも、趣味は大きな役割があります。 特に、夫婦で共通の趣味を持つことは、仲良し夫婦への近道です。 共通の趣味やお互いが相手の趣味に興味を持つことで相手を理解し、ケンカの防止やストレス発散に役に立つからです。 結婚後のためにも趣味をアピールする際には、二人で共有できるようなものがおすすめです。 今回紹介した趣味は、一緒に楽しむことができるものばかりです。 男受けのいい趣味を知ることは婚活を成功させる有効な手段です。 これから本や雑誌で学んでも十分に間に合います。 少しでも気になる趣味があったら、ぜひ習得してみましょう。

次の

【婚活】習い事・趣味で出会いが生まれるおすすめ恋活・婚活サービス

趣味 婚活

目次(Contents• 料理 料理が趣味という女性は、家庭的で女性らしい印象です。 それだけで「お嫁さん候補」としてみてもらえるくらい、モテる趣味です。 ただ「料理が趣味です」と答えると、少しわざとらしく聞こえてしまうことがあります。 そこであざとく聞こえないようにひと工夫して答えましょう。 「趣味になるかわかりませんが、料理をするのがストレス解消になっています」 料理をすることが自分の楽しいひと時になるという言い方をするのです。 このようにいうと、本当に料理が好きだという印象を与えることができます。 また料理を趣味にする場合には、他に聞かれるであろうことも一緒に考えておいてください。 得意料理• 和洋中でよくつくるもの• 料理頻度 そして実際に料理ができなければ趣味にはできませんので、日頃から料理をしましょう。 得意料理は和食にするとさらに好印象ですので、練習しておくことをオススメします。 サッカー• バスケット• ラグビー このようなメジャーなスポーツから、オリンピックやワールドカップの種目など。 スポーツ全般に興味を持つようにすると良いです。 スポーツ観戦は一緒にすることで盛り上がります。 気持ちも一つになるので、距離も縮まりやすいといえるでしょう。 まずは自分の特に好きなスポーツと、応援するチームを決めましょう。 そして試合観戦などをして、スポーツ観戦をマスターしてみてください。 スポンサーリンク 映画鑑賞・読書 映画鑑賞や読書は文系で知的なイメージがあります。 趣味として答えると、少し控えめで落ち着いた女性という印象をつけることができるでしょう。 この場合、オススメ映画やオススメ本を聞かれます。 そのときに、オススメする理由と合わせて伝えることができるとよいでしょう。 メジャーでランキング上位になっているようなものではなく、マイナーでも自分が良いと感じたものの方が本当に趣味として好きなんだと思ってもらえます。 また映画鑑賞を趣味にしていると、男性はデートに誘いやすいという利点もあります。 初回のデートを映画にすると成功率が高いといわれていますからね。 映画好きの女性であれば、一度誘ってみようと思えるものです。 音楽 音楽が趣味という女性は明るい印象があります。 音楽といってもさまざまなジャンルがあるので、どんなことが好きなのかを具体的に答えると良いでしょう。 ライブ 好きなバンドや歌手がいて、ライブに行くのが趣味だという人もいます。 これがアイドルであると男性は引いてしまうこともあるので注意してください。 カラオケ カラオケで歌うのが趣味でよく行くというのも良いですね。 明るくて楽しい女性だというイメージがあります。 男性もカラオケが好きであれば意気投合するのも早いでしょう。 楽器 ピアノやドラムなど演奏するのが趣味という人もいます。 これもモテる趣味の一つです。 特にピアノを弾く女性は、お嬢様のようなワンランク上の見方をしてもらえます。 楽譜を見ないでもピアノを弾ける女性はポイントが高いでしょう。 ジョギング 女性の趣味がジョギングであると、とても頑張り屋でまじめな人というイメージがあります。 またエネルギッシュでストレスをため込まないような爽やかな印象もありますね。 これは男性にモテる趣味であるといえるでしょう。 いつも何キロくらい走っているのか• 目標としている出場マラソンはあるのか• だいたいのタイム このようなことを明確に答えられると良いでしょう。 マラソンを趣味としているからには42. 195キロのフルマラソンの経験をつくっておくと良いですね。 食べること 女性は少食の人よりも、美味しそうに食事をする人の方がモテます。 ダイエット中だからといってレストランでサラダだけ頼むような女性もいますが、男性はドン引きしているものです。 食べることが趣味で、美味しいものを食べることに幸せを感じるという女性に男性は好感をもちます。 一緒に食事に行っても楽しそうな印象を受けるのです。 それにスタイルのよい細い女性よりも、少しくらいふっくらしていて女性らしいラインの女性の方が男性は好きなものですからね。 食べることを趣味と答える女性は親近感もあり、可愛らしい感じもします。 簡単に趣味にすることもできるので、オススメです。 手芸 縫い物や編み物や女性特有の趣味ですよね。 男性は細かい作業が苦手なので、なかなか手芸に手が出ないものです。 そのため、手芸が趣味だと聞くと女性らしさを感じるのです。 「今冬のセーターを編んでいる」 「このバックも自分でつくった」 と具体的な作品も紹介しておくと良いでしょう。 手芸が趣味の女性は控えめで尽くしてくれるような女性というイメージもあります。 男らしい男性には特に印象の良い趣味だといえるでしょう。 アウトドア・旅行 アクティブでアウトドアや旅行が趣味という女性もいます。 同じようにアクティブな男性には共通の話題が多いので好印象です。 またインドアな男性にも、自分とは対照的であることで興味をもつでしょう。 とくに一人でも旅行に行くという女性には、たくましさも感じます。 何かに捕らわれずに自由に自分の行きたい場所に行ける女性は素敵ですよね。 今まで行った場所で印象に残っている場所などを会話のネタとして用意しておくとよいでしょう。 多くの人が趣味として掲げているものが多いので、良くも悪くも目立つことはないでしょう。 もし注目される趣味で興味を引きたいのであれば、もう少しマニアックなことを答えると良いです。 フィギュア集め• 山登り• 城めぐり• 日本の歴史• 政治経済• 水族館めぐり• 釣り このように少しマニアックな部分に注目して趣味にしましょう。 趣味を二つにして、一つはメジャーな趣味。 そしてもう一つは少しマニアックな趣味にしても良いでしょう。 マニアックな部分に興味を持ってくれる人とは一気に仲良くなれますよ。 またマニアックな趣味を持つことで、少し他の女性とは違う魅力も感じるものです。 ちょっと人とは違うもので興味のもてることを見つけてみると良いでしょう。

次の

【婚活】習い事・趣味で出会いが生まれるおすすめ恋活・婚活サービス

趣味 婚活

婚活では様々なシーンで年齢、職業、趣味、特技、収入、資産、家族構成、飼っているペット・・・など、あらゆる情報を相手に伝え、相手はその情報を参考に自分に合う人なのかを、判断していきます。 直感で判断される場合もありますが、容姿や声などの表面上の第一印象に影響する情報とは別に、内面の情報としてこれらのプロフィールの内容が婚活ではとても大切です。 今回はその中でも話が広がりやすい「趣味」について、婚活で有利な、あるいはモテるものに注目して、紹介していこうと思います。 そもそも趣味と言っても、自分の中でこれ!というものがある人ばかりではなく、漠然としたもの、抽象的なものであったり、その時々で変わったりします。 長い年月をかけて続けている趣味であれば、迷わず相手に伝えることもできますが、浅く広く、趣味の多い人、あるいは趣味がほとんどない人は、どんな趣味を婚活のシーンで相手に伝えるべきかを考えてみましょう。 どんな趣味がモテて、なぜモテるのか、男性はそのあなたの趣味を聞いてどのような想像をして、どのような効果をもたらすのかを紹介していきます。 気になる男性にモテる趣味ランキング モテる趣味5位:ピアノ、バイオリン、華道、茶道など 5位には王道系モテ趣味、あるいは特技といえるものがランクイン。 これらの趣味は古風な女性、清楚な女性、知的な女性、芸術的な女性、家柄の良い女性、お嬢様・・・などを男性に印象付けます。 もちろんあなたの容姿とリンクして男性はイメージするのですが、総じてこの様なことを想像します。 結婚相手としては、このようなイメージは、男性にとって好印象なことが多いです。 また、 中流以上の良い家庭に育った女性で、安心できる結婚相手と思われることも多いのではないでしょうか。 ただし、こちらの趣味は技術が伴うものなので、ある程度実際の経験がないと書くわけにはいきません。 長期的に見ると、本当ではないことを書いた場合、どこでウソがばれるかわかりませんので、実際に趣味としてやっている方、また過去にある程度の経験がある方にとってのみ、とても効果的な趣味と言えるでしょう。 モテる趣味4位:スポーツ(観戦) 一般的に、スポーツ好きの男性は世の中に多く、野球やサッカーは定番です。 スポーツや観戦が趣味とわかれば、一緒に楽しめるかも!と好印象を持ってもらえるかもしれません。 野球もサッカーもルールを知らないし、、、とお困りの女性でも、ワールドカップやナイター中継を見ることがある人は多いと思います。 やったことはなくても、少しでも興味があり、観戦を楽しめるのであれば、十分趣味として書いても大丈夫です。 私はルール詳しくないんだけど、、、と前置きをして、あの時のワールドカップは私も見てた!なんて程度でも十分に興味を持たれ、あなたとなら楽しく過ごせると思ってくれるかもしれません。 また最近は、ジムに通い、ランニングや筋トレを楽しむ方が男性も女性もたくさんいます。 ジムに行っていることもスポーツの一種と言えますし、ヨガなども良いと思います。 実際、スポーツをしている人は健康的で活発、美容にも幅広く興味を持っていると思われ、男性はきっと好感を持つでしょう。 モテる趣味3位:旅行・お出かけ こちらの趣味もとても会話が膨らみます。 最近行った場所や、印象に残った旅先をプロフィールに添えて書いておくとより良いでしょう。 相手も行ったことがあるような定番のスポットや、意外性のある場所が特に有効です。 必ずしも海外や、国内の遠くである必要もありません。 東京で言えば、浅草などの王道観光地や、高尾山、奥多摩などのアウトドアスポットは、 行ったことがある人であれば共通の話題として、行ったことがない人であってもすぐに行ける場所なので話も広がりやすく、効果的です。 逆にあまりにもマニアックな場所だと、興味が薄れる場合もあるので注意が必要です。 たまたま、ぴったり当てはまった時のインパクトは大きいですが、婚活上級者向けの、高等テクニックといえるでしょう。 旅行から派生する趣味として、温泉、トレッキング、山登りなども、具体的で良いかもしれません。 また、じゃあ今度〇〇に一緒に行こうよ、と次につながりやすく、趣味としても有効です。 海外旅行が好きな人は、あまり具体的に複数の海外の地名を入れすぎると、お金がかかるイメージになりますので、自分がターゲットとしている相手の立場を考えて書きましょう。 結婚して、家族となってからも海外旅行に頻繁に行ける高収入な男性は、そんなには多くないはずです。 モテる趣味2位:映画鑑賞・読書など こちらも定番の趣味ですが、やはり上位にランクイン。 映画を趣味に持ってくるときのメリットは、最近見た映画について気軽に話を膨らませることができる点です。 相当な映画好きである必要はなく、今年映画を数回見た程度でも趣味として立派に成り立ちますのでプロフィールに載せてみましょう。 最近では、動画配信サイトで、自宅でも気軽に映画を楽しめる機会が増えてきているので、趣味として今から始めようと思っている方にも、おすすめです。 好きなジャンルの傾向からあなたとのこれからが想像しやすくなったり、インドアでも一緒に楽しめることがありそうだと良い印象を与えられるはずです。 また、最近話題の映画について触れてみると、「今度、是非一緒に・・」となるかもしれません。 次の約束に進むツールになるという効果ももたらします。 一方、読書はジャンルが多く、好みがぴったり同じになる確率は低いかもしれません。 しかし、相手には おしとやかで、知的なイメージを持ってもらえます。 スポーツやアグレッシブな男性ではなく、インドア派の男性にはかなり好印象なのではないでしょうか。 堂々の1位:料理・お菓子つくりなど とてもオーソドックスですが、王道であり確実で当たり障りのない第一位はやはり料理です。 昔から「男の胃袋をつかめば・・・」などと言われる様に、男性は女性に美味しい料理を期待をします。 そして、趣味を料理やお菓子づくりと答えることで、相手に与える最も大きなインパクトは、その 料理をしているあなたのイメージから家庭的な女性であると思ってもらうことです。 多くの男性は家庭的な女性を好み、そういう人であるほど、結婚に結びつけやすいです。 料理ができる人なら、その他の家事、例えば裁縫や掃除なども得意なんだろうなと想像し、家庭的なあなたのイメージを膨らませます。 優しいお母さん像に当てはめる人もいるかもしれません。 料理という趣味はほとんどの男性にとって、結婚相手の女性として、最も参考にしている趣味と言っても過言ではありません。 まさにダントツであり、有効な趣味です。 ある程度料理をする人であれば、婚活では趣味にこの「料理」をぜひ使ってみましょう。 またその際は、得意な料理(よく作る料理)などを添えるとより効果的です。 番外編・・・これはNG!? 避けたほうが無難な趣味として、ブランド品集め、ディズニーやキャラクター物品収集、ゲーム、お酒、ギャンブル、アイドルなどがあります。 もちろん男性と一致している場合は一緒に楽しめ、抜群に良い趣味と言えるのですが、ほとんどの場合は印象が良くありません。 特にこれらの趣味が自身のファッションや身の回りのアクセサリー・小物のデザインにまで反映されていると危険です。 今回は詳しく述べませんが、 少数派であったり、マニアックで、個性的であると、一緒に楽しむのは無理そうと思われたり、お金がかかりそうだし、理解してあげられないなと思われることが多いようです。 たまたまぴったり一致した趣味でない限り、場合によっては無関心、嫌悪感にまでつながる場合もありますので、要注意。 趣味の内容が、「お酒」や「ギャンブル」の場合は、例えばワインやシャンパンのソムリエであったり、お父さんが馬主で競馬や馬そのものが好きなパターンもあり、これらのケースではむしろ有効な趣味となります。 人とは少し違った趣味を紹介する際には、表現の仕方に注意する必要がありますので、お気をつけください。 まとめ オーソドックスな趣味ばかりが上位に並ぶ結果となりました。 ・共通の話題を持てる(部分的にでも一致している確率が高い)、共感につながる ・良いイメージを与える、良い想像をさせる ・その趣味の話題で盛り上がれる、話が活発になる ・次のデートなどのステップにつながりやすい、次のステップをイメージさせる これらの理由から、今回紹介した趣味は、モテそうな趣味と言えそうですね。 あなたの婚活でも、 ただ趣味を伝えるだけではなく、何を趣味として伝えるべきか今一度考え直し、具体的な事実の紹介に留めずに、あなたを表現する演出として趣味を考えてみることが婚活成功のカギの一つです。 出会いの数を増やすにあたっては、弊社でも全国各地で婚活パーティーを開催しております。 ホワイトキーでは様々なタイプの恋活パーティーや婚活パーティーをたくさんご用意しております。 是非一度ご覧下さい。 , ,•

次の