ヤオコー 所沢 有楽町。 ヤオコー所沢有楽町店の店舗情報&バイト求人は?いつオープン予定?

ヤオコー所沢有楽町店、19日にオープン 少ない数や量でも販売、適量で幅広い料理づくりの需要に対応(埼玉新聞)

ヤオコー 所沢 有楽町

ヤオコー所沢有楽町店について ヤオコーは埼玉県川越市に本社のある、関東地方を中心に展開している、地域密着型スーパーマーケットチェーンです。 所沢市にはや、、、の5店舗があり、市内6店舗目のヤオコーとなりそうです。 施設の規模 店舗面積約1845㎡、駐車場台数65台の、スーパーマーケットとしては中規模の施設となる予定です。 完成・オープン時期 2020年6月19日のオープンを予定しています。 この記事の情報元 2019年4月の、求人サイト等の情報に基づき記事を作成。 ヤオコー所沢有楽町店の入居テナント店舗 ヤオコー所沢有楽町店の入居テナントは、以下が判明しています。 ヤオコー 食料品 その他の店舗も、判明次第このページに追記予定です。 ヤオコー所沢有楽町店のバイト求人採用情報 ヤオコー所沢有楽町店のバイト求人情報は、以下リンク タウンワーク より検索可能です。 ヤオコー所沢有楽町店のバイト求人情報は、以下リンク フロム・エーナビ より検索可能です。 所沢市周辺のバイト求人はここでも探せる タウンワーク 面接なし!アプリで完結する で柔軟に働こう! 計画概要 用途 商業施設 店舗面積 約1,845㎡ 駐車場台数 65台 店舗数 調査中 オープン予定時期 2020年6月19日 ヤオコー所沢有楽町店の場所・アクセス ヤオコー所沢有楽町店は、所沢市有楽町669番地外にオープン予定です。 車でのアクセスは、近隣を国道463号線が通っており良好です。 鉄道でのアクセスは、航空公園駅から約800mほどの距離でアクセスが可能です。 近隣の商業施設としては、ショッピングセンターの「イオン」がある他、所沢駅前にはデパートの「西武」があり、ヤオコー所沢有楽町店の開業によって更に買い物が便利なエリアとなりそうです。 埼玉の再開発情報・注目の計画 埼玉県内の再開発情報・注目の計画は以下のページにまとめてあります。 池袋の再開発情報は以下のページにまとめてあります。

次の

やっぱりスゴイ!新店・所沢有楽町店で垣間見たヤオコーの最新総菜戦略 _小売・物流業界 ニュースサイト【ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】

ヤオコー 所沢 有楽町

新店は西武線航空公園駅から南に約500メートル、同所沢駅から北西に約1・1キロに位置し、売り場面積は約1844平方メートル、品ぞろえは約1万2900点。 主要客層は半径1キロ圏にある1万9千世帯、30~40代やシニアの世帯、単身者らを想定し、同駅西口地域でのシェア拡大を狙う。 新店の導入部の青果売り場ではマンゴーのほか、旬の果物をそろえる。 野菜では他店の総菜販売で実施している少ない量や個数で販売するコーナーを設置。 2~3個程度を包装した野菜を幅広く買い求めやすい価格で提供する。 精肉にも同コーナーを設置し、焼き肉需要を取り込むため、ホルモン商材などの少量販売を推進する。 鮮魚では若年層世帯の需要が高いとみて、冷凍の近海魚の切り身商材を充実させた。 強みであるデリカ部門では、各種総菜を少量で主に100円台で販売する同コーナーを設けた。 ランチや夕食の即食需要対応へすしなど米飯商材も充実させ、狙う顧客層の取り込みに努める。 他店で人気のアボカド料理、人気店内調理品の自家製厚焼玉子のサンドなども投入し、商圏内でのファン拡大を目指す。

次の

ヤオコー所沢有楽町店、19日にオープン 少ない数や量でも販売、適量で幅広い料理づくりの需要に対応(埼玉新聞)

ヤオコー 所沢 有楽町

新型コロナウイルスの感染拡大により多くの人々が外出や外食を控えた結果、毎日家で食事をとる「内食回帰」の動きが加速し、スーパー各社は好業績に沸いている。 しかし、家で料理する人が増えたことでやや割を食うことになったのが総菜部門だ。 生鮮素材を買い求めるお客が増え、スーパーの商品に即食性を求める向きが小さくなったこと、さらにコロナ禍で売上が急減した飲食店がテイクアウトをスタートしたことなども「スーパーの総菜」の立ち位置を微妙にさせた感がある。 とはいえ、中食市場は今後も拡大し続けることは確実で、総菜強化はスーパーにとって重要な課題であることに変わりはない。 総菜開発において一目置かれる存在として知られ、同業他社の視察も多いヤオコー(埼玉県)の最新総菜戦略から考察していきたい。 小容量パックを「ちょっとがイイネ!」の名称でシリーズ化 ヤオコーは6月19日、埼玉県所沢市に同市内6店舗目となる「ヤオコー所沢有楽町店」をオープンした。 もともと地元醤油メーカーの工場があった土地をヤオコーが貸借して開発した、自社NSC(近隣型ショッピングセンター)の核店舗の位置付けだ。 店舗周辺はマンションの開発が進むエリアで、30~40代のヤングファミリー層が多く、ヤオコーも彼らをメーンターゲットに据える。 店舗面積は約1800㎡。 取り扱い商品数は全体で約1万2900アイテムで、このうち総菜部門では約300SKUを展開する。 平台ごとに「魚総菜」「肉総菜」「エスニック」「デザート」「寿司」といったように明確なテーマ性を持たせている。 買物しやすく、かつ商品を選ぶ楽しさが感じられる印象だ。 小容量パックを「ちょっとがイイネ」の名称でシリーズ化した 部門全体でとくにこだわっているのが量目だ。 単身世帯のほか、「少しずついろんなメニューを楽しみたい」というニーズに応え小容量パックが充実。 「ちょっとがイイネ!」と銘打ちシリーズ化しており、売場の各所で展開している。 取材時は中華総菜売場で同シリーズをコーナー展開しており、「お試し海老チリソース」「オイスター香る!ニラ玉炒め」「お肉柔らか国産豚レバニラ」(各149円)などを展開していた。

次の