新幹線 チケット 買い方。 【東京⇔大阪】最強に安い!新幹線の予約と格安チケット

新幹線の切符の買い方を徹底解説!当日の購入&安く買う方法も

新幹線 チケット 買い方

Point 2 交通系ICカードでチケットレス乗車!• ・「えきねっと」であらかじめ登録したSuica等のICカードを新幹線自動改札機にタッチすることで、新幹線にチケットレス乗車することができます。 ・お持ちの全国相互利用対象の10種類の交通系ICカードがご利用いただけます。 ・こども用のICカードをご登録いただければ、小児のお客さまもチケットレス乗車していただくことができます。 ・モバイルSuicaもご登録いただけます。 Suica• Kitaca• ICOCA• PASMO• TOICA• manaca• PiTaPa• nimoca• SUGOCA• はやかけん• ・指定席:所定の運賃+料金から 200円引き• ・自由席:所定運賃+料金と同額 ・新幹線eチケット(基本)の 発売額(通常期)から割引 ・新幹線eチケット(基本)の 発売額(通常期)から割引 あり あり あり あり なし なし 6名 6名 6名 1ヶ月前10時から 出発時刻4分前かつ22時54分まで 1ヶ月前10時から 乗車日当日の1時40分まで 1ヶ月前10時から 乗車日13日前の1時40分まで 1ヶ月と7日前の5時30分 から1ヶ月前の9時54分まで 1ヶ月と7日前の5時30分 から1ヶ月前の9時54分まで 1ヶ月と7日前の5時30分 から1ヶ月前の9時54分まで ご予約成立時 ご予約成立時 ご予約成立時 クレジットカード決済 クレジットカード決済 クレジットカード決済• ・えきねっと特典適用の場合: 3ヶ月以内で何度でも変更可• ・えきねっと特典対象外の場合: 1回限り• ・えきねっと特典適用の場合: 3ヶ月以内で何度でも変更可• ・えきねっと特典対象外の場合: 1回限り• ・えきねっと特典適用の場合: 3ヶ月以内で何度でも変更可• ・えきねっと特典対象外の場合: 1回限り• ・えきねっと特典適用の場合: 1名様につき手数料320円• ・えきねっと特典適用の場合: 1名あたり手数料320円• ・えきねっと特典なし: 割引率に応じた手数料 (最低560円)• ・えきねっと特典適用の場合: 1名あたり手数料320円• ・えきねっと特典なし: 割引率に応じた手数料 (最低560円) スワイプすると内容の詳細がご覧いただけます。 はやて・やまびこ・なすの• <ご利用上の注意> ・チケットレス乗車には、人数分のICカードが必要です。 ・新幹線eチケットでは「東京都区内」などの特定都区市内制度は適用になりませんので、新幹線eチケットと在来線を乗り継いで利用される場合、全区間を無割引のきっぷで利用された場合の総額を上回る場合があります。 ・新幹線eチケットのご利用代金は、サイト内にて購入が完了した際に、「えきねっと」にご登録されているクレジットカードにて決済されます。

次の

新幹線の切符の買い方がわからない!指定席はいつから買える?変更は?

新幹線 チケット 買い方

広告 駅窓口での購入 新幹線のチケットの購入方法で、もっとも簡単なのは駅の窓口での購入です。 新幹線の駅窓口は「みどりの窓口」ということもあります。 駅窓口で、自分の行き先と乗車日時を伝えれば、希望にあった列車を案内してもらえます。 その場で列車のチケットを購入することもできます。 現金、クレジットカードのどちらも使えます。 駅券売機での購入 JRの主要駅には、新幹線のきっぷを購入できる自動券売機があります。 このうち、指定席券も購入できる高性能の券売機を「指定席券売機」といいます。 主要駅では、こうした指定席券売機が窓口の近くに設置されています。 駅窓口が混雑している場合でも、指定席券売機は空いていることが多いので便利です。 指定席券売機の操作は少し複雑ですが、画面の案内に従っていけば誰でも買うことができるでしょう。 ただ、「東京〜大阪」といった新幹線エリア間を利用するには使いやすいですが、「東京〜高山」「東京~会津若松」などといった、新幹線エリア以外まで利用する際は、操作が複雑になるので、慣れていない人は駅窓口に行った方がいいかもしれません。 自由席券だけを購入できる券売機もあります。 こちらの扱い方は簡単で、希望の区間のボタンを押すだけです。 自由席特急券のほかに乗車券も必要ですので、購入時にはお忘れなく。 広告 旅行会社での購入 全国の新幹線のきっぷは、主な旅行会社でも購入できます。 JTBや近畿日本ツーリスト、日本旅行、阪急交通社といった大手旅行会社で販売しています。 びゅうぷらざ、JR東海ツアーズといったJR系の旅行会社でももちろん購入できます。 東武トップツアーズや京王観光、名鉄観光といった私鉄系の旅行会社や、農協観光や読売旅行といった老舗の中堅旅行会社でも扱っています。 ただし、こうした旅行会社でも全ての店舗にJR券の端末があるとは限らないので、支店によっては販売していない場合もあります。 また、大手旅行会社のなかで、H. では新幹線のきっぷを購入できません。 旅行会社の購入方法は、JRの駅窓口と同じです。 ただ、旅行会社スタッフは列車に関する知識がJR職員ほど豊富でないこともありますので、ある程度の下調べをしてから訪れるといいでしょう。 インターネットによる購入 JR各社は、インターネットによる新幹線チケットの予約・購入ができます。 ただし、いずれの会社も会員登録が必要で、決済はクレジットカードのみです。 JR各社のインターネット予約サイトは、以下のリンクをご参照ください。 電話による購入 JR西日本やJR九州では、電話による予約サービスがありました。 しかし、2019年3月までに全てサービスを終了しています。 現在は、新幹線のチケットを、JRで電話予約・購入することはできません。 金券ショップでの購入 回数券のバラ売りなどの格安チケットは、JRでは直接販売していません。 金券ショップで販売しています。 金券ショップは、新幹線駅の近くに一軒くらいはありますので、駅前を見渡してみるといいでしょう。 金券ショップでの購入時には、その格安チケット(回数券バラ売り)のルールについて、よく確認しておきましょう。

次の

新幹線のチケットをクレジットカードで支払う方法!お得に利用する知識

新幹線 チケット 買い方

Contents• 新幹線のチケットの買い方:みどりの窓口 新幹線のチケットの買い方のひとつが「みどりの窓口」です。 利用者の多いJRの駅にはみどりの窓口があり 新幹線のチケットを購入することができます。 みどりの窓口ではJRの職員さんが窓口にいて その職員さんに新幹線のチケットを購入したいことを伝え 乗車したい区間や乗車したい日などを伝えることによって 新幹線のチケットを購入することができるのです。 職員さんが優しく対応してくれるため 安心して利用できる新幹線のチケットの買い方となっています。 新幹線のチケットの買い方:自動券売機 新幹線のチケットの買い方には 自動券売機で購入する方法もあります。 「指定席券売機」「みどりの券売機」を利用することで 新幹線のチケットを購入することができるのです。 買い方も簡単であり 券売機のモニターをタッチしていく形式となっています。 券売機のモニターでは 「切符の種類」「乗車日」 「出発駅」「降車駅」「乗車人数」 などを選択していくのです。 もちろん「指定席」を選択することもできます。 慣れてしまえば自動券売機を利用した買い方は簡単であり スムーズに新幹線のチケットを購入することができます。 新幹線のチケットの買い方:ネット 新幹線のチケットはネットでも購入することができます。 ネットを使って購入する場合 いくつかサイトがあります。 東海道・山陽新幹線を利用する場合 「EX予約」「スマートEX」 を利用して購入することが可能です。 また、山陽・九州新幹線・北陸新幹線なら 「e5489」を利用することで購入することができます。 他にも 「えきねっと」「モバイルSuica」などでも 新幹線のチケットを購入することができるのです。 ネットからなので、気軽に予約することができます。 新幹線のチケットの買い方:旅行代理店 旅行代理店で新幹線のチケットを購入する方法もあります。 主要旅行代理店なら新幹線のチケットを扱っており 購入することができるのです。 買い方としては、旅行代理店の窓口へ行って 新幹線のチケットを購入したいことを伝え 区間や日時などを指定すれば購入することができます。 ちなみに、 新幹線のチケットを購入できる旅行代理店は JTBや近畿日本ツーリスト、日本旅行などとなっています。 新幹線のチケットの買い方::金券ショップ 金券ショップでも新幹線のチケットを購入することができます。 金券ショップなら、正規の価格よりも 安い価格で販売されています。 少しでもお得に新幹線を利用したいなら 金券ショップを利用するのがおすすめです。 新幹線のチケットの買い方はどれがベスト? 新幹線のチケットの買い方はたくさんありますが ベストの買い方は人によって異なります。 質問や相談をしながら購入したいなら みどりの窓口がおすすめです。 その相談する人が多い為 窓口が混雑していることも多いですね。 できるだけスピーディーに購入したいなら 自動券売機やネット予約をするのがおすすめです。 また、できるだけお得に新幹線のチケットを購入したいなら 金券ショップを利用するのがいいでしょう。 私も学生時代に少しでも安くチケットを購入しようと よく利用していました。 そのため、購入する時の状況に合わせて チケットの買い方を選択するようにしてください。 まとめ 新幹線のチケットの買い方はたくさんあります。 「みどりの窓口」「自動券売機」 「ネット」「旅行代理店」「金券ショップ」で 購入することができるのです。 どの買い方にもメリット・デメリットがあります。 そのため、購入する時の状況に合わせて どの買い方を選択するのか決めるようにするのがおすすめです。 【関連記事】.

次の