哺乳瓶。 哺乳瓶おすすめランキング10選【ピジョンやヌーク】専門家によるサイズ選びの解説も

【徹底比較】哺乳瓶のおすすめ人気ランキング25選

哺乳瓶

哺乳瓶の消毒はいつまで続けるの? 哺乳瓶の消毒をいつまで続けたらよいかについて、明確な基準は定められていません。 なぜなら、赤ちゃんの発達状況は一人ひとり異なるからです。 新生児から生後3カ月ごろまではきちんと消毒したほうが良いですが、それ以降は赤ちゃんの発達速度や状況によります。 一つの目安となるのは、赤ちゃんが口に物を入れたり出したりする動作です。 さまざまな物を口に入れるようになると、哺乳瓶だけを消毒しても意味がなくなってしまうため、哺乳瓶の消毒が必要なのはこの動作が始まるまでと考える人がいます。 一方、免疫力の弱い赤ちゃんのことを考えて、もっと長く、生後7カ月ごろまで消毒を続ける人もいます。 赤ちゃんの発達速度や様子、動作などを考慮し、いつまで消毒を続けるかを決めると良いでしょう。 哺乳瓶を消毒する3つの方法 哺乳瓶を消毒するには、主に3つの方法があります。 まず、 哺乳瓶を煮沸消毒する方法です。 大きめの鍋にお湯を沸かし、その中に哺乳瓶一式を入れます。 このとき、哺乳瓶の中に空気が入ってしまうとその部分はきちんと消毒できないので、空気が入らないように気をつけましょう。 哺乳瓶一式を煮沸し、乳首部分は3分ほど、哺乳瓶やキャップは5分ほどしたら取り出します。 専用の道具などが不要で、普段から自宅にあるものを使ってできる方法です。 哺乳瓶が数本あるなら、大きな鍋を使って一度に消毒することもできるでしょう。 次に、 電子レンジを使った消毒の方法です。 電子レンジ消毒専用の容器に哺乳瓶と水を入れて、電子レンジで加熱するだけで消毒できます。 加熱する時間やワット数は専用容器によって異なるので、説明書を読んでから使うようにしましょう。 また、哺乳瓶が耐熱性かどうかも確認する必要があります。 電子レンジ消毒の専用容器をそろえる必要がありますが、短時間で手軽に消毒できる方法です。 加熱後は専用容器がかなり熱くなっているので、やけどをしないように注意する必要があります。 ある程度冷めるまで庫内に置いておき、電子レンジから取り出すのは冷めてからにしましょう。 3つ目の方法として、 消毒液を使って消毒する方法もあります。 次亜塩素酸ナトリウムという薬液に、一定時間哺乳瓶をつけて消毒します。 火も電子レンジも不要で、やけどの心配がありません。 消毒後は、そのまま水気を切れば哺乳瓶を使うことが可能です。 専用容器に入れたまま哺乳瓶を保管しておくこともできます。 しかし、専用の容器や薬剤を購入しなければならないことや、つけ置きに時間がかかることはデメリットといえるでしょう。 また、塩素系のにおいが気になる人もいるかもしれません。 このように、哺乳瓶を消毒する方法は1つではないので、消毒にかかる手間や時間などを考えて、自分に合った方法でやってみましょう。 哺乳瓶を消毒するときに気をつけたいこと 哺乳瓶を消毒するときには、まず哺乳瓶の素材をチェックしましょう。 煮沸、電子レンジ、薬剤など自分の消毒したい方法が使える素材かどうかを調べます。 乳首部分と哺乳瓶本体は違う素材でできているので、それぞれのパーツの確認が必要です。 また、どの方法で消毒するときにも、その前に哺乳瓶は洗っておきましょう。 水洗いだけで済ませるのではなく、洗剤を使ってきちんと洗います。 乳首部分や哺乳瓶の底は洗いにくい形状ですが、細長いブラシなどを使うときれいに洗うことができます。 このとき、ゴシゴシと力を入れて洗ってしまうと、乳首の穴の部分などから裂けてしまうかもしれません。 やわらかいブラシやスポンジなどで、やさしく洗い上げることを心がけましょう。 また、哺乳瓶についているミルクの成分が小さなダマになって、菌やカビがついて繁殖してしまうこともあるため、消毒だけではなく普段からしっかり洗うことも大切です。 煮沸消毒や電子レンジ消毒をする場合、やけどをしないようにも注意が必要です。 容器を触るのは冷めてからにする、トングや菜箸を使って哺乳瓶を取り出すなどして、やけどをしないように気をつけましょう。

次の

哺乳瓶の消毒・除菌グッズおすすめ16選!レンジ、煮沸に。方法も解説

哺乳瓶

哺乳瓶に泡がたまる…大丈夫?この泡の正体は? 心配なさらずに!実はこの泡、 できていることが正解なんです。 そうなるとなかなかミルクが出てこないので、 お子さんが疲れて少し乳首から口を離すと真空状態のところに、 一気に空気が入ります! それがこの気泡の正体です!だから気にしなくて大丈夫です。 特にミルクの穴が小さいとそうなることが多くなりますね。 またキャップの締め具合や、部屋とミルクの温度差での圧力でも 多少泡の大きさがかわってきます。 どちらにせよ泡が出てくるのは赤ちゃんがきちんとミルクを 飲めているという証拠なので気にする必要ありません!! ただ、 全て飲みきるのに 10分以上かかってしまったり、 いつもシェイクのようにすごく細かい泡だったら、 対策を取ることも必要になってきます。 ではどのように対処するのでしょう? 哺乳瓶の中が泡だらけ!原因と対処法をご紹介! 泡だらけになった時の対処法を3つご紹介しますね。 ほ乳瓶のキャップを少し緩める キャップをきつく締めていませんか? きつく締めてしまうと 空気が通りにくくなり、 飲み続けているとシェイクのような泡だらけのミルクになってしまう原因に! ミルクがもれない絶妙な強さで締めましょう! お子さんが飲んでいる最中ににあわあわが出だしたら、 キャップを少し緩めて空気を入れてみてください。 そしてすぐに締めなおせばミルクもこぼれません!コツさえつかめば簡単です。 そうすれば気泡もでなくなり、お子さんも必死に吸わなくても 楽に飲むことができます! 70度のお湯でミルクを作る 熱々のお湯でミルクを作っていませんか? 熱いお湯でミルクを溶かしてから急激に冷ますと泡立つ原因に! ベストは 70 度!お湯を70度まで冷ましてからミルクを溶かし、更に ゆっくり冷ましていくとあら不思議。 あまり泡立たないんです。 忙しいのにいちいち計ってられない!はい、その気持ちわかります! そんな時はこんなグッズもありますよ。 そろそろ乳首のサイズアップも考えてみてくださいね。 またミルクによっては泡がでにくいとうたっているメーカーもあるんです! 例えば、『はいはい』は他社よりも泡立ちにくく、溶けやすいため、 赤ちゃんにとって飲みやすいといわれています。 細かい泡の対処法を紹介してきましたが、 逆にこんな症状が出たら問題あり! そのほ乳瓶大丈夫ですか? 逆に泡が全くでなかったり、 口からほ乳瓶の乳首をはずしても乳首がぺっちゃんこのままだったり、 乳首がはずれてしまったり、乳首がほ乳瓶の中に吸い込まれる! といった状態になった時は、 ちゃんと通気ができていない可能性が! そんな時はここを確認しましょう! 通気孔(空気を抜く穴)にカスは詰まっていませんか? 詰まっていたら優しく洗ってきれいにしましょう! 通気孔を掃除するために付属されている道具を使うか、 爪楊枝などで優しく汚れを取るのもいいですね。 成長した赤ちゃんに合わせた乳首ですか? 少しずつ吸引力が強くなっていく赤ちゃん。 乳首のサイズが合っていないと乳首がつぶれることがあります。 そんな時は乳首のサイズアップをしてあげましょう。 キャップを強く締めすぎているかも! キャップを締めすぎると通気孔がうまく働かないことがあります。 一度キャップを少しゆるめて見てください。 まとめ いかがでしたか? ついつい気になるあわあわ。 でもそれが正常なのでご安心を! でも飲み切るのに時間がかかってしまったり、 毎回シェイクのような細かい泡が出る場合などは 記事参考に対処してくださいね。 ただ、あまり悩みすぎないでください! 便利な哺乳瓶を正しく使って今しかできない子育てを楽しみましょう!! 赤ちゃんのミルクを作る時の水について書いた記事はこちら こちらも合わせてどうぞ ありがとうございました。

次の

哺乳瓶おすすめランキング10選【ピジョンやヌーク】専門家によるサイズ選びの解説も

哺乳瓶

哺乳瓶の消毒はいつまで続けるの? 哺乳瓶の消毒をいつまで続けたらよいかについて、明確な基準は定められていません。 なぜなら、赤ちゃんの発達状況は一人ひとり異なるからです。 新生児から生後3カ月ごろまではきちんと消毒したほうが良いですが、それ以降は赤ちゃんの発達速度や状況によります。 一つの目安となるのは、赤ちゃんが口に物を入れたり出したりする動作です。 さまざまな物を口に入れるようになると、哺乳瓶だけを消毒しても意味がなくなってしまうため、哺乳瓶の消毒が必要なのはこの動作が始まるまでと考える人がいます。 一方、免疫力の弱い赤ちゃんのことを考えて、もっと長く、生後7カ月ごろまで消毒を続ける人もいます。 赤ちゃんの発達速度や様子、動作などを考慮し、いつまで消毒を続けるかを決めると良いでしょう。 哺乳瓶を消毒する3つの方法 哺乳瓶を消毒するには、主に3つの方法があります。 まず、 哺乳瓶を煮沸消毒する方法です。 大きめの鍋にお湯を沸かし、その中に哺乳瓶一式を入れます。 このとき、哺乳瓶の中に空気が入ってしまうとその部分はきちんと消毒できないので、空気が入らないように気をつけましょう。 哺乳瓶一式を煮沸し、乳首部分は3分ほど、哺乳瓶やキャップは5分ほどしたら取り出します。 専用の道具などが不要で、普段から自宅にあるものを使ってできる方法です。 哺乳瓶が数本あるなら、大きな鍋を使って一度に消毒することもできるでしょう。 次に、 電子レンジを使った消毒の方法です。 電子レンジ消毒専用の容器に哺乳瓶と水を入れて、電子レンジで加熱するだけで消毒できます。 加熱する時間やワット数は専用容器によって異なるので、説明書を読んでから使うようにしましょう。 また、哺乳瓶が耐熱性かどうかも確認する必要があります。 電子レンジ消毒の専用容器をそろえる必要がありますが、短時間で手軽に消毒できる方法です。 加熱後は専用容器がかなり熱くなっているので、やけどをしないように注意する必要があります。 ある程度冷めるまで庫内に置いておき、電子レンジから取り出すのは冷めてからにしましょう。 3つ目の方法として、 消毒液を使って消毒する方法もあります。 次亜塩素酸ナトリウムという薬液に、一定時間哺乳瓶をつけて消毒します。 火も電子レンジも不要で、やけどの心配がありません。 消毒後は、そのまま水気を切れば哺乳瓶を使うことが可能です。 専用容器に入れたまま哺乳瓶を保管しておくこともできます。 しかし、専用の容器や薬剤を購入しなければならないことや、つけ置きに時間がかかることはデメリットといえるでしょう。 また、塩素系のにおいが気になる人もいるかもしれません。 このように、哺乳瓶を消毒する方法は1つではないので、消毒にかかる手間や時間などを考えて、自分に合った方法でやってみましょう。 哺乳瓶を消毒するときに気をつけたいこと 哺乳瓶を消毒するときには、まず哺乳瓶の素材をチェックしましょう。 煮沸、電子レンジ、薬剤など自分の消毒したい方法が使える素材かどうかを調べます。 乳首部分と哺乳瓶本体は違う素材でできているので、それぞれのパーツの確認が必要です。 また、どの方法で消毒するときにも、その前に哺乳瓶は洗っておきましょう。 水洗いだけで済ませるのではなく、洗剤を使ってきちんと洗います。 乳首部分や哺乳瓶の底は洗いにくい形状ですが、細長いブラシなどを使うときれいに洗うことができます。 このとき、ゴシゴシと力を入れて洗ってしまうと、乳首の穴の部分などから裂けてしまうかもしれません。 やわらかいブラシやスポンジなどで、やさしく洗い上げることを心がけましょう。 また、哺乳瓶についているミルクの成分が小さなダマになって、菌やカビがついて繁殖してしまうこともあるため、消毒だけではなく普段からしっかり洗うことも大切です。 煮沸消毒や電子レンジ消毒をする場合、やけどをしないようにも注意が必要です。 容器を触るのは冷めてからにする、トングや菜箸を使って哺乳瓶を取り出すなどして、やけどをしないように気をつけましょう。

次の