コンディ マンス jp。 月9のコンディフィエンスマンJPの第1話は如何でしたか?

コンフィデンスマンJP

コンディ マンス jp

「いまは、ホッとした気持ちですね」と語るのは、同シリーズの脚本を手がけるヒットメーカー・古沢良太氏だ。 (脚本家の立場から)いまは、ホッとした気持ちですね。 安どというか…。 コンゲーム(だまし合い)という題材がもつパズル的な面白さは、いわゆる映画的な感動とはまた少し違うじゃないですか。 映画館に来てくださるお客さんがどれくらい楽しんでくれるのか、未知数でしたし、難しいジャンルだけにチャレンジのしがいもありました。 もちろん、その神髄は劇場版にも引き継がれていて…。 そうですね。 だますパターンって、突き詰めると本当に数パターンしかありませんから、手を変え、品を変え…ですね。 根底からひっくり返すオチも多いので、繰り返し見たとき、「これはおかしいな」と思わせないよう気をつけるのはもちろん、 「だまされたけど、爽快」という気持ちになってもらうことが大事でしたね。 ファンの皆さんは(詐欺の協力者である) 子猫ちゃんっていう感覚に近いですかね。 見ているお客さんがどう見るか、どう考えるかは、詐欺の手口を考える上でのヒントになっていましたし、そういう意味では、 一緒にコンゲームを作るのを手伝ってくれたというか(笑)。 お客さんをだませれば、当然(劇中の)ターゲットもだませるわけですから。 長澤さん演じるダー子は、香港マフィアの女帝であるラン・リウ(竹内結子さん)をターゲットに動き出す…というストーリーですが、実は2人がグルであり、別の目的を果たそうとしていた。 「だまされまい」と映画本編を観ていたつもりでしたが、やはり、まんまとだまされました! ラン・リウが味方だった、というオチは禁じ手に近いトリックではあるんですけど(笑)、それでも最後に、勝ち誇ったダー子とラン・リウが乾杯するシーンはとても活き活きしていて、見ていると許せてしまう。 だから、ちょっとした細かいことを吹き飛ばしてくれるんですよね。 ロマンス編というタイトルですし、今回のお話がラン・リウという悲しい女を取り巻く恋愛詐欺のゲームであると…。 結局はすべてウソなんですが。 さらに ダー子が、ジェシーと(東出さん演じる)ボクちゃんの間で揺れ動く、一種メロドラマな要素を加えることで、「こっちが本筋なんですよ」と観客の皆さんを誘導する必要がありました。 そこで大切なのは、自分にもそう言い聞かせることなんです。 「これはロマンス編なんだ」って(笑)。 そこをちゃんとやらないと、説得力が欠けて、最後の最後でひっくり返せなくなる。 ターゲットについて、ドラマでもそうでしたが、だまされて痛快だと思ってもらえるキャラクターに作り上げました。 長澤さんに「今度の映画で何をやりたいか?」と聞いたところ、 「若い詐欺師の女の子に、おばさんって言われたら面白い」って言っていて、それが頭に残っていたんです。 だったら、ダー子に弟子入りさせようと。 もし、モナコの正体を見破る人がいたとすれば、それはもう、あっぱれというか(笑)。 詳しい経緯は知らないんですが、きっかけは長澤さん、ダー子さんの力なんです! 小栗さんが演じるのは、ニセモノのダイヤを作る職人役で、これはもともと脚本にあったキャラクターです。 続編については「これからも続けたい」という気持ちが、スタッフ、キャスト、もちろん僕にもありますし、アイデアのストックもいくつもあります。 けど、そうですね、脚本を作るのは本当に大変なので(笑)。 自分を苦しめ、追い詰めたら、何か出てくるんじゃないかと期待しつつ、長く続けていければと思っています。

次の

月9のコンディフィエンスマンJPの第1話は如何でしたか?

コンディ マンス jp

2019. 18放送 運勢編 コンフィデンスマン=信用詐欺師の ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)は、宇宙に行きたいと切実に願うアプリ開発会社の社長・ 松崎(船越英一郎)を巧みにだまし、大金をせしめる。 だがボクちゃんは、「今回はまれにみるひどい作戦だった」とダー子を責め、詐欺師を辞めると言い出す。 いつもたまたまついているだけ、とボクちゃんから言われたダー子は、幸運の女神に守られている、と返すが……。 そんなダー子が、新たなターゲットとして狙いを定めたのは投資家の 阿久津晃(北村一輝)。 阿久津は投資家とは名ばかりの闇金業者で、賭けポーカーの元締としても暗躍し、債務者をギャンブル漬けにするなど、卑劣な手口で稼ぐ危ない男だった。 ボクちゃんとリチャードは、相手が悪いと反対した。 しかしダー子が耳を貸すはずもなく、なかば強引にボクちゃんたちを巻き込むと、証券マンを装い、犯罪がらみの現金を洗浄するといって阿久津に接触する。 だが、ダー子たちの正体を見抜いていた阿久津に、用意した見せ金の5000万円をあっさり奪い取られてしまう。 リチャードの占いによれば、ダー子の運はこれから下がり続けるという。 ダー子は、占いなんて迷信だと証明する、といっていくつかのターゲットを狙ったものの、信じられないような不運が続き、連戦連敗してしまう。 それでも阿久津へのリベンジを諦めないダー子に呆れたボクちゃんとリチャードは、彼女の元を去ることに……。 ほどなくボクちゃんは、 渡辺若葉(中山美穂)が社長を務める遺品整理会社『おもかげ』で働き始める。 一方、海辺の町でサーフィンを楽しんでいたリチャードは、夫を亡くし、ひとりで中華料理店を切り盛りする 韮山波子(広末涼子)に心をひかれていた。 ダー子は、弟子の モナコ(織田梨沙)をボクちゃんとリチャードのもとへ送り、阿久津へのリベンジに協力を求めた。 しかし、ふたりから拒否されてしまったダー子は、 五十嵐(小手伸也)とともに再び阿久津に挑むが……。

次の

コンディトライ神戸|株式会社 寿香寿庵|神戸クリームチーズケーキ|神戸バニラフロマージュ|神戸白いチーズロール|洋菓子製造・販売|モンドセレクション 他

コンディ マンス jp

伊勢丹新宿本店で開催中のオーストリアフェア、のコーナーに出店中の、シェフにウィーン菓子についてお伺いしました。 左『 ドボストルテ』 右『 マラコフ』 ドボストルテは伝統的な形。 マラコフは、現代的にデザインを変更。 野澤シェフは、ウィーン菓子の名店 Oberlaa や王室御用達の (L. Heiner 、さらに南ドイツでお菓子とパンを修行。 1999年に青葉台にコンディトライ・ノイエスを開店。 ノイエスの商品は、、、 アンナトルテ、 をはじめとするウィーンの伝統菓子中心の品揃え。 「 そのままウィーンに持っていっても受け入れられるお菓子」、「 オーストリアのお菓子屋さんが作るようなお菓子」こそが野澤シェフのお菓子。 抹茶や小豆などの和素材を使ってウィーン菓子を日本のものに近づけるのではなく、日本人の感性だからこそできるストレートなウィーン菓子をめざす野澤シェフ。 『 エルトベアカーディナル』 525円 エルトベア=苺 カーディナル=枢機卿 例えばこのお菓子のオリジナルは『 カーディナルシュニッテン』。 白と黄色の生地を交互に長く絞って焼き、その間に枢機卿の緋の衣の色を現すラズベリージャム(またはコーヒークリームなど)をサンドするクラシック菓子。 切り分けて食べます。 野澤シェフは日本人に好まれる 苺とオーストリアのチーズ「 トプフェン」のクリームをサンドしてアレンジ。 なるほど、ウィーンのお菓子屋さんにありそうな感じですね。 見た目は完全に同じでも、表面のざらつきをなくしたり、口溶けをよくして食べやすい味に変えたりと、ほんの少しずつ微調整を。 野澤シェフは日本発・ノイエスのこのオリジナルのお菓子のことを「いかにもウィーン菓子らしい」と表現。 シェフの考えるウィーン菓子とは、食べ終わった後、最後にやってくる余韻が、あとからあとからじわじわと湧いてくるような感じ。 後味を大切にするのがウィーン菓子だと。 このお菓子では、カカオ、オレンジピール、アーモンドプラリネ、コーヒー豆が後味に。 『 マラコフ』(プチガトー) これも伝統菓子をアントルメ同様新しいデザインで現代風に。 『 シャンパニエ』 525円 オーストリアのスパークリグワインを大量に使ってチョコレートムースを作るという珍しい手法。 その結果、口の中でさーっと溶け、べたべたしない新たなお菓子が完成。 「オーストリアのお菓子は(多民族国家のため)色々な周辺国の文化をとりいれて出来上がったもの。 それに日本人のもつエッセンスを加え、もうワンランク上のものにしていく。 ウィーンでも若い世代の職人さんによってデザイン力は上がり、お菓子のデザインは多少変わってきている。 古典を大事にしながら、日本人の感性で、ウィーン菓子のいい意味での成長となるよう変えていきたい。 」 ベースはウィーン菓子。 野澤シェフのテイストで進化するウィーン菓子を食べてみたくなりますね 伊勢丹新宿本店では3月24日(火)まで、マ・パティスリーに出店。 それ以降は青葉台のお店へ。 、17:00~19:00L. よろしくお願いしま~す。 ご理解下さい。 また、このブログ内で政治・宗教等についての論争に発展すると判断されるコメント・TBも表示しませんのでご了承下さい。 詳しくはをご覧下さい。 このブログはリンクフリーです。 右上のPRは固定されているため違う場所に表示することができません。 ブログの内容と全く関係のない見苦しい広告が表示されることもありますが、どうぞお許し下さい。 これらはクリックしていただいても私(ガレット)の収入になることはありません。 カテゴリ.

次の