棒グラフ 折れ線 グラフ 使い分け。 Excel(エクセル)でのグラフの作り方①|グラフの種類と使い分け

Excelで棒グラフと折れ線グラフをあわせて「複合グラフ」を作る方法

棒グラフ 折れ線 グラフ 使い分け

棒グラフとは、各項目とを相互に比較するに用います。 例えば、営業担当者における営業成績や、各月における売上高など はこの棒グラフを用いて表されます。 これにより、一番売上成績の良い社員や悪い社員などが人目で わかったり、後、他の社員の売上と比べて自分はどのくらいなのか を把握しやすく、また、一番、売上高が自社の高く商品、サービス などが良く売れる月などが把握しやすいわけです。 円グラフとは、全体に含まれる各項目はそれぞれどのくらいの比率 、シェアを占めているのかを表すときに使います。 これにより、輸出入の品目の中のある品目が 全体に対してどのくらいのシェアを占めているか、どの世代に 一番人気があり支持されているのかが把握しやすくなるわけです。 また、帯グラフとは、円グラフと似ているが、帯グラフの場合は 比較対象に対して各項目においてどのくらいシェアが違うかを表す ときなどに用います。 例えば、ある国の1980年、2000年の 第一次産業、第二次産業、第三次産業の従事者の占める割合を 帯グラフで表すと、各産業のシェアの変化などが分かりやすく なるわけです。 ここで、注意をしたいのが、1980年代と2000年代と では人口が違うという事から、単に従事者の人口などを絶対数で 表しても、比較のしようがありません。 人口が増大すれば、 これらが増大するのは当然の結果だからです。 そうした事から、人口ではなく、全体の中でどのくらいの割合を 占めているかで比較する事で産業構造の変化などを把握する事が できるわけです。 もし、第三次産業のシェアが増大していれば、現在の日本のような 状況に置かれていると把握できるわけです。 また、これらは円グラフでも表されますが、両者の共通項目について、 どのくらいの大きさで変化しているのかが、グラフ特性から見難い といった欠点があるからだと思います。 最後に棒グラフとは、各項目間の変化を捕らえるために把握します。 例えば、株価や為替など月日を追ってどのように変化しているかを 一目でみて把握しやすくするために用いるわけです。 また、その時系列 的な変化を目で追うことによって、ある変化の規則や法則などを発見 したりする時にも役立ちます。 これは、分野を問わずに幅広く利用され ているグラフだと思います。 棒グラフ・・・各項目を比較したいとき 例 東京都の人口と、神奈川県の人口と、・・・ 円グラフ・・・全体(円で表す)の中の、どれくらいの割合かを表すとき 例 関東の人口を全体としたとき、東京都の人口、神奈川県の人口、・・・ 帯グラフ・・・円グラフと同様に、全体を1つの帯で表す。 これはいくつかの帯を並べて、各項目の部分を線でつないだとき、それぞれの帯の比較(推移)が分かる。 円グラフの例でいうと、1995年の人口、2000年の人口、2005年の人口、・・・と、人口比の推移が分かる。 これは、円グラフを重ねても、なかなか表しづらいです。 折れ線グラフ・・・1つのデータが増加するとき、それにともなって、もう1つのデータがどう変化するか 例 1995年の東京都の人口、2000年の東京都の人口、2005年の東京都の人口、・・・ これは1例です。 それから他にもグラフの種類はあります。 各グラフについて、得意、不得意があって、長所がうまく利用できるように考えます。 A ベストアンサー 水に物質を溶かした場合、 濃度が同じであっても密度は同じではありません。 かなり変わります。 分子やイオンの大きさ、形、水との馴染みやすさ、・・・で違いがでてきます。 砂糖と食塩水では同じ濃度でも密度が同じにならないということが一番大きな理由でしょう。 密度を調べることでこれも自由研究の内容の1つにすることが出来そうですね。 理科年表に密度の表がありました。 砂糖の値は載っていませんがどれくらいの違いがあるかのイメージを取るためにいくつかの物質を載せておきます。 NaCl 1.07、 1.15 H2O2 1.035 1.07 HCl 1.05 1.10 NaOH 1.11 1.22 NH3 0.96 0.92 H2SO4 1.07 1.14 かなり変動しています。 ジャガイモの密度はギリギリ浮いた時の食塩水の密度と同じです。 ほぼ1.1という所でしょう。 60gの砂糖を200gの水に溶かした砂糖水の密度がやはり、ほぼ1.1としても濃度的には不自然ではありません。 念のために砂糖と塩で同じ濃度の溶液を作り体積に違いがあることを確めてみるといいでしょう。 水に物質を溶かした場合、 濃度が同じであっても密度は同じではありません。 かなり変わります。 分子やイオンの大きさ、形、水との馴染みやすさ、・・・で違いがでてきます。 砂糖と食塩水では同じ濃度でも密度が同じにならないということが一番大きな理由でしょう。 密度を調べることでこれも自由研究の内容の1つにすることが出来そうですね。 理科年表に密度の表がありました。 砂糖の値は載っていませんがどれくらいの違いがあるかのイメージを取るためにいくつかの物質を載せておきます。 濃度は10...

次の

【リサーチ集計の基本】データを直感で理解するグラフの使い分け方法

棒グラフ 折れ線 グラフ 使い分け

それでは折れ線グラフの作り方をマスターしていきましょう。 Word ワード に折れ線グラフを挿入する まずはWord ワード に折れ線グラフを挿入していきます。 1 折れ線グラフを挿入したい位置にカーソルを合わせます。 3 グラフの挿入が表示されるので、お好みのグラフを選択します。 4 グラフのデータを入力するExcelシートが表示されるので、完成例を参考に棒グラフのデータを入力します。 5 これで折れ線グラフの挿入は完了です。 折れ線グラフの挿入はこれで完了です。 あとはお好みのデザインに変更していきます。 折れ線グラフのタイトルを編集する 折れ線グラフのタイトルをお好みのタイトルに編集していきます。 1 折れグラフのタイトルを選択します。 選択するとタイトルが編集可能な状態に変わります。 2 折れ線グラフのタイトルをお好みのタイトルに編集します。 今回は「平均気温」に編集します。 折れ線グラフの凡例の位置を変更する 凡例とは折れ線グラフの色の説明をしている部分の事をいいます。 今回では「青:A地区、オレンジ:B地区、グレー:C地区」が凡例。 1 折れ線グラフを選択します。 折れ線グラフを選択すると右側にアイコンが表示されるので、「+」アイコンをクリックします。 2 「凡例」の右側にある矢印を選択しお好みの位置を選択します。 今回は右を選択します。 これで凡例の位置が右側に変わりました。 横軸は季節なので、今回は縦軸だけラベルを追加していきます。 1 折れ線グラフを選択します。 折れ線グラフを選択すると右側にアイコンが表示されるので、「+」アイコンをクリックします。 2 「軸ラベル」にチェックします。 「軸ラベル」をチェックすると縦軸と横軸にラベルが表示されます。 3 「軸ラベル」の右側にある矢印をクリックします。 矢印をクリックすると横軸と縦軸のチェックボックスが表示されます。 今回は横軸を非表示にする為、「第一横軸」のチェックを外します。 これで横軸のラベルは非表示に変わります。 4 縦軸ラベルを選択します。 縦軸ラベルを選択すると編集可能になるので、縦軸ラベルを編集します。 折れ線グラフの色を変更する 折れ線グラフの色を変更します。 今回は青をベースのカラーに変更します。 1 折れ線グラフを選択します。 2 お好みの色を選択します。 今回は「モノクロ パレッド1」を選択します。 これで折れ線グラフの色の変更は完了です。 4時間目のおまけは知っていると便利な「棒グラフと折れ線グラフを重ねて表示する方法」を紹介します。 1 先ほど完成した棒グラフを選択します。 3 これで棒グラフと折れ線グラフが重なったグラフが表示されました。 次はグラフのデータを編集します。 4 グラフのデータを「4時間目おまけの完成例」を参考に修正します。

次の

小学校で習う8種類のグラフ

棒グラフ 折れ線 グラフ 使い分け

小学校算数で折れ線グラフと棒グラフを学習します。 学習の中心はグラフの書き方・読み取り方ですが、どんな時にどちらのグラフを用いたらよいかが出題されることがあります。 今日は折れ線グラフと棒グラフの使い分けについて説明したいと思います。 【折れ線グラフ】 1つのものの変化の様子を表すことに適しています。 1つのものが、時間の経過ごとにどのような変化をしていくかを表すときに使います。 (例) ・月ごとの降水量の変化 (降水量という1つのものについて、月ごとの変化を表せる。 ) ・時間ごとの気温の変化 (気温という1つのものについて、時間ごとの変化の様子を表せる。 ) ・ 【棒グラフ】 2つ以上の項目のデータを比べることに適しています。 2つ以上の項目の、量や数の大小を表すときに使います。 (例) ・ある月の、学年ごとの欠席者の人数 (例えば小学校であれば、1年生~6年生までの6学年分のデータの大小を比較できる。 ) ・通学の手段ごとの人数 (徒歩、自転車、バス、電車、など複数のデータの大小を比較できる。 ) 1つの項目が、時間の経過ごとにどのように変化していくかを表すのが折れ線グラフ、ある1時点(1期間)での、複数の項目の大小を表すのが棒グラフ、そんなイメージで理解ができればよいかと思います。

次の