ボート 三国。 峰 がばい初優勝 全国ボートレース甲子園 【三国】|【西日本スポーツ】

三国競艇場

ボート 三国

概要 [ ] (28年)に開設され、当初はの河口付近に作られていたが、(昭和41年)の一級河川昇格に伴いより移転通達が出され、(昭和43年)に現在の場所へ移転した。 かつての九頭竜川河口時代には、「九頭竜の三角波」といわれる全国屈指の難水面で、選手も恐れる競艇場であった。 また、現在の三国競艇場も特に冬場は強風の日が多く、そのためここをホームプールとする選手は風に強いと言われている。 以降の主催者は(参入当時は)と坂井市(同三国町)が加入しているの越前三国競艇企業団 (2016年3月までの旧称:武生三国モーターボート競走施行組合)。 までは、これとは別に(参入当時は坂井郡)も競走を主催していたが撤退し単一企業体の主催となっている。 施設所有者は系列()の株式会社。 マスコットキャラクターの名前は「カニ坊」である。 レース実況は主に小林習之(コバヤシシュウシ)が担当していたが、2019年の正月開催をもって第一線から退き、最近は高橋敬亮がメインで実況している。 小林は以前は戸田などのオフィス・ケイ・ステーション、アナウンス工房(現・メディアターナー)に所属していた。 なお、が休催の間(2014年3月~2016年4月)は、桃井の担当が中心であった。 記念競走を除く開催では、2003年6月5日より第1レースに「 おはよう特賞」が組まれた。 これは1号艇にA級選手が、その他にB級選手が組まれる番組である。 "本命番組"と呼ばれるこのレースは売り上げとしても好調となり、同様のレースは他の競艇場でも開催されるようになっている。 2018年8月現在行われている企画レースは以下の通り。 第1レース「みくにあさイチ」おはよう特賞と同様に1号艇がA級、その他はB級• 第2レース「みくにあさガチ」1号艇と2号艇がA級、その他はB級• 第3レース「みくにあさズバ」1号艇と3号艇がA級、その他はB級• 第4レース「みくにあさトク」1~3号艇がA級、4~6号艇がB級 2015年1月17日、で大時計が故障し開催が中止となった。 コース概要 [ ] 競走水面はプール で、水質は淡水。 選手の間からは、硬い感じがして走りづらいとの声も聞かれる。 年間を通じてスタートラインに対して追い風が吹くことが多いため、全国でもインコースが強い水面として有名であったが、の第1ターンマークの位置変更に伴い、幅広い決まり手の発生する水面へと変化した。 昔は厳冬期に水面の凍結防止のため、夜中に救助艇を走らせていたというならではのエピソードもある。 電光掲示板 主要開催競走 [ ] 毎年3月頃には周年記念 である「北陸艇王決戦」が行われる。 企業杯 として「スズキ・カープラザカップ」が行われている。 新鋭リーグ戦の名称はヤングヒーロー決定戦。 女子リーグ戦の名称はクイーンカップ競走。 また正月には「初夢賞」、ゴールデンウィークには「GW三国ボートフェスタ」(2016年までは湯の花賞)、お盆には「しぶき賞」なども行われている。 当地福井支部の元選手で、SG競走覇者である岩口昭三の功績を称え、2008年からは「三国競艇大賞」に「岩口昭三杯」の副称が付けられた。 SG開催実績 [ ] 年度 施行回 競走名 優勝者 出身 1995 第41回 モーターボート記念 2096 徳島 1998 第3回 オーシャンカップ 3415 大阪 2015 第20回 オーシャンカップ 4168 大阪支部 2000年以降に開催されたGI競走 [ ]• 02月 開設46周年記念競走 優勝者:(3290・大阪)• 2000年10月 モーターボート大賞 優勝者:(3635・石川)• 2000年12月 開設47周年記念競走 優勝者:(3024・広島)• 02月 近畿地区選手権 優勝者:(3388・石川)• 2001年12月 モーターボート大賞 優勝者:今垣光太郎(3388・石川)• 03月 開設48周年記念競走 優勝者:西島義則(3024・広島)• 03月 開設49周年記念競走 優勝者:(3415・大阪)• 2003年11月 モーターボート大賞 優勝者:松井繁(3415・大阪)• 03月 開設50周年記念競走 優勝者:(3590・東京)• 02月 近畿地区選手権 優勝者:(3557・奈良)• 2005年 03月 開設51周年記念競走 優勝者:(3327・静岡)• 2005年12月 モーターボート大賞 優勝者:(3854・兵庫)• 03月 開設52周年記念競走 優勝者:今垣光太郎(3388・石川)• 2006年11月 モーターボート大賞 優勝者:(3780・兵庫)• 03月 開設53周年記念競走 優勝者:魚谷智之(3780・兵庫)• 2007年 07月 モーターボート大賞 優勝者:(4013・福井)• 03月 開設54周年記念競走 優勝者:吉川元浩(3854・兵庫)• 2008年10月 開設55周年記念競走 優勝者:(3941・愛知)• 02月 近畿地区選手権 優勝者:吉川元浩(3854・兵庫)• 2009年 06月 モーターボート大賞 優勝者:今垣光太郎(3388・石川)• 2009年11月 開設56周年記念競走 優勝者:(3960・静岡)• 09月 開設57周年記念競走 優勝者:太田和美(3557・大阪)• 03月 女子王座決定戦競走 優勝者:(4050・岡山)• 2011年 07月 開設58周年記念競走 優勝者:今垣光太郎(3388・石川)• 06月 開設59周年記念競走 優勝者:(3983・埼玉)• 02月 近畿地区選手権 優勝者:中島孝平(4013・福井)• 2013年 06月 開設60周年記念競走 優勝者:(3556・大阪)• 08月 レディースチャンピオン 女子王座決定戦競走 優勝者:(3580・滋賀)• 03月 開設61周年記念競走 優勝者:今垣光太郎(3388・石川)• 2015年 09月 開設62周年記念競走 優勝者:(4361・福岡)• 04月 開設63周年記念競走 優勝者:太田和美(3557・大阪) 福井支部所属の有名選手 [ ] 福井支部は基本的に3県 ・・ に在住の選手で構成されている。 三国競艇場は近畿地区に所属するため、競艇界では石川県や富山県も「近畿地区」の扱いを受ける。 近畿地区は競艇界でも最もレベルの高い地区として名高いが、・・・・・・など関西地方中心部の競艇場をホームプールとする有力選手が多い中にあっても、いわば関西からは遠隔地となっている福井支部の存在感は、SG競走8冠のを筆頭にまったく引けを取っておらず、勢力の拮抗に寄与している。 岩口昭三(1670・福井、1990年SG総理大臣杯覇者) - 引退• 玉生正人(2743・富山) - 引退• 今垣光太郎(3388・石川、SG 8冠)• (3635・石川 2001年SGオーシャンカップ覇者)• (4013・福井、2010年度賞金王決定戦覇者)• (4391・福井、2015年ヤングダービー覇者) アクセス [ ]• JR から15分、もしくはで10分• から無料送迎バスで5分 、徒歩で20分• ・・南部車庫()より無料バスが本場開催日各1本• から車で15分 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 釧路(廃止)• なんぶ• 富士おやま• セントレア• 京丹後• 大和ごせ• りんくう• 山口あじす• 田布施• 三日月• ミニット• 長崎佐々• 長崎五島• 長崎時津• 長崎波佐見• おおむら• 天文館• さつま川内• 志布志.

次の

BOAT RACE 三国電話投票キャンペーン サイト

ボート 三国

ボートレース三国のG2「第2回全国ボートレース甲子園」は12日、12Rで優勝戦が行われ、佐賀県代表の峰竜太(35=佐賀支部)が3コースからのまくり差しで快勝。 賞金450万円と深紅の優勝旗を手にした。 G2制覇は14年4月の児島モーターボート大賞以来2回目だった。 なお、2着は1番人気のイン吉川元浩、3着は地元の萩原秀人。 3連単は2270円の配当だった。 人気No・1の面目躍如だった。 ファンを魅了するターンで優勝をつかみ取った峰は、高校球児のような爽やかさを漂わせながら優勝旗を掲げた。 「逆転満塁ホームランです!!最高に楽しい甲子園でした。 いい夏の思い出になりました。 選手の中で自分が一番、ファンの数が多いと思うので、佐賀県という枠にとらわれず、ボートレース界代表という気持ちで今節は走りました」 優勝戦は3コースからコンマ06の全速でのトップスタート。 1Mの展開を、余裕を持って見ることができた。 BSではイン吉川と並走状態となるも、2M先取りで片を付けた。 「インが流れそうな風が吹いていたので、まくり差しに絞って、うまくいきました。 100回くらいイメージトレーニングをしましたよ。 吉川さんがスタートでヘコんでいるのも見えていて、120点のターンができました」 今回も、乗り心地を犠牲にしてでも舟足重視というスタイルを崩さなかった。 手にした54号機は2連率30%に満たない凡機ながら、上位の足に仕立て上げた。 乗りづらさを抱えながら最高の結果を残したところは、さすがとしか言いようがない。 最強の呼び声も高い峰だが、伝説をつくり上げていく過程にある。 まだ1年を折り返したところだが、早くも今年10回目の優勝。 76年に野中和夫(引退)が樹立した年間最多V記録16回の更新にも意欲を見せる。 「今年は最低でも17回は優勝したいと思っているし、できれば20回優勝したい。 誰も寄せ付けない前人未到の記録をつくりたいです。 まだ自分の実力は一番ではないという気持ちもあるので、自分には勝てないと、みんなに思わせるぐらい強くなりたいです」 次節はSG鳴門オーシャンカップ。 18年の住之江グランプリ以来となる3回目のSG制覇を目指す。 「当然、優勝を狙います」。 名実ともに全国制覇した、と胸を張って言える日まで峰の戦いは続いていく。 04年11月、からつデビューの95期生。 05年11月、からつ一般戦で初優勝。 SG2V、G1・12Vを含む通算73V。 主な同期は山田哲也、河村了、岡村仁、海野康志郎ら。 身長1メートル71。 血液型B。

次の

ボートレース三国(三国競艇場)

ボート 三国

第12Rではクライマックスとなる優勝戦が行われる。 乗り心地も良かったし、準優の感じなら万全といえる。 三国はプール状の水面で地元の尼崎に近いので相性はいい。 空回りしていたし、競ったらダメだったと思う。 伸びをつければ出足は全くなくなるけど、スリットから少しのぞくくらいにはなる。 伸びもハギさん以外とは上位で一緒。 出足、回り足も悪くないが、結果的に仕上げが甘かったかも。 優勝戦は伸びに寄せたい。 足は全体に普通。 見劣ることはないが、アドバンテージはない。 乗り心地も安心感があるというほどではないが悪くない。 Sも大体は行けると思う。 基本は枠なり」.

次の