ハイパー インフレ 対策。 ハイパーインフレの概要と対策

外貨建てMMFもデフォルトハイパーインフレ対策

ハイパー インフレ 対策

証券会社で販売されるドルやフランや元等の外貨建てMMFも、万が一、日本の財政が破綻した時の、国債デフォルトやハイパーインフレ対策のひとつになります。 この外貨建てMMFは、投資する外国の通貨建てで、数日単位など非常に短期の国債や社債などに投資するものになっていて、外貨預金より若干利回りがよ良いようです。 簡単に現金化できることも魅力の一つで、外貨預金の様に銀行等金融機関の倒産に対するリスクはなく、証券会社が倒産しても、信託銀行に管理されていますので、資産が保全されます。 外貨MMFが万が一のハイパーインフレや日本国債デフォルトにどのような効果があるか? その効果は、ドル等外貨通貨とほぼ同じで、ドル等の海外通貨対策を引用すると 目次• 外貨MMFはハイパーインフレ等に対してどのような効果が? 「平成30年1月現在、1ドル110円程度ですが、この時に100万円の日本円を持っていた方が、私が考えるように万が一のことを考えて日本国債デフォルトハイパーインフレ対策をして、全てアメリカのドルに両替して、自宅の金庫に保管したとします。 その後、日本の財政が悪化して1ドル550円になった時に、ドルに両替していたお陰で、日本円に換金すると500万円になります。 当然、日本国内の物価が急激に高くなるハイパーインフレが進んでいますので、この金額を今の価値、つまり現在の500万円に置き換えて考えることは出来ません。 本来の価値は下がっていますが、ドルに換金していない場合は100万円なのと比較して、ドルに両替していたおかげでその時点の500万円、つまり5倍の価値を持つことができるようになります。 このように、ドル建ての資産を持つことで、日本国債のデフォルトやハイパーインフレの影響を少なくすることができるということが分かります。 外貨建てMMFでデフォルトハイパーインフレ対策 最悪、徳政令や預金封鎖やデノミなどが行なわれると日本円が紙切れになりますが、ドル通貨などの価値は日本円の価値が0になっても、1ドルは1ドルの価値のまま利用できます。 」 ということになります。 ただ一点だけ外国通貨を保持する場合と異なるリスクがあるのは、日本国債がハイパーインフレになってデフォルトしたときに、日本政府が外貨からの換金を禁止するというリスクが考えられます。 ただ、そんなことになっても、流石に民主主義の世の中で、無理やり財産を取り上げられる事はないはずなので、その時は、そのまま外貨建てMMFで置いておいて、日本国債デフォルトやハイパーインフレやデノミや預金封鎖が解除されて、日本が安定したときに、換金すればいいだけの話です。

次の

ハイパーインフレで「地獄」と化したベネズエラ、そのヤバすぎる現実(若旦那)

ハイパー インフレ 対策

日本の国債デフォルトやハイパーインフレやデノミや預金封鎖に対する対策は準備できていますか? イタリヤやスペインの国債金利が危険水準の7%前後(これは2012年前後の金利です。 平成30年現在はイタリア2%、スペイン1.5%とかなり低下しました。 )とギリシャ国債のデフォルトから始まったユーロ危機は収まるどころか拡大を続けている状態ですし、世界を見渡せば近年ロシアでは物価が毎年70倍になるハイパーインフレを3年間経験しまし、デノミによって資産価値が一気に1000分の1になりました。 1年間に50倍のハイパーインフレを経験したアルゼンチンや金利が1万5000%のトルコ等世界各国いたるところで国債デフォルトやハイパーインフレやデノミや預金封鎖が発生しています。 (その他ジンバブエやドイツやハンガリーやブラジル等多くの国でデフォルトやハイパーインフレが発生しています) 国家財政が破綻までせずともお隣の韓国で、近年住宅ローン金利が30%まで上昇し、多くの方が土地や建物等の財産を取り上げられて無一文になったそうです。 この国債のデフォルトやハイパーインフレの危機を対岸の火事だと全く気にしていない日本人も多いと思われますが、実は日本も早かれ遅かれデフォルトやハイパーインフレやデノミや預金封鎖等厳しい道を歩む可能性が高くなってきています。 日本の財政状態を一般家庭で表すと 平成28年度、現在の日本の財政状態を年収1000万円の一般家庭にたとえると年収1000万円にも関わらず年間に1667万円お金を使い、なおかつ金融資産が1億1155万円、借金が1億8465万円ある状態です。 収支は667万円の赤字、そして借金から金融資産を除いた借入残高が7310万円となります。 もし、このような家庭があるとするなら、誰がどうみても見ても、すでに破綻していると判断するのではないでしょうか? このような懐事情の家庭に、更なる融資をしてくれる銀行はないので、一般家庭であれば確実に破綻しています。 ところが、これは日本の国の話で、今のところ借金が出来ているので、平穏に過ごすことが出来ています。 このように説明すると、消費税増税で少々収入を増やしても収支の若干の改善にしか繋がらない焼け石に水状態であることがよくわかります。 今のところ日本の銀行や保険会社や郵便局が顧客から預かったお金の運用先として日本国債を購入しているので順調に国債の消化が行われています。 (現在は、ゼロ金利政策の影響で銀行や保険会社等の国債保有が減り続け、そのかわりに日銀が国債を引き受けています。 この現象は、正常な状態から異常な状態に一歩前進したようなものです。 ) しかし、日本の財政状態が危険な水準まで達していることを特に都市銀行等は感づいていますので、金利が安くても早めに撤退できるように短期の日本国債に切り替えています。 そして、ある時どこかの都市銀行が日本国債に見切りをつけて売り出すと一斉に金融機関が日本国債の購入側から売却側に立場を変えてくる可能性があります。 そこまで行き着いてしまうと、日本の国債価格が低下して、金利が上昇し高騰して、その高騰につられて、金融機関からの企業に対する貸出金利が上昇、為替の円安が発生。 そして、上昇した国債の金利が支払えなくなって、日本の財政が破綻(デフォルト)。 更に、変動金利や数年固定金利の借り入れや住宅ローンを利用していた企業や会社の財政や個人家計がハイパーインフレ等の影響 (実際に韓国ではインフレによって住宅ローン金利が30%程度まで上昇して多くの人の家計が破たんしました) で破綻し、失業者や破産者が急増します。 それに加えて、銀行など金融機関も安全債権として計上していた日本国債が貸し倒れになるので、膨大な負債を抱え倒産し、金融危機が発生します。 数行程度の倒産であれば、預金保険機構のペイオフで1000万円まで保護されますが、日本国全ての銀行が倒産となると、預金保険機構自体が機能しませんので、安全だと思っていた銀行預金も一瞬でなくなります。 もし、そうならなくても日本銀行の国債引き受け等によるハイパーインフレの影響で、お金の価値が何十分の一や何百分の一になり資産価値が大幅に目減りする可能性があります。 日本国債デフォルトハイパーインフレ対策 そうなると食べるものや寝るところや着るものにも困る悲惨な状況になってしまいます。 その上更に、大増税や預金封鎖や預金引き出し制限やデノミや新円切り替えや徳政令が出され、更なる混乱が引き起こされるかもしれません。 まだまだ将来のことだろうから大丈夫と思われている方もおられるかもわかりませんが、はっきり申し上げると、もうこのような悲惨な苦しい時代来る可能性が目の前に迫っています。 そして、何の手も打たなければ、今手にしている資産のほぼ全てを手放すことになると可能性があります。 そうならないために、日本国債のデフォルトやハイパーインフレや預金封鎖やデノミ等の状況下でも、大切な資金や資産を失わないための自己防衛手段や方法を考える事が必要になってきます。 このカテゴリーでは、私が近い将来起こる可能性がある日本国債のデフォルトやハイパーインフレや預金封鎖やデノミ (ここまでひどくならなくてもインフレは必ず起こると考えています) から大切な資産を守るために、アメリカや中国やベトナムなど海外株式投資や為替など外国通貨投資。 全期間固定金利の住宅ローンフラット35や海外からの広告副収入などの独自の対策を紹介します。

次の

ハイパーインフレ対策②「金融恐慌に遭遇しても資産を守るため、残り5~10年の間に我々がすべき事」: 会計士ママのお金の使い方

ハイパー インフレ 対策

ハイパーインフレとは何か? ハイパーインフレとは、経済学の定義では、商品やサービスの価格が、制御不能に上昇する状況です。 簡単に言うと、ハイパーインフレは非常に急速な「インフレ」です。 ちなみに「インフレ」は、物価が上昇することです。 詳しく知りたい方は、下記のリンクで「インフレ」と「デフレ」について解説しています。 一般的に、インフレ率が月に50%以上の状態の時、ハイパーインフレと呼びます。 アメリカの経済学者フィリップ・ケイガンは、彼の著書「ハイパーインフレーションの貨幣力学」で最初にこれを定義しました。 ハイパーインフレの歴史 次は、代表的なハイパーインフレの歴史を見ていくことで、その原因や影響について説明します。 ここで紹介する事象よりも多くのハイパーインフレが発生していますが、大規模でより代表的な事象を取り上げます。 アメリカ(1861年〜) アメリカの南北戦争で、特に南部においてハイパーインフレが発生しました。 アメリカ南北戦争(Civil War)とは?保護貿易政策を進める、リンカーン率いる北部と、自由貿易・奴隷制の維持を掲げる南部との戦争。 南部はアメリカ合衆国政府から離脱する形で連合国を作り、北部政府と対立を深めた。 アメリカ南部は戦費を賄うために、新しいお金を大量に印刷しました。 一方で、北部は国民からの課税を増やすことで戦費への出費に対応しました。 なぜアメリカ南部は、国民から戦費を徴収せずに、新しいお金を印刷したのでしょうか? それは、連合国特有の事情からでした。 南部は、アメリカ合衆国から離脱する形で作られたため、明確な権威ある中央政府が存在しませんでした。 そのため、国民から課税することが難しく、新しいお金を印刷するしかありませんでした。 その結果、政府への不信感を生み、急激な通貨の下落、そして物価の上昇を生み出しました。 下記のグラフが、当時の南部と北部の靴の価格の推移です。 北部の物価上昇が非常にゆるやかなのに対して、南部は急激に物価が上昇していることがわかります。 ドイツ(1920年〜) 第一次大戦に敗北したドイツは連合国から大量の賠償金を要求されました。 その額はなんと、1320億マルクで、ドイツ税収の10年分に相当するものでした。 1320億マルクを、新たなお金を刷って返済するほど、ドイツの場合は単純ではなく、世界は金本位制を採用していたので、金(ゴールド)の裏付けが必要でした。 金本位制について詳しくは下記で解説しています。 ドイツは、裏付けとなる金(ゴールド)を用意出来るわけはなく、中央銀行がお金を刷ることで、借金の返済に充てようとしました。 当然、ドイツ紙幣の信用は地に落ちるわけです。 こうして瞬く間に、ドイツの通貨の価値が下落し、ハイパーインフレを引き起こすことになりました。 さらに問題となったのは、返済の滞ったドイツを怒った連合国が、ドイツの資産を没収したり、武力で占拠したりしました。 ちなみにドイツのヒトラーがユダヤ人を憎んだのは、この混乱に乗じで、ユダヤ人が金融業で莫大な富を得ていたからだと言われています。 富裕層と貧困層の争いだったと言えるわけです。 そしてナチスドイツが誕生し、再び戦争へと進みます。 ジンバブエのハイパーインフレの原因• 白人追放により生産性の急激な低下• インフレを加速させる無理な法律の成立• コンゴ戦争のための新しい紙幣の印刷 ベネズエラ(2013年〜) ベネズエラのハイパーインフレは現在進行形で進んでいます。 ベネズエラのハイパーインフレを引き起こしたのは、国際的な原油価格の低下です。 ベネズエラは税収のほとんどを、原油の生産が担っていましたから、この下落により政府への信頼が揺らぎました。 さらには、原油事業の外国企業の追放なと、反米的な政策に加え、それに対してアメリカの経済制裁が加わりました。 政府の財政状況がズタズタの中で、政府支出を賄うために新たな通貨を印刷することとなりました。 それによりハイパーインフレはさらに加速し2013年に41%、2014年に63%、2015年に121%、2016年に481%、2017年に1,642%、2018年に2,880%、そして2019年に3,497%に上昇することとなります。 凄まじいインフレで、国民の生活は破綻し、多くの国民は南アフリカなどの国外へ逃げることとなりました。 ベネズエラのハイパーインフレの原因• 石油価格低下による政府財政の悪化• アメリカとの対立による経済制裁• 財政支出穴埋めのため新たな紙幣を印刷 ハイパーインフレの原因 それぞれの歴史的な事象を見ていくと、ハイパーインフレの原因の共通点が見えてきます。 まず第一に、政府財政の悪化による信用の低下です。 財政の悪化は、単純に赤字の額ではありません。 国家の存続が危ぶまれるほどの状況に陥ることです。 例えばドイツでは、抱えきれない戦争への債務と、金本位制という制度によって身動きが取れなくなりました。 第二に、新たなお金を印刷することです。 政府の信頼が揺らいでいる状況下では、税金を増やして、政府の債務を相殺することができません。 南北戦争のアメリカがそうでした。 また、そもそも国内産業の基盤が貧弱な場合も、税収を増やすことが不可能です。 ベネズエラやジンバブエにおいてもそうでした。 第三に、政府が適切な対処を怠っていることです。 政府がインフレを察知した際に、適切に対処ができなかったために起きています。 ジンバブエにおいては、さらにインフレを加速させるような法律が多数可決されました。 全てにおいて政府に責任があるわけではありませんが、適切な選択肢を取ればインフレを軟着陸できる可能性があります。 政府が適切な対処を取らない ハイパーインフレの影響 ハイパーインフレは、単に物の値段が上がるだけではありません。 下記のように国家の安定が揺らぐような事態になります。 金融資産の消滅 例えば現金や証券を蓄えていた人にとっては大打撃となります。 特に働くことのできない高齢者は、自分の持つ資金の価値の下落に絶望することとなります。 食べ物にも困り、貧困にあえぐこととなります。 モノ不足 物の価値が急激に上昇する状況下では、現金から商品に変えようとする圧力が高まります。 商店に人々が殺到し、商品棚から商品が消え、人々は備蓄することとなります。 外国製品の消滅 商品の多くを国外の製品でまかなっている国にとっては、必要な物資の調達に困ることとなります。 例えば、農地経営者は、アメリカのトラクターを買い、生産性を向上することができますが、自国の通貨が下落していますから、トラクターの高さに絶望することとなります。 生産性の向上は難しく、さらにインフレが進行します。 日本における物価安定の政策 日本におけるインフレ政策は、大別すると 金融政策と 財政政策の 2つです。 まず 金融政策ですが、日本銀行が各銀行の国債を買い取り、世の中の通貨量を増やしています。 さらに、政策金利を引き下げることで、お金を借りやすくして、クレジット(借金)の増大を促しています。 クレジットが増えれば経済が押し上げられます。 下記のリンクで詳しく解説しています。 また、日銀は、日本のETFを継続的に購入しています。 ETFは日本株のごちゃ混ぜですから、日経平均株価の下支えをしています。 なお金融政策について詳しくは下記のリンクで解説しています。 次に 財政政策ですが、政府は国債を発行して、そこで得た資金で、様々な領域での支出を増やします。 福祉や教育、次世代のインフラ設備、地方企業の支援などの支出を増やし、経済を刺激します。 もちろんここに書かれた以外にも様々な政策がありますが、大まかにはこの通りです。 アメリカにおける物価安定の政策 アメリカは、新自由主義的な考えが根強く、政府が支出を増やすことを嫌います。 新自由主義の考えの代表はフリードマンで、下記のリンクで詳しく解説しています。 ですので、アメリカは中央銀行(FRB)が通貨の量をコントロールし、政策金利を調整することで物価安定に努めています。 日本は、東京オリンピック含めて大規模な公共事業や、教育への支出を増やそうとしていますが、アメリカにおいては小さな政府で、できるだけ市場に任せる政策がとられています。 まとめ ハイパーインフレの歴史を見ていき、その原因について理解ができたかと思います。 日本において、ハイパーインフレが加速して財政破綻すると各所から言われていますが、果たして本当なのでしょうか? ハイパーインフレが起きた歴史は、今、日本が直面する状況とは明らかに異なることがわかります。 合致する統計データを引き合いに出して、悲劇的になりすぎるのも行き過ぎですし、その逆で楽観的になりすぎるのもよくありません。 政府は、物価の安定に必要な通貨を供給し、国民の債務をうまくコントロールし、経済を回復させる必要があります。 それが政府の税収を増やすことになります。 注意しなくてはならないのは、緊縮策に立戻らないことです。 行き過ぎた緊縮策は、恐慌を引き起こしかねません。 デフレとインフレのリスクをコントロールして、適切な政策をとり物価の安定に努め、恐慌とハイパーインフレを避けることが国民生活の安定につながります。

次の