ふき の 煮物 めんつゆ。 失敗しないあく抜き ふきの煮物

【 ふきの和え物 】 レシピ満載!|クッキングノート

ふき の 煮物 めんつゆ

こんばんわ。 今日は皆さんから敬遠されがちな「 蕗 ふき」です。 敬遠される理由としては、「なんだか苦みが残っている」「皮がむきづらい」があると思います。 この2つの問題と向き合ったレシピになります。 ふきの煮物 材料 4人分• ふき 1袋• めんつゆ 大さじ1• 酒 大さじ1• 水 大さじ4 1.ふきの葉と根元(3cm程度)を切り落とします 2.ふきを軽く水でぬらし、塩をふっていたずりをします(3分程) いたずりをすることで苦みがとれます 3.鍋にお湯を沸かして、下茹でをします(2-3分) ふきが完全にお湯につかるようにしましょう 4.ふきをざるにあけて、ボウルなどに水をいれておきます 5.ふきを1本とって、ボウルの水につけ、皮をむきます 皮むきのポイントは• 下茹でしすぎない(2-3分を目安に)• ふきを軽く冷やす(芯は熱いが皮部分はぬるい方がむきやすい) 6. 皮をむき終えた ふきを 一口サイズ(4cm程度)の長さに切る 7.

次の

めんつゆで簡単♪ふきの煮物 レシピ・作り方 by Nico|楽天レシピ

ふき の 煮物 めんつゆ

手作りめんつゆの作り方 めんつゆは、昆布や削り節などの出汁に醤油・砂糖・みりんなどを煮たてたものです。 すでに出来上がっているめんつゆは、スーパーなどで売られていますよね。 いざ、めんつゆを使おうとしたら切らしていた…なんてことはないですか。 そんな時でも大丈夫です。 めんつゆは、手作り出来ますよ。 2)沸いたら弱火にして、ゆっくり5分間煮出したら、火を止めて冷めるまで置いておきます。 3)厚手の紙タオルや布を敷いたザルで、1)をこしたら、清潔な密封容器に入れれば出来上がりです。 簡単なのに、冷蔵庫で約1ヶ月間保存が出来ます。 だしをとった削り節と昆布は、昆布を細かく切ってフライパンで乾煎りすれば、即席ふりかけとして無駄にすることなく食べられますよ。 めんつゆは、麺類のつゆに使えるでけでなく、煮物料理にも利用することが出来ます。 煮物というと、味の染みた大根は美味しいですよね。 次では、美味しい大根の見分け方と、味がしみこみやすい方法をご紹介します。 美味しい大根を見分けるには? 大根は、葉から白い根まで食べられて、栄養もたっぷりです。 また、辛味成分のアリル化合物が胃液の分泌を促進してくれます。 このほかにも、癌の予防効果も期待されるオキシダーゼ、タンパク質分解酵素のプロアテーゼ、食物繊維も含まれています。 大根は1年を通して手に入りますが、収穫の量が多い秋から冬にかけてが、最も美味しい大根の旬と言えるでしょう。 秋の大根は甘みと水分が多いのが特徴なので、これからご紹介する、めんつゆを使った煮物に向いています。 夏の大根は辛味があるので、大根おろしや漬物にしてみてはいかがですか。 では、美味しい大根の見分け方を見ていきましょう。 茎まで黄色く変色したものは、古い大根です。 必ず葉が、緑色をした大根を選んでください。 購入したら葉と根を切れば、葉に栄養がとられる心配はないです。 そして、白い根は、丸みがあるものを選びましょう。 栽培環境が良くなく、うまく成長できなかった大根は、根がデコボコした表面でヒゲ根が多いです。 葉の近くが黒ずんでいるものは、白く乾いた筋が入っている場合があるので避けてください。 断面に白く乾いた筋が入っている物は、大根の水分が抜けてしまい、鮮度が落ちたものです。 味のしみた大根の煮物を作る下ごしらえ 美味しい大根の選び方の次は、味のしみた大根の煮物を作る時のポイントです。 下ごしらえが重要ですよ。 では、見ていきましょう。 2~3mmに厚く剥くと、口当たりが良くなります。 この面取りをすると、煮崩れを防げます。 隠し包丁をすると、味のしみた大根になります。 鍋に大根と、大根がかぶるぐらいの水を入れて弱火にかけ、5~10分茹でます。 水でも良いのですが、お米のとぎ汁や、お米をひとつかみ入れて下茹でをすると、苦みやアクが抜けて甘い大根になります。 時短で下茹でしたい時は、耐熱容器に大根を入れてラップをしてから、600wの電子レンジで5分加熱をしてから煮物に使うと、同じく味がしみこみやすくなります。 下ごしらえが出来たら、さっそくめんつゆを使った大根の煮物を作っていきましょう。 めんつゆで作る大根の煮物 まずは、基本の大根の煮物から。 2)鍋に、めんつゆ・水・1)を入れて、弱火でコトコト煮て、竹串が刺さる柔らかさになれば出来上がりです。 材料が、たったの3つで簡単に出来て、1人前35kcalとヘルシーです。 続いて、ご飯のおかずにピッタリな大根とめんつゆのレシピを見ていきましょう。 2)フライパンに油をしいて、みじん切りにした生姜を炒めます。 香りがしたら、ひと口大に切った豚肉を加えて炒めます。 3)2)に大根と水、和風だしの素を加えて煮込みます。 めんつゆで簡単!大根とイカの煮物 どんどんご紹介していきます。 ご飯のお供にはもちろんのこと、お酒にも合う一品です。 味付けがめんつゆだけとは思えない、大根とイカの入った豪華な煮物です。 2)イカのワタを取って2cm幅、ゲソはキッチンペーパーで水気を取ったら、吸盤を包丁でしごいて、2本ずつに切り分けておきましょう。 3)鍋に大根と水を入れたら、強火にかけます。 グラグラとしてきたら中火にして、めんつゆ加えてフタをして煮ていきます。 4)グツグツと煮立ってきたら、イカを加えましょう。 そのまま約30分間、大根が煮えれば出来上がりです。 そのまま冷ましておくと、汁を大根が吸ってくれて、ちょうど良い味付けになりますが、お好みでめんつゆの量を調整してみてください。 切り干し大根もめんつゆで味付け 煮物料理だけでなく、切り干し大根もめんつゆで味付けが出来てしまいます。 戻した水は使うので、捨てないでください。 2)油揚げに熱湯をかけて、5mm幅に切っておきましょう。 人参も、5mm幅の千切りに切ります。 3)鍋に、ごま油を入れて火にかけ、水気を絞った切り干し大根・油揚げ・人参加えて、軽く炒めます。 4)切り干し大根を漬けていた水1.5カップ、砂糖と鷹の爪を加えたら、5分程度煮ていきます。 5)めんつゆを加えて、甘みが足りなければ、砂糖を加えて調整してください。 余ったり、たくさん作ったら、小分けにして冷凍保存しましょう。 万能なめんつゆ 冷蔵庫で放置しがちなめんつゆですが、煮物に、そしてお弁当に便利なおかずも作れる万能な調味料です。 たくさん調味料を量らなくていいので、とても簡単に煮物が作れます。 味のしみこみやすい大根の下ごしらえも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の

クック膳レシピ*ふきの煮物

ふき の 煮物 めんつゆ

スポンサーリンク ふきのあく抜き失敗した!? ふきのあく抜きをしたのに苦さが残ってしまうことってありますよね。 何で苦みが残ってしまうのでしょう。 それはあく抜きがしきれてないからなんですね。 ふきは他の野菜よりあくが多い野菜です。 ちゃんとあく抜きが出来ていないと苦みが残ってしまったりしてしまうんですね。 苦みを残さないためにはあく抜きをちゃんとすることが大切です。 ポイントとしては2つ。 1束に対して大さじで大盛り1杯分の塩をかけて板ずりをします。 そうすることでふきの色も良くなり茹でた後の皮むきも楽になるんですね。 目安として太いところは5分、細いところは3分しっかり茹でてください。 茹でで時間が短いと苦みが残る原因に繋がるので、茹で時間に気をつけましょう。 このポイントを守ることで苦みがないあく抜きをすることができます。 あとは、皮むきも皮が残らないようにむくこともポイントです。 むき残しも筋があって苦みが残る原因にも。 1周むいたら反対側ももう一度きれいにむくようにしてください。 そうするとあく抜きがしっかりできちゃいます。 せっかくあく抜きをしてふきを食べようと思ったのに、苦かったら嫌ですよね。 ちゃんとポイントを押さえてあく抜きをしてみてくださいね。 スポンサーリンク ふきのあく抜きしたのに苦いのはどうする? いくら気をつけてもなんだか苦いってことだってありますよね。 でも、失敗しちゃってもそのまま捨てるのも何だしなー、どうしようと悩む主婦の方もいるはず。 そこであく抜き失敗してしまったあとの復活法を紹介します。 塩がついた状態で1~2日間くらい置いたら水に流して調理してみてください。 塩をかけて揉み込んで放置しておくと、苦みやらえぐみを取ることができるんです。 もう一度あく抜きをするようなイメージで行う感じですね。 ただ、茹でたりせず塩を揉み込むだけなので手間はそこまでないです。 さっと塩漬けすればいいので比較的楽に行うことができるのでおすすめですよ。 ただ気をつけたいのが塩漬けに時間がかかるということ。 つまり、すぐ料理に使うことができないということです。 そして若干漬物っぽくなってしまいます。 時間を置かなきゃいけないですが、ここは覚悟を決めて塩漬けにしてふきを復活させましょう。 ふきの煮物でえぐみがあったら? ふきの煮物が出来たのに食べてみるとえぐみを感じる…なんてことありませんか? あく抜きから手間をかけて煮物を作ったのにえぐみがあるとショックですよね。 この対処法って何かあるのかなって気になるところです。 安心してください、ちゃんと対処法はありますよ。 その対処法はズバリ、濃い目や甘めに味付けをしてみることです。 どうしても薄味だとふきのえぐみが出やすいんですね。 なので、薄めではなく濃い味や甘めにすることでえぐみをカバーすることができちゃいます。 また油を使う料理として、お肉や油揚げなどで炒めたり煮たりするとえぐみがごまかされたりしますよ。 まずは、濃い目になるように調節してみてそれでもえぐみが取れなければ、お肉や油揚げを入れて調節してみてください。 そうすればちょっとしたリメイクで食卓に並べることができます。 一からまた作り直しだとその時間がもったいないですよね。 少しの味付けで調節できるのであれば手間暇なくできちゃいます。 是非、味を調節してえぐみを取ってみてくださいね。 まとめ ふきのあく抜きは手間がかかっちゃいますが、あく抜きをしないと苦いしえぐみはあるしで大変です。 このひと手間があるかないかでふきの味も変わってきちゃいます。 旬の野菜だからこそ、美味しく食べたいじゃないですか。 頑張ったつもりなのに苦くえぐみがあったり、美味しく食べれなかったらショックですよね。 しっかりあく抜きのポイントを押さえて、旬のふき料理を堪能してください。

次の