ラグナ 占星術。 ラグナが強いって?: 吉野まゆのインド占星術

星座(ラグナ・月星座)別の特徴

ラグナ 占星術

ラグナというのはインド占星術特有の呼び名ですが、アセンダント、上昇宮のことです。 産まれた時に東の地平線上に位置する星座のことで、牡羊座~魚座までの12星座のいずれかとなります。 約2時間でラグナの星座は変わります。 だから、出生時間が分からない場合はラグナが特定できないことになり、ハウスが決められません。 これはインド占星術で鑑定する場合かなり致命的です。 このラグナの星座を1室として、右回りに2室、3室と割り振っていきます。 星座の境界線とハウスの境界線は一致します。 ラグナロードというのはラグナの支配星のこと、各星座ごとに支配星が決められています。 逆行火星が天秤座への図 このAs というのがラグナ、そしてその支配星がラグナロード。 この場合は、牡牛座ラグナ、ラグナロードは金星ということになります。 下記の12パターンとなります。 1.牡羊座ラグナ、ラグナロードは火星 2.牡牛座ラグナ、ラグナロードは金星 3.双子座ラグナ、ラグナロードは水星 4.蟹座ラグナ、ラグナロードは月 5.獅子座ラグナ、ラグナロードは太陽 6.乙女座ラグナ、ラグナロードは水星 7.天秤座ラグナ、ラグナロードは金星 8.蠍座ラグナ、ラグナロードは火星 9.射手座ラグナ、ラグナロードは木星 10.山羊座ラグナ、ラグナロードは土星 11.水瓶座ラグナ、ラグナロードは土星 12.魚座ラグナ、ラグナロードは木星 各星座・支配星の図.

次の

【アルーダ・パダ(Arudha

ラグナ 占星術

インド占星術のソフトを使っていると、チャート上にAL、A2、A3・・・など、意味が分からない記号が点在していますね。 これらは、アルーダ・パダ(Arudha-pada)といいます。 単にアルーダとか、パダとも言われます。 結婚鑑定に良く使われるウパパダは12室のアルーダ・パダ(Arudha-pada)です。 基本は、ある室からその支配星が在住する室までの数を出し、今度はその支配星からその数を足したところの室のことを指します。 細かい例外則もあるので、導出はまた後で示します。 この、アルーダ(Arudha)とは「上に乗る」という意味で、仮面、幻影、または重ね合わされたイメージを示します。 要は、そのものの真の特性ではなく、他人から受け取られたものや、他から見た仮面を示します。 一般には他人や社会的にどう受け取られているかを示しますが、自分でも本当の自分を忘れて、幻影を真の自分と思い込んでいる場合も多々あります・・・ 〔アルーダ・ラグナ〕 まずはアルーダ・ラグナ(Arudha lagna)からです。 チャート上ではALと省略されます。 ラグナはその人自身を指しますが、アルーダ・ラグナはマーヤー(幻影)、すなわち、その人自身が他人からどう受け取られているかを示します。 人は真の自分と、人から受け取られている自分は違います。 本当は臆病な人でも、勇敢な人と見られたり、善良と思われている人が、裏では悪いことをしていたり・・・ 政治家など、真のその人自身ではなく、外面(そとづら)が大事な職業では、アルーダ・ラグナは重要となります。 また、西インドでは、ラグナの次にアルーダラグナで見るそうで、かなり重要視されているようです。 基本的には、他のラグナと同じようにALを1室に見立てて、鑑定して行けばいいようです。 ラグナからの10室は、その人の職業と仕事の性質を示しますが、ALから10室目は社会における認知を示し、主にその人の仕事上のステイタスを示します。 ラグナとALからみたものが全く違う場合は表裏の激しい人間かもしれませんね。 おそらく、ラグナと月ラグナからは皆様見ると思いますが、アルーダ・ラグナからも見る癖もつけると、その人の仮面が見えてくるかもしれません。 〔アルーダ・パダの導出〕 基本は、ある室からその支配星が在住する室までの数を出し、今度はその支配星からその数を足したところの室のことをアルーダパダといいます。 例外則として・・・• アルーダ・パダ(Arudha pada)が、同じ星の星座か、その室から7室目に来る場合は、そこからさらに10室目をアルーダ・パダとする。 また、「その室からその支配星が在住する室までの数」ではなく、「その室の0度からその支配星が在住する場所までの角度」として正確に計算する方法でアルーダパダを導出する人たちもいます。 水瓶座の支配星を、チャート上で土星とラーフで比べて強い方、蠍座の支配星を火星かケートゥの強い方を使用する人もいます。 パラシャラは、例外則と、正確な角度で行うことを教えているようです。 しかしながら、ラオ先生は例外則は推奨していません。 この辺はまだ結論が出ていないようですね。 〔導出例〕 例えば乙女座ラグナの人で、水星が魚座にあったとします。 アルーダ・ラグナを求めようとすると、まず水星は1室から7室目に在住なんで、水星のいる魚座からさらに7室分足した乙女座がアルーダ・ラグナになります。 しかしながら、同じ星座に来てしまっているので、例外側を用いるなら、そこから10室目の双子座がアルーダ・ラグナとなります。 〔表示・名称〕 各アルーダ・パダは、頭文字を取って、Aに室の数字がつきます。 A1はAL(LagnaのL)、A12はUL Upapada-Lagne とかかれます。 各パダの呼ばれ方はいろいろあり、以下のようになります。 最近の投稿• 最近のコメント• に さやか より• に ISOP より• に ISOP より• に ISOP より• に ISOP より 人気記事• 検索: カテゴリー• 291• 128• 18 Count per Day• 731767総閲覧数:• 50今日の閲覧数:• 249昨日の閲覧数:• 2現在オンライン中の人数:• 2014年9月14日カウント開始日:.

次の

インド占星術ホロスコープ(チャート)|インド占星術(ジョーティッシュ)研究プロジェクト・Jyotish Research|アーユルヴェーダライフ

ラグナ 占星術

インド占星術のソフトを使っていると、チャート上にAL、A2、A3・・・など、意味が分からない記号が点在していますね。 これらは、アルーダ・パダ(Arudha-pada)といいます。 単にアルーダとか、パダとも言われます。 結婚鑑定に良く使われるウパパダは12室のアルーダ・パダ(Arudha-pada)です。 基本は、ある室からその支配星が在住する室までの数を出し、今度はその支配星からその数を足したところの室のことを指します。 細かい例外則もあるので、導出はまた後で示します。 この、アルーダ(Arudha)とは「上に乗る」という意味で、仮面、幻影、または重ね合わされたイメージを示します。 要は、そのものの真の特性ではなく、他人から受け取られたものや、他から見た仮面を示します。 一般には他人や社会的にどう受け取られているかを示しますが、自分でも本当の自分を忘れて、幻影を真の自分と思い込んでいる場合も多々あります・・・ 〔アルーダ・ラグナ〕 まずはアルーダ・ラグナ(Arudha lagna)からです。 チャート上ではALと省略されます。 ラグナはその人自身を指しますが、アルーダ・ラグナはマーヤー(幻影)、すなわち、その人自身が他人からどう受け取られているかを示します。 人は真の自分と、人から受け取られている自分は違います。 本当は臆病な人でも、勇敢な人と見られたり、善良と思われている人が、裏では悪いことをしていたり・・・ 政治家など、真のその人自身ではなく、外面(そとづら)が大事な職業では、アルーダ・ラグナは重要となります。 また、西インドでは、ラグナの次にアルーダラグナで見るそうで、かなり重要視されているようです。 基本的には、他のラグナと同じようにALを1室に見立てて、鑑定して行けばいいようです。 ラグナからの10室は、その人の職業と仕事の性質を示しますが、ALから10室目は社会における認知を示し、主にその人の仕事上のステイタスを示します。 ラグナとALからみたものが全く違う場合は表裏の激しい人間かもしれませんね。 おそらく、ラグナと月ラグナからは皆様見ると思いますが、アルーダ・ラグナからも見る癖もつけると、その人の仮面が見えてくるかもしれません。 〔アルーダ・パダの導出〕 基本は、ある室からその支配星が在住する室までの数を出し、今度はその支配星からその数を足したところの室のことをアルーダパダといいます。 例外則として・・・• アルーダ・パダ(Arudha pada)が、同じ星の星座か、その室から7室目に来る場合は、そこからさらに10室目をアルーダ・パダとする。 また、「その室からその支配星が在住する室までの数」ではなく、「その室の0度からその支配星が在住する場所までの角度」として正確に計算する方法でアルーダパダを導出する人たちもいます。 水瓶座の支配星を、チャート上で土星とラーフで比べて強い方、蠍座の支配星を火星かケートゥの強い方を使用する人もいます。 パラシャラは、例外則と、正確な角度で行うことを教えているようです。 しかしながら、ラオ先生は例外則は推奨していません。 この辺はまだ結論が出ていないようですね。 〔導出例〕 例えば乙女座ラグナの人で、水星が魚座にあったとします。 アルーダ・ラグナを求めようとすると、まず水星は1室から7室目に在住なんで、水星のいる魚座からさらに7室分足した乙女座がアルーダ・ラグナになります。 しかしながら、同じ星座に来てしまっているので、例外側を用いるなら、そこから10室目の双子座がアルーダ・ラグナとなります。 〔表示・名称〕 各アルーダ・パダは、頭文字を取って、Aに室の数字がつきます。 A1はAL(LagnaのL)、A12はUL Upapada-Lagne とかかれます。 各パダの呼ばれ方はいろいろあり、以下のようになります。 最近の投稿• 最近のコメント• に さやか より• に ISOP より• に ISOP より• に ISOP より• に ISOP より 人気記事• 検索: カテゴリー• 291• 128• 18 Count per Day• 731767総閲覧数:• 50今日の閲覧数:• 249昨日の閲覧数:• 2現在オンライン中の人数:• 2014年9月14日カウント開始日:.

次の