ベネリ バイク。 ベネリ(BENELLI)のバイクを探すなら【グーバイク】

ベネリのバイクの日本発売日はいつ?車種や価格、スペックはどうなる?

ベネリ バイク

低炭素社会や健康志向を反映して、誰もが気軽に扱える乗り物である自転車を活用する動きが、年を追うごとに増しています。 しかしながら人の脚力をエンジンとする自転車は、上り坂や重い荷物を載せて走るには、体力を大きく消耗します。 電動アシスト自転車はその弱点を補い、自転車の利便性を最大にしてくれる乗り物です。 電動アシスト自転車は、一般自転車の仕組みに電動モーターと充電式バッテリーを組み合わせて、それがペダルを漕ぐ力を補助します。 電動アシスト自転車にはトルクセンサーが装備され、これがペダルを踏む力を検知して、車速と照合することで走行状況が判断されアシスト力を決定します。 例えば速度が遅いのにペダルを踏む力が大きければ、発進時や上り坂の走行状況と推測され、電動モーターによるアシストが必要な状況と判断されます。 電動アシスト自転車のアシスト力は時速が24㎞に達するとゼロになります。 電動アシスト自転車のアシスト速度の上限と比率は、日本国内の法令によって定められています。 日本においては買い物や通勤・通学の足として活用されるのが主な電動アシスト自転車ですが、世界的には「E-Bike」と呼ばれ、特にクロスバイクやMTBといった車種が人気で、これらは都市の交通手段としてだけでなく、余暇にサイクリングを楽しむレジャー&フィットネスツールとして、電動アシスト自転車は急速にシェアを伸ばしています。 電動アシストによって脚力の負担を軽減することで、電動アシスト自転車老若男女が体に無理なくサイクリングを楽しむことができ、また、その距離も容易に伸ばすことができます。 そしてMTBで山道に入れば、今まで降りてバイクを押すような悪路も乗り続けることができ、さらにダイナミックなオフロードライドが楽しめます。 もちろんストップ・アンド・ゴーの多い街乗りやポタリング(自転車散歩)では、走り出しのストレスを軽減してくれます。 もはや電動アシスト自転車は、単なる交通手段ではなく、サイクリングの楽しみを広げてくれるユニバーサルな自転車なのです。 日本でも今後は同様のムーブメントが起きることでしょう。

次の

TAGETE27.5

ベネリ バイク

ベネリは1911年にイタリアで設立された歴史あるバイクメーカーですが、ヨーロッパの中小 メーカーに よくある、経営権の変更や消滅を経て、現在は1995年に復活、新生ベネリ社として、ミドルクラスの スポーツバイクや電動アシスト自転車を生産・販売しています(現在は中国資本傘下)。 トルネード900RSは、2002年に発売された900Treをベースとし翌2003年に発売された アップ グレード 版となります。 トルネードの特徴は、水冷3気筒、142PSの高出力エンジンや、イタリア製 ならではの 惜しげもなく 使われたカーボンや有名ブランドパーツ等もありますが、そこがポイントではありません。 冷却系がとにかく独創的なんです。 このバイク、なんとラジエターがリアタイヤハウス内に設置されています。 ではどうやって冷却するかと言えば、 フロントカウル脇から採り入れた空気を、サイトカバーを通しラジエターまで流しているのです。 その後リアシート下に設置された2つのファンで強制的に後方排出しています。 ちなみに何でこんなに複雑なシステムにしているかと言うと、さすがレース仕様が下敷きだけあって、 コーナリング性能を重視する為にエンジンを前方・低重心に設置、その為ラジエターをシート下に配置、 排出効果を上げる為にファンを設置、という事のようです。 残念ながらレースでは目立った実績は上げられなかったようですが、何にも似ていない、独創性は さすがイタリアならではと思います。 恥ずかしながら私も今回初めてこのバイクを知りました。 発売当時の価格は300万弱の高額車で、 ディーラー網もないメーカーであり、日本には極少数しか恐らく輸入されていないと思われます。 現車は既に初度登録から10年以上経過していますが、さすがの程度上。 新車時よりだいぶ価格もこなれているので、人と違ういいモノを求める人にはうってつけの選択です。

次の

【今週のレア車】Vol.100 ベネリ トルネード900RS

ベネリ バイク

当初は修理専門の会社でしたが、自社で修理パーツを製造することがきっかけで大手オートバイメーカーへと成長しました。 1920年に初の自社ブランドエンジン(2ストローク単気筒エンジン)を製造して発売を開始し、1921年に初めて自社オートバイの製造を始めています。 また、息子であるトニーノ・ベネリが自社で製造したオートバイでレースデビューし、その優れた才能から1927年、1928年、1930年、1932年と優勝を遂げ、イタリアのチャンピオンに君臨していました。 ベネリは第二次世界大戦が間近に迫ってきている中、スーパーチャージャーを搭載した250ccの4気筒マシンをレースに出場させています。 第二次世界大戦終戦後、工場が破壊され1949年までオートバイの生産が開始できず、開始後は旧モデルをベースとして開発されていました。 1951年、ベネリは通称レオンチーノの98cc、125ccと350cc、500ccクラスの単気筒マシンを販売開始しました。 2ストロークと4ストロークを選択できるレオンチーノが気軽に乗れることから、終戦後のイタリアでは高い人気を誇っていきます。 1960年代から1980年代にかけては他ブランドとの合併により一度はベネリが消滅したものの、1990年代には新オーナーの決断により復活を果たしました。 現在では拠点を中国に置き、中国オートバイメーカーの傘下に加わっています。 また、2011年には電動アシストシステムの自転車製造を開始しています。

次の