クチート夢特性。 クチート育成論

ちからずく

クチート夢特性

ゲーム 【ポケモン剣盾】クチート、ポケモンバトルの才能がない【ソード&シールド育成論失敗】 最近、ポケモン剣盾でのクチートの活用方法を考えていたのですが、ある結論にいたりました。 その驚きの活用方法とは… そんなものない もうクチートはゲーフリにポケモンバトルの才能を与えてもらえなかったということであきらめようかなと思っています。 クチートとは クチートは第三世代から登場したポケモンで、根強い人気を誇っています。 長くはがね単体でしたが、前作ではフェアリータイプが追加され、 はがね・フェアリーという優秀なタイプになりました。 強力なとくせいの一つである『いかく』を持ち、夢特性では 設計ミス仕様によっていのちのたまのダメージを打ち消しながらさらに火力をあげられる『ちからずく』を持っています。 はがね、フェアリーのわざをタイプ一致で放てるほか、それ以外にも広い技範囲を持ちます。 クチートが使えない理由 ではなぜそのような優秀なはずのクチートが全然使えないのかといえば、 単に数値が足りないからです。 ポケモンには種族値というポケモンの種類別の才能みたいなものがあるんですよ。 クチートの種族値は以下です。 HP 50 こうげき 85 ぼうぎょ 85 とくこう 55 とくぼう 55 すばやさ 50 合計 380 ミミッキュと比べてみましょう HP 55 こうげき 90 ぼうぎょ 80 とくこう 50 とくぼう 105 すばやさ 96 合計 476 なんやねん クチートの種族値合計は、剣盾に登場する全ポケモン中8位です。 もちろん下からです。 クチートより種族値の合計が低いポケモンは、そもそも特殊な姿だったり、特別なとくせいを持っていたり、進化前だったりするので、数値の低さが問題になりません。 たとえば、メタモンは合計種族値288しかないポケモンですが、とくせい『かわりもの』によって、場に出た瞬間相手ポケモンのわざ・能力・能力上昇をコピーします。 こうなるともともとの種族値はHPしか関係なくなります。 こういうことを加味すると、 クチートの種族値はポケモン剣盾最底辺であるといえます。 クチー最トより純粋に数値が低いポケモンはデリバードくらいですね。 それでもたすきカウンターやみちづれでにわか殺しする運用方法があるだけましです。 フェアリー・はがねというタイプで、物理ドラゴンに強く出たいですね。 HBに極振りしてしっかり受けましょう。 この型のなにより悪いところは、こちらからも有効打がないということです。 こうげきに振らないとタイプ一致のじゃれつくを打っても1発じゃ落ちないので。 ダイマックスしてもダメです。 見てくださいよこのオノノクスの種族値 HP 76 こうげき 147 ぼうぎょ 90 とくこう 60 とくぼう 70 すばやさ 97 合計 540 全部負けてるじゃねーか 化け物じみたこうげき種族値147はもう仕方ないですが、とくこうすらクチートのほうが低いっていうのはひどいですね。 クチートの紙耐久では、耐えるという方向性はダメなことがわかりました。 対策されると何もできず終わるのですが、にわか殺しには使えます。 問題は、 今作ではカウンターもメタルバーストも覚えられないということです。 残念でした。 威力450を超えるので、オノノクスやドラパルトなどの強力無比なドラゴンを確定1発で仕留めることが出来ます。 ただし、これには多くの問題があります。 まず、クチートは遅いんですよ。 すばやさ50しかないんです。 上から殴られるため何もできないんですよ。 これにはおいかぜなりトリックルームなりでお膳立てするという方法もなくはないですが…問題はこれだけではありません。 ダイマックスされると耐えられてしまうんですわ。 こちらもダイマックスをきれば良さそうですが、それをしたところで一発耐えられるんですよ。 なんでタイプ一致ダイフェアリー耐えんねんとその時点で理不尽ですが、むこうのタイプ不一致技でこっちの方が先に落とされるんですわ。 ドラパルトはじゃくてんほけん持ってることも多いですから、仮に先攻をとれたところで耐えられてかえしのダイホロウなりダイバーンで終わります。 しかも、今作のダイマックスではちからずくが意味ないので価値が下がっています。 クチートを入れたパーティーで上位に行くのは無理なのか? クチートを構築に入れたパーティーで勝ち進むことが無理かといえば、そんなことはないと思います。 他のポケモンでたくさんお膳立てをすればクチートを使って相手ポケモンを倒していくことも可能ですし、補助型でステロを撒くというようなこともできます。 パーティーに入れるだけでよいのであれば、他の5体から強い3体を選出すれば当然勝てます。 しかし、それはクチートのおかげで勝っているということになるのでしょうか。 ポケモン育成でよく言われるのが 差別化という言葉です。 これは、他のポケモンではできないことをするということです。 他の誰かの劣化では意味がないんです。 クチートを入れたパーティーで、他のポケモン達が強くて勝てたとしても、バトルがうまくて勝てたとしても、 別のポケモンをいれた方が明らかに強いのは変わらないんですわ。 その時点で クチートにはポケモンバトルの才能がないということなのです… 400匹まで減らしたわけですから、もう少しゲーフリにはポケモンの性能調整をしてほしかったですね。 今からでもパッチでなんとかしてほしいくらいです。 137• 342•

次の

【ポケモン剣盾】クチートの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

クチート夢特性

基礎データ ずかん No. 2m おもさ 3. とを合わせたような姿をしたポケモンで、タイプを見るにの一種らしい。 のような形状の口に、のような胴体、頭部と角の間からリング状に繋げた細長い腕が生えているという、何ともユニークな体系をしている。 穏やかな性格だが、どういう訳か鍵を集めたがる習性を持ち、時には民家から盗んでしまう事もある。 そして敵に襲われたときは、腕に通した幾つもの鍵をジャラジャラと打ち鳴らして威嚇する。 お気に入りの鍵は絶対手放さない性質を利用し、のために金庫の鍵を持たせるトレーナーも存在するが、マスターキーじゃないと嫌だというこだわりがある模様。 主に鉄分を食すらしく、角を金属のすき間に突っ込んで金属イオンを吸う事も行っている。 昔は鉱山に棲んでいたが、エサの鉱物が減ってきたので人里に現れるようになったという。 色違いは銀色の全身が金色になり、ピンクの部分は水色へと変わる。 性能 タイプはと同じ・。 やや尖り気味の能力を持つクチートと違い、良くも悪くも平均的な能力の持ち主。 しかし、両タイプの耐性が高い事もあり、耐久面は意外と優秀。 特性は凶悪特性の一つである。 使用可能な変化技は、専用技「」を始め、「」「」「」「」「」などがある。 相性補完に優れるサポート役として対戦での使用率も高く、いたずらごころによるハメ戦法が猛威を振るう様は、のを彷彿させる。 タイプ一致では無いものの、イカサマも使用できるのでいばみが等が単純かつ最も強力。 隠れ特性は系統と同じ「マジシャン」だが、 いたずらごころの方が強力なのでほとんど使われない。 対戦で威張り殺されたポケモンは数知れず、相手を強制的に運ゲーへ持ち込むいわゆる「害悪戦法」の使い手として名高い。 しかも仕様上、ラムを持たせても後出しになると結局運ゲーになる。 そのため、「糞鍵」などと揶揄されることもあるが、必ずしも聞いていて快い表現ではないため、その点については配慮されたい。 第7世代ではいたずらごころの弱体化、まひ・こんらんの仕様変更によって害悪戦法は弱体化したが、弱体化・仕様変更の影響を全くを受けない「リフレクター」「ひかりのかべ」等を使うサポート要員としての優秀さは健在。 第8世代ではDLC「」で登場。 のラインナップが変更された影響で、「いばる」を失った。 アニメでのクレッフィ トライポカロンの案内役を務める男性のパートナーとして登場。 CVはが担当し、性別はオス(の(メス)とダンスしていたので)。 普段はピエールが持つステッキの先端に収まっているが、大会ではプリンセスキーの贈呈役を担っている。 2014年夏公開のポケモン映画短編「ピカチュウ、これなんのカギ?」では主役ポケモンに抜擢された。 このクレッフィは空間に開いた不思議な鍵穴に鍵を差し込む事で様々な世界に行く事ができるが、鍵穴は一定時間が経つと消えて無くなってしまう。 クレッフィ自身の世界にはこれまで集めた鍵のコレクションが文字通り山積みになっていてちょっとでもバランスが崩れる と….

次の

【ポケモンGO】クチートの色違いとおすすめ技&弱点

クチート夢特性

図鑑説明 、 い かおで あいてを ゆだん させてから おおあごで がぶり。 かみつくと ぜったいに はなさない。 はがねの ツノが へんけいした おおきな あご。 そうな かおに ゆだんを していると とつぜん ふりむき バと かみつかれるぞ。 あいてを ゆだんさせ おおきな あごで がぶり。 かおに だまされると きけんだよ。 はがねの あごは ツノが へんけいした ものだ。 おおあごは はがねの ツノが へんけいしたもの。 あいきょう たっぷりの さに ゆだんした あいてを おおあごで がぶりと かみつく。 、 ツノが へんけいして できた おおあごが あたまに ついている。 てっこつを かみきってしまう。 はがねの ツノが へんけいして できた おおきな で あいてに がぶりと かみつくのだ。 通常 ずるがしこく おそろしい。 な さで ゆだんさせ いきなり おおで まるのみにする。 クチート ひじょうに こうげきてきな せいしつ。 ふたつので えものを と ちからまかせに ひきちぎる。 ムーン 通常 2つの くちを もつ。 こうとうぶの おおには みかくが ないため にがてな ものは こちらで る。 クチート 2つの は いしが あるように しく あばれまわっている。 ひとかみで がんせきも ゴナだ。 で「なにコレキモ!!」と思ったも数多いと思われる。 そして自からの姿を見て「なにコレ!!!」と思ったも数多いと 第3世代の覚える技 基本技 おどろかす Lv. 6 うそなき Lv. 11 かみつく Lv. 16 Lv. 26 だまち Lv. 36 かみくだく Lv. てっぺき Lv. 46 たくわえる はきだす む ・・・本当はなんじゃね?• 名前の由来は口+(欺く)。 最初に書いたとおり多くのはキモい後姿にだまされたと思われる。 の意味で• なぜかで覚えられる技のがに広く、11の技を覚えられる。 特殊はと心もとないが、大など技の威が高いので特殊も使えないことはない。 かつてはがないと三色牙でするほかなかったがで炎以外の三色を覚えられるようになった。 的には似合っているがクチートに三色牙を持たせる意味はあまりない。 第4世代まで単はがねのはとクチートのみ。 は不安なだが威嚇もあるのではに高い。 第5世代では新たに系統が単鋼の入り。 最終形態のはだけ見ればクチートが全に負けているが、逆に技のが非常に狭いという逆の悩みを抱えている。 などと言っていたら、第代でクチート自身が単ではなくなってしまった。 第5世代ではとを新たに覚えるようになった……のと共に世代毎に着々と強化が施されているである。 第6世代での変化 第代にあたるでは「」が登場し、それに伴ってクチートにもが追加された。 とかくとうに耐性があり弱点はと鋼であるためはがねの耐性と絶妙に噛み合っており、弱点はほのおとじめんの2つだけなのに対して耐性9効2という驚異的な耐性となった。 さらに、同作から登場する新要素「」にも対応している。 すると、特徴的な大が禍々しさを増して2つになり、体色も少し変わっている。 合計0とでなくてもまだ低いぐらいだが、が「 ちからもち」となり、防御、特防が大きく上 攻撃も伸び、わけのわからない破壊となる。 が「いかく」の場合、とくせいとの上まず出た時に「いかく」し、その後して「ちからもち」になるため実質2つ持ちという至れり尽くせりなとなっている。 もう一方の「ミ」は、やといったいかく持ちを繰り出されても、攻撃性を下げられずにできる点で利がある。 出会うことは稀だが、こちらのいかくによる相手の「まけんき」、「か」発動を考慮し、あえてミを採用するのも。 の「ちからずく」は、を行う場合は前述の通常の優秀さもあり、まず採用されない。 には威の「じゃれつく」もあり、元々器用な所に素のがついてきたことでシャレにならない性を発揮している。 弱点としては、素のまま戦うのが難しいためがバレやすいこと 前から使っていた人なら逆に裏をかけるが や、が意味をなさない戦術を取られると身動きできないことが挙げられている。 AA ,... l:::::::::::::::::::::レ'::::l. (後ろ向きで「かみつく」つながり)• 二口女•

次の