いとこの子は何親等。 親等とは?誰でもわかる親等の簡単な数え方と一目瞭然の親等一覧図

【図解】親等の数え方を丁寧に!叔父やいとこ、兄弟等【易しく解説】

いとこの子は何親等

あなたの親の兄弟姉妹の子供のことを 「いとこ」と言いますが、 例えばもしもあなたに 「男性のいとこ」がいる場合、 その男性のいとこが自分より年上であれば 「 従兄」と書き、 その男性のいとこが自分より年下であれば、 「 従弟」と書きます。 これ以外にも「いとこ」の漢字表記には、相手が1人か複数か、自分よりも年上か年下かという違いによっていくつかの書き方が存在しています。 詳しい表記の仕方と使い方の例については以下の表をご参照ください。 なお、以下の表で登場する「私」の年齢は20歳とします。 漢字 意味 例 従兄 自分から見て年上の男性のいとこ Aさん(21)は私の従兄です。 従弟 自分から見て年下の男性のいとこ Aさん(19)は私の従弟です。 従兄弟 年上と年下の男性のいとこ同士 Aさんと私は従兄弟です。 従姉 自分から見て年上の女性のいとこ Aさん(21)は私の従姉です。 従妹 自分から見て年下の女性のいとこ Aさん(19)は私の従妹です。 従姉妹 年上と年下の女性のいとこ同士 Aさんと私は従姉妹です。 従兄姉 自分から見て年上の男性と女性のいとこ AさんとBさんは私の従兄姉です。 従弟妹 自分から見て年下の男性と女性のいとこ AさんとBさんは私の従弟妹です。 従兄妹 自分から見て年上の男性と年下の女性のいとこ AさんとBさんは私の従兄妹です。 従姉弟 自分から見て年上の女性と年下の女男性のいとこ AさんとBさんは私の従姉弟です。 従兄弟姉妹 いとこ全般を指して使う漢字 従兄弟姉妹とは親の兄弟姉妹の子供です。 そして今回の記事ではそれよりも1つ範囲を広げて、 「 いとこの配偶者」の肩書きや親等はどうなるのかということについて詳しくご紹介いたします。 スポンサードリンク 「いとこの配偶者」の親等について 「 親等」とはあなたとあなたの親戚間での遠近の度合いのことを言いますが、 今回お話しした「いとこの配偶者」は、あなたから見て 4親等離れた親戚となります。 いとこの配偶者までの親等は以下の図をご参照ください。 そして民法第725条では「6親等内の血族及び3親等内の姻族」を親族として定義すると定められているため、 実はあなたの「いとこ」は親族と呼ばれますが、いとこの配偶者は親戚ではありますが「親族」とは呼ばれません。 実際には曽祖父の曽祖父までが6親等となりますが、現実的に関わる可能性がないため省略しています。 なお、親族となる血族は青で示し、親族となる姻族を黄色で示しており、血族の親等を数字で、姻族の親等を〇数字で示しています。 なお「はとこ」とは「親のいとこの子供」のことであり、いとこより1つ遠い同世代の親戚です。 ちなみに「いとこ」という漢字に「再」を付け足すとそれで「はとこ」と読みます。 例えば、年上の男性のはとこは「再従兄」と書きます。 最後に 今回の記事では、いとこの配偶者の肩書き、および親等について解説いたしました。 ちなみにいとこの漢字も重要ですが、 「おじ・おば」の漢字表記についても注意が必要です。 というのも「おじ」には 「伯父」「叔父」という主に2つの書き方があり、 例えばあなたの父親の兄は「伯父」と書き、父親の弟は「叔父」と書きます。 そして、例えばあなたの伯父の配偶者は年齢に関係なく伯母と書きます。 もし結婚式の席次表などを作成する場合には是非この辺りにお気をつけください。

次の

「一親等」とは?二親等との違いや数え方・忌引きの範囲についても

いとこの子は何親等

家系図・親等数 家系図・親等数まとめ 血統や発祥を重んじる日本では、ルーツ探し・家系図ブームのようなので、親族の呼び名をまとめてみました。 親等…親族関係の親疎を示す等級で、親子関係を1親等と数える。 血族…血縁によってつながる親族関係、人々のこと。 姻族…本人または血族の婚姻によってつながる親族関係、人々のこと。 直系…血筋が親子関係によって直接につながっている系統のこと。 傍系…血筋が、直系から分かれた枝葉の系統のこと。 尊属…親等の上で、基準となる人より先の世代の血族のこと。 卑属…親等の上で、基準となる人よりあとの世代の血族のこと。 父や母は直系尊属、伯父や叔母は傍系尊属、子は直系卑属、甥や姪は傍系卑属と呼びます。 民法で定義される「親族」とは、血族で6親等以内・姻族で3親等以内の身内です。 配偶関係が2回となる関係(例: 配偶者の兄弟の配偶者)は、姻族ではありません。

次の

家系図で見る親戚・親族の呼び名早見表

いとこの子は何親等

A ベストアンサー もし契約上の取り決めで、単に「三親等」と決まっていたのならば、当然叔父も叔母も対象になります。 それを認めなかったとなると明らかな契約違反です。 ちなみに親等の考えでは配偶者は本人と同一視され、配偶者にとっての親等は本人の親等と同じと見なされます。 つまり配偶者の叔父や叔母はあなたにとっても三親等です。 本人の家系を「直族(または直系)親等」と呼ぶのに対し、配偶者の家系は「姻族親等」と呼ばれ、区別されることもありますが、数え方は同じです。 忌引きの範囲については特に法律はないので、個々の労働規約が重要です。 親等のみにより定義することは少なく、一般に直属と姻族を分けることが多いようです。 したがってあなたの要望が認められるかどうかは、あなたの契約先との契約や労働規定次第ですので、ここで質問しても明確な答えは出ません。 契約先・雇用主にお問い合わせ下さい。 A ベストアンサー 自分から真上(両親・祖父母など)、真下(子、孫など)を直系血族、自分の配偶者の真上(両親・祖父母など)は直系姻族といい、これらとは何親等離れていてもすべて婚姻できません。 これに対して、自分の兄弟姉妹、叔父叔母、いとこなどは傍系血族といい、四親等目からは婚姻することができます。 自分から見て血のつながりを見て行くと、親が1親等、親の親である祖父母が2親等、親の親の子である叔父叔母が3親等、親の親の子の子であるいとこが4親等ですね。 傍系姻族(配偶者の兄弟姉妹、叔父叔母など)とは問題なく婚姻することができます。 なお、実子と養子との兄弟姉妹関係なら婚姻することができます。 養子と養親とは養子関係離縁後も婚姻できません。 その他細かい規定がありますが、とりあえずこんなもんですね。 A ベストアンサー >配偶者は2等親目に相当するのかというのが質問です。 違います。 本人とその配偶者は、同一です。 本人(配偶者)から見て 1親等=父 母(義父母) 子(実子・養子) 子の配偶者 2親等=祖父母(義祖父母) 兄 姉 弟 妹(義兄姉弟妹) 兄 姉 弟 妹の配偶者 配偶者の兄 姉 弟 妹 孫 孫の配偶者 3親等=曾祖父母(義曾祖父母) 叔父 叔母 伯父 伯母(それぞれの配偶者) 甥 姪 甥 姪の配偶者 曾孫 曾孫の配偶者 >同居しているしていないで数え方が変ることはないですよね? 変わりません。 但し「健康保険」の「被保険者」が「被扶養者」を認定する場 合については同居、別居が大きく拘わってきます。 Q 最近弟の嫁のおじいちゃん(母方の父)が亡くなりました。 僕は会ったことありません(弟の結婚式に出席はしていたと思われる)が、家も同市内でそんなに遠くないので 行った方がいいのかなとは思っています。 行かなくてもおかしくないですか?それとも行くのが一般的でしょうか? そして嫁は連れて行くべきか、行かなくても良いか。 最近嫁の叔父が亡くなりましたが、車で5~6時間かかるところに住んでいたので、親たちが、甥っ子は呼ばないというスタイルをとり、このときは行きませんでした。 アドバイスよろしくお願いします。 A ベストアンサー 弔意は、故人に対してでなく、喪主・喪家に表すものです。 今回の喪主は、弟さんの奥さんのお父さんか、伯父さんがにもよります。 喪主から見て、「娘の旦那の兄弟」か、「姪の旦那の兄弟」かでは大きな違いです。 後者なら、十中八九、「これ誰だろう?」といぶかしがられるだけです。 行く必要はありません。 前者なら行かなければいけないかというと、そう断言もできず迷うところです。 あなたが長男で、いわゆる跡取りなら、親御さんが健在なうちは親御さんに任せておけばよいでしょう。 一方、あなたが次男以降で親とは完全に分離した世帯なら、これからマイルールを作っておくことです。 たとえば、 1 血族は何親等まで、姻族は何親等まで 2 自分の結婚式に来てくれた人だけ 3 自宅から日帰りで行ける範囲だけ 4 その他適宜 などに加えそれぞれ、 a 通夜・葬儀とも行く b 通夜だけ行く c 誰かに香典を持っていってもらう などのランクわけも決めておきます。 いずれにせよ、冠婚葬祭にうるさい地域でなければ、今回は知らない顔をしているか、するとしても c でよいかと思います。 弔意は、故人に対してでなく、喪主・喪家に表すものです。 今回の喪主は、弟さんの奥さんのお父さんか、伯父さんがにもよります。 喪主から見て、「娘の旦那の兄弟」か、「姪の旦那の兄弟」かでは大きな違いです。 後者なら、十中八九、「これ誰だろう?」といぶかしがられるだけです。 行く必要はありません。 前者なら行かなければいけないかというと、そう断言もできず迷うところです。 あなたが長男で、いわゆる跡取りなら、親御さんが健在なうちは親御さんに任せておけばよいでしょう。 一方、あなたが... Q 一般的にみて非常識にあたらない冠婚葬祭に関する親戚づきあいってどこまででしょうか? 冠婚葬祭のお付き合いについて。 地域やその家庭ごとで差があるのは十分わかっているのですが、一般常識として常識の範囲というのはどこまででしょうか? 私が考えているのは 自分の父母、兄弟、兄弟の配偶者。 (祖父母、甥・姪はいません) 加えるとすればそこそこ付き合いがある叔父・叔母、兄弟の配偶者の両親。 夫の側では父母、兄弟、兄弟の配偶者、甥・姪、叔父・叔母(祖父母はいません) 加えるとすれば夫の兄弟の配偶者の両親。 これで抜けている間柄の人いますか? 例えば夫の叔父さんの配偶者も含めないとおかしいですか? 夫は田舎の長男なのですが、義母が特に慶弔にねんごろなので正直困ります。 結婚してから 夫の姉の配偶者の母の兄弟と夫の兄弟の配偶者の祖父 にお香典しました。 私から見れば遠すぎるでしょ?と思う人でも何かあるとすぐ義母から連絡がきます。 昨日も夫の兄弟の配偶者の兄弟の配偶者の方が危篤と連絡がきました。 仮に万が一の場合、お香典でなく弔電のみでも非常識にあたりませんか? ちなみに夫の兄弟は深く考えずに聞けば出席するといったタイプなので、「どうする?」とか相談できません。 うちはうちと割り切りたいのですが、夫が長男なのに兄弟の中で一番慶弔の付き合いが薄いとやっぱりマズイのかなぁと思ったりもします。 しかし現実問題うちの経済状況では本当にきついんです。 広げればいくらでも広がる世界なので、やはり常識と思われる範囲で線引きしたいです。 一般的にみて非常識にあたらない冠婚葬祭に関する親戚づきあいってどこまででしょうか? 冠婚葬祭のお付き合いについて。 地域やその家庭ごとで差があるのは十分わかっているのですが、一般常識として常識の範囲というのはどこまででしょうか? 私が考えているのは 自分の父母、兄弟、兄弟の配偶者。 (祖父母、甥・姪はいません) 加えるとすればそこそこ付き合いがある叔父・叔母、兄弟の配偶者の両親。 夫の側では父母、兄弟、兄弟の配偶者、甥・姪、叔父・叔母(祖父母はいません) 加えるとすれば... A ベストアンサー 結論から言うと、お葬式関係の声がかかるのは実は一種、ご親切なんです。 村八分というでしょう? アレ、葬式と火事だけはお呼ばれ? というか、共同作業に入れてもらえるという。 でも、「村」もいまや、飛行機で移動するなら、日本全国その日のうちにいけるので、村の範囲が広がってしまって、 今、そこの近所にいない人まで声がかかる。 ご親切にね。 本来、出る、出るであろうような人は本当に、近所にいたんです。 それが、行こう思えば、連絡しようと思えば、携帯で すぐに全国つながる。 昔は、そばにいないなら、連絡も大変。 村が小さく、教えてあげるのが、のけ者にしないのが親切だった、残りの2分だった。 昔の【常識】を全国レベルに拡大するから無理があるのです。 そばにいないなら、パス。 精々がオジオバ、兄弟の直接の配偶者どまりです。 祖父母の兄弟や、そのまた、連れ合い、兄弟の連れ合いの親など あったこともない人や、直接に接遇する必要のない人はパス。 実に、「常識」を振り回して、葬式が大好きな人が多いです。 出産がプライベートであるように、葬式も、家族に取り戻してもいいのではと思う。 見ず知らずが集まって、何がある? 結婚式であって以来・・・次は、葬式でというのが意味のある付き合いでしょうか? 我が家は、タブン、後ろ指差されるのを覚悟で、オジオバもパスです。 それは、数が多いから。 実際に、いとこ同士では、互いに、連絡だけで参列はほとんど見合わせてます。 自分の親だけでおしまいということ。 更に、うるさいところでは夫婦で参加ということを強制されますが、 我が家ではダンナはわたしのオジオバを知りません。 結婚式に来ましたがそれ以降は関与することもないので。 従姉妹の名前すら知らない。 デ、この前、ダンナの従姉妹がなくなったという連絡が来ましたが ダンナには伝えましたが、わたしは最初から出る気はないです。 我が家のこどもたちには、親の兄弟までという話をしています。 つまりは、父の弟、母の妹。 それでおしまい。 親族がいたところで、それがナニ? というご時勢ではないですか? プライベートに葬式もデス。 結論から言うと、お葬式関係の声がかかるのは実は一種、ご親切なんです。 村八分というでしょう? アレ、葬式と火事だけはお呼ばれ? というか、共同作業に入れてもらえるという。 でも、「村」もいまや、飛行機で移動するなら、日本全国その日のうちにいけるので、村の範囲が広がってしまって、 今、そこの近所にいない人まで声がかかる。 ご親切にね。 本来、出る、出るであろうような人は本当に、近所にいたんです。 それが、行こう思えば、連絡しようと思えば、携帯で すぐに全国つながる。 Q 現在、親の兄弟の子供同士で付き合っている方がいます。 本人同士は本気で愛し合い、出産も考えているようです。 法律上では4親等間なので結婚は認められているのですが、二人の間に出来た子供に血族間による悪影響があるか心配なのだそうです。 以前聞いたことがあるのですが、天皇は度重なる血族婚によって、何らかの影響が出て、現在の美智子妃殿下をお迎えになったとか。 やはり血族婚は4親等離れていても影響があるのか、とても不安なのだそうです。 出来れば、確立(%)のような表現で回答していただけると非常に嬉しいです。 ちなみに二人の両親より上の血族間での結婚及び出産は無いそうです。 かなり専門的な内容なので、どこに相談や質問をして良いのか分かりません。 どうか宜しくお願い致します。 A ベストアンサー #1の方がおっしゃる 「いとこ婚では奇形児が生まれる確率が50%」ということが いったいどのような根拠からでてきたものなのかがちょっと疑問ではありますが・・・。 人間にはどこかしら不完全なところがあって生まれてくるのが普通ですから、 「乙武くん」のような方からうまれつきの小さなアザまで、 「奇形」がいったいどの範囲をさすのかも不明確ですし。 さて本題のほうへ戻りますが、 そもそも、日本人は外国からの侵略を受けて外国人の血が混血するような歴史がほとんどなく、 そういう意味では非常に「血が濃い」と言って良い民族です。 さらに欧米などと比べると「いとこ婚」「いとこの子供同士の結婚」 「遠い親戚ではあるが、血族間の結婚」ということが非常にひんぱんに行われています。 しかし日本人に「奇形が多い」「先天障害を持った人が多い」などということはありません。 秘境の少数民族などの例を見ても、それは明らかです。 血族間の結婚は確かに他人婚と比べれば劣性遺伝による病気などの確率が上がりますが だからといってそれを理由に子供を作らないようにするほどのものではありません。 (問題があるのなら、そもそもいとこ婚が禁止されていることでしょう) 現実には、他人婚のカップルの間でも不幸な偶然で病気の遺伝子が一致してしまい、 遺伝病を持った赤ちゃんが生まれることだってあるのですから。 確かに天皇家でかつて行われた血族婚は「いとこ婚」どころのものではなく、 「異母兄弟姉妹での結婚」「おじと姪、おばと甥での結婚」のような非常に著しいものもありました。 その時代のモラルは「父親が同じでも、母親が違えば他人」というものだったからです。 あきらかに病弱だった人や精神的に異変をきたしている人もありましたが それでも天皇家の人達の多くは健常な人達でした。 また、流産を繰り返したり不妊の妃の方も多かったのです。 これも一種の「良くない遺伝子を次の世に残さない自然淘汰」と言えるでしょう。 今とは医療の体制も違うのですから、「風邪をこじらせて肺炎で死んだ」というひとたちまでを 全て「遺伝のせいで身体が弱いから風邪くらいで死んだ」などとしてしまってはおかしいですよね。 日本の一般人の間では、1000年以上の長期にわたって近親婚を繰り返してきた家系はほかにないでしょう。 その非常にまれな家系と「一般人のいとこ婚」を比較して遺伝病や奇形の心配をしなくても、という感じを受けます。 もしもすでに血友病などの「うちの一族には多い」というご病気の気配があるのならば 心配するお気持ちもわかりますが、そうでないのならばせいぜい大学病院などの 「遺伝外来」(産婦人科や小児科に専門外来としてあることが多い)などへ ご相談になる程度でよろしいように思います。 #1の方がおっしゃる 「いとこ婚では奇形児が生まれる確率が50%」ということが いったいどのような根拠からでてきたものなのかがちょっと疑問ではありますが・・・。 人間にはどこかしら不完全なところがあって生まれてくるのが普通ですから、 「乙武くん」のような方からうまれつきの小さなアザまで、 「奇形」がいったいどの範囲をさすのかも不明確ですし。 さて本題のほうへ戻りますが、 そもそも、日本人は外国からの侵略を受けて外国人の血が混血するような歴史がほとんどなく、 そういう意味...

次の