ライン トーク履歴。 LINE機種変の気になる疑問。前のスマホっていったいどうなるの!?

LINEでトーク履歴をメールで送信(転送)・保存する方法

ライン トーク履歴

LINEアプリのバージョンが異なると、アカウントやトーク履歴の引き継ぎが失敗する可能性があります。 ホームタブ > 歯車マークの「設定」 > 「アカウント」 ホームタブ > 歯車マークの「設定」 > 「アカウント」 パスワードが登録されていないと、アカウント情報を引き継げないので必ず設定しておきましょう。 ホームタブ > 歯車マークの「設定」 > 「アカウント引き継ぎ設定」で「アカウントを引き継ぐ」をON。 「アカウントを引き継ぐ」をON 【AndroidからAndroid】Google ドライブでバックアップ・復元 まずはAndroidでのトーク履歴引き継ぎについて紹介します。 Androidでは、Google ドライブでトーク履歴を引き継ぎます。 旧端末(機種変更前)の操作手順 旧端末(機種変更前)のLINEアプリ内から操作していきます。 ホームタブ > 歯車マークの「設定」 > 「トーク」>「トーク履歴のバックアップ・復元」へ進みます。 ホームタブ > 歯車マークの「設定」 > 「トーク」>「トーク履歴のバックアップ・復元」 次に「Googleドライブにバックアップ」をタップ。 「Googleドライブにバックアップ」をタップ 「前回のバックアップ」に日付と容量が更新されたらバックアップの完了です。 新端末(機種変更後)でトーク履歴復元 新しいiPhoneでログインした後、画面の案内にしたがっていきます。 「トーク履歴の復元」が表示されるので「復元する」をタップすると復元の完了です。 なお、Androidは後からでも手動でトーク履歴を復元できます。 その際は以下手順を参考にしてください。 ホームタブ > 歯車マークの「設定」 > 「トーク」>「トーク履歴のバックアップ・復元」へ進みます。 ホームタブ > 歯車マークの「設定」 > 「トーク」>「トーク履歴のバックアップ・復元」 「復元する」をタップします。 「復元する」をタップ 「復元が完了しました」と表示されると復元が完了です。 【iPhoneからiPhone】iCloudでバックアップ・復元 iPhoneユーザーの場合、トーク履歴のバックアップはiCloudを利用しよう。 この機能はLINEのバージョン6. 0から搭載されたもので、パソコンがなくてもスマホだけでバックアップを行うことができます。 ホームタブ > 歯車マークの「設定」 > 「トーク」>「トーク履歴のバックアップ・復元」へ進みます。 ホームタブ > 歯車マークの「設定」 > 「トーク」>「トーク履歴のバックアップ・復元」 次に「今すぐバックアップ」をタップ。 「今すぐバックアップ」をタップ 「前回のバックアップ」に日付と容量が更新されたらバックアップの完了です。 トーク履歴のバックアップには対応しているので、 テキスト形式でバックアップして保存しておくしか手がないのだ。 この場合では、トーク画面ごとにバックアップを取得する必要がある。 機種変更前の端末が「Androidの場合」、「iPhoneの場合」とそれぞれ見てみよう。 Androidのトーク履歴をバックアップする方法 機種変更前にスマホでLINEを開き、バックアップを残したいトーク画面を開く。 Dropboxを選択した場合は保存先を選択する画面になる。 下図のように新しくフォルダーを作ることも可能だ。 Gmailでメール送信したり、Dropboxなどでクラウド上に保存することが可能 下の画像は「Dropboxに追加」をタップした場合の画面だ。 右下の「追加」をタップすることで、先ほどバックアップしたファイルが追加される。 ファイルを追加し、これでDropboxにバックアップしたファイルが保存された Dropboxではそのまま開くことが可能で、トーク履歴が表示できる。 ただし、 画像やスタンプは[スタンプ]などと表示されていて画像データは残らない。 Dropboxからトーク履歴のファイルを開いた画面。 [スタンプ]などと表示されてしまう Dropboxなどクラウド上に保存しておけば、ほとんどどのスマートフォンからも閲覧が可能になる。 iPhoneのトーク履歴をバックアップする方法 続いて、iPhoneでLINEを使っていた場合のトーク履歴のバックアップ方法を見ていこう。 機種変更前のiPhoneでLINEを開き、バックアップを残したいトーク画面を開く。 iPhoneの場合、メニューから「トーク履歴を送信」をタップ 「メールで送信」をタップするとメールアプリにテキストファイルが添付される。 その他アプリをタップした場合は、ファイルが保存可能なDropboxなどのアプリを起動できる。 その他アプリをタップした画面。 ここではDropboxを選択する Dropbox内で保存する場所を選択。 あとは、Dropboxからトーク履歴を閲覧することができる。 ただし、Android同様、 スタンプは[スタンプ]と表示され、画像データも残らない。 Dropboxに保存。 保存するとDropboxアプリから中を表示できる。 画像やスタンプは「スタンプ」などと表示されていて画像データは残らない なお、メールアプリを選択した場合は、バックアップしたファイルが添付され、通常通りメールで送信することが可能だ。 メールアプリを使えばテキストファイルを添付して送信が可能だ こちらもクラウド上に保存しておけば、ほとんどどのスマートフォンからも閲覧が可能なる。

次の

LINE機種変の気になる疑問。前のスマホっていったいどうなるの!?

ライン トーク履歴

トークの項目内にLINEトーク履歴のバックアップと復元があるのでそこをタップします。 するとその中の項目に前回のバックアップとGoogleドライブにバックアップするとGoogleアカウントの3つの項目があります。 前回のバックアップにはこのスマホでLINEのバックアップを取った最新日時が表示されています。 もしまだ一回もバックアップを取ったことが無い場合には何も表示されていません。 次にその下の項目のGoogleアカウントにGmailアドレスが表示されているかを確認します。 ここにGoogleアカウントが表示されていればそのアカウントのGoogleドライブにバックアップデータが保存されることになります。 まずはiTunesを開きiPhoneとPCをケーブルで接続します。 仮にここでうまく接続されない場合は以下のことを確認してください。 もしコンピュータに接続したデバイスが iTunes で認識されない時に不明なエラーまたは「0xE」エラーと表示されることがあります。 このような場合は以下の手順で正しく接続できるかを試して下さい。 手順を 1 つ実行するたびに一旦デバイスを接続し直して確認をしてください。 まずiOS デバイスのロックが解除され、ホーム画面が表示されているか確認します。 次に使用しているコンピュータが対応している最新バージョンの iTunes をお使いか確認します。 バージョンが古い場合はうまく認識しないことがあります。 設定画面にて初期設定ではバックアップ先はiCloudに設定されています。 iCloudにLINEのバックアップ以外も含むiPhoneのデータをバックアップするにはiCloudの容量が足りません。 なぜならばiCloudは無料では5GBまでしかデータの保存が出来ません。 LINEのデータのみならば問題はありませんがiPhone内のデータを保存することは出来ないわけです。 そのためバックアップ先をPCに変更しなければなりません。 この際にバックアップを暗号化することも可能です。 暗号化することによってデータの安全性が高まります。 これらの設定を確認したらバックアップをクリックするとiPhoneのデータをiTunesを通じてPC内に保存する事が可能になります。 パスコードを作成してからパスコードをもう一度再入力します。 続いてiCloudのパスワードを入力してください。 この作業でiPhoneの設定が完了しアプリのダウンロードがはじまります。 これでiPhoneの機種変更とデータの復元作業は完了となります。 ここまで作業が完了したらLINEのアプリを起動してメールアドレスとパスワードを入力してログインします。 ログインすると2段階認証に進みますので携帯番号に届いたSMSに記載されているコードをLINE画面に入力します。 この設定が終わると新端末でLINEを引き継ぐことが出来ます。 それから旧端末から引き継いだバックアップからLINEのトーク履歴の復元を行います。 この項目ではAndoridにてLINEのトーク履歴を復元する方法について説明します。 Androidの場合はまずこれから使う新端末をパソコンに接続してください。 接続するとバックアップを取った旧端末と同じようにパソコンで認識されます。 コピーの書き込みが完了すればパソコンからスマホを取り外してください。 ちなみに動画ファイルや写真などの旧端末で保存されていて新端末に移行したいデータもこの時に一緒にコピーすればGoogleドライブなどからダウンロードする必要がなくなるためおすすめです。

次の

LINEでトーク履歴をメールで送信(転送)・保存する方法

ライン トーク履歴

トークの項目内にLINEトーク履歴のバックアップと復元があるのでそこをタップします。 するとその中の項目に前回のバックアップとGoogleドライブにバックアップするとGoogleアカウントの3つの項目があります。 前回のバックアップにはこのスマホでLINEのバックアップを取った最新日時が表示されています。 もしまだ一回もバックアップを取ったことが無い場合には何も表示されていません。 次にその下の項目のGoogleアカウントにGmailアドレスが表示されているかを確認します。 ここにGoogleアカウントが表示されていればそのアカウントのGoogleドライブにバックアップデータが保存されることになります。 まずはiTunesを開きiPhoneとPCをケーブルで接続します。 仮にここでうまく接続されない場合は以下のことを確認してください。 もしコンピュータに接続したデバイスが iTunes で認識されない時に不明なエラーまたは「0xE」エラーと表示されることがあります。 このような場合は以下の手順で正しく接続できるかを試して下さい。 手順を 1 つ実行するたびに一旦デバイスを接続し直して確認をしてください。 まずiOS デバイスのロックが解除され、ホーム画面が表示されているか確認します。 次に使用しているコンピュータが対応している最新バージョンの iTunes をお使いか確認します。 バージョンが古い場合はうまく認識しないことがあります。 設定画面にて初期設定ではバックアップ先はiCloudに設定されています。 iCloudにLINEのバックアップ以外も含むiPhoneのデータをバックアップするにはiCloudの容量が足りません。 なぜならばiCloudは無料では5GBまでしかデータの保存が出来ません。 LINEのデータのみならば問題はありませんがiPhone内のデータを保存することは出来ないわけです。 そのためバックアップ先をPCに変更しなければなりません。 この際にバックアップを暗号化することも可能です。 暗号化することによってデータの安全性が高まります。 これらの設定を確認したらバックアップをクリックするとiPhoneのデータをiTunesを通じてPC内に保存する事が可能になります。 パスコードを作成してからパスコードをもう一度再入力します。 続いてiCloudのパスワードを入力してください。 この作業でiPhoneの設定が完了しアプリのダウンロードがはじまります。 これでiPhoneの機種変更とデータの復元作業は完了となります。 ここまで作業が完了したらLINEのアプリを起動してメールアドレスとパスワードを入力してログインします。 ログインすると2段階認証に進みますので携帯番号に届いたSMSに記載されているコードをLINE画面に入力します。 この設定が終わると新端末でLINEを引き継ぐことが出来ます。 それから旧端末から引き継いだバックアップからLINEのトーク履歴の復元を行います。 この項目ではAndoridにてLINEのトーク履歴を復元する方法について説明します。 Androidの場合はまずこれから使う新端末をパソコンに接続してください。 接続するとバックアップを取った旧端末と同じようにパソコンで認識されます。 コピーの書き込みが完了すればパソコンからスマホを取り外してください。 ちなみに動画ファイルや写真などの旧端末で保存されていて新端末に移行したいデータもこの時に一緒にコピーすればGoogleドライブなどからダウンロードする必要がなくなるためおすすめです。

次の