ペット ショップ 売れ残り 猫 里親。 ペットショップで売れ残り引き取りたい場合は?譲渡会で里親になる手順は?

ペットショップで売れ残りになった犬猫はどうなる?譲渡会や里親は?

ペット ショップ 売れ残り 猫 里親

ペットショップの売れ残りとなってしまったわんちゃんや、猫ちゃん達がどうなっているか考えたことはありますか。 生後まもない子犬や子猫は、見るからに愛らしく、どんどん売れていきます。 犬の場合では、小型犬などは世話をしやすいという理由から、引き取り手も多いとは思いますが、大型犬になると、世話が大変という理由から、なかなか引き取り手は少なくなってしまいます。 生後半年ともなると、わんちゃんも、猫ちゃんも、 ペットショップで売れ残りになってしまうことがよくあります。 そんな誰も貰い手のなかったわんちゃんや、猫ちゃんたちは、いったいどうなるのでしょうか。 生後まもない赤ん坊のような子犬や子猫は、もちろんかわいい。 けれども、もう、ペットショップのケースは狭すぎるような、大きくなってしまった子犬や子猫を引き取って、育ててあげるのも、大切なことかもしれません。 そこで今日は、そんな ペットショップで、売れ残りになってしまった犬猫ちゃんを飼うメリットについてお伝えします。 悲惨な運命から救える可能性があります。 やはり、人気なのは、月齢の低い子達。 ですから、犬でも猫でも、生後半年ともなると、ほぼ、 貰い手はなくなります。 ペットショップの売れ残りとなってしまった子達は、運がよければ、店員さんなどに引き取ってもらえるか、里親さんを探してもらえるか。 けれども多くは、保健所で殺処分。 あるいは、悪質なブリーダーなどに引き取られ、繁殖機械のように扱われ、掃除もしてもらえないゲージの中で、ひたすら赤ん坊を産み続ける…という 生き地獄のような暮らしを送る羽目に陥ってしまう場合もあります。 大切に慈しんで育てたら、楽しく生きることができるかもしれなかった犬や、猫たち。 まだあどけない子犬や子猫を、人間の都合で、ペットショップのガラスケースの中に押し込め、あげくのはてに殺すか、繁殖機械にするかなんて、 あまりにも残酷すぎる仕打ちではないでしょうか。 生後半年を過ぎた子を引き取ったら、そんな悲しい運命から、救ってあげることができるかもしれません。 子犬や子猫の時期が、しつけに一番大切な時期だと言われています。 月齢が低いうちに、社会化させて、人間や他の犬や外の世界のさまざまなものに慣らしておいた方がいいということも本当です。 だから、月齢の低い子を飼いたくなるかもしれませんが、 生後半年を過ぎた子だって、あなたのとてもよいパートナーになる可能性は、十分にあります。 ペットショップにいったら、どうしても、月齢の低いあどけない子犬や子猫を、注目してしまいがちですが、 ペットショップの売れ残りの大きな子達のことも、注目してあげてください。 値段はお安くなります やはり、月齢の低い人気のある子たちの方が、高い値段がつけられます。 売れなければ売れないほど、値段は どんどん安くなりますから、 お買い得ともいえるでしょう。 その上、生後半年過ぎていたって、やっぱり、子犬も子猫もかわいらしいですから、 ペットショップの売れ残りの子たちを、買い取る価値は十分にあります。 生後半年過ぎの子でも、おりこうな子はたくさんいます 生後半年過ぎても、ペットショップにいた子なんて、社会化が全然できていなくて、しつけに苦労するかもしれないというイメージが強いかもしれません。 先程も書いたように、 犬でも、猫でも、しつけを開始する時期が、早ければ早いほど、飲みこみもスムーズにいくということは事実。 子犬や子猫の頃に覚えたことは、一生ずっと覚えていますから、子犬や子猫の間に、たくさんのことを覚え込ませた方が、後々、穏やかにくらせます。 だからといって、生後半年過ぎるまで、ずっとペットショップにいた大きな子が、問題行動を起こすような子ばかりかというと、そうでもありません。 実際、生後半年過ぎるまで、ペットショップにいた柴犬の男の子がいますけれども、特に大きな問題はなく、 他の犬や人ともトラブルを起こすこともなく、穏やかに暮らしています。 大きくなりすぎてしまった子だから、しつけが大変だと一概にはいえません。 ペットショップの売れ残りの大きな子たちだって、おりこうな子はたくさんいます。 いかがでしょう。 ペットショップをのぞいたら、犬や猫の赤ん坊がズラリと並んでいて、やはり可愛いですよね。 でも、一方で、裏側には とても残酷で、悲しい面があるのもまた事実。 可愛くて、健康的な子たちは、どんどん売れていきます。 けれども、病気が見つかったり、大きくなりすぎてしまった子たちには、ペットショップで売れ残りになってしまい、楽しい未来は待っていません。 悲惨な運命が、待ち構えているのです。 病気だから、大きすぎるからという理由は、犬や猫たちのせいではありません。 それなのに、残酷な扱いを受けなければならないなんて、あまりにも悲痛すぎるのではないでしょうか。 そんな今の日本をいきなり変える事はできませんけれども、もしも、ペットショップで、犬や猫を飼おうかなと思っている方は 、ペットショップの売れ残りの犬や猫の事を、気にしてみて下さい。 その子たちが、 あなたのかけがえのないパートナーになってくれるかもしれません。 まとめ ペットショップの売れ残りの子たちを引き取るメリットとは ・売れ残った子たちがたどる悲惨な運命から救い出すことができる ・売れ残った子たちは、値段がお安い ・売れ残った子でも、おりこうさんは多い.

次の

ペットショップ以外で猫を飼う方法を知りたい!猫の里親になるには?

ペット ショップ 売れ残り 猫 里親

「ペットはペットショップで買わないで」 ペットショップで買う以外の選択肢として、ボランティアが運営する保護団体や、自治体の動物愛護センターから引き取ることが勧められています。 日本で殺処分されている犬と猫は、8万頭を超えているのが現状です(環境省発表、2015年度)。 保護された犬や猫を引き取る人が増えていけば、いつか、殺処分数がゼロになる日もやってくるでしょう。 とはいえ、保護動物の里親になるのではなく、ペットショップで買う、という選択を取る人がいるのにも理由があるようです。 保護動物の里親になる条件が厳しすぎる 犬を飼うことに決めた、ある家族。 ペットショップで購入するのと違い、保護犬を引き取る場合は『代金』は必要ありません。 ワクチン代や去勢代、エサ代などの実費の負担のみで済むケースがほとんどです。 安価で済み、さらに動物愛護につながるのであれば、保護犬を引き取るという選択肢を取らない理由はありませんでした。 家族はさっそく里親募集サイトを通じて、保護団体に里親になる申し出をします。 しかし保護団体から返って来た返事は、こんな理由で「No」でした。 通勤時間を合わせ、仕事で家をあける時間はどのくらいか。 単身者用の狭いワンルームではなく、動物と暮らすのに十分な間取りはあるか。 この2点は、里親になるにあたって重視される大きなポイントです。 さらに単身者の場合は「何かあった時、近くに世話をしてくれる近親者がいるか」という条件も加わる場合があります。 「残業が多く、家をあける時間が長い」「一人暮らしなので、部屋にそれほどの広さがない」「両親や親戚とは遠く離れて暮らしている」…こんな人は、里親になることを断られるケースが多く出てきます。 個人情報の提出を求められる 里親になるための審査として、住所、氏名、家族構成、家の間取りなどの情報を保護団体に伝えます。

次の

ペットショップで買わないで、って言うけれど 里親になる条件が厳しい理由

ペット ショップ 売れ残り 猫 里親

今回の記事はブリーダーの方に書いていただきました。 ……………….. 「ブリーダーやペットショップで売れ残った猫はどうなるのですか」は よく聞かれる質問です。 2011年、動物愛護法改正の為の審議会に聴聞者として参加した際に配布された環境省の資料にはブリーダー・ペットショップ対象のアンケートが含まれており、その中に売れ残った動物はどうなるのかという質問がありました。 上位回答は、 自宅またはショップで飼う 里親を探して無償譲渡する スタッフが飼う 同業者・ショップに転売 繁殖用に残す 有償譲渡する 実験業者に譲渡、保健所引き取りはほぼありませんでした。 ただ、このアンケートに回答する業者は比較的良心的な部類だと思われるので、実態とはやや乖離があるかもしれません。 2009年に尼崎の動物取扱業者が違法飼育ということで動物愛護法違反で摘発されました。 この業者は老齢犬や繁殖に使わなくなった『不要』犬を保健所に持ち込んでいたことで話題になりました。 この業者は10年近くにわたり、年間約50〜60頭を『処分』していたということですが、もっと小分けにして、あちこちの保健所に持ち込んでいたという悪質ケースがあったと言われています。 現在では動物取扱業者からの持ち込みは拒否する自治体が増えています。 筆者の住む自治体では過去5年間は業者からの持ち込みは0で、動物取扱業者と分かれば引き取りはしない方針です。 となると『処分』先が無くなって困る業者が発生することになりますが、それを肩代わりするような業者が最近見聞されるようになってきました。 いわゆる「引き取り屋」と呼ばれる業者です。 引き取り屋の実態とは 2014年10月に発生した、犬の大量遺棄事件をきっかけに、その存在が明るみに出るようになりました。 約80頭の犬の遺体を遺棄したのは元ペットショップ従業員で引き取り屋をしていた人物でした。 引き取り屋とは、取扱数が多いブリーダーやペットショップから廉価 1頭1〜3万円ほど で生体を引き取るビジネスです 逆に言うと取扱数が少ないブリーダーやペットショップには無縁の存在です。 「引き取り屋」が必要になるのは、ペットショップにおいて、ショーケースを早く開けて次の子犬・子猫を入れたいとか、仕入れた後で子犬・子猫が売り物にならないと発覚した場合になります。 引き取り屋が引き取った動物は譲渡会を開いたり、フリーマーケットの一角にブースを借りるなどして、新しい飼い主さんを探します。 新しい飼い主さんには無償で渡すケースと有償で渡すケースがあるようです。 里親さんが決まらなかった場合は「引き取り屋」で飼われ続けるということになるようです。 その飼育環境が不適切ということで、近年動物愛護団体が危険視しています。 2016年5月には栃木県の「引き取り屋」が飼育動物に対し「ネグレクト」をしたということで摘発されました。 虐待の一種である「ネグレクト」は愛玩動物に対しては食餌給水を与えない、糞尿の始末をしない、疾病があるにも関わらず病院に連れて行かない、被毛などの手入れをしない、などが該当します。 「引き取り屋」は現在、動物取扱業者とされておらず、動物愛護法で管理される存在ではありません。 野放しかつ実態調査もされていないため、良心的な業者も問題業者も一緒くたになっている状態です。 ペットショップで扱われる商品個体は生体であるが故に売れ残った場合でも食料費がかかりますし、それだけではなく糞尿の始末をし、病気にかからないよう管理しなければなりません。 そのため引き取り屋の存在は必要悪であるとも言え、賛否をつけるのは難しいところではあります。 引き取り屋以外の売れ残りの対処 業者ブリーダーや自家繁殖ショップの場合は、売れ残りは繁殖用にまわされることが多いです。 また、あるブリーダーが手放す犬猫を別のブリーダーに斡旋するなど、ブローカー的な役割をはたすブリーダーやペットショップのバイヤーもいます。 全国展開しているような大手ペットショップやオークションだと、自社に里親募集する部門があったり、外部の里親探しNPOと提携状態にあるという話もあります。 このように「引き取り屋」の他にも、ペットショップの基準に合わなかった犬猫の新しい飼い主さんに斡旋するNPOや、売れ残りや繁殖リタイア犬猫の里親募集サイトなど、動物愛護的要素のある団体・個人も存在します。 動物愛護法改正の影響もあり、動物取扱業界は健全化が進んできていて、改正前よりは動物の命や健康が大切にされるようになり、悪徳業者も摘発されたり、廃業するようになってきています。 ただまだ動物の命を軽視する業者はゼロになったとはいえず、更なる健全化を期待したいところです。

次の