ホロスコープ 恋愛。 ホロスコープで恋愛を占う方法!男女の恋愛観の違い|feely(フィーリー)

恋愛下手?金星でみる恋愛傾向

ホロスコープ 恋愛

ここでは男性・女性別に好みのタイプなどをみていきます。 男性において、好みの女性は金星に、理想の妻のタイプは月にあらわれます。 実例をみると、理想の妻・夫のタイプ(月・太陽)だけが結婚相手に反映されているわけではありません。 好みの女性・男性のタイプ(金星・火星)が結婚相手に反映されているケースも沢山あります。 ですから、ここでは結婚相手選びに影響する天体の傾向をおおまかな傾向としてとらえています。 すなわち 男性の好みは金星・月にあらわれる 女性の好みは火星・太陽にあらわれる とはいえ 太陽・月は誰にとっても大きな要素です。 男性における太陽、女性における月など、その他の要素も異性観に影響しています。 またどんな恋愛をしやすいかは金星のサインに表れています。 こちらは男女共通ですが、女性のほうが顕著に表れます。 恋愛のスタイルを規定する金星の説明もあわせてご覧ください。 1 2 3.

次の

恋愛に関係するアスペクト

ホロスコープ 恋愛

記事の目次• ホロスコープで恋愛のどんなことを占うことができるのか? ホロスコープとは、上の写真のような、黄道12宮における惑星の位置を示した図表(チャート)です。 あなたが生まれたときに惑星がどの位置にあったかを知ることで、恋愛運や金運といった運勢や性格、さまざまな傾向を知ることができます。 ここでは恋愛運について、ホロスコープの基本的な見かたを解説します。 ホロスコープには何が示されているの? 西洋占星術(アストロロジー)の基本は、 あなたが生まれたときの太陽の位置を基準として、惑星がどの位置にあったかで分析&判断します。 前述の黄道12宮とは、太陽の通り道(黄道)に位置する12星座を指しています。 1年で太陽は黄道を一周するので、多くの人がよく知る星座占いは、生まれたときの太陽が位置していた星座のことをいっているわけです。 西洋占星術では、太陽以外にも、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星あわせて10の星を基本の惑星としてホロスコープに表示します。 太陽は恒星で月は地球の衛生、現在は準惑星の冥王星も、基本の10惑星として使用します。 ホロスコープで恋愛のどんなことがわかるの? 気になる相手との相性を単に良い悪いだけではなく、より具体的に占うことができます。 自分や相手の求めている理想の恋愛観や、お互いの気持ちが盛り上がる時期、もしも付き合うことになったときに共有できる楽しみなどです。 まずは相手を知ることからはじまる恋愛ですが、 相手の好きな恋愛スタイルを知ることで、まずは仲良くなる第一歩を踏み出せます。 そしてお互いの関係を、時期を見極めながら少しずつ深めていくことで自分自身も自信を持つことができ、十分な魅力を発揮できるのです。 ホロスコープで読み解く恋愛全般についての占い方 西洋占星術は、出生時の太陽の位置を基準にほかの惑星がどの位置(ハウス)にあったかにより、その人の性格や運勢、他者との相性などを分析します。 恋愛運を占うときはどの惑星の位置を見れば良いか?説明します。 ホロスコープで恋愛を占うときに重要視する惑星 女性は金星という星、男性は火星と言う星を中心に見ていきます。 一般的に言われる「〇〇座」とは生まれたときの太陽の位置をあらわしたものなので、金星や火星の星座は太陽星座と違っている場合も多いのです。 雑誌などの占いに載っている恋愛運がちっとも当たらないと思っている人は、金星や火星の星座をホロスコープで知ることからはじめてほしいです。 本当の星座を知ることで、より自分の恋愛観について深めていくことができます。 太陽は本質!金星と火星が示す恋愛全般の特徴 血液型が性格を表すように、 西洋占星術の基本も生まれたときの太陽の位置が本質を表しています。 雑誌の星座占いで今日の運勢や今週の運勢が当たらなくても、「〇〇座」の性格や傾向とかを読むと大体当たっていると思う方も多いはずです。 女性は金星の位置が自分の恋愛観と理想の恋愛を示しており、火星が理想の男性像を示しています。 男性は金星が理想の女性像を示しており、火星が恋愛観や恋愛に対する趣向を表しています。 火星は昔から凶星といわれており、火星の近くにほかの惑星が多く集まっている人は、支配欲が強く恋愛も肉体関係が目的かもしれません。 ホロスコープから見えてくる女性の恋愛観 女性も理想の男性像は火星が示しています。 しかし、恋愛に関しては理想と現実のギャップに悩む方も多いはずです。 そこで、金星がヒントをくれます。 金星が示す恋愛運の傾向を見てみましょう。 金星が示す女性の恋愛チャンス 女性は金星を中心に見ていきます。 金星は約20日でひとつの星座を移動していく、つまり1年足らずで12星座を一周するのです。 これは同じ年の「〇〇座」の人であっても、理想とする恋愛観が異なる可能性があるのです。 空の星たちは日々動いて共鳴しあっているので、 女性の場合は一年に一度くらい恋愛気分が高まる時期があるとも読み取れます。 また、相手の持っている星が、自分の星と共鳴するタイミングを知ることで、恋愛のチャンスを知ることができるでしょう。 金星が位置する各星座の恋愛運と相性 金星が女性の恋愛観を示しています。 生まれたときの金星の位置が恋愛傾向に強く現れます。 各星座別の恋愛傾向は以下のとおりです。 【牡羊座】 情熱的で激しく追い求める恋愛を好みます。 自分から好きになり追いかける恋愛でないと満足できません。 相手からのアプローチに魅力を感じないタイプの方です。 【牡牛座】 恋愛にも安定感と安心を求めるタイプです。 お付き合いがはじまると長く付き合い結婚に至る可能性が高いでしょう。 多少のトラブルや相手のワガママを許してしまいます。 【双子座】 変化のある恋愛が好きなタイプです。 行動的で魅力的なあなたは恋愛にも変化を好み相手を飽きさせません。 あなたが相手に飽きて複数の恋人と付き合ってしまう可能性があります。 【蟹座】 愛情と母性に溢れており恋愛にも優しさと母性を発揮します。 相手の世話をすることが好きで、恋愛も結婚を前提とした付き合いになりやすいです。 【獅子座】 プライドが高くドラマチックな恋愛を好みます。 相手にもプライドを求め、相思相愛になることで二人に劇的な変化が訪れます。 理想が高すぎるとチャンスを逃すこともあります。 【乙女座】 純粋な心の持ち主でプラトニックな恋愛を好みます。 心を許せる男性が現れたら身も心も捧げ二人の仲が進展していくタイプです。 【天秤座】 恋の駆け引きが巧みです。 自分の魅力をわかっていて、相手にアプローチさせたり自分からもアプローチできます。 失恋により天秤の感覚が狂って、受け身や積極的、両極端になりすぎることもあります。 【蠍座】 恋愛に運命の赤い糸を感じるタイプです。 ナンパや合コンでの出会いには見向きもしません。 一途に相手を追いかけます。 恋愛が成就してからの猜疑心や嫉妬に注意しましょう。 【射手座】 情熱的な激しい恋愛を好むタイプです。 恋愛が成就すると相手への興味が薄れてしまい、次の恋を探してしまう可能性があります。 不倫や略奪愛など恋愛トラブルに要注意です。 【山羊座】 尊敬しあえる関係を恋愛にも求めるタイプです。 恋愛が結婚に結びつきやすく良いパートナーシップを築けます。 半面、打算的と相手の男性に受け取られる可能性があります。 【水瓶座】 個性的な相手を求めるタイプです。 あなたも個性的なはず?波長が合えばそのままゴールイン(結婚)のパターンもあります。 個性的と人間性の良さは必ずしも一致しません。 相手の本質を見極めましょう。 【魚座】 恋愛至上主義の女性です。 家族や友情、仕事より恋愛を選びがち?恋愛に溺れたり誘惑に弱かったりするタイプです。 公私の切り替えをハッキリ意識しましょう。 ホロスコープから見えてくる男性の恋愛観 火星は男性性を表す惑星なので、恋愛以外にも性的エネルギー全般を示しています。 恋愛と結婚を区別する男性も多いように、生まれたときの火星の位置が結婚観も示しています。 具体的な意味は以下のとおりです。 火星が示す男性の恋愛観 男性は火星を中心に見ていきます。 火星は2~3年で12星座を一周するので、 自分の「〇〇座」とかけ離れた性質の恋愛観を持っている可能性があります。 これは女性より雑誌の恋愛運が当たりにくいともいえます。 火星の周期は金星に比べてやや遅いため、男性は女性に比べ恋愛気分の高まりが巡ってくるチャンスが少なめです。 しかしその分、やってきた波が大きいともいえるので、その出会いが人生の転機となることも少なくないでしょう。 火星が位置する各星座の恋愛運と相性 火星が男性の恋愛観や結婚願望を示しています。 生まれたときの火星の位置が恋愛傾向に強く現れます。 各星座別の恋愛傾向は次のとおりです。 【牡羊座】 恋愛にもまじめで、一途に情熱的な愛情を注ぎます。 感情の起伏が激しく愛情が冷めると見向きもしません。 恋愛以外にのめり込むことが見つかればそちらに走ります。 【牡牛座】 同性、異性ともに好かれ、まわりに人が集まってくるタイプです。 いわゆるカリスマ性やリーダーシップを発揮する男性です。 恋愛は淡泊傾向で広く浅く愛します。 【双子座】 神経が図太く野心家です。 半面、繊細な面も持ち合わせています。 恋愛も仕事も狙った獲物を逃さないタイプです。 相手の女性に癒しを求めがちで、疲れる恋愛になりそう。 【蟹座】 個性的で話し上手なうえ、大人になっても少年の心を忘れないタイプです。 だから女性にモテます。 自分と同じく個性的な女性を好みます。 【獅子座】 パワーとリーダーシップに溢れ家族を守ります。 結婚する男性に選ぶならもってこいのタイプ。 しかし、愛情より仕事や友情をとることもあるので、家庭的なパパを望むのは無理かも? 【乙女座】 人の心をつかむのがうまくモテます。 相手に不自由しないので婚期が遅れるかも?このタイプの男性を彼氏にすると、女性は先の見えない恋愛になりそうです。 【天秤座】 政治家に多く、強靭な精神力を持ち野心家です。 目的のためなら手段を選ばないこともあります。 ひと昔前なら政略結婚を平気でできるタイプです。 【蠍座】 個性的で自分をアピールするのがうまい男性です。 しかし、本音は他人に見せないタイプかもしれません。 複数の相手と付き合う可能性があります。 【射手座】 神経質でプレッシャーに弱いタイプですが、何かの才能に恵まれおりカリスマ性があります。 独占欲の強い女性との恋愛は向きません。 【山羊座】 女性と男性、両方から好かれるタイプでスター性があります。 見かけとは反対に恋愛には真面目です。 相思相愛になったら結婚は近いはずです。 【水瓶座】 ある種の才能に恵まれており、天才肌といわれるタイプです。 このため女性にモテます!同性には妬まれるかも?家庭より仕事を優先するかもしれません。 【魚座】 目標を達成するために努力を惜しまないタイプです。 一方、直感や感性に優れ他人に方向性を示すことができます。 仕事熱心で家庭も大事にするため、女性が結婚するなら理想的なタイプです。 まとめ コンピュータが開発されるひと昔前までは、ホロスコープを作成するには気の遠くなるような計算が必要で、自分のホロスコープを作成してもらうのは、王侯貴族などの特権階級に限られていました。 しかし、現在は誰でもネットで無料で自分のホロスコープが作れる時代です。 これを機会にホロスコープの読み方を覚え、恋愛運やあなたの未来を予測してみてはいかがでしょうか。

次の

ホロスコープで恋愛を占う方法!男女の恋愛観の違い|feely(フィーリー)

ホロスコープ 恋愛

ここでは男性・女性別に好みのタイプなどをみていきます。 男性において、好みの女性は金星に、理想の妻のタイプは月にあらわれます。 実例をみると、理想の妻・夫のタイプ(月・太陽)だけが結婚相手に反映されているわけではありません。 好みの女性・男性のタイプ(金星・火星)が結婚相手に反映されているケースも沢山あります。 ですから、ここでは結婚相手選びに影響する天体の傾向をおおまかな傾向としてとらえています。 すなわち 男性の好みは金星・月にあらわれる 女性の好みは火星・太陽にあらわれる とはいえ 太陽・月は誰にとっても大きな要素です。 男性における太陽、女性における月など、その他の要素も異性観に影響しています。 またどんな恋愛をしやすいかは金星のサインに表れています。 こちらは男女共通ですが、女性のほうが顕著に表れます。 恋愛のスタイルを規定する金星の説明もあわせてご覧ください。 1 2 3.

次の