メール の 添付 ファイル が 開け ない。 outlookメールの添付ファイルが開けない

サンダーバードメールの添付ファイルを開くプログラムの関連付けと保存先の設定

メール の 添付 ファイル が 開け ない

「添付ファイルが開けない(削除されるようになった)」という場合、最も多いのは、メールソフト「Outlook Express」のセキュリティ設定が原因のケースです。 その「Q&A」は以下に詳しく紹介しています。 29:今週のQ&A) この場合は、すべての添付ファイルが「メールから取り出せない」状態なので、設定を変更すれば、すぐに取り出せるようになります。 一方、メールから添付ファイルは取り出せたけど開けない、という場合、 1.ファイルが圧縮されており、その解凍(元に戻す)ソフトがない。 2.ファイルが「特定のソフト」で作成されており、受け取った側の パソコンには、そのファイルを開くソフトがない。 といった原因が考えられます。 「1」の場合は解凍ソフトを準備すれば大丈夫です。 通常は圧縮されたファイルは「LZH形式」か「ZIP形式」なので、それらを解凍するためのソフトについての「Q&A」は、以前、詳しく紹介しています。 25:今週のQ&A) 次に「2」の場合は「特定のソフト」がなければ開くことはできません。 その場合、添付ファイルを送ってきた相手に「私はこのファイル形式を開くソフトを持っていません。 別のファイル形式で送ってください!」とお願いして、手持ちのソフトで開けるファイルにしてもらいましょう。 ただし、意外に知られていないのは「ビューア(Viewer)」と呼ばれる、特定のソフトで作成されたファイルを開いて、中身を確認(表示)するソフトが公開されている「場合がある」ということです。 特に「ワード」「エクセル」「パワーポイント」なども「ビューア」が提供されているのを知らない方が多いので、紹介しておきましょう。 pptx」ファイルの表示、印刷) 「ワード」「エクセル」はともかく、「パワーポイント」は職場で利用していても、自宅のパソコンには買わなければ入っていないので、中身さえ見えればいい、といういのであれば、このビューアでも十分です。 jtd」なので「jtd」と「ビューア」で「Google検索」すれば一発で見つかります。 jtd」ファイルの表示、印刷).

次の

メール添付されてきたファイルが開かない

メール の 添付 ファイル が 開け ない

電子メール(Mail)には写真画像やテキスト文書、PDFのフォーマットなど 容量の軽い拡張子ファイルなら「添付」という電子データを付帯させる形にして、 メールのテキスト本文やHTMLページと一緒に備え付けて相手側に送信する機能があります。 近年ではパソコンやメールサーバーなどのコンピューターからの通信機能を使用して インターネットに接続できる電子機器から送信するメール本文に イメージ画像などを添付して相手に送っていく方法が大変親しまれて使われています。 しかしたまに、 拡張子の種類やサイズ、中身の状態やメールサービスによっては、相手側からは 正常に添付ファイル付きのメールを送信できても、自分側から受信した際に、何かの原因で添付ファイルが開けない、 という場合の復旧の仕方について。 (またはその逆の場合もあります。 ) 特に多い原因の一つとしては送信した相手の人が使用しているメールのサービスでは 受信できるファイルの容量がこちら側の送信できる最大サイズよりも高い設定だと、 添付されたデータの分だけが届いていないか読み込めない、ということがあります。 また、パソコンやサーバーで読み込める容量サイズの拡張子でも、 その他の特殊なコンピューターの端末の機能では開けないケースも出てきます。 拡張子や互換性の違い 相手側が使っている電子メールのプロバイダサービスやインターネットのメールサービス、 または電子メールソフトに何かの問題が発生していることも考えられます。 迷惑メールとして弾かれてしまう場合もありますし、 文字化けや文字抜け、特殊環境設定文字の誤変換といった原因でファイルの一部の 破損が起きる事もあり、時にはメールのサービス同士の相性にもよるのでご注意ください。 他に、jpegやpngなど大抵のコンピューター上で開ける拡張子ではなく 専用のアプリケーションが無ければ開けない拡張子が添付ファイルだった場合、 相手側のコンピューターにもファイルに対応したツールが入っている必要があります。 例として、Photoshopのpsd、Wordのdoc、Excelのxlsx、Adobeのpdf、エディタのtxtと、様々な拡張子があります。 相手側の受信する電子機器が簡易的な特殊なシステムなどの場合は、これらの拡張子で送信する際には パソコンの方で使われているメールアドレスに送って開いてもらった方が良いでしょう。 システムの違いによる読み込みエラーの発生 また同じアプリケーションでも、Mac OS X(Macintosh)のOSにインストールしたMacパソコン版のユーティリティーで 作成したファイルを、Windows系のOSが入ったパソコンのWindows版のユーティリティーで開こうとすると、 稀に互換性の問題で正常に開けない可能性もあります。 他に、OSやアプリケーションの バージョンが自分と相手とでかなり年代的に差があると、 昔のバージョンでは今の最新のバージョンに拡張子が対応できずに開けない、というケースもあります。 このようにハードウェアやサービス、ツールの性能の面でのな動作環境によっては 使用頻度の低い拡張子であるほど添付ファイルが開けなくなりやすいです。 ご自身が送信する側の時は、相手側のコンピューターの使用環境に合わせて ファイルの拡張子やサイズを変更して復旧できるかどうか、再度送信をされてみてください。 ご自身が受信する側の場合は、相手側に添付ファイルの種類や大きさを変更して もう一度メールアドレス宛てに送信してもらえるかを訊かれてみてください。 だいぶ前に受信した添付ファイルが不明な理由で開けないか破損している場合は、 ひとまずその拡張子をUSBメモリやCD-R、外付けハードディスク、RAIDケース、 あるいはTeraStationまたはLinkStation、LANDISKなどにコピーして保存します。 そのメディア媒体を専門のデータ復旧サービスに郵送か持ち込みで提出して、 ファイルの損傷を修復して開けるかどうかの診断を受けてみることをおすすめします。 パソコン本体や外付けハードディスクドライブ、サーバーやNAS、RAIDといった電子機器内から喪失した拡張子ファイルを復旧させる方法を解説しています。 また、システムエラーやフォーマットなどの操作ミスによる消失のアクシデント事例とその対処方法や復旧の手段・故障の修理手順など、コンピューター分野のお役立ち知識、データ修復サービスの業者を紹介しています。 「データ復旧」とは、PCの内部のファイルの復元や、ハードディスクの回復、外付けHDDの復活、USBメモリからの回収、サーバーの復帰、ノートパソコンからの救出、RAIDからのコンピューターへの抽出、Windowsのリカバリー、NASのサルベージ、LANDISKからの取り出し、LinkStationの回復、TeraStationの故障時のレスキュー、といった対処方法を指します。 ファイルを保存したストレージに書き込みしていた拡張子やフォルダを誤って消してしまったり、中身の部品や周辺機器が故障してデバイスドライバから読み込みができず開けない時に、復元システムなどを使い修復を実行、または専用機器を分解してから取り出して別の記憶装置に移し変えて救出をしてもらうサービスやその作業にあたります。 ハードディスクドライブなどの部品や損壊したボリュームからデータファイルを抽出する際には、先にハードウェア機材・他コンピューター周辺機器の初期の検査による分析で見てもらえます。 HDDやUSBフラッシュメモリなどの記憶装置内で消失したデータの救出サービスの業者様の方では、様々な故障からのサルベージに対応されています。

次の

【Windows10メール】送られてきた添付ファイルが開けないときの解決方法 | The Windowsマスター

メール の 添付 ファイル が 開け ない

昨日、「outlookで添付ファイルが化けてしまう」ということで質問させていただき、お二人の方からご回答いただいたのですが、 じつは、肝心のメールソフトについて勘違いしていました。 outlook ではなく、 windows10 のメールです。 申し訳ありません。 ご回答いただきましたYuki. さん、JR K Yoshikawaさん、ありがとうございました。 そこで、改めて質問を投稿させていただくことにしました。 windows10 のメールのバージョンは以下の通りです。 16005. 12026. 20368. 0 なお、 office は office365solo です。 UTF-8? で始まる文字列の記号が表示されたファイルに変わってしまっています。 これは特定のメールではなく、過去の添付ファイル付きメールすべてで同じ現象が起きています。 使っているメールアプリは gmail ですが、同期しているスマホでは、添付ファイルがきちんと表示され、開くこともできます。 gmail の問題ではないのかもしれません。 なお、試みに、 gmail のアドレスではなく、別のケーブルテレビのメールアドレス宛に添付ファイル付きメールを送ったところ、ファイルの表示には問題がなく、開くこともできました。 これは、原因が windows10 メールそのものではなくいことを示しているのかもしれません。 また、これまでは使っていなかった outlook でも同様の問題が生じるか gmail のアカウントで確認したところ、添付ファイルについては文書のアイコンが問題なく表示されます。 これまで windows10 メールを使ってきたので、できれば、問題の原因を明らかにし、解決したいと思います。 対応策について、何か良い知恵があれば、ご教示いただければ大変幸いです。 初めまして。 元エンジニアです。 当方も、同じように「gmail」の受信メールの文字化けや空欄になってしまっていました。 いくつか試してみて解消しましたので、お役に立てたらと思います。 私の対応方法ですが、下記の順番です。 コントロールパネルを開けるのでしたら、下記の「1.」は不要です。 0.「Windows10」と「メール」が最新バージョンであること。 1.「設定」->「時刻と言語」->「日付と時刻」ー>「関連設定の下にある(日付、時刻、地域の書式設定)」->「地域にある関連設定の下にある(日付、時刻、地域の追加設定)」->「コントロールパネルの地域」になります。 2.「地域」ー>「管理」->「下にある(システムロケールの変更)」->「地域の設定」->「現在のシステムロケール」で(日本語(日本))にしてから、その下にある「ベータ:ワールドワイド~略」のチェックボックスをチェックする。 ー>「OK」->再起動画面が出ますので再起動を選択します。 3.再起動後、再び「設定」->「アプリ」->「アプリと機能」->「メール/カレンダー」->「詳細オプション」->「リセット」でリセットします。 4.「メール」を起動します。 リセットにより「gmail のメアドが削除されています」ので、設定アイコンから「アカウントの管理」から、ご使用の gmail メアドを登録してください。 以上で、解消します。 もし、解消しないようでしたら、ご返信願います。 少々お時間を頂くことになりますが、ひとつひとつの積み重ねが、トラブルシューティング(デバッグ)なのです。 追記:以上の方法で、解消された方がいらっしゃいましたら、お手数ですが、「解消した」の一言で構いませんので、ご返信をお願いいたします。 当方も、他のケースがあると推測しておりますので、解消されない方は「解消しない」と「使用しているOSとメーラーと文字化けするメールのドメイン等をご返信くださいますようお願いいたします。

次の