宇良 和輝。 宇良和輝の経歴やプロフィール紹介!大学時代の成績がヤバイ!

宇良和輝(力士)の年収や彼女は?漫画のような取組み動画を紹介!

宇良 和輝

結果は白鵬のすくい投げの勝ちでしたが、白鵬は「宇良を裏返した。 ああいうタイプとは初めてですからね。 お客さんも満足した。 柔らかさ? あったねぇ。 いいものがあるよ」と宇良をほめていました。 Contents• それからずっと相撲をしてきて、小学校に入ってからはレスリングも並行して練習していたそうです。 これが今の宇良の相撲に大いに役立っているのですね。 レスリングを始めたきっかけは、テレビでレスリングを観た時に凄い興味を持ったからだそうです。 「ふだん大きい人の相手をしている相撲をしてたんで、ちょっと自信があって、始めてみたいと思った」んだそうです。 【大学卒業後】 木瀬部屋に入門、現在に至る。 都内の贈呈式で宇良は「2年時に無名選手に負け、全日本に行けなかったのを機に相撲を頑張ろうと思い、ここまで来てしまいました」。 (まだちょっと小ぶりですけどね) <初日の様子>十両土俵入り。 宇良が大銀杏姿。 大きな体の幕内力士にどれだけ挑戦できるか注目されましたが、結果は8勝7敗の成績でした。 新入幕にしては、まずまずの成績だったのではないでしょうか。 もちろん本人としては、「もっと力をつけないとダメ」と言っていましたが。 (「居反り」は、上からのしかかってきた相手の懐(ふところ)に潜り込み、両手で相手のヒザを押し上げて、後ろに反って相手を倒すという技で、足腰と背筋力の強さがないとできない危険技。 ) 🌸 2017年初場所13日目で、 「たすき反り」と言う極めて珍しい技で勝ちました! 日本相撲協会が決まり手を正式に発表するようになってからの十両以上の取り組みでは初めての「たすき反り 」だそうです。 写真を見ると分かりますが、体格がすごく変化していますね。 sumo. (体調管理について)師匠からも、「・・・やっぱりその、体のケアとかですね。 必ず稽古が終わったらストレッチをしたり、寝る前にもストレッチをしたり、という感じですよね」と言われています。 宇良自身も、「食べ物には気をつけています。 スイーツも食べませんし、お酒も飲みません」と厳しい体調管理をしているようです。 また師匠から、「24時間相撲のことを考えている」と言われているように、宇良自身も「相撲部屋に入って、相撲漬けの生活を送っているんで、ずっと相撲のことは考えてます」と言っています。 ちょこっとまくって感じで・・・。 2017年11月の九州場所の後、右膝の手術をしたため、2018年の初場所は全休することになりました。 そのため、3月の大阪場所では、12場所ぶりに幕下に転落することになりました・・・。 早く回復してまた幕内でみんなを沸かせるような相撲をとって欲しいですね。 東三段目91枚目からのスタートでしたが、6勝1敗の好成績で終わり、11月場所では番付を大きく上げることでしょう。 以前ケガをしたところと同じ場所のようで、休場の可能性があります。 大事に至らないと良いのですが。 まとめ 今回は、大相撲で小さい体ながら頑張っている十両の宇良関について、「宇良和輝の経歴やプロフィール紹介!大学時代の成績がヤバイ!」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? 話は全然変わるのですが・・・。 宇良関って、以前「前田前田」の名前で漫才をしていた大阪の兄弟タレントのお兄ちゃん(前田航基君)に顔が似てないですか?.

次の

宇良和輝(相撲)の現在の成績や番付は?勝ち越し重ね十両間近と噂!

宇良 和輝

好きなところにジャンブできます!• 宇良和輝のプロフィール 宇良和輝 うらかずき 写真引用:headlines. yahoo. jp 生年月日:1992年6月22日 出身:大阪府寝屋川市 身長:173㎝ 体重:121. 居ぞりとは、 上からのしかかってきた相手の懐に 潜りこみ、両手で相手の膝を押し上げ、 後ろに反って倒す技のことです。 非常に珍しい決まり手で、 平成以降幕内の取り組みでは使われて いません。 2016年現在の宇良和輝は十両力士なので 次昇格して幕内に入って「居反り」を 決めたら平成で初めて居反りを 使った取り組みをしたことになります。 現状プロになってからは、 居反りは使っていないので あるインタビューでは 「居反りを封印しているのでは?」と 話を聞いていました。 それに対して宇良和輝は 「封印しているわけではない」と 答えているのでやはりプロの相撲界で 居反りを使うのは難しいのでは ないかと思います! けれど幕内入りしたらぜひとも 見てみたい決まり手ですね…。 かといってレスリングをしていないと 出来ない技というわけではなく、 以前は柔道有段者である聡ノ富士が 幕下以下で14回も決まり手として 使っています。 やはり、 ものすごく珍しい技なので 宇良和輝を応援している身としては 一度取り組みで見てみたいですね! プロ入り後の成績!現在と高校時代の比較画像 Sponsored Link 宇良和輝は2015年に木瀬部屋に入門し、 2015年3月場所で初土俵入りしています。 こちらの成績は2016年の 3月場所終了時点での成績を載せています。 成績 ・通算成績 :38勝4敗(7場所) ・幕下成績 :19勝2敗(3場所) ・三段目成績:5勝2敗 (1場所) ・序二段成績:7勝0敗 (1場所) ・序ノ口成績:7勝0敗 (1場所) 2015年5月場所では 1度序ノ口優勝を果たしています。 sponichi. jp 残念ながら高校時代の写真を 探しましたが大学入学後のものしか 見つけることができませんでした。 しかし、大学入学後まだそれほど 体づくりが行われていない時のものが あったのでそちらと比較しています。 かなり体格が変わりましたね…。 というか人が変わって しまったかのようです!笑 現在の方の画像はプロ入りして 序ノ口優勝を果たしたときのものです。 やはり幕下なので取り組みなどが 放送されない分直近の写真は ほとんどありませんでした。 今後幕内入りして露出する場所で 早く活躍していってほしいですね! まとめ ・宇良和輝はレスリング経験のある力士として現在注目されている! ・居反りは平成以降幕内で使われていない難しい決まり手! ・現在と過去の比較では人が変わってしまったかのように体格が変わっている 最後まで読んでくれた方、 ありがとうございました! Sponsored Link 記事が参考になったという方は FBや Twitterでシェアしてみてはいかが? -.

次の

宇良和輝の彼女や高校・大学は?Twitterが可愛いと評判に!

宇良 和輝

Sponsored Link どうも・・・こんにちは! 最近、相撲って見ますか? この前久しぶりにテレビでみたら、 モンゴルの関取さんを始め、出てくる関取、出てくる関取、 外国人で少し、ビックリしましたが、 これも国際化の波でしょうか笑 その相撲界に面白い選手(?)が出てきました。 その名も、 宇良和輝さんです。 何が、面白いかって・・・ 繰り出す技、 繰り出す技が珍しい物ばかりなんです。 小学3年生から習っていた レスリングの影響があるのか・・・ タックル? 飛行機投げ? みたいな決まり手が多いんです。 とりあえず、 一つ動画をどうぞ!!! ねっ! こんなのみたことないでしょうWW そこで、プロフィールも調べてみました。 やっぱりレスリングですよねぇ・・・ 私、少年レスリングにはちょっとだけ詳しいんです笑 ジュニアの審判の資格も持ってるくらいに・・笑 Sponsored Link レスリング時代 大阪の寝屋川なら『 エンジョイレスリングクラブ』で練習していたんでしょうね。 なかなか強い選手の多いクラブでした。 基礎からきちんと繰り返し練習をしている 熱心なクラブだったと記憶しています。 宇良選手も 押立杯関西少年少女選手権 小学6年生の部44kg級 優勝 第19回全国少年少女レスリング選手権大会 小学4年生36kg級 準優勝 などの記録が残っています。 レスリングも強かったようですね。 相撲の随所にレスリング的な技がみられるのも 納得ですね。 でも、宇良さんも最初から こんなスタイルの相撲をしていた訳ではなかったようです。 大学の相撲部に入ってすぐの1年生の頃、 65キロ未満級で 日本一に輝きました が、翌年は、西日本大会で初戦敗退! その時の反省から 「 誰にもまねできない相撲をとりたい」と奮起したようです。 それから、 毎日、 5、5合のご飯を食べ、 タンパク質摂取を意識した 食事管理と、 180度の股割りや、 バク宙を取り入れた トレーニングを取り入れ、 そり技や足取りの練習をしたそうです。 それから、だんだん身体も大きくなり、 成績も残せるようになってきたようすです。 大学3年の時は 全国学生相撲個人体重別選手権 無差別級 3位 全国選抜大学・実業団対抗和歌山大会 無差別級 準優勝 西日本学生選手権個人 準優勝 など、目覚ましい活躍をしています。 大学入学時は65キロなかったなんて・・・ よく、1〜2年で40キロ以上も体重を増やせたなぁ・・・と 並大抵の努力ではないのが 想像できますよね。 何事も、一朝一夕には出来ない事なんですねww 大学卒業後の進路は、 木瀬部屋への入門が決まっています。 春の新弟子検査に合格すると、 いよいよ角界デビューとなりますが、 はたして、小兵の巧みで奇抜な技が通用するでしょうか!? 個人的には 技を磨き、キレを良くして、 ドンドン勝ち、早く幕内に上がって欲しいです。 そして、『舞の海二世』の名前を思う存分浴びていって欲しいと思います。

次の