七五三 由来。 七五三の由来や年齢・衣装まで お祝いのしかた基礎知識 [暮らしの歳時記] All About

名字で「七五三」の読み方は「しめ」!その意外な理由とは?

七五三 由来

七五三の起源や由来とは? 平安時代においては、3歳の男女がおこなう、それまで剃っていた髪を伸ばし始める「髪置きの儀(かみおきのぎ)」、そして5~7歳になると初めて袴を身につける「袴着の儀(はかまぎのぎ)」あるいは「着袴の儀(ちゃっこのぎ)」という儀式がありました。 また、鎌倉時代には、着物を着る際に紐ではなく帯を結ぶようになることをお祝いする「帯解の儀(おびときのぎ)」という儀式が執り行われていました。 江戸時代になると、髪置きの儀が男女における3歳のお祝いとなり、袴着の儀が男の子のみの風習として制定されました。 なお、帯解の儀は室町時代では男女ともに9歳で行われていましたが、江戸時代末期から男の子は5歳、女の子は7歳になるとおこなうように変わりました。 このような室町時代からおこなわれていた儀式が江戸時代になると、武家や裕福な商人たちの間でおこなわれるようになり、明治時代にはこれらの3つの儀式をまとめて「七五三」と呼ぶようになりました。 そして徐々に庶民の間にもこのようなお祝いごとが広まり、今の七五三を形作りました。 ちなみに、11月15日に七五三のお祝いをするようになったのは、徳川家光が自身の子供である、後の徳川綱吉の健康のお祈りをした日にちが関係しているようです。 お祈りをしてもらった綱吉はその後、元気に育ったことから、この日にちを七五三をお祝いする日として定められたという経緯があります。 七五三の意味とは? ~七五三の豆知識~ 現代のように、医療が発達していなかった時代では幼い子の死亡率がとても高く、「7歳までは神の子」と言われていました。 このことからも分かるように、当時は7歳まで元気に成長することが当たり前ではありませんでした。 言葉を理解し始める3歳頃から乳歯の生えかわりがある7歳頃までは、成長に伴って、特に病気になりやすい年齢であると考えられていたため、子供の健やかな成長をお祈りするための行事として七五三の儀式がおこなわれていたのです。 その名残りとして現代でも七五三の儀式があります。 七五三は、子供が無事に育っていることへの感謝を伝え、また、これからの成長を願う意味があると言えるでしょう。 男女の差はあるの? ~七五三の豆知識~ 七五三では男の子と女の子で、お祝いをする年齢が異なります。 3歳では男女ともにお祝いをおこないますが、5歳では男の子だけ、7歳では女の子だけがお祝いをおこなうと決められています。 この年齢は、平安時代において、男女ともに髪を伸ばし始める時期の髪置きの儀式、男の衣服である袴を着始める袴着の儀式に加え、女の子が初めて本格的な着物の帯を締め始める帯解の儀式が関係しています。 3歳では同じお祝いですが、5歳と7歳の時にはそれぞれ男の子と女の子の伝統的な儀式がおこなわれていたため、現代でもその儀式に沿った年齢によって、それぞれお祝いがおこなわれているのです。 七五三は何をするの? ~七五三の豆知識~ 3歳の時には男女ともに、5歳では男の子のみ、また、7歳では女の子のみが11月に神社にお参りに行きます。 お参りに行く神社は自宅近くの神社でも、自宅から離れたところにある大きな神社に足を運んでも構いません。 また、日にちも11月15日だけでなく、祝日や日曜日など、10月末~11月中の都合の良い日にお参りに行っても問題ありません。 子供は着物を着てお参りし、場合によっては御祈祷をしてもらう方もいます。 また、お参りが終わったら親戚や近所の方に挨拶回りをしたり、食事会を開くことも多いようです。 七五三の意味を知ってお祝いしましょう いかがでしたか? 七五三のお祝いには、室町時代から受け継がれている儀式が関係していることや、11月15日が七五三のお祝いとして決められている理由など、さまざまな意味が含まれているんですね。 男女においてもお祝いする年齢が異なるので注意が必要です。 七五三の由来やお祝いする意味、どのようなことをするのかを理解して、素敵な七五三をお迎えくださいね。

次の

名字で「七五三」の読み方は「しめ」!その意外な理由とは?

七五三 由来

3歳・5歳・7歳。 晴着を着て、神社にお参りをして、写真を撮って…日本人ならお馴染みのあの行事。 そう、 七五三である。 以前であれば 家に代々伝わる着物や、新しく作った着物を着て、神社にお参りすることがメインの行事だったはずだ。 それが最近では子どもの着る着物も、親の着物もレンタルが多い。 レンタルをしている写真スタジオの数も増え、プランも充実してきて、着物だけではなくドレスにお色直しするのも当たり前。 スタジオ内だけではなく、外でロケーション撮影をしてくれるようなお店まである。 なんだかこの 写真撮影がメインの行事のようになりつつある状況だ。 このように、時代に合わせて変化してきた七五三文化。 本来 どのような理由で行事が行われるようになったか、今となっては知らない人も多いだろう。 今回の雑学ではそんな七五三の由来に迫ってみた。 昔は子どもの死亡率が高かったから、子どもが無事に成長できるように願う儀式が3歳・5歳・7歳の節目に行われてたんだよ。 【雑学解説】「7歳までは神の子」ってどういう意味!? 昔は今のように医療も発達していなかったため、子どもの死亡率が高く、 「7歳までは神の子」という言葉があり、 7歳までは魂が定まらないと考えられていたのだとか…。 子どもが健康なまま大人に成長できる確率は高くなかったことから、 無事に成長することを祈って、宮中や公家などでは、年齢の節目ごとにさまざまな儀式が行われていた。 この 節目となる年齢が3歳・5歳・7歳だったのだ。 七五三の元々のはじまりは? まず、平安時代に子どものために行われていたのが 「髪置きの儀」と「袴着の儀」。 その後鎌倉時代には、あらたに 「帯解(おびとき)の儀」も加わり、 七五三の元となる3つの儀式が生まれた。 「髪置きの儀」 剃っていた髪の毛を伸ばし始める節目を祝う。 年齢は 男女とも3歳で行われた。 「袴着の儀」 5~7歳になった時に、初めて袴を身に付けるようになるのを祝う。 時代の変化とともに 男の子のみの風習に。 「帯解(おびとき)の儀」 9歳になり、着物を着るときに紐だけで結んでいたものを、帯で結ぶようになることを祝う。 江戸時代になると 男の子は5歳、女の子は7歳の年齢で行われるようになる。

次の

七五三の由来は実は怖い?意味や何故3、5、7歳に行うのか、千歳飴等も

七五三 由来

子どもが三歳、五歳、七歳になった年の11月15日に、氏神様に子どもの成長に感謝し、今後の健やかな成長を願う七五三。 そもそもどのようなルーツがあるのでしょうか。 七五三の基礎知識をご紹介します。 七五三はいつ、どうしてはじまったの? まずは七五三の由来を見てみましょう。 医療の発達していない時代には「七歳までは神の子」という言葉があったほど、子どもの死亡率が高く、宮中や公家では、無事に成長することを祈るさまざまな儀式が節目ごとに行われていました。 七五三のルーツは、三歳の男女の「髪置き」、五歳男子の「袴着(はかまぎ)」、七歳女子の「帯解き」のお祝いで、江戸時代には、武家や裕福な商人の間でも行われるようになりました。 やがて明治時代には三歳・五歳・七歳の三つの祝い事をまとめて「七五三」と呼ぶようになり、庶民の間にも広まりました。 これが現在の七五三の由来です。 いつの時代でも、子どもに「元気に育ってほしい」と願う親心は変わらないものです。 各年齢の意味とルーツは? 年齢ごとの由来となった儀式について詳しく見てみましょう。 三歳(髪置) 平安時代には、男女とも生まれて7日目に産毛を剃り、3歳までは坊主頭で育て、髪を伸ばしはじめるのは3歳の春からでした。 この髪を伸ばし始める際に「髪置き(かみおき)」の儀式が行われました。 これが3歳のお祝いのルーツです。 五歳(袴着) 平安時代、男女とも5~7歳になると、初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」あるいは「着袴(ちゃっこ)」という儀式が行われました。 この儀式は室町時代に11月15日と定められ、江戸時代以降は、男子のみの風習となりました。 現代でも宮中では古式にのっとった「着袴の儀」が行われています。 七歳(帯解) 鎌倉時代、ひもをつけて着付けていた子どもの着物のひもをとって帯を結ぶ儀式が始まりました。 これが「帯解の儀」となったのは室町時代。 男女ともに9歳で行われていましたが、江戸末期から男子は5歳、女子は7歳となり、11月15日と定められたのがもとになっています。 七五三っていつどこで何をするの? 11月の神社は七五三の参拝に訪れた晴れ着姿のかわいらしい子どもたちと、付き添いの親の姿で賑わいます。 現在では特に15日にこだわらず、祝日や日曜など、都合の良い日に合わせてお祝いをする事が多いようです。 小さい子供にとって、慣れない着物を長時間着続けることは負担になります。 着崩れたり、眠くなったりしないよう、記念写真はお詣りの前に撮影するか、写真館で日を変えて「前撮り」をすることをおすすめします。 特に草履は歩き疲れてしまうので、履き慣れた運動靴やサンダルなどを用意しておくと安心です。 七五三のお詣りをするのは近所の氏神様でも、大きめの神社でもかまいません。 お詣りのマナーは通常の神社参拝と同じ。 ご祈祷をお願いしたい場合は、神職の方がいるか、ご祈祷料 初穂料・玉串料等 、駐車場の有無、混み具合などを事前に問い合わせておきましょう。 お詣りが済んでから、親戚や近所に挨拶まわりや食事会をすることも多いようです。 その場合、お祝いの気持ちを込めて子供が大好きなメニューを出してあげると喜んでくれるでしょう。 最後に かわいらしい子どもの晴れ着姿は、親にとっても嬉しいものです。 七五三の由来や意味を知ると、きちんとお祝いしなければ…という気持ちにもなりますが、子供の体力や体調が最優先。 あまり格式張らず、素敵な七五三の思い出を作ってください。

次の