おうち 駄菓子 屋。 駄菓子や昭和 駄菓子なら駄菓子の駅+昭和のなつかし屋

Makuake|駄菓子屋さんを救おう!おうちで楽しめる駄菓子が詰まった特選セレクトBOX|マクアケ

おうち 駄菓子 屋

わが家は子供たちがまだ小さかったころ、部屋の片隅に「 おうち駄菓子屋さん」を作って、お手伝いをするともらえるおもちゃのお金で好きなものを買わせていました。 駄菓子屋といっても、バスケットの中に駄菓子を数種類入れただけの小さなスペースです。 中学生、高校生となった息子たちと「久しぶりにおうち駄菓子屋をやろう!」ということになり、昨年のクリスマスに駄菓子問屋で好きなものを選ばせました。 まあ、よくも遠慮なしに買うわ買うわ……。 駄菓子といえどもイカやチーズ、カルパスなどの「珍味系」を選ばれてしまったので、3万円くらいになりました。 『』の商品撮影にも使うのでたくさん購入しましたが、自宅で楽しむときには500円~1000円くらいで十分だと思います。 食べ過ぎちゃうしね。 その時に買ってきたのがこちら。 大きくなると嗜好も変わるようで見事におつまみ系ばかり!高いはずだわ。 3万円相当のおうち駄菓子屋が完成 友達がたくさん遊びに来るので、次男の部屋に並べてみました。 凧やピストルなどのおもちゃを他にたくさん買っていたので、お菓子だけだと2万5千円くらいでしょうか。 全部出しきれないほどの量でしたが、息子の友達と駄菓子パーティをしたり、地元のサッカーチームの差し入れなどをして、きれいになくなりましたよ。 おうち駄菓子屋の作り方 駄菓子屋さんごっこのやり方は自由。 湘南茅ヶ崎の駄菓子屋「ants」さんの小上りスペースには、お買い物に来た小さな子供たちが遊べるように、おもちゃや絵本がおいてあります。 ピアノ横のちっちゃな駄菓子スペースは、おうちでも真似できますね。 トレイにのせたり、瓶に入れて少しだけ飾ってもかわいいです。 糸引き飴や金平糖を小ビンに入れたり、練り消しゴムや指輪などの小さなおもちゃを置くのも楽しいかも。 見た目のかわいい小さな駄菓子をトレイに入れて並べてもいいですね。 おうち駄菓子屋をもっと楽しくするおすすめアイテム 駄菓子屋さんのどこかに必ずぶら下がっていたカード系おもちゃ。 「点数券付月給あそび」には、袋の中におこづかい支払い書がはいっているのですが、これがとても面白いんです。 支払い書には点数が書いてあり、引いた点数(金券)に相当するお店のものと交換できます。 50枚入り(100点4本、50点4本、30点4本、20点4本)。 こどものお手伝いのおだちんにひかせてあげるのも楽しいかも。

次の

ECナビ

おうち 駄菓子 屋

子どもたちがピアノの練習やお手伝いを楽しくするために、おやつのご褒美やお小遣い制度など、いろいろ試行錯誤してやってきましたが、 だいぶ前に、くんのお母さんの子育て法をTVでやってたのを見てとても共感し、 ウチでも取り入れてみることにしました。 すごすぎます。。 駄菓子屋とこちゃんオープン! お家の中に駄菓子屋さんを作り、お手伝いやピアノの練習など課題をするとお金がもらえて、駄菓子屋さんでお買いものできるというシステム。 お金はほんものではなく、手作りした、駄菓子屋さん専用のお金です。 奥田さん家では、メジーロという独自の通貨単位でされてましたが、ウチはお金の数え方の勉強にもなるので、ほんものの日本円に似たデザインで作りました。 普通にプリンターで印刷して、家にあったラミネートカバーを貼って切り取り、おもちゃのメダルを貼りつけて厚みを出しました。 課題はとりあえずこんな感じにしてみました。 次女ができることが少なくて、なかなかお金が稼げなくてかわいそうなので、見直し予定。。 (便秘がちの次女なのでトイレでウンチ1回10円としてます^^;) そしてだがしやさんの中身は・・・。 奥田弦くんのお家ではくじ引きのものが想像力向上につながるということだったので、 うちでもくじ引きやゲームを採用。 一番上の段は・・・。 箱の中に手をいれておもちゃ入りのカプセルを引き当てる、当てくじ。 手品グッズと、おもちゃが入ってるたまごと、2つ用意してみました。 ホームパイ(20円)、アメ(10円)、ラムネ(10円)。 そして一番下の段は・・・。 ラーメンくじ(1回10円。 くじ付きのミニラーメン。 1等~5等だと大き目のラーメンがもらえます)と、かたぬき(10円)。 かたぬきは大昔、私が子どもの頃に楽しくてハマったので、懐かしくて買ってみたのですが、あんまり美味しくなくて子どもたちに若干不評…==; そして最後は、クレーンゲーム。 1回10円で、ラムネやぷっちょ、チロルチョコなどが入ってます。 コインを入れると音楽がなり、クレーンが動きます。 でも大人でもやや難しいので、子どもにはちょっと難しくて、10円じゃなかなか取れませんが。。 当てくじやくじ付きお菓子などはすべてこちらのお店で購入。 お手ごろ価格だけど、本物のクレーンゲームのように楽しめます。 リビング横の和室の片隅に、新規オープンした駄菓子屋さん。 子どもたちの反応はというと・・・。 ものすご~く喜んでおります^^ 長女は今もガチャガチャやお子様ランチのおまけで大喜びするくらいにちょっと幼いので、 くだらないおもちゃでもかなり喜んでいるし、何がでるかわからないくじ引きがとても楽しいようです。 何よりお家の中にお店ができて、お買いものごっこするのが楽しいみたいで、 10時のオープン前には、『まだかな~?まだかな~??』と嬉しそうに待ってたり、 『次は何買おうかな~?』と品定めしたり。 応援ありがとうございました.

次の

あの駄菓子を好きな形・味付けで!自分だけのオリジナルをお家で作れる!?【5月11日~】おうちdeビッグカツ数量・期間限定発売

おうち 駄菓子 屋

子どもの頃に駄菓子屋さんで見かけた懐かしのきな粉棒。 素朴な味で懐かしいですよね。 実はとても簡単に作れるんです。 少ない材料で子どもと一緒に作れるので、おうち時間がたっぷりある今こそぜひ試してみてください。 材料 ・きな粉 50g ・はちみつ 大さじ2 ・白練りごま 大さじ1 ・きな粉(まぶす用)15g ボウルで混ぜる きな粉、はちみつ、白練りごまをボウルに入れて混ぜ合わせます。 ラップに包んで伸ばす ラップにくるんで細長くのばし、冷蔵庫で30分以上冷やします。 冷蔵庫で冷やすと固まって、後の作業がやりやすくなります。 切ってきな粉をまぶす 5㎝位の長さに切りそろえたら、きな粉と一緒にポリ袋に入れて振り混ぜます。 ポリ袋を使うと薄くまんべんなくきな粉をまぶせることができますよ! 楊枝をつけると子供の頃に食べた、あのきな粉棒が完成! 少ない材料で簡単に作れて、火も使わないので小さなお子様とも楽しく作れるきな粉棒。 「こんな材料で作れるんだ!」とお子様もビックリするはず。 おうちおやつにオススメなので、是非お試し下さい。

次の