ご 査収 の 程 よろしく お願い いたし ます。 「ご査収の上よろしくお取り計らい」の使い方や意味・例文

ご査収くださいの意味や使い方!上司にはよくても社外にはNGなのはなぜ?

ご 査収 の 程 よろしく お願い いたし ます

『ご』• 『査』• 『収』• 『ください』 となり、 『ご』『査』『収』という3つの文字と『ください』が合わさった言葉 であることが分かります。 それぞれの細かい意味ですが、 『ご』は「御」のことで、尊敬の意味を表します。 『ご(御)+〇〇』で、相手を敬う気持ちがあるということになります。 次に、 『査』には、「調べる」「明らかにする」という意味があります。 続いて、 『収』には、「収める」「手に入れる」「中に入れる」という意味があります。 最後に、 『ください』は相手になんらかの動作をすることをお願いする意味で、「下さる」の命令形です。 つまり、 例えば、 『書類をご査収ください』という言語を意味だけで繋げると、 『書類を良く調べてから受け取って欲しい』 という依頼を丁寧な形で表していることになります。 ですので、 目上の相手に向かってお願いするときに使う言葉 と言えます。 ただ、『ください』という表現は、 「下さる」の命令形ということから、 丁寧な表現ではあるのですが、 社外とのやり取りには不向き と考えられています。 『ご査収ください』の使い方と例文 ここでは『ご査収ください』の具体的な使い方を紹介します。 ポイントは、 書類や資料や物をよく確認してから受け取って欲しいとき に使うということです。 ですので、 確認する対象がないのに『ご査収ください』を付けると 相手にとっては意味がわからないものになってしまいます。 例えば、 添付ファイルのないメールなどですね。 さて、『ご査収ください』の具体的な使い方ですが、 相手とあなたとの関係に応じて正しく使い分けていきましょう。 正しく使い分けた表現としては、 ご依頼の資料について、添付ファイルにて送付しましたので、ご査収ください。 のように丁寧な表現として使います。 『ご査収くださいませ』 『ください』は「くださいませ(まし)」の略語です。 ですので、 『ご査収ください』と『ご査収くださいませ』とは同じ意味となります。 略語ではないだけに、『ご査収ください』よりも丁寧な表現ではあります。 ただ、 「ませ」の使用は口語表現としては多くありますが、 文章表現としてはあまり用いられません。 また、 文章表現として用いる場合でも、女性的な雰囲気があることから 男性の使用には違和感を感じる方も多いと思います。 使い方としては、女性が社内向けの丁寧な表現として使うと良いでしょう。 『ご査収願います』 『願います』は「願う」の丁寧語となります。 実質的には、『ご査収ください』と丁寧さのレベルでは違いがありません。 ですので、こちらも対外的な表現としては不向きです。 できれば、親しい間柄や社内で使用する方が良いでしょう。 (例文) ご要望いただいた資料一式を送付いたします。 ご査収いただきますよう、よろしくお願いいたします。 以上、『ご査収ください』の使い方をまとめると、 丁寧 レベル 使い分け 例文 下 『ご査収ください』 『ご査収くださいませ』 『ご査収願います』 ・ご依頼の資料について、添付ファイルにて送付しましたので、ご査収ください。 ・本日〇〇営業所に配備品を発送しました。 ご査収願います。 中 『ご査収くださいますよう、よろしくお願いいたします』 『ご査収くださいますよう、よろしくお願い申し上げます』 ・ご依頼のありました書類を本メールに添付させていただきました。 ご査収くださいますよう、よろしくお願いいたします。 上 『ご査収の程、よろしくお願いいたします』 『ご査収の程、よろしくお願い申し上げます』 ・ご要望いただきました〇〇のパンフレットを送付いたします。 ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。 最上 『ご査収いただきますよう、よろしくお願いしたします。 』 『ご査収いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。 』 ・ご要望いただいた資料一式を送付いたします。 ご査収いただきますよう、よろしくお願いいたします。 となります。 まとめ 基本的に相手を敬って使われる言葉なので、 上司など社内での目上の方に使うことは問題のない言葉です。 ただ、社外や取引先やお客様へ送る場合は 『ご査収くださいますよう、よろしくお願いいたします』 『ご査収いただきますよう、よろしくお願いしたします。 』 として使った方がより丁寧です。 同じ「ご査収ください」でも、 状況に応じて使い分けることができると できるビジネスマン と印象づけることができますね。 それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

「受け取る」の敬語は?受領や査収の使い方も例文とともに解説!

ご 査収 の 程 よろしく お願い いたし ます

ご査収の程よろしくお願いいたしますの意味 「ご査収の程よろしくお願いいたします」の意味は (金銭・物品・書類などを)「よく調べて受け取ってください」という依頼の丁寧な表現です。 「査収」の「査」は「検査」の「査」であり、「よく調べて確認すること」。 「収」は「収める」という意味なので 「査収」は「確認してから受け取る」という意味の単語です。 これに、敬語を作る接頭辞「御(ご)」と、 断定的な言い方を避けて、表現をソフトにする「の程」という言葉が合わさり、 「ご査収の程」となります。 さらに依頼の表現である「よろしくお願いいたします」から成り立つ言葉です。 書類に使う場合が多い 書類としては、各種の見積書、契約書、請求書、領収書、検収書やそのほかの重要度の高い書類・文書に用いることが一般です。 これらの重要な書類をメールや郵送・ファイルで送信し、 よく確認して受け取ってほしい場合に定型文として用いる表現です。 仕事の場面では各種の書類や物品、時には金品などをやり取りする機会がありますね。 重要な書類や物品であるので、私も丁寧に確認してはいますが、 念のためにそちらでもご確認して、問題なければお受け取りください。 というニュアンスの言葉です。 『ご査収の程よろしくお願いいたします。 』の使い方 使う場面 『ご査収の程よろしくお願いいたします』を使う場面は ・書類の提出・送付 ・物品の受け渡し ・金品の受け渡し など、仕事において 重要なものをやり取りする場面です。 相手が取引先や上司など、目上の人に対して使う敬語表現です。 適していない場面 一方、例えばちょっとしたお土産や贈り物など「内容をそこまで厳密に確かめる必要がないもの」を贈る時には適していません。 このようなものは「お受け取りください」など、気軽に受け取ってもらえる表現で大丈夫です。 また、上司が部下に「この書類を確認しておくように」と渡す場合にも「査収しておくように」とは言いません。 『ご査収の程よろしくお願いいたします。 』の類語・言い換え 「ご査収の程よろしくお願いいたします」の類語や言い換え表現の一覧はこちら。 (申し上げます)。 (申し上げます)。 (申し上げます)。 (申し上げます)。 似てはいますが微妙にニュアンスや使い方が異なりますので、使い分けをしましょう。 ご査収いただきますようお願いいたします。 (申し上げます) 「ご査収の程よろしくお願いいたします」の言い換え表現として 「ご査収いただきますようお願いいたします」 「ご査収いただきますよう お願い申し上げます」 は、ほぼ同じように使うことができます。 「の程」の部分を「いただきますよう」に言い換えたもので 「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 「(ご査収の)程」と漢字で短く締めるとやや冷たい印象を与えてしまうことがあり、 「ご査収いただきますようお願いいたします。 」 「ご査収くださいますようお願い申し上げます。 」 とする方が、温かみがある印象を与えられます。 さらに丁寧にした表現が「よろしく」を入れた ご査収いただきますよう、よろしくお願いいたします。 ご査収くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ご査収いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。 ご査収くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 「いたします」を「申し上げます」にすることで、相手との上下関係が明確になり、 「こちらが下、先方が上」というニュアンスが強くなります。 「いたします」ではなく 「申し上げます」 にした方がより丁寧で好ましい、とする事業所や上司も いわゆる 『ローカルマナー』的に存在する場合があります。 細かい点に関しては、現場に即して使用しましょう。 ご査収いただけますと幸いです ご査収いただけますと幸いです、という表現も丁寧な依頼の表現になります。 相手への配慮も感じられ、へりくだりすぎる感じもなく使いやすい言葉です。 ご査収くださいますよう 「いただきますよう」を「くださる」に変えて 「 ご査収くださいますよう、よろしくお願いいたします。 」 「ご査収くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 」 にすると、やはり 相手が上、こちらが下、という関係が強調されます。 最も丁寧な表現ではある反面、 長い・丁寧すぎる印象もあります。 ソフトさ、相手への尊敬の念を表現したい場合には適切な表現ですので、 対外的なやり取りでは使っても構いませんが 社内でのやり取りには丁寧すぎることもあるかもしれません。 「そこまでしなくても」と思うケースでは 「ご査収の程よろしくお願いいたします。 」 や 「ご査収ください」 でよいでしょう。 逆に、自分よりも明らかに立場が上の相手に送る際には 「ご査収くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 」 でも構いません。 ご査収ください メールの文末を「ご査収ください。 」とすると「スタイリッシュ」な印象のある一方、丁寧さが足りない印象を与える場合も。 敬語としては正しい表現であり、 社内での上司や、他の部門の人とのやり取りにも使うことはできますが、 送る相手、取引先や顧客など相手によっては 他の表現にした方がより丁寧になり、誤解がないかもしれません。 また、基本的には漢字で「下さい」ではなく、ひらがなで「ください」とします。 ご査収くださいませ 一方、「ご査収くださいませ」は語尾を「ませ」にしたものです。 丁寧の助動詞「ます」の命令形である「ませ」を使うことで 「ご査収ください」よりもやわらかい表現となります。 「~してください ませ」という言い方は本来 女性が用いる言葉です。 「~してあそばせ=~しなさい」 「~ござんせ=~しなさい」 というように、語尾が「~せ」になる言い方は 女性が使う命令表現です。 男性で「~してくださいませ」という言い方をしている方は、先輩からそのように指導された、など特別な理由がなければ他の表現に改めた方が無難でしょう。 また、女性が使う場合も「 女性を前面に押し出してくるようでいやだ」と感じられる場合もあります。 企業風土に合わせて使うのが無難といえます。 ご査収願います 「ご査収願います」も同義語です。 「お願いします」よりもやや簡素な表現ですので、社内のやり取り、あるいはそこまで上下関係を意識しなくてもよい仕事の場面では使っても構わない表現です。 「ご査収の程よろしくお願いいたします。 」と類語の例文での使い分け 「ご査収の程よろしくお願いいたします。 」と類語をご紹介しました。 実際に場面に分けて具体的な例文での使い方を見てみましょう。 お手数ですがご査収の程よろしくお願いいたします。 ご査収の程よろしくお願いいたします。 ・本日契約書類を郵送いたしました。 どうかご査収くださいますようお願い申し上げます。 ・お申込みに関する資料を添付のファイルにまとめて送付いたします。 ご査収いただきますようお願い申し上げます。 ・お問い合わせいただいた資料を送付させていただきます。 ご査収くださいますようよろしくお願いいたします。 ご査収の程よろしくお願いいたします。 ご査収の程よろしくお願いいたします。 ご 査収 いただけますと幸いです。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、ご査収の程よろしくお願いいたします。 ・先日お問い合わせいただいた件につきまして、関係資料を送付いたします。 ご査収ください。 ・本日、必要書類一式を発送させていただきました。 何卒ご査収いただきますようよろしくお願い申し上げます。 ・領収書を発送させていただきます。 ご査収いただきますようお願い申し上げます。 就職活動の場合 ・早速履歴書を送付いたしました。 ご多忙の折大変恐れ入りますが、ご査収くださいますようお願い申し上げます。 ・履歴書を送付させていただきます。 お忙しいところ大変恐縮ですが、ご査収の程よろしくお願いいたします。 (新卒・学生) ・経歴書を添付ファイルにて送ります。 ご査収ください。 (キャリア転職でエージェントに送る際) 社内で上司や同僚、他の部門の相手に対し ・明日の会議で使う資料を添付いたします。 ご査収のほどお願い申し上げます。 ・先方からの見積書をこのメールに添付いたしました。 ご査収ください。 ・今月の月次月報を本メールにて送付いたします。 ご査収のほどお願い申し上げます。 ・先日の出張の際の報告書を添付いたします。 ご査収願います。 ・先日の出張の領収書を提出いたします。 ご査収願います。 ・来月のシフトが決まりましたのでメールでお送りいたします。 ご査収ください。 ご査収くださいへの返事は何といえばいい? 「ご査収ください」 「ご査収の程よろしくお願いいたします」 と仕事・ビジネスの場面で相手から言われた場合の返信の注意点です。 ・受け取ることができたかそうでないか ・こちら側が内容を確認したかどうか ・内容はOKか、あるいはそのまま受け取るには不備がある などの結果を伝えるのがマナーです。 内容も確認いたしましたが、問題はありませんでした。 手続きを進めさせていただきます。 よろしくお願いいたします。 先方とも調整のうえ、進めていきたいと思います。 今後ともよろしくお願いいたします。 確かに受け取りました。 早速確認いたします。 まずは取り急ぎにて。 確かに受領いたしました。 内容を確認次第、何かございましたらご連絡させていただきます。 1点気になる部分がございましたので、次の点に関してご確認の程お願いいたします。 (確認させてください)以下質問・・・・。 「ご査収の程よろしくお願いいたします」の英語表現 英語で確認を意味する言葉を見てみましょう。 Please check on that. (ややくだけた表現) Please confirm. (確認をお願いします) Could you please confirm? Please double check. (ダブルチェックをお願いします、あなたも確認してください) Make sure of it. (上司が部下に対して) Check please. (確認をしたところ) 受け取って内容を確認する、という意味ですので、check,confirm,lookなどが使えます。 まとめ 「ご査収のほどお願いいたします。 」について、意味や使い方、類語、英語表現をまとめました。 お役に立てれば幸いです。

次の

「ご査収願います」の意味と使い方・例文・返信方法・上司への使い方

ご 査収 の 程 よろしく お願い いたし ます

公開日: 2018. 10 更新日: 2019. 21 「ご査収」の意味と使い方、返事の仕方!類語「ご確認」との違い、英語も解説! 「ご査収」という言葉をご存知でしょうか。 「ご査収ください」という言い回しは、ビジネスメールやビジネス文書で目にする機会が多いと思います。 しかし、日常会話では全くと言っていいほど使いませんよね。 ですので、メールで「ご査収ください」と来ても意味が分からないということもあるのではないでしょうか。 また、相手に意味を深く考えずにとりあえず使っている、なんていうこともあるかもしれませんね。 そこで今回は「ご査収」の意味や使い方、返事の仕方、類語について解説していきます。 「ご査収」はビジネスの場で使うことの多い敬語の一つです。 意味をしっかり理解して、正しく使えるようにしましょう。 「ご査収」の使い方と例文 「ご査収ください」「ご査収願います」は一般的に使う 社内の目上の人に対しても、状況に合っていれば「ご査収ください」を使えます。 相手によって「ご査収」だとやや堅いなと思う場合は、「添付させていただきます」「添付資料のご確認をよろしくお願いします」などと言い換えることもできます。 ただ、社外の目上の人やお客様には「ご査収ください」だと強要する印象を与えてしまうため、より丁寧な「ご査収のほどお願いいたします」「ご査収いただければ幸いです」などを使うのが良いでしょう。 例文 ・請求書を送付いたしますので、ご査収くださいませ。 ・新商品のサンプルを郵送いたしますので、ご査収ください。 ・ご依頼いただきました資料をお送りいたしましたので、ご査収ください。 「ご査収の程よろしくお願いいたします」はビジネスや目上の相手に使える ビジネスシーンや目上の相手に使う場合は「ご査収の程よろしくお願いいたします」と使うと、とても丁寧です。 顧客や取引先へのビジネスメールでも使うことができます。 例文 ・下記の添付ファイルをご査収の程よろしくお願いいたします。 ・明日の会議で使う資料をお送りいたします。 ご査収の程よろしくお願いします。 「ご査収くださいますよう〜」「ご査収のうえ〜」もビジネスや目上の相手に使える かしこまった言い回しで目上の相手に使うことができます。 「ご査収のうえ〜」は、「ご査収をしたあとに」という意味になります。 調べて確認してもらったあとに、手配や検討をしてもらう場合に使います。 よく使われる言い回し ・ご査収くださいますよう、よろしく願いします。 ・ご査収くださいますよう、お願い申し上げます。 ・ご査収くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ・ご査収のうえ、よろしくご手配を賜りますようお願い申し上げます。 ・ご査収のうえ、お取り計らいのほど何卒宜しくお願い申し上げます。 ・ご査収のうえ、よろしくお取り計らいくださいますようお願い申し上げます。 ・ご査収のうえ、ご検討のほどお願いいたします。 ・ご査収のうえ、ご対応のほどよろしくお願いいたします。 「ご査収いただければ幸いです」はより丁寧 「ご査収」はメールで何かの書類などの添付ファイルを付けたときに、そのファイルをよく確認して受け取ってほしいという場合に使います。 添付資料を確認してほしいとお願いする丁寧な言い方になるため、目上の相手にも使うことができます。 また、「ご査収のほどお願い申し上げます」もとても丁寧な言い方になります。 ・ご査収いただいてから、ご連絡お願いいたします。 ・企画案を送付いたしましたので、ご査収いただければ幸いです。 ・当日のスケジュールを添付いたしましたので、ご査収のほどお願い申し上げます。 ・提案書を添付いたしますので、ご査収の上、ご検討のほどお願い申し上げます。 「ご査収」を使う上での注意点 「ご査収」は資料や請求書など調べるものがある場合にのみ使う 「ご査収」という表現を使う際は、資料など受け取るものがあることが前提です。 見積書や企画書、履歴書など大事な書類を送る際に、最適の言葉です。 契約書や請求書など、ただ受け取るだけでなく、しっかり内容を理解してもらわないと結果的に相手にも迷惑がかかってしまう場合にも使います。 ですので、 添付ファイルや同封する資料がない場合、メールの本文のみの場合は使用しません。 確認すべき資料がないのに「ご査収」といってしまうと、相手を戸惑わせてしまいます。 また、メールなどで添付・同封するものがあったとしても「ご査収」を使わない方が良いケースがあります。 それは添付・同封するものが多い、または書類自体は少なくてもチェックしてもらいたい箇所が多々あるという場合です。 このような場合に「ご査収」を使ってしまうと、大袈裟な感じが出てしまいます。 代わりに「ご確認ください」を使います。 「ご確認ください」でも十分意味は通じます。 「ご査収」は送付状・申込書でも使う 「ご査収」は送付状を送る際にもよく使われています。 主にビジネスでの資料や履歴書などを送る際、同封して確認してほしい書類に対して使います。 また、相手から申し込みを検討したいなどの要望があった際、「添付しました申込みにあたっての確認事項の書類をご査収のうえ、お申し込みください」と使われる場合もあります。 「送付状」の詳しい使い方は下記の例文を確認してみてください。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 下記の通り、書類を送付させて頂きますので、ご査収のほどよろしくお 願い申し上げます。 com 成沢 竹輪 応募書類の送付について 拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 私は大学卒業後の3年間、介護の職務に従事してまいりました。 大学 でも4年間社会福祉において学び、社会福祉士の資格も取得しておりま す。 下記の通り応募書類を送付させていただきます。 ご査収ならびに選 考のほど、よろしくお願い申し上げます。 また、はっきりとたしかめること」を意味します。 「ご確認ください」とした場合は、「はっきりと確かめてください」「はっきりと認めてください」という意味になります。 受け取るものがない場合は「ご査収ください」は使うことができません。 ご確認ください」といったように、具体的に確かめてほしい箇所を書き、「ご確認ください」と締めるのが良いでしょう。 「ご確認」の例文 ・お時間のあるときに、書類をご確認ください。 ・資料を添付しましたので、お手すきの際にご確認をお願いいたします。 ビザ となります。 「査証を申請する」「査証を免除される」などと聞いたことがあるかもしれません。 使われる頻度としては、「ご査収」よりも低いです。 「ご査証」の例文 ・問題のあった件について、ご査証のほどよろしくお願いいたします。 ・何か不具合がありました、ご査証ください。 「ご査収」のその他の類語 ご検収 「ご検収」は <ごけんしゅう>と読みます。 「検収」は「納品されたしなが注文通りであることを確かめた上で受け取ること」を意味します。 「ご検収ください」は品が実際に届くときに使い、書類など数量を確認しないものには使われません。 また、「ご検収」はコンピュータのシステムを外注したときに検証してほしいという場面でも用います。 例文 ・商品に間違いがないか、ご検収ください。 ・システムに誤りがないか、ご検収お願いいたします。 お受け取り 「受け取る」は、 「自分のところに来たものを手で取って持つこと」を意味しています。 「お受け取りください」はビジネスシーンでも日常会話でも一般的に使われることが多い言い回しです。 ただ「〜ください」は命令形になりますので、目上の相手には「くださいますようお願い申し上げます」などと言い換えると良いでしょう。 例文 ・本日お見舞いの品をお送りいたしました。 心ばかりの品ではありますが、お受け取りください。 日頃お世話になっておりますお礼に、持参しました。 ささやかですがお受け取りください。 ・心ばかりのものではございますが、お詫びの品をお送りいたしますのでお受け取りいただけますと幸いです。 ご笑納 「ご笑納」は 「ごしょうのう」と読みます。 「笑納」は贈り物をする際、「つまらない物ですが笑って納めてください」という気持ちを込め用いる語です。 「ご笑納ください」と言った場合は、 「差し上げる品は大したものではないですが、笑って受け取ってください」といったニュアンスになります。 「ご笑納」は、比較的冗談を言い合える相手に対してではないと、軽々しい印象を与えてしまいます。 したがって 目上の人に対しては、よほど親しい間柄ではない限り使用しないのが無難です。 「ご笑納」は気軽な関係の相手に、お礼として記念品や粗品を送る際に使用するのが適切になります。 例文 ・実家で採れたりんごをお送りいたします。 ご笑納いただければ幸いに存じます。 ・別便にてお礼の品をお送りいたします。 ご笑納いただければ幸いに存じます。 ご一読 「ご一読」は 「ごいちどく」と読みます。 「一読」は「一度読むこと。 ひととおり読むこと」を意味しており、「ご一読ください」と言われた場合は「一度目を通してください」といった意味になります。 ビジネスシーンにおいて「ご一読」は、会議が行われる際に資料を配布し、上司など目上の人に対して読んでおいてほしいときに使うことができます。 例文 ・明日の会議までに、お渡しした資料をご一読いただければと思います。 ・弊社の新しいパンフレットで完成しました。 大変恐縮ですが、ご一読いただけましたら幸いです。 ご高覧 「ご高覧」は <ごこうらん>と読みます。 「高覧」は 「他人が見ること」を意味する尊敬語です。 「ご高覧」の「ご」は、尊敬語の接頭語になります。 「ご高覧」は目上の人に、文章や商品を見てもらうことをお願いするときに使用します。 「ご高覧」は堅い表現なので、主に文章内で使われることが多く、口頭ではあまり使われません。 口頭では「ご覧ください」という表現を使います。 例文 ・会議の詳細につきましては、資料をご高覧いただきたく存じます。 ・見積書を同封いたしましたのでご高覧の上、ご検討くださいますようお願い申し上げます。

次の