みずほ web 帳票 サービス。 みずほ銀行:みずほWEB帳票サービス:CSVファイルをEXCELで正しく表示する設定手順について

みずほ銀行:みずほWEB帳票サービス:CSVファイルをEXCELで正しく表示する設定手順について

みずほ web 帳票 サービス

どのようなサービスが利用できますか。 主な提供サービスは以下のとおりです。 1 帳票照会サービス• 対象帳票を、PDF形式、CSV形式にて保存いただけます。 対象帳票については、過去13ヵ月分、閲覧いただけます。 2 e-ビジネスサイト認証連携• e-ビジネスサイト経由で、本サービスをご利用いただけます。 ただし、ご利用にあたっては以下の2点の留意事項があります。 対象帳票の更新タイミングはいつですか。 以下のとおりとなります。 なお、それぞれの日の午前中に更新いたしますが、帳票のデータ量により、更新時刻が異なることがあります。 本サービスと、「みずほe-ビジネスサイト」「みずほビジネスWEB」の違いはなんですか。 本サービスは、現在郵送等にてご提供しております紙帳票をウェブ上でご覧いただけるサービスです。 一方、「みずほe-ビジネスサイト」「みずほビジネスWEB」は、「残高照会」「入出金明細照会」「振込」等の銀行取引が行えるサービスです。 利用者数に制限はありますか。 マスタユーザを含め、最大100ユーザまで利用者をご登録いただけます。 1ユーザで閲覧可能な口座数に制限はありますか。 マスタユーザを含め、1ユーザに対して、最大100口座分の帳票を閲覧いただけます。 外出先から利用できますか。 インターネットに接続可能であればご利用いただけます。

次の

EBサービス パソコンバンクWeb21 : 三井住友銀行

みずほ web 帳票 サービス

どのようなサービスが利用できますか。 主な提供サービスは以下のとおりです。 1 帳票照会サービス• 対象帳票を、PDF形式、CSV形式にて保存いただけます。 対象帳票については、過去13ヵ月分、閲覧いただけます。 2 e-ビジネスサイト認証連携• e-ビジネスサイト経由で、本サービスをご利用いただけます。 ただし、ご利用にあたっては以下の2点の留意事項があります。 対象帳票の更新タイミングはいつですか。 以下のとおりとなります。 なお、それぞれの日の午前中に更新いたしますが、帳票のデータ量により、更新時刻が異なることがあります。 本サービスと、「みずほe-ビジネスサイト」「みずほビジネスWEB」の違いはなんですか。 本サービスは、現在郵送等にてご提供しております紙帳票をウェブ上でご覧いただけるサービスです。 一方、「みずほe-ビジネスサイト」「みずほビジネスWEB」は、「残高照会」「入出金明細照会」「振込」等の銀行取引が行えるサービスです。 利用者数に制限はありますか。 マスタユーザを含め、最大100ユーザまで利用者をご登録いただけます。 1ユーザで閲覧可能な口座数に制限はありますか。 マスタユーザを含め、1ユーザに対して、最大100口座分の帳票を閲覧いただけます。 外出先から利用できますか。 インターネットに接続可能であればご利用いただけます。

次の

これから「みずほWEB帳票サービス」を申し込もうとしている人に伝えたいこと

みずほ web 帳票 サービス

こんにちは。 のyuseisayです。 昨日は灼熱のショータイムの中、みずほ銀行のインターネットバンキングを解約してきました。 noteを始めて アウトプットすることで思考の整理にも繋がって良いなぁと思うようになったので、わざわざ記事にする必要もなさそうで想定読者も限られそうな内容ですが一応書いてみました。 みずほ銀行の法人向けインターネットバンキング「みずほビジネスWEB」 法人を設立したのが2018年の1月なので、ちょうど半年でみずほ銀行の法人向けインターネットバンキングサービスである みずほビジネスWEBを解約してきました。 解約自体はとてもスムーズにできたので、解約理由と解約方法をここに記しておきます。 みずほビジネスWEBの解約理由 みずほ銀行の法人口座は私が 初めて開設した法人口座だったのでとても感謝はしているのですが、以下の理由でインターネットバンキングサービスであるみずほビジネスWEBを解約してきました。 個人向けのインターネットバンキングであるみずほダイレクトとは比べものにならないくらいに みずほダイレクトが使いやすいとは言ってない ・7ヶ月目の利用から月額利用料が3,240円かかる ・電子証明書方式でのログインを推奨しているので、windowsのPCじゃないとそもそも使えない 詳しくは後述 以上が解約理由です。 下の2つがわりと致命的でした。 楽天銀行の法人口座も開設しているので、インターネットバンキングを無料で使える楽天銀行と比べて月額3,240円はかなり厳しいです。 ちなみに、同じメガバンクのUFJも法人口座向けにBizSTATIONというインターネットバンキングを提供していますが、シンプルな機能に特化したBizSTATION Lightだと月額無料になっています。 その点を踏まえてみてもやはり月額料金がかかるのはスタートアップにはきつかったです。 良いプロダクトならお金をかけても使うべきだと思うので、使い勝手等が良かったら月額数千円を喜んで出すのですが、何より一番あかんかった点は Macだとインターネットバンキング機能が使えない点です。 使えないというと語弊があるのですが、みずほビジネスWEBではログイン認証に電子証明書方式を推奨しています。 初めてログインする場合は、この電子証明書を発行する必要があるのですが、 windowsのPCじゃないと発行できないのです。 もっと言うと、 ブラウザもIEじゃないと動かない。 Edgeじゃ駄目でした。 公式サイトでもEdgeじゃ動かないからIEで発行してねって書いてあります。 セキュリティを高める目的で電子証明書方式を採用しているのに、OSによっては既にMicrosoftの公式サポートが終了しているIE推奨って ダブルスタンダードもいいところじゃないでしょうか。 普段はMacを使っている私ですが、仕方なく家族のwindows PCを借りて電子証明書を発行し、無事に初回ログインを完了させました。 ちなみにこの作業もかなり面倒でした。 基本的には毎回ログイン時にはその電子証明書が必要になるので、windowsのPCじゃないとログインできないのですが、ID,PW方式でのログイン方法に変更することも可能です。 みずほ銀行の窓口に行き、上記の旨を伝えると用紙をもらえるので、その用紙に必要情報を入力し提出することで、次の日から電子証明書がなしでもID,PWのみでログインできるようになります。 かなりの手間ですね。 まあそんなこんなで不満をタラタラ書き連ねましたが、以上が解約理由になります。 そんなみずほビジネスWEBの解約方法はとても簡単です。 みずほビジネスWEBの解約方法 窓口にキャッシュカードと銀行印を持っていって「みずほビジネスWEBを解約したい」旨を伝えると用紙と書き方を教えてくれるので、それに従って書いて提出して終了です。 窓口が混んでなければ15分くらいで終わりますし、手間はほとんどかかりません。 みずほビジネスWEBを解約してもみずほ銀行の法人口座を解約したことにはならない 当然ですが、今回解約したのはみずほ銀行の法人向けのインターネットバンキングサービスであるみずほビジネスWEBです。 私はインターネットでみずほ銀行の法人口座を申し込んだので通帳を貰えていないのですが、みずほビジネスWEBを解約した後は みずほWEB帳票サービスで入出金の明細などを確認することができます。 なお、みずほWEB帳票サービスはMacでも使えますが、使い勝手はお察しの通りでございます。 スタートアップおすすめの銀行口座の管理方法 インターネットバンキングに関しては楽天銀行が頭1つも2つも抜けているので、楽天一択です。 ただ、大手との取引がある会社ですと、やはりメガバンクの法人口座は持っておいたほうが良いので、インターネットバンキングは使う必要ないですが口座だけは持っておくことをオススメします。

次の