神村 学園 サッカー。 【高校サッカー選手権】 前橋育英VS神村学園 Vol.6

高校サッカー選手権2019|テレビ放送【神村学園・鹿児島県代表】動画配信&試合日程

神村 学園 サッカー

竹元真樹監督をはじめ,有村圭一郎コーチらのもと,全国大会出場,そして全国制覇を目標に邁進してきました。 サッカーを通して,世界の中の日本人として,尊敬される日本人として国際社会に通用する人づくりを目指す。 先日の全国高校サッカー選手権大会におきましては、鹿児島県民の温かい声援に後押ししていただき初出場ベスト4という成績を残すことができました。 これは鹿児島県高校サッカーの高いレベルを全国に示すことができたと安堵しております。 また県内の小・中学年代の指導者の方々の熱心なご指導が形となって現れた結果だと感謝いたしております。 明日から厳しい戦いは始まりますが、更なる子どもたちの努力を期待しつつ、私も子どもたちの健全な育成の為に、一生懸命の指導を心掛けていく所存でありますので、今後も皆様方のご指導・ご協力をよろしくお願いいたします。 最後に、物心両面でサポートして下さった保護者・学校職員・県民の皆様に心から感謝申し上げます。 初出場で緊張していましたが、皆様の支えや心強い応援があり、自分たちも思いっきりプレーをすることができました。 国立までいけたのも皆様の支えが会ったからこそだと思います。 最後に、神村学園を支えてくださったすべての方々へ感謝の気持ちを忘れずに、これからの自分たちの行動に責任を持って頑張ります。 両親、先生、県民の皆様の応援があったからこそだと思います。 すごく感謝しています。 ありがとうございました。 すべての人に感謝してこれから頑張ります。 結果は3位だったけど、ここまで連れてきてくれたことがうれしい。 感謝の気持ちを忘れずに大学でも頑張りたい。 この大会でたくさんの経験をさせていただきました。 来年も全国大会へ出れるように頑張ります。 感謝の気持ちを忘れず、これからも頑張ります。 ありがとうございました。 たくさんの応援ありがとうございました。 応援ありがとうございました。 ありがとうございました。 来年はその方々立ちのためにも、また国立に行きたいです。 本当に応援ありがとうございました。 そして自分をここまで育ててくれた両親、指導者の方々、本当にありがとうございました。 支えてくれた皆様にはとても感謝しています。 大学でも頑張ります。 ありがとうございました。 また来年も行きたいです。 応援ありがとうございました。 また来年戻ってこれるように頑張ります。 本当にありがとうございました。 本当にありがとうございました。 これもいろいろな方々のおかげです。 ありがとうございました。 これからも感謝の気持ちを忘れず頑張っていきたいです。 ありがとうございました。 これからも頑張っていくので、応援よろしくお願いいたします。 ありがとうございました。 ありがとうございました。 この支えがあり、いろいろなことを乗り越えて最後を国立で終えたことは、とても幸せな経験を得ることができました。 ありがとうございました。 この大会でいろいろな人からの応援がありいい結果が残せました。 応援ありがとうございました。 またこの感動をみんなでかみしめられるように、これからをがんばります。 ありがとうございました。 ありがとうございした。 本当にありがとうございました。 初出場、しかも強豪校がそろう鹿児島県の代表として、大きなプレッシャーがありましたが、そのプレッシャーを力に変えることができました。 全国3位という結果におごることなく、常に謙虚な姿勢で物事に取り組んでいきたいと思います。 今大会だけでなく、今まで支えてくださった方々、本当にありがとうございました。

次の

男子サッカー ::: 部活動大会報告 ::: 部活動 ::: 学校法人神村学園中等部

神村 学園 サッカー

強豪校同士の戦い。 注目は。 名門はどれほどのレベルか。 前半1分、急なステップ、切り返しに身体ついて行っていないように感じる。 前半2分、先制かと思われたがノーゴールの判定。 ボールウォッチャーになってしまったので守備時間接視野がどこまで働くのかが重要そう。 ファーストインプレッションはは充実してるチームの印象。 は対人に力を入れている? 前半10分、いいステップからマークを外しシュート。 バックステップはFWのお手本したいうまさ。 前半15分、後ろからのチャージで頭をぶつける。 痛みはあるが重症度は低そう。 前半19分、両チームともデュエルが多くこの差が大きな差を生みそうな印象。 前半22分、シュートブロックの足の出し方がうまく方向を制限できている。 前半24分、左サイドから突破を図る。 守備はステップがうまくいくと抜かれることは少ない。 前半34分、立ち足を出してしまうと引っかかってしまう。 立ち足を抜くステップは重要。 前半の総評 はピッチを広く使っている印象で密集地は苦手にしているように見えた。 はデュエルに強く、積極性が見える。 走力と筋力どちらが先に折れるかが後半楽しみ。 後半10分、両チームともに中盤でのせめぎあい。 後半14分、GKの判断の良さが光る。 集中力が素晴らしい。 後半18分、の選手の空間認知能力、判断力がよく、ポゼッションの流れを掴む舵を取っている。 後半20分、DFのスーパーセーブ。 後半23分、いいステップからシュート。 ディフェンス、オフェンスともにステップワークは重要。 ステップがいいといいプレーにつながり。 ステップの判断を間違えるとミスになる。 ステップは追及していきます。 後半30分、きれいな。 後半33分、両サイド選手が足を攣っている。 後半35分、きれいなシュートブロックのスライディング。 後半37分、カウンターを手で倒してしまいファール。 スピードを殺すなら肩を相手の胸の高さに! 後半39分、スライディングのシュートブロックがうまい。 会場の風が強い印象を受ける。 ボールが流れている。 後半の総評 いい試合。 互いに長所をぶつけ合い折れなかった。 中盤での攻防が多く、身体的に差が出やすいエリアでのプレイは少な目な印象。 コンタクトが多かったが怪我がなくてよかった。 運だと思っているので楽しんで観戦。 PK前の選手のケアに焦点を当ててみる。 下半身のストレッチをかけてを少しでも減らすことは賛成。 ただ、ストレッチのかけ方はもっと工夫できそう。 ハムを伸ばすのか、下腿を伸ばすのか、日頃からパートナーストレッチの教えておくとこういった場面で利用できそう。 試合総評 両チーム譲らずぶつかり合ったいい試合。 大きな差がなく最後までやり切れる身体を持ち合わせていた。 コンタクトが多かったが退場するような怪我もなくほっとしたところ。 短期決戦の選手権でとの戦いになりそう。 フィジカル的要素、細かいステップはまだまだ伸びしろがありそう。 show14.

次の

神村学園高等部|チーム紹介|第28回全日本高等学校女子サッカー選手権大会|content.knovationlearning.com

神村 学園 サッカー

13年度大会覇者、富山第一(富山)の強固な5バックを打ち破れずにタイムアップ。 有村圭一郎監督(42)は「3年生たちは粘り強く、よく引っ張ってくれた。 下級生たちにとってはいい経験になった」とねぎらった。 先発に2年生が5人。 そのうちの一人、GK吉山太陽は敗戦後、悔し涙が止まらなかった。 試合後の整列に向かう途中、吉山は顔を覆ったまま号泣した。 富山第一の選手から肩をたたかれ、自チームのMF軸丸広大主将(3年)からは「ありがとうな」と感謝の言葉を掛けられた。 17年度大会優勝の前橋育英(群馬)を倒した初戦は0-0からのPK勝ち。 好セーブでチームの窮地を救い、PKでは執念のストップで強豪撃破に導いた。 この日も味方選手がゴールネットを揺らせない展開の中、我慢強く守った。 唯一の失点は最も警戒していたという早い時間帯でのセットプレーから奪われた。 前半16分のCK。 「(DFに)任せるか、自分で体を張ってニアでつぶしにいくか迷ってしまって…。 自分で(ボールを)はじいた方が確実なので。 そこの判断に迷ってしまいました」。 180センチの相手長身選手に頭でタイミング良く合わされた。 先制点を許したことで、さらに富山第一がさらに守りやすくなったことを吉山は悔やむ。 「2点目は絶対に与えないと、体を張ったんですが…」。 後半に入って交代選手を投入するなど神村学園は攻撃の活性化を図る。 後半だけでエースの浜屋悠哉(3年)が3本のシュートを放つなど相手ゴールを何度も脅かしたが、富山第一の組織的な守備に阻まれた。 吉山は島根県出身。 「高いレベルでやりたかったから」と鹿児島の神村学園中にやってきた。 中高一貫教育の環境にも鍛えられ、着実に成長。 19年夏の全国高校総体では3回戦で尚志(福島)にPK負けを喫したが、選手権の大舞台では前橋育英を相手にPK勝ち。 PKに対する苦手意識を払拭(ふっしょく)した。 決して大きくないサイズ(172センチ、65キロ)を補うためプレースピードを意識。 「普通にせービングをしても(横の)幅がないので止められない。 ワンステップで跳ぶのではなく、小刻みにステップを入れるようにしています」。 縦にシンプルながら速くて高さもある富山第一の攻撃にもひるまず、1対1の大ピンチでも落ち着いてシュートを防いだ。 全国区の強さをあらためて肌で感じ、勝ち進む難しさも知った。 16歳の守護神は「神村学園の太陽」となって、もっと強く、もっとまぶしく光り輝く。 (西口憲一).

次の