富山 駅 から 金沢 駅。 【北陸】青春18きっぷで乗れる特例区間、乗ってはいけない注意路線【石川・富山】

交通アクセス

富山 駅 から 金沢 駅

もくじ• 北陸の青春18きっぷで乗れる特例区間 北陸には青春18きっぷで乗れる特例区間が2つあります。 それはIRいしかわ鉄道とあいの風とやま鉄道の一部です。 IRいしかわ鉄道の金沢~津幡駅間 IRいしかわ鉄道の金沢駅~津幡(つばた)駅は「通過利用」をすることが許されています。 「通過利用」とは途中の駅で降りられない、つまり金沢~津幡の間にあるIRいしかわ鉄道の駅に降りることはできないということです。 降りる場合は別途運賃が必要となります。 なお、金沢駅、津幡駅での下車は可能です。 金沢駅からはJR北陸線、津幡駅からはJR七尾線がでており、これらに乗るときは普段通り18切符を利用できます。 なお、金沢駅からはこのIRいしかわ鉄道の金沢~津幡を経由して七尾線に直通する列車が多数運転されているので、七尾線に行きたい場合は直通列車に乗るのが便利です。 注意 金沢~津幡駅の通過利用の特例は金沢より西の北陸線と津幡より北の七尾線の駅で乗降する場合のみ認められます。 あいの風とやま鉄道の富山~高岡駅間 あいの風とやま鉄道の富山駅~高岡駅も「通過利用」は許されています。 これも先ほどと全く同じで、通過利用なので富山駅と高岡駅以外のあいの風とやま鉄道の駅で降りることはできません。 降りる場合は別途運賃が必要となります。 高岡駅からは北にJR氷見線(ひみせん)、南にJR城端線(じょうはなせん)、また、富山駅からは南にJR高山線がでており、これらはJRなので普段通り18きっぷを使うことが出来ます。 ただし、富山駅に青春18きっぷだけで訪れるには、高山線を使う以外に方法がないので注意してください。 北陸新幹線 したがって、2015年に北陸新幹線が開業したとともに、 北陸新幹線に並行して走っているJR北陸線の一部であった金沢~直江津はJRから切り離されてしまいました。 JRから切り離された結果、「IRいしかわ鉄道」や「あいの風とやま鉄道」などの路線が生まれました。 なお、これらは地方自治体によって運営されています。 このとき、北陸新幹線に並行していない七尾線、氷見線、城端線はJRのまま残ることとなりました。 ところが、金沢より東がJRの路線でなくなってしまったので、これらの3路線は外から JRを乗り継いでたどり着けないJRの路線となってしまいました。 いわば陸の孤島 こうなってしまえば18きっぷで行く術がなくなってしまう・・・そうだ特例を作ってしまおう! といった経緯で今回紹介した特例が生まれたのです。 北陸の青春18きっぷで乗れない注意が必要な区間 津幡~高岡駅は通過利用もできない 津幡駅~高岡駅は青春18きっぷで乗車することはできません。 JRの路線、JRの路線でないけど通過利用できる特例区間、乗ることが出来ない区間をまとめました。 青色がJR、 赤色が通過利用のみ可能な特例区間、 緑色が18きっぷで利用することが出来ない区間です。 つまり、例えば 金沢~富山を在来線で移動するときは金沢~富山までの運賃を全額支払わなければならないです。 さきほども書きましたが、通過利用の特例が適用されるのは、• 金沢より西の北陸線の駅と津幡より北の七尾線の駅で乗り降りする場合• 富山以南の高山線の駅と高岡から南北にのびる城端線・氷見線の駅 高岡駅を除く で乗り降りする場合 のみに限られます。 ですので、以上の2つに該当しない、金沢~富山の移動は特例が適用されません。 富山駅~直江津駅 富山駅から直江津駅はJRの路線ではなく、特例もないので使うことはできません。 途中の糸魚川駅からはJR大糸線が出ているため、大糸線経由で糸魚川駅へ行く場合のみ糸魚川駅で下車することが出来ます。 のと鉄道も使えない 「のと鉄道」はJR七尾線の終点である「和倉温泉駅」からさらに石川県の能登半島の北へとのびる路線です。 この「のと鉄道」とJR七尾線は直通運転を行っているため、のと鉄道にも乗れると勘違いしてしまう方がいますが、乗ることはできません。 のと鉄道の列車は和倉温泉駅のひとつ隣の駅である「七尾駅」まで直通しています。 和倉温泉駅まではJRの路線となっているので、七尾駅~和倉温泉駅の間はのと鉄道に直通する列車に乗っても問題はありません。 本記事のどこをお読みになられたのかわかりませんが、 特例として青春18切符で利用できるのは ・「金沢駅以西のJR線(北陸線)から津幡駅以北のJR七尾線の駅で降りる場合、もしくはその逆の『金沢~津幡駅』間」 ・「富山駅以南のJR線(高山線)から高岡駅から南北にのびる城端線・氷見線の駅で降りる場合、もしくはその逆の『富山駅~高岡駅』間」 と記事中にも書いております。 また、青春18切符で通過利用さえできない路線に「富山~直江津」、「高岡~津幡」というのも記載しております。 旅人サラリーマンさんが金沢駅~直江津を18切符で利用しようとされたとおっしゃっていますが、特例として18切符で乗れる条件を満たしていません。 本記事の内容に間違いはありませんし、駅員の説明にも間違いはございません。

次の

交通アクセス

富山 駅 から 金沢 駅

もくじ• 北陸の青春18きっぷで乗れる特例区間 北陸には青春18きっぷで乗れる特例区間が2つあります。 それはIRいしかわ鉄道とあいの風とやま鉄道の一部です。 IRいしかわ鉄道の金沢~津幡駅間 IRいしかわ鉄道の金沢駅~津幡(つばた)駅は「通過利用」をすることが許されています。 「通過利用」とは途中の駅で降りられない、つまり金沢~津幡の間にあるIRいしかわ鉄道の駅に降りることはできないということです。 降りる場合は別途運賃が必要となります。 なお、金沢駅、津幡駅での下車は可能です。 金沢駅からはJR北陸線、津幡駅からはJR七尾線がでており、これらに乗るときは普段通り18切符を利用できます。 なお、金沢駅からはこのIRいしかわ鉄道の金沢~津幡を経由して七尾線に直通する列車が多数運転されているので、七尾線に行きたい場合は直通列車に乗るのが便利です。 注意 金沢~津幡駅の通過利用の特例は金沢より西の北陸線と津幡より北の七尾線の駅で乗降する場合のみ認められます。 あいの風とやま鉄道の富山~高岡駅間 あいの風とやま鉄道の富山駅~高岡駅も「通過利用」は許されています。 これも先ほどと全く同じで、通過利用なので富山駅と高岡駅以外のあいの風とやま鉄道の駅で降りることはできません。 降りる場合は別途運賃が必要となります。 高岡駅からは北にJR氷見線(ひみせん)、南にJR城端線(じょうはなせん)、また、富山駅からは南にJR高山線がでており、これらはJRなので普段通り18きっぷを使うことが出来ます。 ただし、富山駅に青春18きっぷだけで訪れるには、高山線を使う以外に方法がないので注意してください。 北陸新幹線 したがって、2015年に北陸新幹線が開業したとともに、 北陸新幹線に並行して走っているJR北陸線の一部であった金沢~直江津はJRから切り離されてしまいました。 JRから切り離された結果、「IRいしかわ鉄道」や「あいの風とやま鉄道」などの路線が生まれました。 なお、これらは地方自治体によって運営されています。 このとき、北陸新幹線に並行していない七尾線、氷見線、城端線はJRのまま残ることとなりました。 ところが、金沢より東がJRの路線でなくなってしまったので、これらの3路線は外から JRを乗り継いでたどり着けないJRの路線となってしまいました。 いわば陸の孤島 こうなってしまえば18きっぷで行く術がなくなってしまう・・・そうだ特例を作ってしまおう! といった経緯で今回紹介した特例が生まれたのです。 北陸の青春18きっぷで乗れない注意が必要な区間 津幡~高岡駅は通過利用もできない 津幡駅~高岡駅は青春18きっぷで乗車することはできません。 JRの路線、JRの路線でないけど通過利用できる特例区間、乗ることが出来ない区間をまとめました。 青色がJR、 赤色が通過利用のみ可能な特例区間、 緑色が18きっぷで利用することが出来ない区間です。 つまり、例えば 金沢~富山を在来線で移動するときは金沢~富山までの運賃を全額支払わなければならないです。 さきほども書きましたが、通過利用の特例が適用されるのは、• 金沢より西の北陸線の駅と津幡より北の七尾線の駅で乗り降りする場合• 富山以南の高山線の駅と高岡から南北にのびる城端線・氷見線の駅 高岡駅を除く で乗り降りする場合 のみに限られます。 ですので、以上の2つに該当しない、金沢~富山の移動は特例が適用されません。 富山駅~直江津駅 富山駅から直江津駅はJRの路線ではなく、特例もないので使うことはできません。 途中の糸魚川駅からはJR大糸線が出ているため、大糸線経由で糸魚川駅へ行く場合のみ糸魚川駅で下車することが出来ます。 のと鉄道も使えない 「のと鉄道」はJR七尾線の終点である「和倉温泉駅」からさらに石川県の能登半島の北へとのびる路線です。 この「のと鉄道」とJR七尾線は直通運転を行っているため、のと鉄道にも乗れると勘違いしてしまう方がいますが、乗ることはできません。 のと鉄道の列車は和倉温泉駅のひとつ隣の駅である「七尾駅」まで直通しています。 和倉温泉駅まではJRの路線となっているので、七尾駅~和倉温泉駅の間はのと鉄道に直通する列車に乗っても問題はありません。 本記事のどこをお読みになられたのかわかりませんが、 特例として青春18切符で利用できるのは ・「金沢駅以西のJR線(北陸線)から津幡駅以北のJR七尾線の駅で降りる場合、もしくはその逆の『金沢~津幡駅』間」 ・「富山駅以南のJR線(高山線)から高岡駅から南北にのびる城端線・氷見線の駅で降りる場合、もしくはその逆の『富山駅~高岡駅』間」 と記事中にも書いております。 また、青春18切符で通過利用さえできない路線に「富山~直江津」、「高岡~津幡」というのも記載しております。 旅人サラリーマンさんが金沢駅~直江津を18切符で利用しようとされたとおっしゃっていますが、特例として18切符で乗れる条件を満たしていません。 本記事の内容に間違いはありませんし、駅員の説明にも間違いはございません。

次の

金沢↔︎富山

富山 駅 から 金沢 駅

電車 あいの風とやま鉄道・IRいしかわ鉄道 料金:片道 1,240円 所要時間:54分~ 北陸新幹線開業に伴って第3セクターに移管された、旧JR西日本 北陸本線です。 10回分の運賃で、11回乗車できる回数券もあります。 乗り方はJR在来線と同じく、目的地までの切符を券売機などで購入し、改札を通ります。 SUICAなど ICカードも近年利用できるようになりました。 富山駅の改札。 車内は自由席。 平日の朝晩通勤時間のみ、快速「あいの風ライナー」が運行しています。 高速バス 料金 : 片道 930円 所要時間 : 約75分 金沢駅東口バスターミナルと富山駅バスターミナル間を、地鉄と北鉄が共同で高速バスを運行してます。 安く行くならこちら。 平日は18往復、休日は20往復運行しています。 時刻表は地鉄・北鉄のサイトへ。 10回分7,700円の回数券もあり、頻繁に利用するのであれば片道770円となる回数券がお得。 東口のにある自販機では、片道860円の格安チケットも販売。 車内ではおつりが必要な場合は事前に両替しなければならないので、こちらで事前にチケットを購入しておくと便利。 金沢駅のバス乗り場は、東口の2番。 電車よりも安いので、バスは人気です。 だいたい出発15分前ぐらいから列ができます。 金沢駅の時刻表。 バスの乗車に予約は不要。 2番乗り場の列に並んで、バスが来たら乗るだけです。 スーツケースがあればトランクルームへ。 この路線は「富山地方鉄道」と「北鉄金沢バス」が共同で運行しており、時間によって運航する会社が異なりますが、回数券などは共通して使えるのでバスマニア以外は特に違いを意識する必要はありません。 地鉄のバスはこちら。 北鉄が運行するバスはこちら 座席は自由席。 開いているところに座ります。 乗車時に料金の支払いや整理券の受け取りは不要。 50人前後しか座れないので、相席になることもしばしば。 金沢駅に来るまでに、兼六園などを経由しているので、先に乗客がいることも。 一般的な観光バスです。 4列シート。 補助席あり。 コンセントがある車両もあります。 携帯が充電できます。 金沢駅出発後、いくつかの停留所に立ち寄ってから、高速道路に乗って金沢東IC-富山IC間を走行します。 途中サービスエリアには立ち寄らないので、トイレは先に済ませませておきましょう。 高速を降りてから、富山駅に着くまでに何回かバス停に停まります。 降りるバス停が近づいたら、ボタンを押す必要があります。 支払いは、バスから降りる際に運賃箱に現金930円を入れます。 回数券や格安切符をお持ちの方は、切符を投入。 料金一律なので整理券などは特にありません。 車内で紙幣や小銭の両替ができます。 たまに10円玉が釣り銭切れになるので、小銭はできれば事前に用意したほうがいいでしょう。 クレジットカードやICカードは使用不可。 富山駅に到着。 バス降り場がこちら。 富山駅から乗る際は、南口のバスターミナルから 金沢駅行きは、富山駅南口2番のりばから出ています。 富山発-金沢行きは、旧 都ホテル前のバス停に到着します。 北陸新幹線 料金:片道 自由席 2,860円、指定席3,190円 所要時間:19分~23分 最短で移動したい場合はこちら。 北陸新幹線「つるぎ」「はくたか」の自由席であれば、「2,860円」で所要時間23分となります。 お急ぎの場合「かがやき」を使うと、新高岡駅を通過し所要時間は19分となります。 ただし、かがやきには自由席は無いので指定席料金「3,190円」となります。 きっぷは券売機や、みどりの窓口で購入します。 新幹線の乗り方解説は、の記事へ。

次の