小学生 おこづかい。 お金の事話します!小学生のおこづかい事情【ももかチャンネル】

小学生のおこづかいに悩む。私が固定+歩合で渡す理由

小学生 おこづかい

子どもたちのおこづかい事情 子どもが成長してくると、いずれは考える必要が出てくる「おこづかい」。 我が子にはいくらのおこづかいが適正でしょうか?他の家庭はどのぐらいのおこづかいをあげているのでしょうか? 今回はそんな子どもたちのおこづかい事情をのぞいてみます。 おこづかいの相場はいくら?【小学生編】 各家庭においては、おこづかいを子どもに定期的にあげる、必要な時にだけ渡す、おこづかいは渡さない、など方針は様々でしょう。 最も多く回答された金額 500円• 平均額 949円• 最も多い回答の金額帯 500~700円(21. 7%)• 次に多い回答の金額帯 100~200円(17. 最も多く回答された金額 500円• 平均額 896円• 最も多い回答の金額帯 500~700円(27. 3%)• 次に多い回答の金額帯 1000~1500円(19. 最も多く回答された金額 500円• 平均額 1087円• 最も多い回答の金額帯 500~700円(37. 6%)• 次に多い回答の金額帯 1000~1500円(29. 9%) 低中高学年のいずれも、最も多く回答されたおこづかい額は500円でした。 高学年になると1000円~1500円の金額帯の回答の比率が上がってきます。 おこづかいのもらい方では、低学年では月に1回と決めてもらっているのは13. 2%、時々もらうという回答は58. 5%です。 中学年では月に1回は34. 3%、時々もらうが43. 9%、高学年では月1回が52. 2%、時々もらうが30. 6%と、学年が上がるほど定期的なおこづかい制の比率が上がっていきます。 次に中学生・高校生のおこづかいの相場を見てみましょう。 おこづかいの相場はいくら?【中・高校生編】 中学生以上では、今使うお金(消費)と未来に使うお金(貯金)にわけて管理する能力を身につけてほしいもの 自分の人格がかなり形成されつつある、中学生と高校生のおこづかいの相場はいくらぐらいでしょうか。 最も多く回答された金額 1000円• 平均額 2502円• 最も多い回答の金額帯 1000~2000円(31. 3%)• 次に多い回答の金額帯 2000~3000円(21. 1%) 小学生から中学生にステップアップすると、おこづかいも一気に倍になっています。 小学校高学年の平均額1087円が2502円へ、最も多く回答された金額も500円から1000円へと上がっています。 最も多く回答された金額 5000円• 平均額 5305円• 最も多い回答の金額帯 5000~7000円(35. 3%)• 次に多い回答の金額帯 3000~4000円(17. 4%) 高校生になると、さらにグンとおこづかいの金額がアップします。 気になるおこづかいの使いみちは? おこづかいを貯蓄にまわす、という小学生は意外と多いようです 子どもたちがもらったおこづかいを何に使っているかも気になりますよね。 学年が上がるのにつれ、使いみちも変化するようです。 詳しく見てみましょう。 1位 ゲームソフトやおもちゃ類• 2位 お菓子やジュース• 3位 まんが 子どもらしい使い方という感じです。 一方で、自分の貯蓄の有無の回答は小学校高学年では、「ある」という回答が一番多くい46. 8%で、次いで「あるようだが家の人がやっているのでわからない」が28. 両方を足すと約4分の3の子どもたちが貯金をしているというのもビックリです。 私たち大人よりしっかりしているかもしれませんね。 1位 おやつなどの飲食物• 2位 友だちとの外食・軽食代• 1位 おやつなどの飲食物• 2位 友だちとの外食・軽食代• 3位 休日に遊びに行く交通費 中高生になると小学生の時とは違って、自分のためだけから、友人などとの人との付き合いにお金を使うようになっています。 成長とともに、大人のお金の使い方を身につけていくようです。 「おこづかいはもらえて当然」と思わせないように 親子のコミュニケーションで、お金の大切さを伝えましょう 子どもにおこづかいを与えるかどうかは親次第。 そして、そのおこづかいに意味を持たせるかどうかも親次第です。 世間のおこづかい水準はあくまで平均のものです。 皆さんの家庭においては、子育ての方針を踏まえて、おこづかいを渡すか渡さないか、おこづかいの水準をどうやって決めるかを考えてみてください。 おこづかいを意味もなく子どもに定期的に渡し始めると、その後も続けていくこととなりますが、子どもの側からすると「おこづかいは親から然にもらえるもの」というような、妙な権利意識が芽生えてもおかしくありません。 さらには「友だちはもっと多くのおこづかいをもらっているのだから、自分のおこづかいも増やして欲しい」、あるいは『学年が上がったのだから、おこづかいも当然増やしてもらえるもの』となってしまいます。 お金は大切なものだと子どもに実感させることが重要 金銭教育が学校教育のカリキュラムに組み入れられている欧米では、夏休みや年末年始などに、子どもたちは当たり前のように、アルバイトをしています。 そして自分で稼いだお金を親に渡し、その中からおこづかいをもらいます。 お金という対価は、働くことで得るものということを身をもって学びます。 お金の大切さも知ることができますし、日ごろ親が自分たちを育てるために、どれだけの仕事をして給料を稼いでくれているのかも、自分自身が働くことで体験しながら、そのありがたさを感じます。 お金の大切さを学んでいる子どもたちは、使うお金と蓄えるお金のバランスを自分で考えて、物を買って消費するお金と、将来のために貯蓄して育てるお金に振り分けていくようになります。 さらに蓄えたお金をいつどのように使うのか、あるいは貯め続けるのかなどの計画を立てることも、自分自身で一生懸命に考えて実行します。 日本では小学生や中学生が、社会の一員となってアルバイトができるような環境が十分ではありません。 しかし、外で働かないといけないという訳ではありません。 家庭の中でも、子どもに責任をもってもらいつつ働ける場面はいくらでもあります。 親としての知恵のしぼりどころですね。 10年後、20年後に未来の社会を支えていく子どもたちに、親として強く生きていくための力をつけさせてあげたいですね。 【関連記事をチェック!】.

次の

使いやすい!「小学生のこづかいちょう」のすすめ

小学生 おこづかい

子どもの金銭教育も大事な家庭教育です 月ぎめのおこづかいはいつから始めるのが正解? 個人的に小学校での金銭教育講座なども担当させていただいていますが、保護者からよく聞かれるのが、「いつごろから月ぎめのおこづかいをあげたらいいのでしょう?」という質問です。 年度末に数校うかがった学校でも同じように聞かれました。 月ぎめのおこづかいは金銭教育の一環、という意識は保護者の方の間でも理解は進んでいる様子ですが、ただし、実際にあげ始めるとなるときっかけが見つからないようです。 始める時期としては、発達の状態から考えて小学校3、4年生くらいがいいと言われていますが、関心度や発達によっても1人ひとり異なると思っています。 そのため、タイミングの目安としては、• 子どもの方からおこづかいが欲しいと言ってきた• 現物支給での要求も多く、コントロールを覚えさせたいと親が感じる そんなときでいいのではないかと思います。 ですので、子どもあるいは親が必要性を自覚するまでは慌てて始めることはないのかもしれません。 最近、学校を回っていて耳にするのは、「毎月のおこづかいは中学になってから」という子どもや保護者の声があることです。 それはそれで1つの選択だと思います。 おこづかいは「月ぎめ以外」の選択肢もある おこづかいの管理法は月ぎめだけではなく、お年玉を1年間で使う、家事を手伝った分だけもらう、といった方法もあります。 これらの方法をとっているご家庭も若干ですが増えている印象があります。 もちろん、限られたお金を上手に使うトレーニングをするということでは、月ぎめでもお年玉でもどちらでも問題はないですし、家族の一員として積極的に参加するには「家事の報酬」としておこづかいをあげるのも一法です。 特に、お年玉を年間で管理するのは月ぎめよりも難しいはずです。 お子さんの性格やタイプに合った方法で始めるといいでしょう。 おこづかい導入時の注意点3つ もしこれから月ぎめのおこづかいを始める場合は、「導入」として親御さんからわが子へ伝えていただきたいことが3つあります。 1つは、 労働とお金がつながっていることを「見せる」ことです。 言葉で言うよりも、仕事をしている姿を見せるなど、直感でわかるような形がいいでしょう。 「お父さん、お母さんが一生懸命働いて手にするのがお金なんだ」と腑に落ちるようにしてあげましょう。 もう1つは、おこづかいの意味です。 自由に使っていいお金であるのは確かですが、あくまでも家のお金の一部であって、 「子どもたちを信用して預けているお金」だという説明もしておきましょう。 だからこそ無駄な使い方をしないようにして、おこづかい帳でどう使ったのか報告してね、と言うこともできます。 また、お金を渡すときには、 目を見ながら両手で受け取り、必ず「ありがとう」と言うことをルールにしてみてください。 大事なものを渡されているのだと子どもにも伝わるのではないでしょうか。 まずは、どんなものをおこづかいで買うのかを整理してみてください。 文房具まで含めるのかどうか、習い事の帰りのドリンク代なども含めるのかなど、子ども自身の行動などから考えて見積もるといいでしょう。 もちろん、金額を決める際には、家計の予算という制約もあります。 家計が厳しい場合は、それを子どもたちに話して、おこづかいを待ってもらうのも一法でしょう。 家計を赤字にしてまで子どもにおこづかいを渡すのは本末転倒ではないでしょうか。 使い方への過度な干渉や管理はNG お年玉管理でも、月ぎめでも、家事報酬型であっても、もらったおこづかいをどう使ったか、できるだけおこづかい帳で報告してもらいましょう。 おこづかい帳をつけるメリットは、どんな使い方をしたのかが後からわかることです。 月ぎめのおこづかいをもらっている子は特に、どんな使い方をしたのか親にも報告をすべきだと思いますので、そのためのツールにもなります。 誰かにプレゼントを買うなど計画的な貯蓄が必要なときにも、今月はいくら残さなければいけないか、それができているのかなども確認できます。 ただし、お金の使い方の内容などに関しては、使うたびにこまごまと干渉するといったことは避けるべきです。 大事なのは、見守ることです。 おこづかいを1日で使ってしまう子もいれば、全く使わずに貯めるだけの子もいます。 お金を何に使うのかについても、傾向があるでしょう。 問題点は地道に改善していくしかありません。 できるだけ、親の目が届くうちに改善しましょう。 親がぶれずに、1度決めたルールを徹底することも大事だと思います。 お金の苦労は家族で共有を! かつては「お金の苦労は子どもに見せない」という風潮がありましたが、個人的には、家計の話はどんどんして、家族で共有した方がいいと思っています。 「うちの家計は大赤字」とつぶやいた親の言葉を聞いて大学は国立に入ることを決めた子がいたり、高校時代はアルバイトをして家からおこづかいをもらわなくなった子もいます。 また、親のお金の使い方までチェックする家計簿男子になった子もいます。 月極めのおこづかいを渡すタイミングで、毎月、家族で家計会議などをやってみるのもいいかもしれませんね。 【関連記事】 ・ ・.

次の

【小学生のお小遣いの平均は?】抑えたい10個の注意点から渡し方まで

小学生 おこづかい

おこづかいを渡す頻度・金額は? 次に「すでに定期的におこづかいを渡している」と答えた方に、おこづかいを渡す頻度と1回あたりの金額について聞いてみました。 8%です。 毎月1回日づけを決めて、おこづかいを渡すことでお子さんの計画性を養えますね。 また、保護者の方たちも子どもの時に月に1回おこづかいを貰っていたという人も多いのではないかと思われます。 毎月おこづかい日を楽しみにソワソワしていたあの感覚は、今のお子さんも同じように感じているでしょうね。 6%と2番目に多く、具体的なご意見で多かったのは、「お手伝いをした時」でした。 まだ定期的に渡すよりも頑張ったご褒美として、おこづかいを活用しているのかもしれませんね。 それ以外のご意見では、「お祭りの時」「遊びにいくとき」と外出時に渡すことも多いようです。 6%と一番少ない結果になりました。 おこづかいとして渡す金額は? では、おこづかいを渡す時の金額はいくらが一番多いのでしょうか。 一番多い金額だったのは、「100円」 小学一年生のお子さんにおこづかいを渡し始める金額は、キリが良く渡しやすいのでしょうか。 「おこづかい制」にしたとたん、子殿も貯金意識が高まった、という読者の声も聞こえました。 何年生から、月にいくら、おこづかいを渡そうと考えていますか? 続いて、「定期的におこづかいを渡していない」と答えた方に、何年生からおこづかいを渡そうと考えているのか聞いてみました。 1位小学三年生、2位は小学四年生 小学一年生の保護者の方が、おこづかいを渡そうと考えている学年TOP3は「小学三年生」の28. 1%、「小学四年生」の18. 8%、「小学五年生」の13. 4%となりました。 算数の授業で足し算やかけ算を学び小学校低学年から中学年に成長していく段階でお子さんの次のステップとして「おこづかい」を渡そうと考えているのが分かりますね。 次に多かったのは、「小学二年生」の9. 4%でした。 こちらは早い内からお子さんにお金の価値を教えたいという考えかもしれませんね。 中学生から、と考える保護者も多数 意外な結果だったのは、「小学六年生」よりも「中学一年生」から渡そうと考えている方が多かったです。 小学校を卒業し、お子さんの節目に、とお考えのご家庭も多いということですね。 「小学三年生」~「小学五年生」までで次に多かったのは、1000円で25%を超えていました。 「小学六年生」「中学一年生」は1000円が一番多く、お友だちと遊びに出かけたりする機会も多くなっていくでしょう。 おこづかいに関するアンケート結果、いかがでしたか。 まだ、おこづかいを渡していない方もこれから渡す予定の方も参考にしてみてはどうでしょうか。 お子さんが自由に使えるお金の「おこづかい」。 自由に使えるからこそ使う際のルールを決めて、上手なお金の使い方を学んで欲しいですね。 調査・文/ケイピイ企画 東家範幸.

次の