あつ森 カブ価 4期型。 【あつ森】カブの価格変動の法則性は?100%儲けて大金を稼ぐ方法!予想ツール「かぶめも」 | 万物同サイズの法則

【初心者必見!】カブは儲かる!ウリ値データや価格変動パターンから傾向を読み億ベルを勝ち取れ!※いつ腐る?みんなの保管場所も掲載

あつ森 カブ価 4期型

実際の売り時について パターンをチェックして、予想をします。 2-1. 5倍であるかを確認して売りたいところです。 90ベルで購入したなら大体、108-135ベルの売り値の時には売りたいです。 2-1. 5倍時は見送ってもいいのかなと個人的には思います。 4期なら4カウントめを確認して1. 4-2. ピークが2-6倍なので、2倍の時はもしかしたら気づきにくいかもしれないです。 例えば、90ベルの買値で木曜日PMまでに株価が上昇して1カウントめとして、3カウントめが180の売り値の時は2倍なので、3期となるわけです。 個人的には「4期かな?もうちょっと待った方がいいかな・・・」って悩んじゃう原因な気がします。 さきほどの【かぶめも】でパターンに当てはまらない報告もあったので、ここはあんぱいを取った方がよさそうです。

次の

【初心者必見!】カブは儲かる!ウリ値データや価格変動パターンから傾向を読み億ベルを勝ち取れ!※いつ腐る?みんなの保管場所も掲載

あつ森 カブ価 4期型

パターン2-B(四期型) はじめは「パターン2-A(ジリ貧型)」と同様2~6ベルずつ下落していくものの、木曜午後までに急に値上がり(変調1期)し、 4期目でピークとなるパターン。 ピーク後は暴落し、低価格で推移する(下がり続けたり、多少上がったりすることもある)。 「変調」、「変調1期」などについては下記参照。 なお 四期型は2期目に1期よりもカブ価が下がることもある。 その後、3期には回復し、1期よりも高いカブ価となる。 パターン2-C(三期型) はじめは「パターン2-A(ジリ貧型)」と同様2~6ベルずつ下落していくものの、木曜午後までに急に値上がり(変調1期)し、 3期目でピークとなるパターン。 ピーク後は下落し、低価格で推移(下がり続けたり、多少上がったりすることもある)。 いわゆる「高騰型」で、600ベル以上を記録することもある。 変調について 上記「パターン2-A(ジリ貧型)」のように小幅な値下がりで推移していたものが、木曜午後までのある時点で急に値上がりすることを「変調」という。 この場合「水曜午前に『変調』した」ことになる 「変調」が起こった時点(例では水曜午前の112ベル)を「変調1期」という。 以下、1期が午前ならその日の午後を、1期が午後なら翌日の午前を「変調2期」と定義(例では水曜午後196ベル)する。 「3期」(例では木曜午前576ベル)も同様。 「パターン2-C(三期型)」は、変調3期にピークを迎えることから、「三期型」と呼ばれている。 「四期型」も同様。 「変調」が起こると、『パターン2-B(四期型)』または『パターン2-C(三期型)』のどちらかになることが確定する。 変調は木曜午後までに起こる。 木曜午後まで値下がりが続いた場合は『パターン2-A(ジリ貧高騰無し型)』確定。 あくまでも『パターン2-A(ジリ貧型)』の推移から急に値上がりすることを「変調」というのであって、 『パターン1(波型)』の推移の中で値上がりしたことを「変調」とはいわない。 なお、「月曜午前変調四期型」は月曜午前に「変調」をする(とみなす)ことから、「小幅な値下がり後の急な値上がり」というパターンでなく、 月曜午前から火曜午後まで値上がりするパターンとなる(四期型のパターンとして、変調2期目(この場合月曜午後)に値下がりすることもある)。 これは「月曜午後変調四期型」(月曜午後に変調、水曜午前まで値上がり)、「月曜午後変調三期型」(月曜午後に変調、火曜午後まで値上がり)も同様。 例) 「月曜午前変調四期型」=月曜午前に「変調」したとみなす。 その後の動きは四期型で火曜午後にピークとなる。 その後の動きは四期型で水曜午前にピークとなる。 その後の動きは三期型で火曜午後にピークとなる。 月曜日午前 今作では月曜日午前の値でパターンを推測することは難しくなっています。 ちなみに前作までは、以下のような大まかな見極めが可能でした。 午前が 65ベル以下 or 92ベル以上 なら確実にパターン1(波型)。 午前が 66~67ベルor 88~91ベル ならほぼパターン1(波型)。 それ以外はパターン2(ジリ貧型、三期型、四期型)。 今回は月曜午前が65ベル以下でも『パターン2(ジリ貧型、三期型、四期型)』になる例が報告されています。 また、月曜午前が92ベル以上でも『パターン2(ジリ貧型、三期型、四期型)』となる例が報告されています。 ここまでの報告を見る限り、月曜午前がだいたい110ベル以上の場合は『パターン1(波型)』となることが多いようです。 月曜午前の値だけでなく、月曜午後以降の動向をチェックしてパターンを推測することが賢明かと思います。 火曜午前が月曜午後よりも上昇していれば『パターン1(波型 』、早めに変調する『パターン2-B(四期型)』、『パターン2-C(三期型)』の可能性がある。 変調1期が月曜午後となるパターン(変調については上記参照)。 火曜午後まで上がり続けて220ベル以上ならおそらくこのパターン。 変調1期が月曜午前で、4期目の火曜午後にピークとなる。 変調1期が月曜午後で、4期目の水曜午前にピークとなる。 これらは『パターン1(波型 』との判別が難しい。 迷った時は火曜午後、水曜午前などピークとなる時まで待ってみるのも手。 上記のいずれもに当てはまらない場合は『パターン1(波型 』。 火曜午前に月曜午後よりも大きく下落した、または火曜午前まで上がり続けても火曜午後に下落や横ばいとなったときは『パターン1(波型 』。 火曜午前以降に2~6ベルの範囲外での大幅な下落があった場合は『パターン1(波型 』。 月曜午後から引き続き木曜午後まで2~6ベルの下げ幅で減り続けた場合は『パターン2-A ジリ貧高騰無し型 』。 月曜午後から引き続き2~6ベルの下落が続いた後、木曜午後までのある時点で急に値上がりしたら、 『パターン2-B 四期型 』か『パターン2-C 三期型 』の可能性が高い。 『パターン2-B 四期型 』か『パターン2-C 三期型 』の判別は下記参照。 上記の「変調」があり、2期目に若干の下落があれば『パターン2-B 四期型 』 この場合、2期で若干下落しても3期目には1期よりも高い値にまで回復する。 それ以外の動きをする場合は『パターン1(波型 』。 火曜午前以降、2~6ベルの範囲外での上昇があっても、下記『パターン2-C 三期型 』や『パターン2-B 四期型 』の動きに当てはまらず、上昇後すぐに大きく下落したりランダムな動きをする場合は『パターン1(波型 』 三期型、四期型の判別 変調前から1期にかけての変化ではパターンはわからない。 1期から2期にかけて、• 1期目よりも2期目の方が低かったら、間違いなく『パターン2-B 四期型 』。 1期目から2期目の上昇幅が小さかったら『パターン2-B 四期型 』の可能性が高い。 1期目から2期目の上昇幅が70ベル以上ならおそらく『パターン2-C 三期型 』。 2期から3期にかけて、• 3期目のカブ価が207ベル以上なら、おそらく『パターン2-C 三期型 』• 3期目のカブ値が150前後なら、おそらく『パターン2-B 四期型 』• 2期目から3期目の上昇幅が小さければ(13以下?)『パターン2-B 四期型 』の確率が高い• 2期目から3期目の上昇幅が大きければ(88以上?)『パターン2-C 三期型 』の確率が高い.

次の

あつ森のカブ価について。

あつ森 カブ価 4期型

カブ価変動のアルゴリズム(仕組み)が解析により明らかになったので、その仕組みと新たに判明したことを紹介します。 また仕組みが明らかになったことで カブ価を高い精度で予測できるようになりました。 今回は新たに作った 「カブ価予測ツール」も紹介します。 カブ価プログラム さんがあつ森を解析したプログラムのコードがで公開されています。 ここに全てが詰まっているのでプログラムが読める人はこちらを読む方が分かりやすいと思います。 できるだけ分かりやすく紹介していきます。 ざっくり解説「カブ価変動の仕組み」 まず改めておきたいことは「あつ森」のカブ価変動アルゴリズムは 前作の「とび森」とは異なるが、 大まかな仕組みは前作と変わらないということです。 既に周知されているようにカブ価の変動には 4つのパターンがあります。 これらは「あつ森」でも同じです。 結論はこの4パターンのグラフに集約されているので、これ以降の内容は理解できなくても問題ありません。 大きく儲けるなら「跳ね大型」を狙うだけです。 (役に立つ知識もあるので付いてこれるところまで頑張ってくださいね) 変動パターンの概要 呼び方は自由ですが文字でも分かりやすいようにこれらの呼び方で説明します。 減少型• 跳ね小型• 跳ね大型 波型: 増加と減少が交互に現れます。 見分けやすい型で売るタイミングを間違わなければ利益が出ます。 減少型: カブ価が毎回下がります。 最後まで上がることはないので 必ず損出が出ます。 他の型との見分けが難しく、この型のおかげでギャンブル性が高まっています。 基本的には出現しにくい型ですが 「跳ね大型」の次の週は出やすいです。 跳ね小型:減少してから 最大で2倍の跳ねが来ます。 一度跳ねたあとは必ず減少するので150-200を超えた辺りで売ると利益が出ます。 タイミングを逃すと少し損出が出ます。 「跳ね大型」と似ているので欲張ると負けます。 跳ね大型:最初に減少してから 最大で6倍の跳ねが来ます。 6倍の跳ねが来る前は2倍になっているので「跳ね小型」との見分けが難しいです。 月曜AMは必ず減少するというのが特徴です。 月曜AMに減少しなかった場合は「跳ね大型」の可能性は消えます。 先週の変動タイプの影響 1週間のカブ価は 1つ前の「変動タイプ」の影響を受けます。 具体的には1週間の「変動タイプ」の決定には「先週の変動タイプ」が参照されています。 変動タイプの抽選率を表にするとこうなります。 「減少型」の 次の週は大儲けできる可能性が高いですね! 自分の島で初めてウリからカブを購入する場合 初購入は少し特殊で1つ前の変動タイプに依存せず、 変動タイプは「跳ね小型」になります。 タイミングを見誤らなければ儲けが出ます。 ウリが初めて来たときに購入しなかった場合、変動タイプはランダムです。 初購入のフラグも消費されません。 島の住人の誰かがカブを購入した時点で初購入のフラグは消費されます。 (遊びに来た他の島の住民が購入してもフラグは消費されません。 ) 他人の島で買ったカブ カブ価の変動は島に依存します。 カブには依存しません。 他の島でカブを購入してきても自分の島の変動タイプは変わりません。 初購入の判定も処理されません。 以上が「カブ変動の仕組み」のざっくりとした解説です。 もう少し詳しい解説は続きますが先にカブ価を予測できるツールを紹介しておきます。 カブ価予測ツール : 機能としてはカブ価を入力していくことで以降のカブ価を 絞り込んで表示します。 アルゴリズムが分かっているので 入力された数値に誤りがなければ、予測通りの結果が出るはずです。 実際のゲームで動いているプログラムとは異なるので誤差が生じる可能性はあります。 (デバイスが違うので完全に再現することは不可能です。 ) 入力された値が多いほど精度が高まります。 もう少し詳しく解説「カブ価変動の仕組み」 もう少し詳しく解説していきます。 分からなくても予測ツールで戦えます。 基礎価格「ウリ売値」 1週間のカブ価はウリが販売したカブ価(買値)をベースとして計算されます。 ウリが販売するカブの価格(買値)は 90~110ベルで固定されています。 これ以外の価格が出た場合はプログラムが更新されたことが考えられます。 しかし実際に修正される可能性は低いと思います。 ここを修正するのであればそもそもカブを続投させていないと思います。 変動地点 地点 日曜 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜 AM 0 2 4 6 8 10 12 PM 1 3 5 7 9 11 13 カブ価が変動するのは毎日午前と午後の2回ですね。 説明しやすいようにそれぞれの地点に数字を割り振りました。 0から始まり13で終わるので合計14回です。 日曜はカブを売ることが出来ないので売値は確認できませんが、プログラムでは 0ベルに設定されています。 4 [0. 8] 0. 4 [0. 8] 0. 4 倍率補正 — -0. 04 — -0. 04 — プログラムを要約するとこうなります。 波型は 5つの区間に分かれてカブ価が変動していきます。 長さは処理する地点数です。 長さが1だと1地点、長さが2だと2地点です。 スタートが月曜AM=2で長さが4だとすると「2,3,4,5」の地点が該当します。 2は月曜AM、3は月曜PM、4は火PMですね。 開始地点は加算されていきます。 表ではそれしか分かりませんが実際のプログラムでは2回目の減少の長さは[5 — 1回目減少の長さ]なので 減少の合計は5地点で固定です。 増加で0. あと基礎倍率を見ると分かるように 増加区間でも 0. 9倍の補正が掛かることがあります。 長さが0の場合もあるので、 増加区間でも減少することがあります。 カブ価の計算はこうなっています。 端数は全て切り上げです。 連続で減少する場合は1つ前の処理より補正が強くなるということですね。 カブ価は1つ前の価格ではなく 「基礎価格」を元に計算しているのでこのような処理になっています。 基礎倍率は同区間(増加や減少)で毎回抽選するものと、同区間で共通の値を使うものがあります。 同じ値を使うものは [ ]で囲んでいます。 減少型の詳細 減少型 減少 長さ 12 確率 100 基礎倍率 [0. 9] 倍率補正 -0. 03 計算方法は波型と同じです。 月曜AMから土曜PMの12地点で毎回価格が下がります。 前回の 「倍率補正」の最大値が-0. 9] 0. 4 1. 9] 倍率補正 -0. 03 — — — — -0. 03 最初に減少してから最大で2倍補正の「跳ね区間」が来ます。 跳ね区間の前半の1、2地点に0. 9倍の補正が掛かることもあるので見分け方がちょっと難しいですね。 跳ね区間の後半は最低で1. 4倍の補正が掛かります。 「 買値の1. 4倍以上になった地点」がポイントです。 その地点を含めて以降の3地点は勝ちです。 跳ね35の基礎倍率について 跳ね35の基礎倍率「1. つまり跳ね35の基礎倍率は「1. 跳ね4の基礎倍率が 2の場合:跳ね35の基礎倍率は1. 跳ね4の基礎倍率が 1. 8の場合:跳ね35の基礎倍率は1. 8の範囲でランダム• 跳ね4の基礎倍率が 1. 4の場合:跳ね35の基礎倍率は1. 4の範囲でランダム 基礎倍率だけを見れば 「跳ね35」が「跳ね4」と同じ基礎倍率になることもあります。 つまり最終的なカブ価も同じ値になると、しかし 実際には「跳ね35」が「跳ね4」と同じカブ価になることはありません。 それは「跳ね小型」の「跳ね35」区間のみ 計算の最後に1ベル引く処理があるからです。 これにより「跳ね小型」の頂点は常に「跳ね4」の地点となります。 9] 0. 4 1. 4 0. 9 倍率補正 -0. 03 — — — — — — 初日に必ず減少します。 以降は減少する区間があり、一度上昇すると3地点目で補正6倍のチャンスが訪れます。 2倍を超える補正があった地点が最高となるので必ず売りましょう。 これまでの知識から 基礎価格の最大が110で 補正の最大が6倍と分かったのでカブ価の最高額が導き出せますね。 解説は以上です。 プログラムを理解した今改めて「4つの変動パターン」を見ると、人力でデータを集めて調べた人たちは凄いですね。 ほとんど合っています。 プログラムとすり合わせると、跳ね小型になるのは「商店が発展したとき」「カブの売買が始まったとき」とするのが正解なんだと思います。 ウリが訪れていなくてもカブ価の変動は商店で確認できるので合点がいきます。 ややこしくなるので「自分の島ではじめてカブを買うとき」という説明は消して内容を調整します。 追記 2020-04-14 「自分の島でウリから初めて購入するとき」のみ個別に判定されるので「商店が発展したとき」は関係ありませんでした。 「初購入」にフラグがあるので、初訪問であっても購入してない場合は変動タイプはランダムになります。 記事内の説明を修正しました。 C言語のコードが読めないのでいくつか質問させて下さい。 自分の認識違いや見落としの場合はすみません。。 カブ価の最高値は買値110で跳ね大型の場合、6倍の660とのことですが予測ツールでは最高値662が表示されるのはスクリプトの都合でしょうか?? 2. 跳ね小型の区間についてです。 跳ね1~5区間は長さ5で固定と読み取っていますがその場合、前後にある減少区間の合計の長さは7になると思います。 最初の減少区間は長さ0~7となっていますが、最後の減少区間は長さが1~7になっています。 この場合、最初の減少区間で長さ7が抽選されてしまうと、最後の減少区間は長さ0でないと辻褄が合わないと思うのですが…なにか見落としがあるのでしょうか?• 上記38コメさんでも挙げられていますが、買値について補正がされているように思われます。 9~1. 4倍部分が、88~142となっている。 公開されているソースを見る限り、この補正処理は見受けられないのですが、 自分が今までに見てきたカブ価の流れで、補正ありでないと範囲対象外となってしまうものがいくつか見受けられました。 このあたりは、解析処理が不十分と考えてよいのでしょうか。 ここのサイトのおかけで ソースコード追いながら解説眺めて カブ仕組みの勉強なったし、ソースの読み方の復習にもなりました。 素晴らしい情報ありがとうございます。 こんにちは、とても詳しく分かり易い記事をありがとうございます! ちょっと特殊な例だとは思うのですが、自分の島に来ているウリから他の島から来た住人がカブを購入し、自分の島の住人が誰も買わなかった場合(自分の島の住人は自分の島に来たウリから一度も買ったことが無い状態)は初購入のフラグは回収されないようです。 既に出ている情報でしたらすみません。 別の記事も読んだのですが、時間を進める、もしくは前回終了時間から時間操作をしても終了時間よりは戻っていない場合、カブは腐らずカブ価のパターンも維持されるということであってますか?戻すとカブ価が変動(=新しくパターンをランダムで抽選?)とのことなので気になりました。

次の