薬屋のひとりごと 小説 web 違い。 薬屋のひとりごと 原作・小説・漫画の違いは?読む順番とどっちがおすすめかを解説!

薬屋のひとりごと

薬屋のひとりごと 小説 web 違い

html 後宮で下女として働く猫猫は、皇帝のお世継ぎに降りかかる「呪い」の噂を耳にする。 好奇心から、「呪い」の謎を解いた猫猫は、壬氏という宦官に呼び出され。 作画はねこクラゲ先生によるものです。 個人的には壬氏の描かれ方が好きでした。 もちろん、ねこクラゲ先生の描く壬氏はとにかく美しくてかっこいいですし、それに加えて、可愛かったり子供っぽかったりする部分が絶妙なバランスで入っていて、壬氏というキャラクターがいい感じに人間っぽくなっています。 猫猫も原作よりもゆるキャラ感がプラスされていて、魅力的なキャラクターに! 原作のキャラクターが持つ魅力をねこクラゲ先生の絵がさらに引き立てているという感じで、登場人物一人一人吟味したくなります。 緊迫した場面とと緩い場面に緩急の緩急がはっきりしているので、さらに話に引き込まれますし、何度読み返しても、キャラクターの表情を楽しめる漫画です。 特に、猫猫が園遊会で毒を飲む場面の ねこクラゲ先生の絵は特につややかで迫力があるので、話が進むごとに変化するキャラクターの表情から感じることができる、成長や心境の変化にも注目! ビッグガンガン掲載版は細かいところが理解しずらい? しかし、キャラクターに寄った描写が多いためか、 少し話が分かりずらい印象も受けます。 話の筋はもちろん通っていますが、説明を省かれた部分がやはり理解しずらく、細かい疑問が残ってしまう部分もいくつかありました。 shogakukan. 絵や描写は女性向な印象で、登場人物の人柄に寄っていないので、客観的にするする読めます。 作画は倉田三ノ路で、大人っぽくて落ち着いた印象のある絵ですね。 html 「薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~」の猫猫は、頭のいい部分や、女の子らしい性格が目立っている気がします。 普段は壬氏のことを『毛虫でも見るような目』で見たり、毒を食べて喜んだりと、変わった人物ですが、• 女官たちにいじめられた時• 後宮を解雇された時• 壬氏が花街に来た時 そのような、困った場面や思いがけないことがあった場面では、普通の女の子らしい反応をする猫猫を見ることができます! 事件を解決するときも 頭がよくうまく立ち回る猫猫を重視して描かれているようです。 shogakukan. 事件の動機・手段・詳細がわかりやすくまとめられている印象で、とても読みやすく、 ミステリー寄りのラブコメディーという印象。 square-enix. 2つの漫画の違いを簡単にまとめると、• ビッグガンガン掲載の「薬屋のひとりごと」: コメディー要素強め、キャラクター重視• サンデーGX掲載「薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~」: ミステリー要素強め、ストーリー重視 ということになりそうですね。 ただ、ビッグガンガン掲載の「薬屋のひとりごと」は一度読んだだけでは細かい内容を理解するのは難しく、サンデーGX掲載の「薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~」は、逆にキャラクターの感情表現がそこまで大きくないので、比べるとあっさりしすぎているように感じるところもあります。 なので、• コメディーを読みたい方や細かいところは気にしない方はビッグガンガン掲載の「薬屋のひとりごと」• ミステリーを読みい方や細かい部分が気になる方はサンデーGX掲載「薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~」 がおすすめです。

次の

薬屋のひとりごと 漫画はなぜ2種類ある?違い・格安で読む方法・どっちがおすすめかを解説!

薬屋のひとりごと 小説 web 違い

一つはビッグガンガン版、もう一つはサンデーGXで連載されていますが、ではこの二つの漫画はそれぞれどのような違いがあるのでしょうか? 下記では原作から派生したそれぞれの「」の違いと特徴についてまとめています。 それぞれの違いと特徴 下記では僕が読んだ印象と、世間での違いや特徴をまとめています。 どちらを買うか迷っている人は、参考にしてみて下さいね。 ビッグガンガン版は「作画が可愛い&恋愛駆け引き多め」 まずは ビッグガンガン版は「作画が可愛い&恋愛駆け引き多め」という特徴があります。 25日より好評発売中の『ビッグガンガン』 vol. 05 にて『薬屋のひとりごと』第二十五話が掲載されています。 高順からとある食中毒事件の調査依頼を受けた猫猫は、倒れた官僚の屋敷に向かうことになる。 料理人はその日の料理にはフグを使っていないと主張しているのだが……昏睡状態の原因とは? — ヒーロー文庫編集部 herobunko 作画を見れば何となく分かるのですが、キャラクターが所々デフォルメされていて、よりマンガ向きな作画になっているのが分かります。 僕が最初に「薬屋のひとりごと」を知ったのはビッグガンガン版なので、漫画版と言えばこちらを連想します。 ビッグガンガン版の作画は「ねこクラゲ 先生」で、物語の構成は「七緒一綺」さん、出版社は「スクウェア・エニックス」となっています。 作画:ねこクラゲ 構成:七緒一綺 出版社:スクウェア・エニックス 作画はデフォルメされていますが、セリフに注目すると原作に忠実。 構成もどちらかと言えば原作に忠実なので、 「原作重視で作画が可愛い」方を選ぶなら、ビッグガンガン版かなと思います。 個人的には、よりラブコメ感が出ているこっちの方が好きです。 サンデーGX版は「出版スピードが速い&ミステリー要素多め」 一方 サンデーGX版は「出版スピードが速い&ミステリー要素多め」となっている様です。 コミカライズはビッグガンガン版が恋愛駆け引き多め、サンデーGX版がミステリー成分多めです。 またストーリーも ビッグガンガン版と比較して、少し先にストーリーが進んでいくのがサンデーGX版の特徴。 作画は「倉田三ノ路 先生」で、キャラクター原案は「しのとうこ」さんとなっていました。 作画:倉田三ノ路 キャラクター原案:しのとうこ 出版:小学館 僕はビッグガンガン版を購入していたのですが、間違ってサンデーGX版で続巻を買った時に「あれ?かなり飛んだな…」という事態に陥りました 笑 とは言えビッグガンガン版もサンデーGX版も原作は一緒なので、基本的なストーリーは一緒。 「より早く続きが読みたい!」という方や、本格的なミステリーを楽しみたいと言う場合であれば、サンデーGX版を購入すると良いです。 どちらを買うべき? どちらを買うべき?という質問があるとするなら、 「好きな方を買いましょう」とアドバイスしておきます。 上記でも少し触れましたが、「原作重視で作画が可愛い」方を選ぶなら、ビッグガンガン版を。 「より早く続きが読みたい!」と言う場合であれば、サンデーGX版を購入するのが良いです。 僕はマンガで重視する部分が「作画」なのでビッグガンガン版を購入していますが、 サンデーGX版との違いを楽しむために両方購入しても面白いんじゃないかな?と思っています。 どんな内容? 物語は「後宮に勤める官女」である猫猫(マオマオ)が、 薬学の専門知識で後宮内で起こる事件を解決していく「ミステリー、ファンタジー、ラブコメ」小説となっています。 医師である父の仕事を手伝っている所を人攫いにつかまり、後宮に下女として売られる所から物語がスタート。 理系ならではの着眼点と、薬学の専門知識が随所に登場するので、 読んでいると論理的な思考が身につく作品ともいえますね。 中国に似た架空の帝国が舞台 玉葉(ギョクヨウ)妃といった登場人物から中国を連想させられますが、 中国の史実に沿ってはいない様です。 登場人物や名称などは中国を連想しますが、 「中国に似た架空の帝国」を舞台にしたファンタジーとなっている為、歴史的な知識が無くても楽しめるようになっています。 ただし、歴史的な知識などがあった方がよりストレートに理解出来るようになるのでは?とも思っています。 大河ドラマを見る際に、歴史背景や事前知識があった方が良く理解できるのと一緒ですね。 実際に読んでみた方の反応 実際に読んだ方の反応を見てみると、それぞれ異なった意見が見られるので、参考にしてみてもいいと思います。 それぞれ視点が違いますが、同じように感じている方も居ました。 『薬屋のひとりごと』がスッキリに出たらしい。 好きな作品のひとつだから嬉しい!初めて読んだとき2つ漫画あって焦ったなぁ。 ストーリーはどっちもおなじだけど、1枚目の方がストーリーが細かく描かれていて、内容が理解しやすく読みやすいです!2枚目の方は絵の可愛さや構成が華やかで良いです! — NachiMochi NachiMochi1 サンデーGX版の方が読みやすくて好きという方も多く見られましたが、中には僕と同じような状況に陥った人も。。 薬屋のひとりごとはなぜかコミカライズ版が2種類あって、 続きを買うつもりが別の作者の2巻を買ってしまった思い出がある。 — 長緒 usubaori 続きを買うつもりが、違う作者の続編を買ってしまったという経験をした事があるのは、どうやら僕だけで無かったみたいです 笑 一度読み始めると止まらなくなる面白さ! 別々の作者が書いている『薬屋のひとりごと』を紹介してみました。 一つの原作から二つの漫画が派生すること自体珍しいのですが、どちらも原作は一緒なので、 基本的なストーリーに違いはありません。 その為、「作画が華やかな方」を選ぶか「原作に忠実な方」が好きか?の違いだけになるので、 どちらか自分が好きな方を読むと良いです。 僕は漫画はビッグガンガン版の方で購入していますが、サンデーGX版と小説版も購入しようかなと検討中です。 一度読み始めると止まらなくなる面白さがあるので、ミステリーやラブコメが好きな方は是非一度は読んでみては如何でしょうか?• 関連する記事• 2019. 01 大人になって分かったこと。 それはストレスとの闘いなんだってことだ。 そのストレスをどうやって軽減するかが大人になった僕たちには必要…。 仕事終わりに居[…]• 2019. 05 目次 1. 漫画家死亡などの未完結作品 2. 現在、未完作で終わっている漫画一覧 2. えむえむっ! 2. […]• 2019. 06 ワンピースで謎が多いキャラと言えば「シャンクス」ですよね。 物語序盤から登場し、ルフィに麦わら帽子を託したりと需要なキャラですが、なにかと謎が多い人物で[…]• 2019. 26 目次 1. グルメ漫画を幅広くまとめてみた 2. すぐ食べたくなるグルメ漫画一挙まとめ 2. ギャルごはん 2. ごほうびごはん 2. ダ[…]• 2019. 13 射撃競技を題材にした、女子高生の青春を描く4コマ漫画『ライフル・イズ・ビューティフル』のアニメがいよいよ10月から放送がスタート! 『余り動かない競技[…].

次の

小説『薬屋のひとりごと』文庫版とweb版のストーリーの違いは?

薬屋のひとりごと 小説 web 違い

基本的なストーリーはほぼ同じですが、 同じ公式でも作画が違うので ちょっとした雰囲気はそれぞれ異なります。 特にコミックは小説としては珍しく 2種類あり、 作画担当が違うことから 同じシーンでも少し違いがあります。 違いを楽しめることも、 薬屋のひとりごとならではのポイントですね。 好みの絵柄で選ぶのもおすすめです。 感じ方はそれぞれ違うと思いますが、 キャラクターの印象が 小説とコミックで違いがあると感じる方も多いのではないでしょうか。 Sponsored Link 薬屋のひとりごとは面白いと評判? 薬屋のひとりごとは、ファンタジーでありながら 推理要素も持っている面白いストーリーです。 キャラクターにはクセがありますが、 中華系ファンタジーが好きな方なら楽しめるのではないでしょうか。 ゲーム要素の強い小説家になろう発の作品としては、 ちょっと雰囲気が違うことで評判にもなっています。 薬屋のひとりごとのキャラを紹介! 猫猫(マオマオ) 養父が医師でもある猫猫は、 花街で 薬師として働いていました。 人買いにさらわれるというトラブルによって 後宮の女官として働くことになった猫猫は ある問題をきっかけに後宮でも薬師として活躍することとなります。 「薬や毒の研究好きな変人」っぽいイメージです。 かわいい系ではありませんが、 個性的でいいキャラクターをしていますよ! 壬氏(ジンシ) 後宮で働く 宦官の一人。 美しい顔立ちで、男女問わずに憧れを持たれる存在です。 彼の外見にとらわれない猫猫に興味を抱いており、 好意もあるようですが…。 薬屋のひとりごとのかわいいキャラって? 薬屋のひとりごとには、 後宮の 女官や妃などがたくさん出てきます。 玉葉妃や 梨花妃、 里樹妃などかわいい女性キャラも豊富です。 後宮という場所柄もあって、 かわいいだけでなくいろいろなキャラクターの 策謀や計略なども見られます。

次の