嫌いな女性タレントランキング。 芸能人好感度ランキング2018【女優編】好きな人と嫌いな人

《好きな/嫌いなコメンテーター2020》あの“悪役系”玉川徹氏が「好きな」2位に!

嫌いな女性タレントランキング

嫌いなママタレント 気になる順位は?? 2人の女の子ママ。 ユッキーナは同性からの好感度が低い。 インスタ炎上は毎度の事。 ヤンキー気質で、自分を中傷するコメントに対しては真っ向勝負を挑む。 言葉使いの悪さもあり、全く共感出来ない。 年の差婚で旦那が優しい事もあり、好き勝手やっていると思われている様だ。 フジモンには、もっとシッカリ嫁の管理をして欲しいものだ!!!! 翌年、男児を出産するも…5年ほどで離婚。 過去に坂上忍も益若の事を、「自己中な人」「楽屋が隣でも挨拶に来ない」「何様のつもり」と発言している。 これらからも、性格の悪さを感じとる事が出来る。 一番引いたのが…自分の親友のきゃりーぱみゅぱみゅ の元彼Fukaseと交際を始めた事だろう。 今でもきゃりーと仲良し発言をしているが、有り得ない話だ!!!! 笑 第3位 土屋アンナ 1984年3月11日生 33歳 東京都渋谷区出身。 楽しければいい!! スタイル。 個性が強く、口調もキツイ。 自由奔放なイメージが強いですよね。 現在3人の子供の母親だが、3度の出来婚に2度の離婚を経験している。 学習はしないのか!? どうせまた離婚するんでしょ?? と感じている人も少なくないでしょう!! 現在3人の子供のママだ。 辻は人気ブロガーだが、プライベートをさらけ出し過ぎている。 非常識な行動が目立ち、外食三昧。 お金の使い方がザル… 社会には大いに貢献してくれていますよね 笑 顔も…モー娘。 時代とは全然違いますよね。 イヂッてない訳がない!! 過去の映像や写真が沢山残っているので何回も見比べましたが…もはや別人です!! 笑 そして第1位は… 紗栄子 本名 道休 紗栄子 どうきゅう 紗栄子 1986年11月16日生 30歳 宮崎県宮崎市出身。 O型 157cm 2007年、プロ野球選手のダルビッシュ有と結婚し2人の子供を授かる。 野球選手は体が資本なのに、料理をしなかったり、育児を放棄したりと自由奔放な結婚生活を送っていたのだとか…。 離婚の際も、10億円を要求した事も有名ですよね。 離婚後も、「zozotown」の社長 前澤 友作さんなどと付き合って、セレブ生活をブログで公開しているので、嫉妬もありつつ…批判も絶えません!! まとめ どれも納得!! な意見でしたよね?? 5人共に我が道を行くタイプなので、自分をちゃんと持っている!! という点では尊敬もできますが… あまり自分自分!! は受け入れられない世の中ですよね。 嫌われる=注目されている という事も言えるので、5人にはこれからも多岐に渡り活躍して頂きたいですね!!!!

次の

「嫌いな女性芸能人」1位! 和田アキ子はなぜ嫌われる?(ラリー遠田)

嫌いな女性タレントランキング

2020トップ20 1位 和田アキ子 (180票) 2位 泉ピン子 (116票) 3位 鈴木奈々 (80票) 4位 田中みな実 (59票) 5位 久本雅美 (56票) 6位 ベッキー (46票) 7位 工藤静香 (44票) 8位 小倉優子 (43票) 9位 唐田えりか (41票) 10位 木下優樹菜 (40票) 10位 広瀬すず (40票) 12位 フワチャン (39票) 13位 沢尻エリカ (38票) 14位 ゆりやんレトリィバァ(37票) 15位 石原さとみ (36票) 16位 指原莉乃 (34票) 17位 土屋太鳳 (31票) 18位 デヴィ夫人 (30票) 19位 滝沢カレン (27票) 19位 上沼恵美子 (27票) このランキングを男性の側から見ると、 「なぜこの人が?」という名前が 多く入っているのではないでしょうか? やはり、男性目線と女性目線の違いでしょうか。 このアンケートはあくまでも、女性に対して 行ったもので、男女を対象にした場合は、 もっと違った結果になるものと思われます。 嫌いな女性芸能人2019年ランキング 参考までに昨年のトップ10を挙げてみます。 2019トップ10 1位 和田アキ子 2位 鈴木奈々 3位 ベッキー 4位 工藤静香 5位 泉ピン子 6位 松居一代 7位 土屋太鳳 8位 剛力彩芽 9位 指原莉乃 10位 神田うの 10 位 デヴィ夫人 和田アキ子さん、堂々の2連覇達成 前回に引き続き、和田アキ子さんが堂々の1位でした。 この牙城を崩すのは、なかなか難しそうですね! 和田アキ子さんが1位に選ばれる理由は、 TBS「アッコにおまかせ」で時々発せられる 失言からだと推測されます。 その他の人たちは? 和田アキ子さん以外で活躍(?)しているのは、 泉ピン子さんと鈴木奈々さんですかね~。 和田アキ子さんを含めたこの3人は 2年連続で、ベスト5にランクインしています。 和田アキ子と泉ピン子さんが嫌われる理由は 何となく分かるような気がします。 鈴木奈々さんは、その 『うるささ』が 嫌われている原因と見られますが、 最近はテレビで見る機会が減ったような感じです。 また、鈴木奈々さんと同じように 昨年の圏外から12位にランクインしたフワちゃんも 『うるささ』が嫌われる原因と思われます。 他に、8位の小倉優子さん、9位の唐田えりかさんも 圏外からのランクインですが、 この2人は私生活で色々ありましたね~。 和田アキ子さんが嫌われる理由 和田アキ子さんが嫌われる最大の理由が その パワハラ的な言動ではないでしょうか。 世間が職場などでのパワハラに対して 厳しくなってきたこともあり、和田アキ子さんが バラエティ番組の中で傍若無人な振る舞いをするのが やり玉に挙がる機会が年々増えてきています。 和田アキ子さんがバラエティの世界で権力者の キャラクターを演じ始めたのが、伝説的な バラエティ番組 『金曜10時!うわさのチャンネル!!』 でした。 この番組で和田アキ子さんはゴッドファーザーを もじった 「ゴッドねえちゃん」に扮して 他の出演者たちに高圧的に振る舞ったのです。 そして、この番組で 「和田アキ子=乱暴者」という イメージが定着しました。 しかし、テレビの画面で見ることができる 和田アキ子さんと、見えない部分の和田アキ子さんは 違うそうなのです。 芸人たちが和田アキ子さんのことをさんざん ネタにするのは、彼女が笑って許してくれる 器の大きい人物だからです。 和田アキ子さんはデビューしてからしばらくの間、 多くの芸能人たちからひどいイジメを 受けてきましたが、そんな彼女は 後輩やスタッフにはとても優しいのです。 ですから、和田アキ子さんが嫌われるのは、 でき上がってしまったイメージからなのですね。

次の

「嫌いな女性芸能人」1位! 和田アキ子はなぜ嫌われる?(ラリー遠田)

嫌いな女性タレントランキング

「あなたの嫌いな女性芸能人は誰ですか?」。 週刊女性ウェブ『週刊女性PRIME』、読者ハガキほかで3月下旬から4月上旬にアンケートを実施。 10代〜70代の1433名の女性から回答が寄せられた。 まずは、活躍ジャンルを問わない総合部門から。 「偉そう。 お山の大将みたいで感じが悪い」(40代・会社員)、「誰も逆らえない感じが見ていて嫌」(30代・主婦)、「パワハラの権化」(50代・会社員)、「紅白に出られず、グダグダ言ってたのは大人げない」(50代・主婦) など、辛辣なコメントがズラリ。 銀メダルをゲットしたのは(30)。 「うるさい、下品」(30代・主婦)、「興奮すると同じことを繰り返したり、抱きつく癖も見苦しい」(50代・主婦)、「中身がないので飽きる」(50代・会社員) コラムニストで女装家のブルボンヌさんは、 「あれがタレントとしての生命線なのにね。 あの子が黙ったら終わりよ。 止まったら死ぬマグロと同じで、きっと死んじゃう(笑)」 3位にすべり込んだのは、今年1月に結婚した(35)。 「不倫ウソつき女だから」(20代・その他)、「不倫のときに本性が見えた気がする」(30代・主婦)、「不倫で他人の人生をめちゃくちゃにしたのに、自分は結婚。 ありえない」(20代・医療関係)、「もう何をしていても印象が悪い」(30代・主婦) 3年が経過しても、不倫イメージは払拭されず。 作家の岩井志麻子さんは、このように分析する。 「学校のいじめにありましたわねぇ。 別にその子に何かされたわけでもないのに、同調して冷たい態度をとってしまう。 そんないじめの構造とベッキーさんの嫌われ方は似てるんじゃないですか?」 個性豊かな人物たちが上位に! 4位にランクインしたのは、工藤静香(49)。 「なぜ木村拓哉が選んだのかわからない」(40代・パート)、「計算高く、人を踏み台にしてきたしたたかさ」(50代・会社員)、「テレビに出るたび、ほかのタレントの悪口と自慢話。 マナーの悪さにあきれる」(40代・主婦)、「見た目が無理。 エイリアン」(20代・保育士) 内科医で作家のおおたわ史絵さんは、 「Koki,さんも鮮烈にデビューしましたし、あとはやっぱりSMAP解散騒動のときに、工藤さんの名前がいろいろ出ましたよね。 事実はどうであれ、憶測を呼びますので」 5位には泉ピン子(71)。 嫌われ界の助演女優賞といったところか? 「偉そうな態度が嫌い」(30代・会社員)、「自分が気に入らない人への意地悪な態度」(70代・主婦)、「大御所扱いされているが、バラエティーでの発言はくだらない」(50代・主婦)、「口が悪い、ただのおばさん」(10代・学生)。 6位には泥沼離婚劇を経て、ニューヨークに移住した松居一代(61)。 「強烈すぎて怖い」(30代・主婦)、「やっていることの意味がわからなすぎて怖いから」(50代・主婦) など、その言動に怯える人が多数。 7位には、土屋太鳳(24)が。 男に媚びる。 声が嫌い」(20代・パート)、「過剰な頑張ってますアピール。 いい子ちゃんアピール。 一般人並みの容姿なのに美人扱いされている」(30代・販売)、「あの話し方は確実にわざと。 女だったらわかる」(20代・接客) 8位には、ZOZOの前澤友作社長との交際がなにかと話題を集めている剛力彩芽(26)。 「特に美人でもないのにゴリ押しされていたうえ、今は前澤社長との恋愛にハマって、よくわからないことになっている」(30代・パート)、「ZOZOTOWNとの交際がマイナスイメージ。 「剛力さんへの愛のあるメッセージですよね。 やっぱり男を選ぶ基準で、その女の価値観が見えてしまう。 さらに、男があれだけペラペラとしゃべっていたのも、ね。 剛力さんがコントロールできていない関係性を見せつけられていて、惨めで不愉快」 9位には、先月末にAKBを卒業したばかりの指原莉乃(26)が食い込んだ。 「可愛くもないのに台頭し、天狗になっている。 人によって態度を変える」(20代・出版)、「目上の人に媚を売るのがうまい。 ご意見番気取り」(40代・主婦)、「すべてが下品。 「めっちゃ性格悪そう。 姉(広瀬アリス)のほうが好き」(20代・会社員)、「生意気」(60代・パート)、「あざとい」(20代・会社員)、「大人をバカにしている発言が多く不愉快」(40代・パート)。 およそ4年前のバラエティー番組での失言への指摘も……。 トップテン以降も興味深い結果に 惜しくも(?)トップテン入りを逃した面々のうち、新顔さんや今年っぽさのある人は? 15位の丸山桂里奈(36)には、「サッカーのイメージダウンでしかない」(40代・会社員)。 16位の滝沢カレン(26)には、「言葉遣いにイライラする」(50代・パート)。 21位のダレノガレ明美(28)には、「画像編集に必死すぎ」(20代・会社員)とバッサリ。 若手女優にも注目しておこう。 28位の吉岡里帆(26)には、「媚び感がハンパない。 同性から嫌われるものを持っている」(40代・主婦)、「すべてがぶりっ子に見える」(30代・パート)、「とにかくあざとい」(40代・主婦)。 46位の高畑充希(27)には、「わざとらしい。 オーバーアクション」(60代・事務)、「生意気な態度しか取らない」(30代・販売)。 ともにCMでの姿がやり玉に。 ブルボンヌさんは、 「吉岡里帆は絶対に好きには入らず、嫌いに入る女よねぇ(笑)。 『カルテット』でのしたたかな女とか、演技うまいんだけど。 どんな役だろうが演技はしっかりやるけど、それを離れた素のときに過剰に可愛かったり、いい子っぽい感じだと、役とのギャップから、よりウソのぶりっ子だって思われる傾向があるんじゃないの?」 辛辣なコメント相次ぐ お笑い芸人としては、13位に久本雅美(60)、19位にゆりやんレトリィバァ(28)、32位に渡辺直美(31)。 なかでも、ゆりやんレトリィバァには「おもしろくない」(20代・会社員)との声が多かった。 政治家としては、37位の片山さつき(60)が最高位で「厚化粧で何様?って感じ。 政治のこと何もわかっていない」(70代・その他)。 それに続いた39位の蓮舫(51)には、「二重国籍問題は棚上げにして、人の批判ばかりしている」(40代・主婦)との声が。 意外なところでは、45位の吉田沙保里(36)。 国民栄誉賞を授与された霊長類最強女子にも容赦なし。 「出しゃばりすぎ。 男性タレントに対して物欲しげ」(50代・主婦)、「カラコンと深田恭子のまねはやめたほうがいい」(30代・主婦)、「伊調馨がパワハラを受けていたとき何もしなかったのに、タレント気取りでテレビに出ているのが不快」(40代・主婦) 北原さんはパワハラの件に激しく同意。 「正しい! すごい意味のある16票なんですね。 戦っている仲間に無言で、助けなかったんですもんね。 それはよくない。 「さっそく暴露本を出す腹黒さ」(40代・主婦)、「今まで表に出られなかったぶん、出てやるぞ感がすごい。 結局、出たがり女」(40代・広告) これに北原さんは首をかしげる。 「人権より伝統、という恐ろしい世界で、計り知れないストレスを抱えてこられたと思います。 解放された今こそ、思う存分に語ってほしいです」 最後に、おおたわさんがきれいに締めくくってくれた。 ランキングに入った人は、生き馬の目を抜く芸能界において、ちゃんと爪痕を残してるわけです。 露出がなければ、嫌われもしませんから。 『毒婦。 新宿二丁目のミックスバー『Campy!bar』などのプロデュースも 外部サイト.

次の